デ・ブライネ、アーセナル戦欠場確実に

2020.10.16 23:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
17日にアーセナル戦が控えるマンチェスター・シティだが、ベルギー代表MFケビン・デ・ブライネの欠場が確実となった。

今回のUEFAネーションズリーグのベルギー代表に招集されていたデ・ブライネは、11日に行われたイングランド代表戦のあと、ベルギーサッカー協会(KBVB)から「次の試合へ十分なコンディションが整っていない」と代表離脱が発表されていた。

アイスランド代表戦を残し、一人シティに帰還した同選手は、ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督が「ケビンがケガをしたとは言えない」と語るように、ケガの具合など詳細は不明で、17日に行われるプレミアリーグ第5節のアーセナル戦の出場も微妙な状況だった。

そんな中、シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、アーセナル戦に向けた会見の場でベルギー代表MFの欠場を明言。しかし、離脱期間は明らかになっていないようだ。

「(離脱期間が)どれぐらいになるか私にはわからない。だが、次の試合は欠場になると思う。こまめにコンディションをチェックしていくつもりだ」

シティはリーグ戦3試合を終えて1勝1分け1敗とらしくない開幕スタートを切っている。レスター・シティ戦では相手に3つのPKを献上するなど2-5で大敗。また、直近のリーズ・ユナイテッド戦は、格下と思われていた相手に予想以上の苦戦を強いられ、なんとか勝ち点1を持ち帰ったという試合だった。

バウンスバックが求められるアーセナル戦だが、デ・ブライネが直近8試合で5ゴール2アシストとお得意様としていただけに、痛恨の戦力ダウンとなってしまった。

コメント
関連ニュース
thumb

暫定首位浮上のシティ、グアルディオラは2得点のギュンドアンを絶賛「常に高いレベル」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がWBA戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 シティは26日、プレミアリーグ第20節でWBAと対戦。MFイルカイ・ギュンドアンの2ゴールを含む大量5ゴールを奪ったシティが、5-0で勝利し、暫定ながら今季初の首位浮上を果たしている。 試合後、グアルディオラ監督は2ゴールを記録したギュンドアンについて言及。プレーのレベルの高さについては絶賛したものの、ドイツ代表MFが“進化している“という見方については否定した。 「(ギュンドアンが)良くなっているとは言えない。ケガをした最初のシーズンを除けば、常に彼は高いレベルを示していた」 「彼はプレーするたびに高いレベルを見せている。FAカップ3回戦でもチャンピオンズリーグでも、どこに行っても彼はいつも同じだ。常に自信を持っているし、ナイスガイだ」 またチーム全体のパフォーマンスについても手ごたえを露わにし、とりわけリーグ最少失点を誇る守備陣が素晴らしいと語った。 「チームのパフォーマンスを讃えたい。最初の2、3分間、自分たちのボックスから出られなかったことを除けば、それ以外の部分は良かった」 「我々が求めているのは適切なタイミングでの動きであり、我々の動きよりもボールを動かすことが大事だ。しかし、前線の選手たちの動きがとても良かったのは事実だ」 「シーズンの初めから、レスター戦を除けば、我々はほとんど失点していない。今、我々のディフェンダーは90分間集中している。ルベン(・ジアス)とジョン(・ストーンズ)、アイメリク(・ラポルテ)たちのことだ」 「中盤の選手とストライカーも守備をカバーしているし、良いタイミングで我々は得点する。どのようなコンペティションでもディフェンスがしっかりしていなければ、上を目指すことは不可能だ」 最後にグアルディオラ監督は、「順位表について今は考えたくない」とコメント。暫定首位に立ったものの、目の前の1試合に集中するべきということを強調した。 「今は無事に家に帰って、数日の休みを取り、その後にシェフィールド・ユナイテッドと対戦したいと思っている。私が気にしているのはそれだけだ。まだシーズンの前半戦が終わったばかりであり、重要なのは12位の時のように冷静になることだ」 「これがプレミアリーグだ。とてもタフだよ。レスターやウェストハムのような上位チームは無敵に見えるし、どの試合も非常に複雑だ。重要なのは、良いパフォーマンスをすることとなぜ我々がここにいるのかを理解すること、そして次の試合に臨むことだ」 2021.01.27 10:18 Wed
twitterfacebook
thumb

グアルディオラ、ランパード解任に何を思う? 「若い監督も、老いた監督も…」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がチェルシーの指揮官を解任されたフランク・ランパード監督に反応した。イギリス『メトロ』が伝えている。 2019年夏に指揮官としてチェルシーに帰還したランパード監督は就任1年目こそプレミアリーグで4位フィニッシュの成績を収めたが、今季は苦戦。昨夏に総額2億ポンド(約283億3000万円)以上の大型補強による後押しを受けたものの、直近の5試合で1勝1分け3敗と失速し、9位に沈むと、25日に解任された。 グアルディオラ監督は同日に行われたプレスカンファレンスでライバルクラブの監督交代劇についての質問を受けると、「若い監督も、老いた監督も、勝利しなければいけない」と自身の考えとともに、エールを送った。 「人々はプロジェクトやアイデアの話をするが、そんなものは存在しない。ただ勝たなければならないのだ。そうでなければ、解任されるまでさ」 「もちろん、チェルシーの決定は尊重するが、フランクには大きなハグをしたいし、すぐに彼と再会できるのを願っている。ロックダウンの措置が終わったら、レストランにでも行って、彼と会いたいね」 また、ランパード氏がチェルシーの指揮官に相応しい人材だったとの認識を示しつつ、監督という職業は結果重視のビジネスであると改めて主張した。 「彼はダービー・カウンティで良い仕事をした後にチェルシーのような監督に任命された。それに値したと思う。しかし、我々の仕事は結果に依存している。戦術や哲学、プロジェクトは関係ない。結果を出さなければいけない。そうしないと、他の監督に代えられてしまう」 2021.01.26 19:59 Tue
twitterfacebook
thumb

守護神エデルソン語る同僚ストーンズとの仲「いつも彼をサポートしているし、成功を喜んでいる」

マンチェスター・シティに所属するブラジル代表GKエデルソンが同僚であるイングランド代表DFジョン・ストーンズを称賛した。クラブ公式サイトが伝えている。 エデルソンは今季でシティ在籍4シーズン目。新型コロナウイルス(COVID-19)で陽性反応を示した影響で欠場したことはあったものの、シティの不動の守護神として君臨し続けている。 そんなエデルソンは、ストーンズについて「彼は素晴らしいセンターバックだよ」とコメント。共にシティの守備を支える同僚を称賛した。 「僕は前から彼のことが好きだったんだ。彼は寛大な心を持っていて、とても仲良くしているよ。僕はいつも彼をサポートしているし、彼の成功を喜んでいる。僕は彼が、今シーズン経験した全てのことを幸せだと思っているんだ。ケガから復帰したこともね」 「僕にとって非常に重要なのは、センターバックとしてプレーする選手が集中しているということだ。それはジョン・ストーンズやルベン・ジアスだけの話ではないよ」 「ここ数試合、ジョンとルベンは非常に高いレベルにあるし、彼らと他のディフェンスラインのパフォーマンスにはとても満足している。今後も同じレベルを維持できることを願っているよ」 また、エデルソンはシーズン前半戦を終えてのチームの出来についても言及。リーグ最少失点を誇る堅い守備を中心に、素晴らしいパフォーマンスを発揮できていると振り返った。 「以前聞いた言葉に『ゴールを決められないときに、勝利は近づく』というのがあったんだ。それは本当だったよ。僕たちは守備がうまくいっていると思うし、ほとんどゴールを許していない」 「シーズン初めのホームでのレスター・シティ戦は5ゴールを許してしまい、難しい状況に陥った。だけどその後チームはハードワークをしてきたし、今シーズンはディフェンスラインが非常にしっかりしている。クリーンシートを維持することは嬉しいことだけど、このクラブの主な目標はトロフィーを獲得することなんだ」 「僕らはより強固なものになっていると思う。特に守備面でね。ジョン・ストーンズとルベン・ジアスの出場機会が増えているけど、彼らの動きは信じられないほどだ。また、サイドバックも素晴らしいレベルにあるし、中盤の選手たちも良いね。ディフェンスラインだけではなく、チーム全体が守備的に連携していると思う。」 「それはチームメイト全員のおかげだよ。僕たちは良いパフォーマンスができるように試合の間にハードワークをしていて、試合数が負担になることもあるけど、チームは良い勢いに乗っていると思うんだ。選手交代して新しい選手が入ってきても、チームは高いレベルでパフォーマンスを発揮し、良いサッカーをし続けている。僕らは正しい道を歩んでいるよ」 2021.01.26 16:51 Tue
twitterfacebook
thumb

センターサークルから相手陣を独走!アグエロのパワーとスキルが詰まった圧巻のゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はマンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆センターサークルから一気に独走!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJVSzhqRWpObyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> アグエロは2011年夏にアトレティコ・マドリーからマンチェスター・シティに加入して以来、飛躍を続けるチームを絶対的エースとして引っ張っている。 豊富な得点パターンと圧倒的な得点力からゴールを量産するアグエロだが、2012年4月14日に行われたプレミアリーグ第34節のノリッジ戦では、その能力の高さを見せつけたゴールを決めている。 3-1とシティリードの75分、アグエロがセンターサークル内でボールを持つと、ドリブルを開始。プレスに来た相手を振り払い、ボックス内左までボールを運ぶ。コースを塞ぎに来たDF2人に囲まれるも、鋭い切り返しでシュートコースを作ると、右足を一振り。ほぼ助走なしの体勢から、ゴール右に見事なシュートを蹴り込んだ。 このゴールで完全に試合を決めたシティだったが、その後も攻撃の手を緩めず、大量6ゴールを奪い、6-1で勝利している。 <span data-sg-movie-id="672" data-sg-movie-title="【相手陣を独走!】アグエロのパワーとスキルが詰まった独走ゴール"></span> 2021.01.26 10:00 Tue
twitterfacebook
thumb

「エリック・ガルシアはほぼ間違いなく去る」ペップ、慰留に白旗宣言

長らく去就が騒がれていたマンチェスター・シティのスペイン代表DFエリック・ガルシア(20)だが、ジョゼップ・グアルディオラ監督もついに白旗宣言を出した。イギリス『サン』が伝えている。 2017年夏にバルセロナの下部組織から加入したエリック・ガルシアだが、今夏に契約満了を迎えることから、古巣復帰の噂が取り沙汰されていた。 クラブからの再三にわたる契約延長のオファーも固辞し、移籍市場に精通するジャーナリストたちもバルセロナ復帰を確実視。すでに決定的な状況となっていたが、最後の砦だったグアルディオラ監督もついに白旗を振った。 「彼がシーズン終わりに去ることを私はほぼ確信している。それが今の移籍市場でのことなのかどうかはクラブ次第だ」 シティは移籍金を1780万ポンド(約25億2600万円)から890万ポンド(約12億6300万円)に引き下げたと伝えられており、今冬の移籍の可能性も高まっている。また、バルセロナはエリック・ガルシアと2026年夏までの個人契約に合意したと言われている。 2021.01.25 19:15 Mon
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly