終盤に草野侑己がJ1初ゴール、横浜FCがFC東京の猛攻を凌いで勝利を掴む《J1》

2020.10.18 16:03 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
18日、明治安田生命J1リーグ第23節の横浜FCvsFC東京がニッパツ三ツ沢球技場が行われ、1-0で横浜FCが勝利した。前節はアウェイでのベガルタ仙台戦を戦い、0-0のゴールレスドローに終わった横浜FC。スタメンは1名変更。松尾佑介に代えて一美和成を起用した。

対するFC東京は前節はホームに清水エスパルスを迎えて3-1で勝利。そこからスタメンを2名変更し、中村拓海、三田啓貴に代えて中村帆高、アルトゥール・シルバを起用する。

最初にチャンスを迎えたのは横浜FC。8分、縦パスをボックス手前中央で受けた一美が反転シュート。ジョアン・オマリに当たってディフレクトしたシュートは右ポストを叩く。

10分には、左サイドをディエゴ・オリヴェイラが強引にドリブル突破。ボックス左からグラウンダーのクロスを送ると、高萩がダイレクトで流すも、田川はシュートを打てない。

ポゼッションは横浜FCが上回り、ボールを動かしながら攻め込む展開に。FC東京はボール奪取からのカウンターを狙う。特に左サイドに入ったディエゴ・オリヴェイラがフィジカルを活かしたドリブルを見せる中、横浜FCの松浦が競り合いで左の腰を痛め24分に瀬古と交代する。

その瀬古は26分、右サイドでディエゴ・オリヴェイラを上手くかわしクロス。ゴール前に良いボールが入ったが、瀬沼に届かず森重がクリアする。

その後は一進一退の攻防が続く中、38分にはロングボールを受けようとした一美に対してジョアン・オマリが遅れて後ろから強烈なチャージ。この接触で一美は右側頭部から出血し皆川と交代。横浜FCは前半でケガにより2人も交代枠を使うこととなってしまった。

前半アディショナルタイムにはボックス手前でFKを得たFC東京だったが、これを森重が直接狙うも壁に阻まれ得点を挙げられない。

FC東京は、ハーフタイムにジョアン・オマリ、髙萩洋次郎を下げて、渡辺剛、三田啓貴を投入。すると50分、三田がFKからクロス。これをボックス内で渡辺が折り返すと、最後は田川がヘッド。しかしこれは枠を越えていく。

FC東京は55分、波状攻撃を仕掛けると、最後は三田が右足でシュート。これは相手の手に当たるもハンドは取られない。

こう着状態が続く中、FC東京は永井謙佑と田川亨介に代えてアダイウトンと原大智を投入。攻撃の活性化を図りにいく。

78分にはボックス手前でからディエゴ・オリベイラが狭いコースを狙ってシュート。しかし、GK六反がわずかに触ってシュートは枠の左に外れる。

直後の79分には、ロングボールにディエゴ・オリヴェイラが抜けると右サイドの深い位置からグラウンダーのクロス。これをボックス中央に走り込んだ原がダイレクトシュートも、GK六反の正面に飛びセーブされ流。

横浜FCは83分にチャンス。袴田が左サイドからクロスを送ると、ファーサイドで皆川がフリーでヘッド。しかし、これは枠を越えてしまう。

84分にはFC東京がビッグチャンス。ディエゴ・オリヴェイラのスルーパスに三田が抜けるが、切り返してシュート打てず。そこから繋ぎ、中村拓が浮き球のパスもDFがクリア。最後はアルトゥール・シルバがボックス手前からボレーを狙うが、枠を捉えられない。

オープンな展開となると86分には横浜FCがチャンス。カウンターから皆川のシュートはブロック。しかしそのこぼれ球からクロスを上げると、皆川がファーサイドで抜け出すがわずかに届かず。小川がユニフォームを引っ張っていたかに見えたが、ノーファウルとなった。

