「一生忘れられない瞬間」王者マドリー相手に大金星の昇格組カディス、指揮官も歓喜

2020.10.18 09:55 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
昨シーズンの王者に勝利し大金星を挙げたカディスのアルバロ・セルベラ監督が、レアル・マドリー戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。2019-20シーズンのセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)を2位で終えて昇格を果たしたカディス。開幕から5試合を戦い2勝1分け2敗と好スタートを切っていた中、17日に行われた第6節でマドリーと対戦した。

マドリーに攻められながらも立ち上がりから堅い守備を見せていたカディスは16分、ホセ・マリのロングパスをボックス手前のアルバロ・ネグレドが頭で落とすと、ボックス右から侵入したアンソニー・ロサーノが冷静に右足でゴールネットを揺らし先制。その後はマドリーの攻撃に耐えて虎の子1点を守り切り、金星を挙げた。

試合後、マドリー相手に勝利を収めたセルベラ監督がコメント。大金星を喜ぶとともに、チームとしての狙いがハマったと語った。

「人生では多くの出来事があるが、これはもう1つの思い出だ。私にとって、そして他の人にとっても、一生忘れられない瞬間だ。毎日ホームでマドリーには勝てないからだ」

「前半はとても良い感じだった。チャンスを作ったし、チャンスを与えなかった。後半はもう少しキープするよう心掛け、カウンターでもう1点取れるかどうかだった」

「彼らは苦労していても、最後にゴールを許せば徒労に終わってしまう。ただ、彼らは良くなかったので、我々が試合に勝利した」

「マドリーのクオリティは知っているし、攻められた時は同数で守り、カウンターに賭けることにした。我々は勝利に値したし、この勝利を誇りに思うべきだ」

試合数にバラツキがありながらも暫定の順位表でトップに立っているカディス。それでもセルベラ監督は「我々の使命は残留することだ。難しいかもしれないが、すでに長い道のりを歩んできている」とコメント。謙虚な姿勢で戦い続けると語った。
コメント
関連ニュース
thumb

久保が今季リーグ初先発もビジャレアルは好調カディス守備陣を攻略できずゴールレス決着《ラ・リーガ》

久保建英の所属するビジャレアルは、ラ・リーガ第7節でカディスとアウェイで対戦し0-0の引き分けに終わった。久保は62分までプレーした。 ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)グループI第1節でスィヴァススポルに5-3で勝利したビジャレアルは、その試合から先発を7人変更。スィヴァススポル戦で1ゴール2アシストの活躍を見せた久保は、ELに続きリーグ戦初先発となった。 <div id="cws_ad">◆久保建英が初先発のカディスvsビジャレアル<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1ksukrfm4w95gzbokyk62ivoe" async></script></div> 3トップに久保、アルカセル、モイ・ゴメスと並べた[4-3-3]で試合に臨んだビジャレアルは、開始早々に失点を許す。7分、バイタルエリア左でFKを与えるとA・フェルナンデスの供給したクロスをパウ・トーレスが弾き返したが、中途半端なクリアを最後はボックス内のネグレドに流し込まれた。 このゴールでカディスに先制を許したかに思われたが、VARのレビューの結果、A・フェルナンデスのクロスの時点でロサーノがオフサイドポジションにいたため、ゴールは取り消された。 難を逃れたビジャレアルはその後、ボールポゼッションでカディスを圧倒するも[4-4-2]の堅固な守備ブロックを築くカディスを前にアタッキングサードでのアイデアが足りず、最後までも決定機を演出できず。前半は枠内シュート0本で終了した。 後半に入っても目立った決定機のないビジャレアルは、62分に久保を下げてチュクウェゼを、さらに73分にはトリゲロスを下げてバッカを投入。アルカセルとバッカを2トップに据えた[4-4-2]に布陣を変更した。 その後も膠着状態が続く中、ビジャレアルは82分に立て続けにチャンスを迎える。コクランがバイタルエリア中央手前でホセ・マリに引っかけられてFKを獲得すると、アルカセルが強烈なミドルシュートで直接ゴールを狙ったが、これは相手GKが正面で弾く。 さらにこれで獲得した左CKからモイ・ゴメスがクロスを供給すると、飛び出したGKのパンチングしたこぼれ球をバッカがダイレクトシュート。しかし、このシュートもGKレデスマの好セーブ防がれた。 結局、試合はそのままゴールレスでタイムアップ。終盤にチャンスを作るもカディスの堅守を攻略できなかったビジャレアルは、リーグ戦連勝のチャンスを逃した。 2020.10.26 02:29 Mon
twitterfacebook
thumb

金星献上のジダン監督、クラシコ前の黒星も「言い訳するつもりはない」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、カディス戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 マドリーは17日、ラ・リーガ第6節で昇格組のカディスと対戦。前半からチャンスを作るも決め切れないでいると、16分にアンソニー・ロサーノのゴールで先制を許す。ハーフタイムに4人同時交代を敢行するも、後半もカディスの堅い守備を崩せず、0-1で敗戦。今季初黒星となった。 試合後、ジダン監督は敗戦を受け入れ、言い訳はしないとコメント。入りから試合を難しくしたと語った。 「説明がつかない。負けることを想定する必要があり、それ以上のものはない。我々は幸せになることはできないし、幸せではない。しかし、サッカーでは起こり得ることだ」 「試合に入るところから苦労した。立ち上がりから難しかった。後半は我々の方がよかったが、前半に2、3点取っているなら何も言うことはなかった」 「試合にうまく入れないと、状況が難しくなる可能性はあり、それは今夜起きたことだが、言い訳するつもりはない」 「1つの試合に負けただけだ。ホームだからこそ、重要な3ポイントだった。試合が始まる前からリードしていた」 「もちろん重要なことだが、それだけだ。次の試合のことも考えないといけない。我々の試合のスタートは難しいものになった。試合に入れなかった」 「フィジカル的にも我々にとっては難しく、アクションは試合の入りからに依存する。確かに今日は大変だった」 また、次節はバルセロナとの“エル・クラシコ”が控えているが、気持ちを切り替える必要があるとした。 「今は次の試合のことを考え、やるべきことはしっかりと休んで、勝つために努力しようということだ。今日は選手全員にとって、そしてマドリーにとって悪い日だった。次の試合ではこれを変えたい」 2020.10.18 10:37 Sun
twitterfacebook
thumb

低調マドリー、昇格組カディスの堅守を崩せずまさかの今季初黒星…《ラ・リーガ》

レアル・マドリーは17日、ラ・リーガ第6節でカディスと対戦し、0-1で敗戦した。 昨季王者のマドリーが、ホームに昇格組のカディスを迎えた一戦。ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)を控えるマドリーは、4連勝を狙うインターナショナルウィーク明け初戦に向けてベンゼマやモドリッチ、クロース、セルヒオ・ラモス、GKクルトワなどを先発に起用。代表の長距離移動による疲労を考慮して、カゼミロやバルベルデはベンチスタートとなった。 L・バスケス、ベンゼマ、ヴィニシウスを3トップに並べた[4-3-3]の布陣で試合に臨んだマドリーは、開始早々の2分にミスからピンチを迎える。クロースのバックパスがずれたところをボックス左で奪ったネグレドがシュート。しかし、このシュートはゴールカバーに戻ったセルヒオ・ラモスがゴールライン手前でクリアし難を逃れた。 その後は相手陣内でのプレーが続くマドリーだが、[4-4-2]の堅固な守備ブロックを築くカディスを前にアタッキングサードでのアイデアが足りず、決定機まで持ち込めない。 すると、マドリーはカウンターでチャンスを窺うカディスに先制を許す。16分、ホセ・マリのロングパスをボックス手前のネグレドが頭で落とすと、ボックス右から侵入したロサーノが冷静に右足でゴールネットを揺らした。 さらに30分にも、自陣ボックス手前でボールを受けたホセ・マリがロングフィードを送ると、これを最前線で受けたロサーノがボックス左まで持ち上がりシュート。しかし、これはGKクルトワのセーブに防がれた。 ゴールレスで後半を迎えたマドリーは、後半開始からセルヒオ・ラモス、イスコ、モドリッチ、L・バスケスを下げてアセンシオ、カゼミロ、バルベルデ、ミリトンを投入。対するカディスは、ロサーノを下げてマルバシッチを投入した。 4枚替えを敢行したマドリーは、後半も自陣ボックス中央を固めるカディスの守備を攻略できず攻撃が停滞。それでも67分、ミリトンのパスを受けたクロースがボックス左横まで持ち上がりクロス。中央でフリーのヴィニシウスが頭で合わせたが、これはゴール右に逸れる。 ゴールの遠いマドリーは、78分にクロースを下げてヨビッチを投入。すると80分、マルセロの左クロスをゴールエリア右のベンゼマが頭で折り返すと、最後はヨビッチが押し込んだが、これはベンゼマのポジションでオフサイドを取られた。 さらに81分には、ヨビッチとのパス交換でボックス手前まで侵攻したベンゼマがミドルシュートでカディスゴールに迫ったが、これはクロスバーを直撃。運にも見放されたマドリーは、そのまま0-1で敗戦。マドリーは次節バルセロナとの“エル・クラシコ”を前に今季初黒星を喫した。 2020.10.18 03:40 Sun
twitterfacebook
thumb

アトレティコやシャルケでプレーしたMFフラードがカディスと契約解除

カディスは1日、MFホセ・マヌエル・フラード(34)の退団を発表した。両者合意の下で契約を解除したとのことだ。 レアル・マドリーの下部組織で育ったフラードは、2005年7月にファーストチームに昇格。その後、アトレティコ・マドリーへと移籍すると、マジョルカへのレンタル移籍を経て、2010年8月にシャルケへと完全移籍した。 その後は、スパルタク・モスクワやワトフォード、エスパニョールでプレー。また、アル・アハリ(サウジアラビア)、長州亜泰(中国)とアジアでもプレーし、2019年7月にカディスへ加入していた。 カディスでは、セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)で15試合に出場。チームの昇格に貢献していた。 これまでラ・リーガで通算186試合に出場し22ゴール24アシストを記録しているフラード。新天地はどこになるだろうか。 2020.10.02 11:55 Fri
twitterfacebook
thumb

セビージャがムニルの劇的弾で逆転勝利! ラキティッチに復帰後初ゴールも生まれて白星発進《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第3節、カディスvsセビージャが27日に行われ、アウェイのセビージャが3-1で勝利した。 昨季4位でヨーロッパリーグ(EL)王者のセビージャは、24日に行われたバイエルンとのUEFAスーパーカップでシーズンをスタート。延長戦の末にチャンピオンズリーグ(CL)王者に1-2で競り負けたものの、新戦力のラキティッチのフィット具合を含め、仕上がりは上々。 前節、今季初勝利を手にした昇格組カディスとのアンダルシア自治州ダービーとなったラ・リーガ初陣ではバイエルン戦から先発5人を変更。エン=ネシリ、オリベル・トーレス、新戦力のアクーニャらが起用された。 開始直後にホセ・マリの強烈なシュートでGKブヌがファインセーブを強いられるなど、ややバタついた入りを見せたセビージャ。それでも、9分にはラキティッチのスルーパスに抜け出したスソからのマイナスのパスをオカンポスが冷静にゴールへ流し込む。だが、これはスソの抜け出しの場面でオフサイドを取られる。 その後はダービーらしいオープンな展開が続く中、29分にはオリベル・トーレスに決定機も左足のシュートは左ポストを叩く。 結局、ゴールレスで試合を折り返したセビージャは、後半開始直後にゴールを奪われる。48分、左サイドからの折り返しをファーのネグレドに頭で折り返されると、これを中央のサルビに右足で流し込まれた。 すぐさま反撃に転じるセビージャは60分にエン=ネシリ、セルジ・ゴメス、オリベルに代えてルーク・デ・ヨング、ジョルダン、ムニルをピッチに送り込む3枚替えを敢行。すると、65分にはヘスス・ナバスからの絶妙な右クロスをデ・ヨングが得意のヘディングで合わせ、同点に追いつく。 だが、その後はなかなか攻め切ることができず、試合は終盤に突入する。それでも、諦めずに攻め続けるセビージャは90分、ジョルダンの縦パスに対してDFがクリアし切れず、入れ替わったムニルがGKとの一対一を制して土壇場で逆転に成功。 さらに、96分には再び最終ラインの裏へ抜け出したムニルからのプレゼントパスをラキティッチが決めきり、復帰後初ゴールとした。そして、苦しみながらも勝ち切ったセビージャが今季初陣を白星で飾った。 2020.09.28 03:41 Mon
twitterfacebook