奥埜&豊川が2ゴール! 横浜FMは鬼門ヤンマースタジアムを攻略出来ず大敗《J1》

2020.10.17 17:05 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J1リーグ第23節、セレッソ大阪vs横浜F・マリノスが17日にヤンマースタジアム長居で行われ、4-1でC大阪が勝利した。前節は最下位の湘南ベルマーレに苦戦を強いられるも、後半アディショナルタイムのマテイ・ヨニッチの値千金ゴールで連敗を止めたC大阪(勝ち点45)。この勝利でJ1通算150勝目となり、リーグ後半戦は5試合で1勝4敗と苦しい戦いが続いていただけに、嬉しいトピックとなった。

一方、横浜FM(勝ち点38)は6連勝中だったガンバ大阪相手に1-1のドローで、なんとか勝ち点1を獲得。ここ5試合の成績を2勝2分け1敗としている。互いに前節から中2日となる両者だが、それぞれスタメン変更は1人と3人にとどめている。

立ち上がりの4分に巧みなパスワークからチャンスを作ったC大阪は10分、右サイドの坂元がキックフェイントで相手を躱して左足でクロスを上げると、DFの間に飛び込んだ奥埜が頭で叩き込み、幸先良く先制に成功した。

その後も坂元を中心に攻撃を組み立てるC大阪に対して主導権を握りたい横浜FMだが、組織的なブロックを前になかなかキラーパスが通らない。いざアタッキングサードに侵入しても、強度の高い守備に絡めとられてしまう。

そうなると攻撃はサイドやカウンターに。37分に右サイドの松原から上がったクロスをエリキが待ち構えたが、上手く合わせられずマテイ・ヨニッチのブロックに逢う。39分には素早い攻撃からマルコス・ジュニオールがボックス右からシュートへ。相手に当たってコースが変わったシュートは左ポストを叩いて惜しくもゴールとはならなかった。

続く44分には、ハーフウェイライン付近でボールを奪ったエリキからカウンターを発動。左のジュニオール・サントスに展開し、グラウンダーのクロスを再びエリキが押し込んだが完全にオフサイド。前半最大の決定機を逃してしまう結果に。

後半は横浜FMがポゼッションを高めるものの、C大阪も集中した守りを見せて膠着状態が続く。そんな中、66分に初めてC大阪が交代カードを切ると、ここから大きく試合が動く。

交代直後の67分、右サイドの片山のクロスをボックス左の清武が頭で落とすと、ゴール前に飛び込んだ途中出場の豊川は届かなかったものの、逆サイドの奥埜がこぼれ球を回収。誰もがクロスを意識する中、奥埜は角度のない所からGKのニアを突くシュートを流し込んだ。

さらにその4分後、再び片山起点のロングボールをボックス手前右で収めた豊川が、GK梶川の位置を確認してループシュートを選択。これが見事にゴールに収まり、瞬く間に3点のリードを得た。

だが、これで止まらないホームチームは80分、左サイドに流れた奥埜がふわりとしたボールを前線に供給。これでGKと一対一となった豊川が冷静に仕留めて4点差に広げた。

守備崩壊の横浜FMは、途中出場で古巣対戦の水沼が後半アディショナルタイムに1点を返すが焼け石に水。試合は4-1でC大阪が勝利し、2連勝を収めた。一方の横浜FMはヤンマースタジアム長居でまたも敗戦。2012年以降14戦未勝利で、4分け10敗となっている。

セレッソ大阪 4-1 横浜F・マリノス
【C大阪】
奥埜博亮(前10)
奥埜博亮(後22)
豊川雄太(後26)
豊川雄太(後35)
【横浜FM】
水沼宏太(後46)
コメント
関連ニュース
thumb

「個別のファンサービスはできない」と村井チェアマンが改めて明言、キャンプでは週1回の検査など最大限の感染予防を実施

Jリーグと日本野球機構(NPB)は25日、「第24回 新型コロナウイルス対策連絡会議」を実施した。 コロナ禍における2020年のシーズンを無事に終え、新たなシーズン開幕に向けて準備を進めているJリーグとプロ野球。互いにシーズン開幕前のキャンプが予定されている中、コロナ禍で迎える初の事態となる。 宮崎県や沖縄県を中心に、普段とは違う環境で行われるキャンプ。地方自治体との連携が重要視され、医療体制が逼迫する中での実施となる。 最大限の感染予防対策を行う中、キャンプが行われるが、選手や関係者の感染、特にクラスター発生が最も懸念されることだ。 専門家チームの賀来満夫氏(東北医科薬科大学医学部・感染症学教室特任教授)は、「無症状から伝播していることがわかってきた。症状が出てからうつるのは40%ぐらいで、症状がない時からうつることに気をつけなければならない」と見解を語り、昨今増えている無症状での陽性反応者をいかに見つけるかが重要だとした。 また、「基本的な感染対策はもちろんだが、無症状であってもうつるので、常に感染している可能性を考えなければいけない」とし、「食事での注意などは、プロ野球、Jリーグとガイドラインを含めてしっかりと注意していると聞いている。検査も1週間に1回行うとのことで、会話の注意やマスクの着用など総合的に対策を行うことが重要になると思う」とし、検査を頻繁に行うことで無症状の感染者を早期に見つけ出すことが、感染拡大につながらない1つの策だと語った。 三鴨廣繁氏(愛知医科大学大学院医学研究科臨床感染症学教授)は「無症状から伝播するので、検査を行おうという話になっている」とし、検査体制を整えることが重要だと指摘。「どこでもらうか、誰にうつすかわからないという状況になっている。キャンプでは普段いないところで行うわけなので、地元に迷惑をかけない、医療体制が逼迫している状況。プロ野球もJリーグもしっかりと対応されていると思う」と、地元医療機関へ負担をかけないためにも、感染対策をしっかりと行う必要があるとした。 また、「パルスオキシメーターを各チームで準備することに加えて、日頃の体調チェックシートをしっかりする。少しでも悪くなればすぐに医師に相談できる状況を作っていくことが大事」とし、「マスクは皆さんするようになっている。最近は、飛沫感染よりも接触感染が考えられるが、マニュアルには記載されているので、しっかり遵守してもらうことが大事」とし、接触感染も十分に注意を払って行動することが大事だとした。 通常であれば、キャンプ地では地元住民やファン・サポーターが駆けつけて選手とのファン・サービスを楽しむシーンがよく見られるが、今年は全面的に禁止にしている。 村井満チェアマンも「選手は全てのキャンプ地で事前スクリーニング検査を行った上で行きますし、その後も週1回の検査を行う」とし、「個別のファンサービスはできないことを明言しています」とコメント。また選手たちにも「キャンプ終了後、地域での外食や会食など不要不急の外出制限も申し入れている」と、外出を控えるように呼び掛けているとした。 シーズン開幕前のチームをチェックしたい方も多くいるだろうが、新シーズン開幕をしっかりと迎えるためにも、今年のキャンプはチームからの発信を頼りにすることが求められそうだ。 2021.01.25 13:27 Mon
twitterfacebook
thumb

FC東京DF丹羽大輝が契約満了 「出会えた全ての方に感謝」

FC東京は24日、元日本代表DF丹羽大輝(35)の契約満了による退団を発表した。 ガンバ大阪下部組織育ちの丹羽は2004年にトップチーム昇格後、徳島ヴォルティス、大宮アルディージャ、アビスパ福岡にそれぞれレンタル。2012年にG大阪復帰後、2014年の国内三冠達成に貢献すると、2015年に日本代表デビューも果たした。 その後、2017年6月からサンフレッチェ広島に移り、2018年7月からG大阪時代の恩師である長谷川健太監督のFC東京に加入。しかし、サブとしての立ち回りがメインで、昨季も公式戦4試合の出番に終わった。 退団決定を受け、クラブの公式サイトを通じて、別れのメッセージを送った。 「首都東京。感じた事、学ばせてもらった事は数え切れません。伝えたいことは山ほどありますが、今後の自分の生き様を見て頂き、僕からメッセージをみなさんに送り続けます。出会えた全ての方に感謝。また笑顔でお会いしましょう。VAMOS TOKYO!!」 2021.01.24 13:25 Sun
twitterfacebook
thumb

キャンプも始まり次第にチームの形は出来上がってると思うんだけど!? の巻/倉井史也のJリーグ

いろんなチームでキャンプが始まって、ってことはそろそろ戦力も固まって、ってことなんですけど、じゃああのチームの補強って上手くいったの? な部分の判断をどうするか? ということで今年も2020年の数字から探って見ちゃうよ!! まず「この数字が低いチームは守備を補強しとけ!!」。そりゃ相手からのシュートを受けないほうが失点する確率が少ないですからね。ってことで、「被シュート数」で去年の順位を並べ替えると…… 1 川 崎:264本 2 名古屋:293本 3 鹿 島:305本 4 広 島:310本 5 鳥 栖:310本 6 FC東京:338本 7 大 分:358本 8 柏 :363本 9 横浜FM:364本 10 神 戸:365本 11 札 幌:372本 12 C大阪:374本 13 清 水:396本 14 湘 南:405本 15 G大阪:415本 16 横浜FC:420本 17 仙 台:427本 18 浦 和:450本 ちょ、ちょっと浦和、打たれすぎ。だけど打たれても失点しないっていう粘りがあってもいいと思うんです。ということで次は「失点率(失点数/被シュート数)」を調べると…… 1 名古屋:293本/28失点(9.6%) 2 C大阪:374本/37失点(9.9%) 3 G大阪:415本/42失点(10.1%) 4 川 崎:264本/31失点(11.7%) 5 湘 南:405本/48失点(11.9%) 6 広 島:310本/37失点(11.9%) 7 FC東京:338本/42失点(12.4%) 8 浦 和:450本/56失点(12.4%) 9 大 分:358本/45失点(12.6%) 10 柏 :363本/46失点(12.7%) 11 鳥 栖:310本/43失点(13.9%) 12 横浜FC:420本/60失点(14.3%) 13 仙 台:427本/61失点(14.3%) 14 鹿 島:305本/44失点(14.4%) 15 札 幌:372本/58失点(15.6%) 16 神 戸:365本/59失点(16.2%) 17 横浜FM:364本/59失点(16.2%) 18 清 水:396本/70失点(17.7%) ちょ、ちょっと清水、失点率高すぎ。これって打たれたシュートはかなりの確率で決定機だったってこと。つまり大雑把に言えばペナルティエリアに侵入されすぎってことね。 じゃあ次に「この数字が低いチームは攻撃を補強しとけ!!」。まずはシュート打ってナンボですからね。シュート本数多くなきゃ。つまりこのランクが下位のチームは攻撃陣補強したほうがいいんじゃね? ってことで。 1 川 崎:535本 2 鹿 島:485本 3 横浜FM:446本 4 神 戸:415本 5 札 幌:406本 6 広 島:392本 7 柏 :388本 8 G大阪:362本 9 FC東京:353本 10 清 水:334本 11 C大阪:328本 12 名古屋:326本 13 浦 和:324本 14 仙 台:311本 15 横浜FC:305本 16 鳥 栖:301本 17 大 分:262本 18 湘 南:256本 ちょ、ちょっと川崎、湘南の倍以上打ってるし。そりゃ圧倒的に勝つわ。だけど、少ないチャンスでもしっかり決めるFWがいれば問題ないわけですよ。ってことで今度は「決定率(得点数/シュート数)」で考えると…… 1 川 崎:535本/88点(16.4%) 2 横浜FM:446本/69点(15.5%) 3 柏 :388本/60点(15.5%) 4 清 水:334本/48点(14.4%) 5 C大阪:328本/46点(14.0%) 6 名古屋:326本/45点(13.8%) 7 大 分:262本/36点(13.7%) 8 FC東京:353本/47点(13.3%) 9 浦 和:324本/43点(13.3%) 10 G大阪:362本/46点(12.7%) 11 横浜FC:305本/38点(12.5%) 12 鳥 栖:301本/37点(12.3%) 13 神 戸:415本/50点(12.0%) 14 広 島:392本/46点(11.7%) 15 札 幌:406本/47点(11.6%) 16 仙 台:311本/36点(11.6%) 17 鹿 島:485本/55点(11.3%) 18 湘 南:256本/29点(11.3%) 川崎、オルンガがいた柏より決定率高いじゃねぇか。そりゃ圧倒的に勝つわ。それにしても大分の決定率の高さがすごいなぁ、と。 で、今回もう一つ注目したのが獲得したCKの数。これさ、それだけ攻め込んでるってことでしょ。だから「この数字が低いチームは構成力を補強しとけ!!」ってことで考えてみると…… 1 川 崎:234回 2 横浜FM:206回 3 鹿 島:205回 4 広 島:184回 5 清 水:180回 6 神 戸:177回 7 札 幌:176回 8 FC東京:165回 9 大 分:158回 10 鳥 栖:156回 11 G大阪:153回 12 浦 和:150回 13 仙 台:150回 14 C大阪:147回 15 柏 :144回 16 湘 南:140回 17 名古屋:139回 18 横浜FC:131回 畏るべしは名古屋。あまりCK取ってないのに、決定率が高いしシュート数は半分よりやや下ってことは、効率のいい攻めを見せてたってこと。でもって被シュート数も少ないから堅守速攻が型になってるってことですよ。今年は大型補強もしてるし……。 ってことでいろいろ見えてきた感じがしませんか? <hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2021.01.23 20:00 Sat
twitterfacebook
thumb