87分にはアルトゥール・シルバのサイドチェンジから中村拓がクロス。これに原が飛び込むが、ヘディングはわずかに当たらない。

すると88分、ついにスコアが動く。横浜FCが瀬古からの大きなサイドチェンジ。渡辺がカットするもトラップ側を瀬沼が詰めてボールを奪うと、草野がボックス内で粘ってシュート。これが決まり、横浜FCが先制する。

後半アディショナルタイムにFC東京はビッグチャンス。左CKからのこぼれ球を最後はディエゴ・オリヴェイラがシュート。枠に飛ぶも、瀬古がブロック。これが手に直撃していたが、体の前だったこともありハンドの判定とはならない。

その後もFC東京が圧力をかけて攻撃を仕掛け、横浜FCは何度もピンチを迎えるがそのまま試合終了。横浜FCが1-0で勝利を収めた。

横浜FC 1-0 FC東京
【横浜FC】
草野侑己(後43)
コメント
関連ニュース
thumb

FC東京DF丹羽大輝が契約満了 「出会えた全ての方に感謝」

FC東京は24日、元日本代表DF丹羽大輝(35)の契約満了による退団を発表した。 ガンバ大阪下部組織育ちの丹羽は2004年にトップチーム昇格後、徳島ヴォルティス、大宮アルディージャ、アビスパ福岡にそれぞれレンタル。2012年にG大阪復帰後、2014年の国内三冠達成に貢献すると、2015年に日本代表デビューも果たした。 その後、2017年6月からサンフレッチェ広島に移り、2018年7月からG大阪時代の恩師である長谷川健太監督のFC東京に加入。しかし、サブとしての立ち回りがメインで、昨季も公式戦4試合の出番に終わった。 退団決定を受け、クラブの公式サイトを通じて、別れのメッセージを送った。 「首都東京。感じた事、学ばせてもらった事は数え切れません。伝えたいことは山ほどありますが、今後の自分の生き様を見て頂き、僕からメッセージをみなさんに送り続けます。出会えた全ての方に感謝。また笑顔でお会いしましょう。VAMOS TOKYO!!」 2021.01.24 13:25 Sun
twitterfacebook
thumb

キャンプも始まり次第にチームの形は出来上がってると思うんだけど!? の巻/倉井史也のJリーグ

いろんなチームでキャンプが始まって、ってことはそろそろ戦力も固まって、ってことなんですけど、じゃああのチームの補強って上手くいったの? な部分の判断をどうするか? ということで今年も2020年の数字から探って見ちゃうよ!! まず「この数字が低いチームは守備を補強しとけ!!」。そりゃ相手からのシュートを受けないほうが失点する確率が少ないですからね。ってことで、「被シュート数」で去年の順位を並べ替えると…… 1 川 崎:264本 2 名古屋:293本 3 鹿 島:305本 4 広 島:310本 5 鳥 栖:310本 6 FC東京:338本 7 大 分:358本 8 柏 :363本 9 横浜FM:364本 10 神 戸:365本 11 札 幌:372本 12 C大阪:374本 13 清 水:396本 14 湘 南:405本 15 G大阪:415本 16 横浜FC:420本 17 仙 台:427本 18 浦 和:450本 ちょ、ちょっと浦和、打たれすぎ。だけど打たれても失点しないっていう粘りがあってもいいと思うんです。ということで次は「失点率(失点数/被シュート数)」を調べると…… 1 名古屋:293本/28失点(9.6%) 2 C大阪:374本/37失点(9.9%) 3 G大阪:415本/42失点(10.1%) 4 川 崎:264本/31失点(11.7%) 5 湘 南:405本/48失点(11.9%) 6 広 島:310本/37失点(11.9%) 7 FC東京:338本/42失点(12.4%) 8 浦 和:450本/56失点(12.4%) 9 大 分:358本/45失点(12.6%) 10 柏 :363本/46失点(12.7%) 11 鳥 栖:310本/43失点(13.9%) 12 横浜FC:420本/60失点(14.3%) 13 仙 台:427本/61失点(14.3%) 14 鹿 島:305本/44失点(14.4%) 15 札 幌:372本/58失点(15.6%) 16 神 戸:365本/59失点(16.2%) 17 横浜FM:364本/59失点(16.2%) 18 清 水:396本/70失点(17.7%) ちょ、ちょっと清水、失点率高すぎ。これって打たれたシュートはかなりの確率で決定機だったってこと。つまり大雑把に言えばペナルティエリアに侵入されすぎってことね。 じゃあ次に「この数字が低いチームは攻撃を補強しとけ!!」。まずはシュート打ってナンボですからね。シュート本数多くなきゃ。つまりこのランクが下位のチームは攻撃陣補強したほうがいいんじゃね? ってことで。 1 川 崎:535本 2 鹿 島:485本 3 横浜FM:446本 4 神 戸:415本 5 札 幌:406本 6 広 島:392本 7 柏 :388本 8 G大阪:362本 9 FC東京:353本 10 清 水:334本 11 C大阪:328本 12 名古屋:326本 13 浦 和:324本 14 仙 台:311本 15 横浜FC:305本 16 鳥 栖:301本 17 大 分:262本 18 湘 南:256本 ちょ、ちょっと川崎、湘南の倍以上打ってるし。そりゃ圧倒的に勝つわ。だけど、少ないチャンスでもしっかり決めるFWがいれば問題ないわけですよ。ってことで今度は「決定率(得点数/シュート数)」で考えると…… 1 川 崎:535本/88点(16.4%) 2 横浜FM:446本/69点(15.5%) 3 柏 :388本/60点(15.5%) 4 清 水:334本/48点(14.4%) 5 C大阪:328本/46点(14.0%) 6 名古屋:326本/45点(13.8%) 7 大 分:262本/36点(13.7%) 8 FC東京:353本/47点(13.3%) 9 浦 和:324本/43点(13.3%) 10 G大阪:362本/46点(12.7%) 11 横浜FC:305本/38点(12.5%) 12 鳥 栖:301本/37点(12.3%) 13 神 戸:415本/50点(12.0%) 14 広 島:392本/46点(11.7%) 15 札 幌:406本/47点(11.6%) 16 仙 台:311本/36点(11.6%) 17 鹿 島:485本/55点(11.3%) 18 湘 南:256本/29点(11.3%) 川崎、オルンガがいた柏より決定率高いじゃねぇか。そりゃ圧倒的に勝つわ。それにしても大分の決定率の高さがすごいなぁ、と。 で、今回もう一つ注目したのが獲得したCKの数。これさ、それだけ攻め込んでるってことでしょ。だから「この数字が低いチームは構成力を補強しとけ!!」ってことで考えてみると…… 1 川 崎:234回 2 横浜FM:206回 3 鹿 島:205回 4 広 島:184回 5 清 水:180回 6 神 戸:177回 7 札 幌:176回 8 FC東京:165回 9 大 分:158回 10 鳥 栖:156回 11 G大阪:153回 12 浦 和:150回 13 仙 台:150回 14 C大阪:147回 15 柏 :144回 16 湘 南:140回 17 名古屋:139回 18 横浜FC:131回 畏るべしは名古屋。あまりCK取ってないのに、決定率が高いしシュート数は半分よりやや下ってことは、効率のいい攻めを見せてたってこと。でもって被シュート数も少ないから堅守速攻が型になってるってことですよ。今年は大型補強もしてるし……。 ってことでいろいろ見えてきた感じがしませんか? <hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2021.01.23 20:00 Sat
twitterfacebook
thumb

G大阪がチアゴ・アウベスを獲得! レアンドロ・ペレイラに続く連日のアタッカー補強

ガンバ大阪は23日、ブラジル人FWチアゴ・アウベス(28)の完全移籍加入を発表した。背番号は「32」を着用する。 チアゴ・アウベスはドリブル突破と強烈な左足が魅力のアタッカーで、母国の名門サントスでプロキャリアをスタート。韓国やサウジアラビアを渡り歩き、2017年3月にレンタルでの清水エスパルス入りを機に初来日した。 2018年から韓国に戻り、全北現代モータースでプレーしたが、2019年にレンタルでのサガン鳥栖加入で再来日。完全移籍に移行した昨季は明治安田生命J1リーグ14試合3ゴールを記録したが、同シーズン限りで退団した。 G大阪にとって、前日のFWレアンドロ・ペレイラに続くアタッカーの新戦力となるチアゴ アウベス。G大阪の公式サイトを通じて加入の喜びと意気込みを語っている。 「沢山のサッカーの重みがつまったビッグクラブのユニフォームを着られることになり、本当に幸せな気持ちでいっぱいです。ガンバ大阪は本当にビッグクラブです」 「また夢を一つ叶える事ができて、沢山の嬉しさとモチベーションでいっぱいです。僕もガンバファミリーの一員として期待に頑張って応えられるように頑張ります」 「ガンバ大阪に行ったことが間違いではなかったねってみんなに言ってもらえるように」 2021.01.23 19:45 Sat
twitterfacebook
thumb

中村憲剛氏、川崎Fの新役職FROに就任 「幅広い活動を」

川崎フロンターレは23日、中村憲剛氏(40)の「Frontale Relations Organizer(FRO)」就任決定を発表した。 FROはこのたび、新設された役職。クラブのアカデミー、普及・育成部門を中心に様々な活動に携わっていくという。 現役から退いた後もまた新たな形で川崎Fの発展に関わっていく中村氏はクラブを通じて、意気込みを語っている。 『このたび川崎フロンターレ リレーションズ オーガナイザー(FRO)に就任しました中村憲剛です。リレーションズと名がついているようにクラブがうまく回るよう、人と人、人と会社、会社と会社をつなげる役割を担いつつ、僕自身も幅広い活動をしていきたいと思います。今後ともよろしくお願いします』 2021.01.23 19:10 Sat
twitterfacebook
thumb

2冠王者の川崎Fが選手背番号を発表! ジョアン・シミッチは「6」、中村憲剛氏の「14」は…?

川崎フロンターレは23日、2021シーズンの選手背番号を発表した。 昨季の明治安田生命J1リーグを圧倒的かつ記録的な強さで2季ぶりに制して、クラブとして初の天皇杯優勝も成し遂げた川崎F。新シーズンも国内のタイトル獲得はもちろん、2季ぶりの参戦となるAFCチャンピンズリーグ(CL)での初制覇を目指す。 注目の新戦力となるMFジョアン・シミッチは海外移籍のMF守田英正から継承する形で「6」をつけ、MF塚川孝輝が「3」、MF小塚和季が「17」。復帰組はFW遠野大弥が「19」、FW知念慶が「20」、FW宮城天が「24」に決定した。 また、既存メンバーだと、FW旗手怜央が「47」に変更。MF山村和也とGK安藤駿介も新シーズンから新たな番号を背負ってプレーすることが決まった。なお、昨季限りで現役引退の中村憲剛氏がつけた「14」は空席という形になっている。 ◆選手背番号一覧 GK 1.チョン・ソンリョン 21.安藤駿介※背番号変更 27.丹野研太 40.イ・キョンテ DF 2.登里享平 4.ジェジエウ 5.谷口彰悟 7.車屋紳太郎 13.山根視来 26.神谷凱士 30.田邉秀斗←静岡学園高校/新加入 MF 3.塚川孝輝←松本山雅FC/完全 6.ジョアン・シミッチ←名古屋グランパス/完全 8.脇坂泰斗 10.大島僚太 15.イサカ・ゼイン 16.長谷川竜也 17.小塚和季←大分トリニータ/完全 18.三笘薫 22.橘田健人←桐蔭横浜大学/新加入 25.田中碧 28.山村和也※背番号変更 41.家長昭博 FW 9.レアンドロ・ダミアン 11.小林悠 19.遠野大弥←アビスパ福岡/復帰 20.知念慶←大分トリニータ/復帰 24.宮城天←カターレ富山/復帰 47.旗手怜央※背番号変更 監督 鬼木達 2021.01.23 18:25 Sat
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly