トッテナム、スワンズから逸材CBジョー・ロドンを獲得! 今夏7人目の補強に

2020.10.17 03:02 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムは16日、スウォンジー・シティからウェールズ代表DFジョー・ロドン(22)を獲得したことを発表した。契約は2025年まで。背番号は「14」を着用する。スウォンジーの下部組織からトップチームデビューを飾ったロドンは193cmの大型センターバック。過去にマンチェスターの2クラブも関心を示したと言われる逸材で、同クラブのスティーブ・クーパー監督からは“生粋のDF”と、その守備能力が高く評価されている。

デビューシーズンの2018-19シーズンはチャンピオンシップ27試合に出場。昨季は足首のケガもあり、リーグ戦の出場は21試合にとどまったが、今季は主力としてここまでの公式戦5試合でフル出場していた。

また、昨年9月に行われたユーロ予選のアゼルバイジャン戦でウェールズ代表の初キャップも記録しており、直近のUEFAネーションズリーグの2試合も共にフル出場。ウェールズ代表の今後を担う選手として大きな期待が寄せられている。

今夏の移籍市場で6選手を獲得していたトッテナムは、ベルギー代表DFヤン・ヴェルトンゲンらが退団したセンターバックは補強ポイントのひとつだった。移籍金はイギリス『スカイ・スポーツ』によると1100万ポンド(約15億円)。出来高次第で1500万ポンド(約20億円)まで上昇する契約となっているようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

トッテナム移籍の決め手はモウリーニョ! レギロン「ユースの頃から憧れの存在だった」

今夏にレアル・マドリーからトッテナムへ加入したスペイン代表DFセルヒオ・レギロンが移籍の理由を明かした。 昨シーズンのセビージャでヨーロッパリーグ優勝やラ・リーガ4位に貢献し飛躍を遂げたレギロンは、今夏に親元のマドリーを離れ、トッテナムに完全移籍することになった。 イギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューの中で、様々な選択肢があったと語ったレギロンは、トッテナム行きを決めた理由に、かつてマドリーを率いてリーグ優勝も成し遂げた、トッテナムの現指揮官ジョゼ・モウリーニョ監督の存在があったからだと話す。 マドリーの下部組織に在籍していた頃から憧れの人物だったことを明かし、母国を離れる決断は間違っていなかったと、今回の移籍に満足感を示している。 「僕がずっと若かった頃、まだカデーテ(U-16)にいた時代には、彼に会う幸運には恵まれなかった。だけどその時の記憶は今でも偉大なものだよ」 「僕の家族はみんなモウリーニョの大ファンだった。彼はワールドクラスの指揮官で、移籍を決断をする上で重要人物だった」 「移籍市場ではいろんな選択肢があったけど、トッテナムの関心を聞いてからは早かったよ。母国やスペインリーグ、家族の下を離れるのは大きな決断だったけど、間違っていなかった」 「ここに来てからクラブは良い意味で僕を驚かせてくれた。トレーニング施設やチームメイト、その他全ての面においてね。スタジアムなんて最高だね。今のところ本当に楽しめているよ」 2020.10.23 15:29 Fri
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、3発快勝のEL白星発進に「ポジティブなスタート」 デビュー戦で2アシストのカルロス・ヴィニシウスも評価

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が、3-0の白星スタートに満足感を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 22日にホームで行われたヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第1節でLASKリンツ戦と対戦したトッテナム。復帰後初先発のFWガレス・ベイルやFWカルロス・ヴィニシウスといった新戦力の活躍もあり、見事に白星発進を切った。 モウリーニョ監督は試合後のインタビューで選手たちの試合の臨み方を称え、勝利という結果を評価した。 「ホームで初戦を迎えて、3ポイントを獲得した。こうやってポジティブなスタートを切るのが非常に大事だ」 「選手たちは真剣だった。開始1分から遊ぶためにここにいるわけじゃないと認識していた。我々はプロフェッショナルとして、ここにいたんだ」 「簡単ではなかった試合で素晴らしいプレーをして簡単にした。彼らのリーグ戦やEL予選のプレーをみると、決して簡単ではなかったが、選手たちが真剣にやっていたから簡単そうに見えた」 「ベンチに12人も選手がいるのは素晴らしい気分だ。なぜなら、誰も外さず、全員が一緒になって、関与する。変更が必要な場合に備えて、オプションをもたらしてくれる」 また、デビュー戦で2アシストを記録したカルロス・ヴィニシウスについて言及。「もっとできる」と期待を込めながらも、パフォーマンスは評価した。 「カルロスなら、もっともっとできる。しかし、動き方やプレスのかけ方を学ぼうとしているところ。ほとんど英語も話せないから、ルーカス(・モウラ)ら数選手のアルゼンチン人を中心にコミュニケーションを取っている。彼には時間が必要だ」 「しかし、彼は素晴らしかった。2アシストは良かったし、何個か良いプレーも見せてくれていた。左足のクオリティが高い。ゴールを決められる選手だし、決められなくても戦術理解度が高く、とても満足している」 2020.10.23 14:20 Fri
twitterfacebook
thumb

トッテナム復帰後初先発でゴール演出のベイル、コンディション向上に「少し時間がかかる」

トッテナム復帰後初先発を果たしたウェールズ代表FWガレス・ベイルだが、コンデションを戻すには時間が必要だと感じているようだ。『UEFA.com』が伝えた。 今夏にレアル・マドリーからレンタルでトッテナムに復帰したベイルは22日にホームで行われたヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第1節のLASKリンツ戦に先発出場。27分に左足の鋭いグラウンダーのクロスでオウンゴールを誘発させるなど、3-0の快勝に貢献した。 移籍後初の先発機会でゴールを演出する活躍を披露したベイルは試合後のインタビューで勝利の喜びを口にしたが、さらなるコンディション向上の必要性を説いた。 「プロとしてのパフォーマンスを披露できて、満足している。難しい試合だとわかっていた。真剣な姿勢で試合に臨み、3ポイントを早く獲得したかった。できるだけ早くグループステージを突破したい」 「僕たちは選手層が厚く、選手のたくさんいる。でも、今シーズンは多くの大会がある。準備があまりできていないから、全選手が必要になってくる。このチームにいれるのは素晴らしい。互いに背中を押し合っていき、僕らが望む目標を達成したい」 「特に、先発に復帰できて良かった。クラブでは久しぶりだ! 試合勘や鋭さを取り戻すのは少し時間がかかるだろう。整えるためにはまだ試合が必要だ。今はフットボールに戻れたのを楽しんでいる。それが僕の幸せだ」 2020.10.23 09:50 Fri
twitterfacebook
thumb

【EL第1節結果まとめ】ナポリ敗戦も強豪は順当に白星発進! 日本人4選手全員が初戦でプレー

2020-21シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第1節が22日に行われた。 ◆強豪は順当に白星発進! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201023_0_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 優勝候補に挙がるアーセナル、トッテナムのノースロンドン勢、ミラン、ナポリ、ローマのセリエA勢では、ナポリを除く全チームが白星発進となった。 グループB初戦でラピド・ウィーンのホームに乗り込んだアーセナルは、主導権こそ握りながらもゴールレスで試合を折り返すと、後半立ち上がりにGKレノのビルドアップのミスから先制点を献上。それでも、主力を投入した後半半ば以降にダビド・ルイスの2ゴールに絡む活躍で試合を引っくり返し、2-1の逆転勝利を飾った。 一方、グループJ初戦でホームにLASKリンツを迎えたトッテナムはデビュー戦となったカルロス・ヴィニシウスがルーカス・モウラ、ソン・フンミンのゴールをアシスト。さらに、初先発のベイルも2点目のオウンゴールに繋がるクロスを供給するなど、きっちり仕事を果たした。また、今季の公式戦10試合目にして初のクリーンシートを記録する3-0の快勝で、選手層の厚みを強調する実りある一戦となった。 セリエA勢ではミランとローマが、それぞれセルティック、ヤング・ボーイズ相手に苦戦を強いられたものの、ミランがブラヒム・ディアスにクルティッチとハウゲの加入後初ゴールで3-1の勝利。一方、ローマは前半にPKから先制を許す苦しい展開となった中、後半半ばに投入されたジェコとムヒタリアンのアシストからブルーノ・ペレス、クンブラと2人のDFにゴールが生まれ、2-1の逆転勝利を飾っている。 その他の強豪チームではレバークーゼンがニースを相手にベララビの2ゴールなど攻撃陣が圧巻の6ゴールを奪い、6-2の圧勝。ベンフィカもヌニェスのハットトリックの活躍により、レフ・ポズナンに4-2で快勝。レスター・シティはイヘアナチョが1ゴール2アシストの躍動をみせ、ホームでゾリャを3-0のスコアで退けている。 また、PSVではゲッツェに公式戦2試合連続ゴールが生まれたが、EL初参戦のグラナダにホームで1-2の逆転負けを喫している。 ◆久保、三好、北川がELデビュー! 菅原がナポり相手に金星! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201023_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今シーズンのELグループステージでは、4人の日本人選手がプレーすることになったが、初戦から全選手がプレー機会を得た。 その中でひと際鮮烈な輝きを放ったのが、ビジャレアル加入後初先発でELデビューを飾ったMF久保建英。ホームで開催されたスィヴァススポル戦で先発フル出場を果たすと、13分に味方のシュートのこぼれ球を押し込んで、移籍後&EL初ゴールを奪取。さらに、20分と57分にはバッカとフォイスのゴールをアシストする衝撃のELデビューを飾り、チームも5-3で勝利している。 また、アントワープのMF三好康児はルドゴレツ戦でELデビューを飾り、フル出場を果たした中で攻守両面でハードワークし、2-1の逆転勝利に貢献。一方、ラピド・ウィーンのFW北川航也はアーセナル戦で、1-2のビハインドとなった76分に途中投入され、ELデビュー。だが、格上相手に見せ場を作るまでには至らず、惜敗となった。 デビュー組の3選手とは異なり、2年連続のEL参戦となったAZのDF菅原由勢は、トップチームの13選手が新型コロナウイルスに感染し欠場するなど厳しい台所事情の中、強豪ナポリとのアウェイゲームにおいて3トップの右で先発出場。決勝点の起点となる重要な攻撃面の貢献に加え、守勢を強いられた中で守備面でも献身的な働きをみせ、1-0の勝利に大きく貢献した。 ■ELグループステージ第1節結果 ◆グループA ヤング・ボーイズ 1-2 ローマ CSKAソフィア 0-2 クルージュ ◆グループB ダンドーク 1-2 モルデ ラピド・ウィーン 1-2 アーセナル ◆グループC レバークーゼン 6-2 ニース ハポエル・ベエルシェバ 3-1 スラビア・プラ ◆グループD スタンダール・リエージュ 0-2 レンジャーズ レフ・ポズナン 2-4 ベンフィカ ◆グループE PSV 1-2 グラナダ PAOK 1-1 オモニア ◆グループF ナポリ 0-1 AZ リエカ 0-1 レアル・ソシエダ ◆グループG ブラガ 3-0 AEKアテネ レスター・シティ 3-0 ゾリャ ◆グループH スパルタ・プラハ 1-4 リール セルティック 1-3 ミラン ◆グループI マッカビ・テルアビブ 1-0 カラバフ ビジャレアル 5-3 スィヴァススポル ◆グループJ トッテナム 3-0 LASK ルドゴレツ 1-2 アントワープ ◆グループK ディナモ・ザグレブ 0-0 フェイエノールト ヴォルフスベルガー 1-1 CSKAモスクワ ◆グループL ホッフェンハイム 2-0 ツルヴェナ・ズヴェズダ リベレツ 1-0 ヘント 2020.10.23 07:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴィニシウス2Aデビュー! ベイルもOG誘発のスパーズが今季初完封で快勝! 三好がフル出場でELデビュー戦白星!《EL》

2020-21シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループJ第1節、トッテナムvsLASKリンツが22日に行われ、ホームのトッテナムが3-0で勝利した。 予備予選を順当に勝ち抜いたトッテナムは、グループステージの初戦でオーストリアの強豪LASKと対戦した。 直近のリーグ戦ではウェストハムに3点差を追いつかれての痛恨のドローとなったトッテナムは、その失態を払拭する上で勝利が必須。この一戦に向けてモウリーニョ監督はD・サンチェス、レギロン、ホイビュルクを除く先発8人を変更。カルロス・ヴィニシウスが移籍後初先発のベイルと共にデビューを飾るなど、今夏の新戦力7人の内、登録外のDFロドンを除く6人がピッチに立った。 この試合、最前線にヴィニシウス、2列目に右からベイル、ラメラ、ルーカス・モウラを配す[4-2-3-1]の布陣でスタートしたトッテナムは、開始9分にドハーティのクロスからヴィニシウスがヘディングシュートを放つなど優勢に試合を運ぶ。 そして、18分には左のセンターバックに入ったベン・デイビスからのフィードに反応したヴィニシウスがボックス左に抜け出し、素早く中央に折り返すと、これをフリーのルーカスが冷静に流し込んだ。 デビュー戦となったヴィニシウスのアシストで先手を奪ったトッテナムは、これに触発されたか、真打が仕事を果たす。27分、レギロンの豪快なドリブル突破から中央のラメラを経由したボールがボックス右のベイルに繋がる。ここでベイルが左足で入れた鋭いグラウンダーのクロスが相手DFアンドラーデのオウンゴールを誘った。 新戦力の活躍によって良い形で試合を進めていくホームチームは、前半終盤にかけて攻勢を強める相手に押し込まれる時間が続いたものの、最後の局面では仕事をさせず、前半を2点リードで終えた。 迎えた後半も相手の攻撃を受ける形が続くトッテナムは62分にベイル、ホイビュルク、ラメラを下げてソン・フンミン、デレ・アリ、ムサ・シソコの3人を同時に投入。この交代で前がかりな相手を再三引っくり返して3点目に迫り、試合の主導権を握り返す。 そして、84分にはドハーティからの浮き球のクロスをペナルティアーク付近のヴィニシウスが冷静に頭でゴール前のスペースに落とすと、これに抜け出したソン・フンミンがトドメの3点目を奪った。 その後、2アシストを記録した殊勲のヴィニシウスに代えてクラークをデビューさせる余裕の試合運びとなったトッテナムは、今季公式戦10試合目にして初のクリーンシートを達成。実りある内容で今季ELグループステージ初戦を白星で飾った。 また、同時刻に開催されたグループJのもう1試合、ルドゴレツvsアントワープは、アウェイのアントワープが2-1で逆転勝利した。 なお、アントワープのMF三好康児はフル出場でELデビューを飾り、チームの勝利に貢献している。 トッテナム 3-0 LASK 【トッテナム】 ルーカス・モウラ(前18) OG (前27) ソン・フンミン(後39) ルドゴレツ 1-2 アントワープ 【ルドゴレツ】 マリン (後1) 【アントワープ】 ゲルケンス(後18) レファエロフ(後25) 2020.10.23 06:14 Fri
twitterfacebook