G大阪がチアゴ・アウベスを獲得! レアンドロ・ペレイラに続く連日のアタッカー補強

ガンバ大阪は23日、ブラジル人FWチアゴ・アウベス(28)の完全移籍加入を発表した。背番号は「32」を着用する。 チアゴ・アウベスはドリブル突破と強烈な左足が魅力のアタッカーで、母国の名門サントスでプロキャリアをスタート。韓国やサウジアラビアを渡り歩き、2017年3月にレンタルでの清水エスパルス入りを機に初来日した。 2018年から韓国に戻り、全北現代モータースでプレーしたが、2019年にレンタルでのサガン鳥栖加入で再来日。完全移籍に移行した昨季は明治安田生命J1リーグ14試合3ゴールを記録したが、同シーズン限りで退団した。 G大阪にとって、前日のFWレアンドロ・ペレイラに続くアタッカーの新戦力となるチアゴ アウベス。G大阪の公式サイトを通じて加入の喜びと意気込みを語っている。 「沢山のサッカーの重みがつまったビッグクラブのユニフォームを着られることになり、本当に幸せな気持ちでいっぱいです。ガンバ大阪は本当にビッグクラブです」 「また夢を一つ叶える事ができて、沢山の嬉しさとモチベーションでいっぱいです。僕もガンバファミリーの一員として期待に頑張って応えられるように頑張ります」 「ガンバ大阪に行ったことが間違いではなかったねってみんなに言ってもらえるように」 2021.01.23 19:45 Sat
twitterfacebook
thumb

中村憲剛氏、川崎Fの新役職FROに就任 「幅広い活動を」

川崎フロンターレは23日、中村憲剛氏(40)の「Frontale Relations Organizer(FRO)」就任決定を発表した。 FROはこのたび、新設された役職。クラブのアカデミー、普及・育成部門を中心に様々な活動に携わっていくという。 現役から退いた後もまた新たな形で川崎Fの発展に関わっていく中村氏はクラブを通じて、意気込みを語っている。 『このたび川崎フロンターレ リレーションズ オーガナイザー(FRO)に就任しました中村憲剛です。リレーションズと名がついているようにクラブがうまく回るよう、人と人、人と会社、会社と会社をつなげる役割を担いつつ、僕自身も幅広い活動をしていきたいと思います。今後ともよろしくお願いします』 2021.01.23 19:10 Sat
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly