若きロナウジーニョ擁するPSGが見せた流れるようなパスワーク【チーム・ゴールズ】

2020.10.18 12:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回は元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏がパリ・サンジェルマン(PSG)時代に決めたゴールだ。

◆PSG時代のロナウジーニョが決めた連携ゴール

母国の強豪グレミオでのデビューを経て、2001年夏にPSGに加入し、欧州デビューを果たしたロナウジーニョ氏。同クラブでの活躍が評価され、2003年夏にはバルセロナに引き抜かれている。

PSG時代から見事なパフォーマンスを見せ、観客を魅了していたロナウジーニョ氏だが、2001年11月25日に行われたリーグ・アン第15節のナント戦では、素晴らしいチームゴールを決めている。

ナントに先制を許しながらもPSGが追いつき、1-1で迎えた62分、右サイドでボールを持ったPSGが大きなサイドチェンジで左サイドへボールを回す。パスを受けたDFガブリエル・エインセはドリブルでボールを運ぶと、中央へパス。中にいたFWバーソロミュー・オグベチェがダミーでボールをスルーすると、ボックス手前のロナウジーニョにボールが入り、これをロナウジーニョがゴール右下に流し込んだ。

このゴールで2-1と逆転に成功したPSGがそのまま試合に勝利している。
コメント
関連ニュース
thumb

親善試合でワイナルドゥムが見せた、仕上がり抜群の華麗な連携ゴール【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はリバプールのオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ワイナルドゥムがPSMで見せた見事な連携ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ5Y2Y5VW1YaCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> フェイエノールトでキャリアをスタートさせたワイナルドゥムは、PSVで頭角を現すと、2015年夏にニューカッスルへ加入しプレミアリーグデビュー。同クラブで降格の憂き目に遭うも、孤軍奮闘の活躍が評価され、2016年夏にリバプールに移籍した。 豊富な運動量とキープ力で、攻守に存在感を見せているワイナルドゥムだが、2018年8月7日に行われた、プレシーズンマッチのトリノ戦では、味方との見事な連携からゴールを決めている。 1-0とリバプールリードの24分、最終ラインからのロングパスを最前線で受けたFWモハメド・サラーがFWロベルト・フィルミーノに落とす。ドリブルでボールを運びながらチャンスを伺うフィルミーノは、右サイドから上がってくるワイナルドゥムを見て、絶妙なスルーパスをボックス内に送る。これを相手DFの裏で受けたワイナルドゥムがGKのニアポストを抜くゴールを決め、追加点を奪った。 このワイナルドゥムのゴールなどもあり、3-1と危なげなく勝利したリバプール。プレシーズン最終戦となった試合で仕上がりの良さを見せつけた。 2020.10.23 21:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ピンチを一瞬でチャンスに変えたマルセイユの高速カウンター【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はマルセイユのフランス代表FWフロリアン・トヴァンが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ピンチをチャンスに変えるマルセイユの高速カウンター<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJzalREUG9NYyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> フランス2部リーグでデビューしたトヴァンは、バスティアをリーグ・アンに押し上げる活躍を見せると、2013年夏にマルセイユに加入し、ステップアップ。その後ニューカッスルへ移籍するが、プレミアリーグに馴染めず2016年1月にマルセイユに復帰した。 マルセイユ復帰後は安定した活躍を見せているトヴァンだが、2018年8月19日に行われた、リーグ・アン第2節のニーム戦では、鮮やかなカウンターからゴールを決めている。 ニームに先制を許し、0-1で迎えた49分、ニームがマルセイユ陣内でFKのチャンスを得る。キッカーがボックス内にクロスを上げるも、マルセイユFWヴァレール・ジェルマンが頭でクリア。このボールを拾ったMFモルガン・サンソンがMFディミトリ・パイエとの華麗なパス交換で相手の裏を取り、カウンターを開始する。 サンソンがドリブルでボックス手前までボールを運ぶと、相手を引きつけたタイミングで右サイドから上がってきたトヴァンへパスを送る。飛び出してきたGKを見たトヴァンが、冷静にループシュートを決め、見事な同点ゴールとなった。 相手のFKというピンチを一瞬で自分たちのチャンスに変える、鮮やかなカウンターを披露したマルセイユだったが、試合は1-3でニームに敗れている。 2020.10.22 21:00 Thu
twitterfacebook
thumb

相手ディフェンスを真っ二つに切り裂く レアル攻撃陣の切れ味抜群の中央突破【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はレアル・マドリーの元フランス代表FWカリム・ベンゼマが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆マドリーが見せた鮮やかな中央突破からベンゼマがゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ4R3JiSW1oaSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> リヨンで若きストライカーとしてブレイクを果たしたベンゼマは、2009年夏にレアル・マドリーに加入。スター軍団の主力へとステップアップを果たした。 得点以外にもポストプレーで上手さを見せるなど、欠かせない存在となっているベンゼマだが、2019年4月15日に行われた、ラ・リーガ第32節のレガネス戦では、見事な連携からゴールを決めている。 レガネスに先制を許し、0-1とリードされて迎えた51分、センターサークル付近でボールを持ったMFカゼミロが、相手ディフェンスライン前のスペースに入っていたMFルカ・モドリッチに楔のパスを入れる。 狭いスペースでボールを受けたモドリッチは、上手く反転してプレスに来た相手と入れ替わり、前を向く。絶好の位置でボールを持ったモドリッチは、裏へ走り出すベンゼマに向けてパスを送る。このパスをベンゼマがダイレクトでシュートを放つも、これは相手GKが一度セーブ。それでも、こぼれ球に詰めたベンゼマが今度はしっかりと決めきり、見事な同点弾を決めた。 このゴールで追いついたマドリーだったが、その後両チームにゴールは生まれず、試合は1-1のドローに終わっている。 2020.10.21 21:00 Wed
twitterfacebook
thumb

たった3人で相手ディフェンスを切り裂いたインテルの華麗なカウンター【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はインテルのウルグアイ代表MFマティアス・ヴェシーノが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ヴェシーノが決めた鮮やかなカウンターゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJJVDZvU09GYSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ウルグアイでのプロデビューを経て、2013年夏にフィオレンティーナに加入しヨーロッパデビューを果たしたヴェシーノ。その後レンタルでイタリアの複数クラブでプレーした後、2017年夏にインテルに加入した。 インテルではここまで公式戦96試合に出場し、11ゴール6アシストを記録しているヴェシーノだが、2019年4月14日に行われたセリエA第32節のフロジノーネ戦では、鮮やかなカウンターからゴールを決めている。 前半に2点を奪い、試合を優位に進めたインテルは、1点を返され2-1で迎えた93分、カウンターからチャンスを作る。 自陣中央でヴェシーノが相手のパスをかっさらうとそのままドリブルで敵陣までボールを運び、前方にいたMFジョアン・マリオにパスを送る。ボールを受けたジョアン・マリオが前線のFWマウロ・イカルディに鋭いパスを出すと、イカルディがボックス内に走り込んでいたヴェシーノにパス。ゴール前でボールを受けたヴェシーノがGKとの1vs1をしっかり決め、勝利を決定づける3点目を奪った。 鮮やかなカウンターから、たった3人で相手ディフェンスを崩したインテル。試合はインテルがそのまま3-1で勝利している。 2020.10.21 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

トッテナムが最終ラインでのパス回しからあっという間の崩しで速攻を決める!【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はトッテナムのアルゼンチン代表MFエリク・ラメラが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆トッテナムの速攻から最後はラメラが決める<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI2M1A4bmY1ViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> アルゼンチンの名門リーベル・プレートでのデビューを経て、2011年夏に加入したローマで頭角を現したラメラ。2013年夏にトッテナムに加入し、ケガが多いものの長年チームを支えている。 ドリブルやパスでのチャンスメイクの他、ゴール前での決定的な仕事も得意とするラメラだが、2018年9月22日に行われたプレミアリーグ第6節のブライトン戦では、チームの見事な崩しからゴールを決めている。 前半に先制し、1-0とトッテナムリードで折り返して迎えた76分、最終ラインで相手からのプレスをかいくぐったMFエリック・ダイアーがセンターサークル内にいたラメラにパスを送る。素早く前を向いたラメラは左に開いていたFWルーカス・モウラにボールを預け、自らはボックス内へ走る。 ボールを受けたルーカス・モウラは大外から上がってきたDFダニー・ローズへパスを送り、ボックス左からローズがマイナスのボールを入れると、ボックス内に走りこんだラメラがダイレクトでゴールに沈め、美しい崩しから追加点を奪った。 このゴールで2点差としたトッテナム。終了間際に1点を返されるも、2-1と逃げ切り、勝利を収めている。 2020.10.20 21:00 Tue
twitterfacebook