飼い殺し状態となったナポリFWミリクが今夏の出来事を告白、本人は「次の移籍期間を待っている」

2020.10.13 21:40 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
移籍問題のもつれから、クラブ内で干されているナポリのポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリク(26)が、この夏の出来事を告白した。2020-21シーズン限りでナポリと契約が満了を迎えるミリク。2016年8月にアヤックスからナポリに加入してからはチームを支えるストライカーとして活躍。4シーズンで公式戦122試合に出場し48ゴール5アシストを記録していた。

そんなミリクには、今夏の移籍市場でローマやフィオレンティーナへの移籍が迫っているとされたが、いずれも破談に終わりナポリへの残留が決定していた。

しかし、ナポリは移籍を目論んだミリクを戦力外扱いとし、セリエAとヨーロッパリーグの登録メンバーから排除。プレーする機会を与えないことを決定した。

そのミリクは、ポーランド『Sportowe Fakty』のインタビューに応え、この夏に起こった出来事を告白。チームからの契約延長を断り移籍を求めたが、破談に終わったと明かした。

「ナポリは僕との契約をさらに5年間延長したいと考えていた。クラブは、僕に選択肢をくれた。契約にサインするか、チームを去るかだ。他の場所で何か新しいことを試したいと思った」

「2つの選択肢があったけど、契約延長を拒否したため、状況が明らかになった。代理人のダヴィド・パンタクは、僕のためにクラブを探していた」

「特定のチームから関心があり、話し合いがあった。多くのサッカー選手がそうであるように、コロナウイルスのパンデミックはあらゆることを複雑にした。そして、私も助けられなかった。すでに夏に他のオファーを受けていたんだ」

前述の通りローマやフィオレンティーナへの移籍が近づいていたとされるミリク。クラブ名こそ明かさなかったが、クラブ間の合意に至らなかったことが移籍失敗だと明かした。

「詳細なチーム名は言いたくない。別の方法で説明しよう。移籍を行うには、選手と両方のクラブの間で合意する必要がある。僕のサイドは青信号だった。クラブはうまくいかなかった。そして僕はナポリに残る事となった」

一部では、金銭面の問題でナポリから移籍しようとしていたとされたミリクだが、そんなことはないと否定した。

「もし、僕の将来がお金の問題によって決まるのであれば、僕はナポリとの契約を延長したよ。とても良い条件でオファーを受けたんだ」

一方で、移籍したい理由については、成長を求めてのこととし、ナポリを裏切りたいわけではなかったと弁明した。

「アスリートの人生は美しいけど短い。僕は26歳だ。成長して、より良いサッカー選手になりたい」

「今が新たな挑戦をするのにふさわしい時期だと思った。僕は自分の気持ちに従う人間だ」

「自分に対して何かをすることは僕には意味がない。ここ数カ月、多くのことが誤解され、誇張されてきた」

「僕にはナポリに対する敵意などなかった。全てをプロとして解決したかった。僕はクラブをとてもリスペクトしている。ナポリで素晴らしい4年間を過ごした」

「ナポリのファンもリスペクトしている。僕はパフォーマンスが悪くなっても、彼らは支えてくれた。でも、僕は決めたんだ。正しいか間違っているかは、僕の決断た」

「イタリアのジャーナリストは、単純な事象に対して、ちょっとしたドラマを付け加えることが好きだ。テレビ、新聞、ポータルサービス、ブログ。誰でも好きなことパレホ言うことができるけど、全ての情報が正しいわけではない」

そのミリクは1月の移籍市場が開くまでは何もできない状況。メンバーにも入っていないため、トレーニングにも参加できない可能性が高い。ミリクは冬の移籍期間で改めてチームを離れることを考えるようだ。

「次の移籍期間を待っている。その時、クラブが合意に達することを願っているよ」

「体調もいいし、個人としてもたくさん練習している。代表チームの試合もある。3カ月では、僕のフォームはそんなに崩れない」
コメント
関連ニュース
thumb

ソシエダ戦で負傷交代のインシーニェ、太もものケガで再離脱か…

ナポリのイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェが2~3週間戦線を離脱する可能性があるようだ。イタリア『Il Mattino』が報じている。 インシーニェは29日にアウェイで行われたヨーロッパリーグ(EL)グループF第2節のレアル・ソシエダ戦に先発。しかし、22分に足を痛めてしまい、メキシコ代表FWイルビング・ロサーノとの交代でピッチを後にしていた。 ナポリを率いるジェンナーロ・ガットゥーゾ監督は、試合後のインタビューで「ロレンツォは前回感じたほどの痛みではないと言っていたので、重傷でないことを願っている」と、インシーニェの症状についてコメントしていた。 『Il Mattino』によれば、インシーニェは太ももを痛めた可能性があり、同箇所のケガが確認された場合は2~3週間の離脱になるとのことだ。 なお、インシーニェは先月行われたセリエA第2節のジェノア戦(6-0で勝利)でも左太ももを負傷しており、その後3試合を欠場していた。 2020.10.31 01:30 Sat
twitterfacebook
thumb

還暦を迎えたマラドーナ、欲しいものリストは?「パンデミックの撲滅、そして…」

アルゼンチンのレジェンド、ディエゴ・マラドーナ氏が、10月30日に60歳の誕生日を迎えた。 現役時代、神業とも言える左足のテクニック、創造力溢れるプレー、誰にも止める事の出来ない突破力で観客を魅了したマラドーナ氏。引退後も何かと話題を提供してきたマラドーナ氏だが、還暦を迎えることとなった。 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJreTVDM3hJVSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ボディーガードが新型コロナウイルス(COVID-19)に感染し、濃厚接触者となったことから隔離措置をとっているマラドーナ氏。残念なバースデーとなってしまったが、この難しい状況で迎えた誕生日に欲しいものを『コリエレ・デッロ・スポルト』に語った。 「何もない。この殺人的なパンデミックをなくしてほしい」 「全ての人を平和にしてほしい。特に国、国民、そして子供たちが自分自身を守ることさえできないほど貧しい国からはなくなってもらいたい」 「アルゼンチンでは、世界の他の多くの地域と同様に、飢餓と仕事を失わせ、人々の尊厳を貪り食うウイルスを打ち負かすことができると願っている」 世界中で蔓延しているコロナウイルスの撲滅を誕生日プレゼントに欲しいと語ったマラドーナ氏。そのほかにも欲しいものがあるようで、自身が指揮を執るヒムナシア・ラ・プラタの優勝に加え、古巣であるナポリのスクデッド獲得を望んだ。 「私は今は本当にサッカーについて話すことができない。ヒムナシアが次にピッチに戻るときは、90年以上の時を経てタイトルを獲得できるだろう」 「そして、2度あることは3度あるというのが本当であれば、ナポリのスクデットがもう1度欲しい。私は彼らを追っているし、好きだ」 そのマラドーナ氏は、ナポリで指揮を執るジェンナーロ・ガットゥーゾ監督へもメッセージ。ナポリを誇りに思ってもらいたいと語った。 「親愛なるガットゥーゾ。あなたの根性とその手腕で仕事を続けてもらいたい」 「私は応援している。何かを伝えたい。バルセロナ、レアル・マドリー、ユベントスでプレーしたことを自慢する人がいる。ただ、私はナポリの一員であることを誇りに思う。いつか、あなたもそう言えることを願っている」 2020.10.30 21:32 Fri
twitterfacebook
thumb

クリバリが忠誠 「僕はナポリを愛し、ナポリも僕を愛している」

セネガル代表DFカリドゥ・クリバリが29日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループF第2節のレアル・ソシエダ戦後、イタリア『スカイ』でナポリに対する忠誠心を強調した。 セリエA屈指のセンターバックとうたわれ、近年の移籍市場で去就が注目の的になりがちなクリバリ。今夏もマンチェスター・シティの関心が取り沙汰されたが、実現に至らなかった。 昨季こそ相次ぐケガに悩まされ、調子を落としたが、今季も変わらず、ナポリのDFリーダーに君臨するクリバリはソシエダ戦後、在籍7年目のチームに対する愛着を改めて口にした。 「僕はナポリを愛し、ナポリも僕を愛している。それこそ重要だ。まだ3年契約もある。他クラブが注視しているのも知っているが、僕はここで幸せ。ファンを喜ばせたいんだ。どうなるかはこれからだが、ナポリに100%コミットしている」 そんなセネガル人センターバックもフル出場したソシエダ戦はナポリが1-0で白星。ナポリにとって、勝敗を五分に戻す勝利について訊かれると、ラ・リーガの首位チーム撃破に満足感を示した。 「今季最も重要な勝利かわからないが、レアル・ソシエダは素晴らしいチーム。彼らの状況的にもこの敵地で勝つのは難しいものがあった。苦しい思いをしても、どんな試合にも勝ちたいんだ。今日は全員が頑張って、それぞれが自分を犠牲にする必要があった」 また、昨季に故障に苦労したクリバリだが、今季はここまで公式戦6試合に出場。ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督からの信頼を経て、コンディションの取り戻しに尽力していることを明かした。 「ケガでタフなシーズンを過ごして、自分がもっとやれるはずだと思っている。監督は僕に面と向かって話をしてくれ、これまでのレベルを取り戻す必要性を説いてくれた。僕は感謝している」 2020.10.30 16:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ポリターノ弾のナポリが敵地でソシエダに勝利!菅原のAZが2連勝スタート《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)グループF第2節、レアル・ソシエダvsナポリが29日に行われ、0-1でナポリが勝利した。 開幕節でリエカに勝利したソシエダとAZに敗れたナポリの好カード。 共に[4-3-3]で臨んだ中、ソシエダは3トップに右からポルトゥ、イサク、オヤルサバルと並べ、ナポリは3トップに右からポリターノ、ペターニャ、インシーニェと並べた。 互角の攻防で立ち上がった中まずは7分、ナポリにチャンス。GKレミロのパスミスを拾ったインシーニェがボックス左から際どいコントロールシュートを浴びせた。しかし22分、そのインシーニェが足を負傷しロサーノとの交代を強いられる。 ソシエダは24分、ゴール前に飛び込んだメリノが際どいヘディングシュートを浴びせてナポリを牽制。前半半ば以降は膠着状態が続き、互いにチャンスを生めずにゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半も慎重な展開で推移していたが、ナポリが55分に均衡を破った。右サイドからカットインしたポリターノが左足を振り抜くと、強烈なシュートがDFに当たってコースが変わりネットを揺らした。 失点を受けて前がかるソシエダは、オシムヘンとメルテンスを投入してきたナポリに対し、66分に同点のチャンス。だが、シルバを起点にポルトゥが決定的なシュートを浴びせるも、GKオスピナのファインセーブに阻まれた。 その後、ウィリアン・ジョゼ投入して攻撃に変化を付けにかかったソシエダは、78分にオヤルサバルがボックス左から際どいシュートを浴びせたが、自陣に引いたナポリからゴールを割れずに敗戦。ソシエダとナポリが共に1勝1敗スタートとなっている。 また、グループF第2節のもう一試合、DF菅原由勢の所属するAZがリエカをホームに迎えた一戦は、4-1でAZが圧勝。菅原はベンチ入りも出場機会はなかった。AZは2連勝スタートとなっている。 レアル・ソシエダ 0-1 ナポリ 【ナポリ】 ポリターノ(後10) AZ 4-1 リエカ 【AZ】 コープマイネルス(前6)【PK】 グズムンドソン(前20) カールション(後6) グズムンドソン(後15) 【リエカ】 クレノビッチ(後27) 2020.10.30 06:57 Fri
twitterfacebook
thumb

ナポリが指揮官へ新契約提示…ガットゥーゾ監督も前向きな姿勢を示す

ナポリがジェンナーロ・ガットゥーゾ監督に契約延長を打診しているようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。 ガットゥーゾ監督は昨年12月に前任のカルロ・アンチェロッティ監督の解任に伴い就任。前々任のマウリツィオ・サッリ氏の攻撃パターンを踏襲しつつ、規律のある守備を確立させ、今季のセリエAでは没収試合となったユベントス戦を除く4試合で全勝している。 『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が契約更新の準備を進めており、現行2021年6月までの契約となっている指揮官に対し、年俸200万ユーロ(約2億4500万円)の4年契約を提示しているという。 ガットゥーゾ監督もまた、「ナポリに留まりたい」と公言しているが、契約条項を盛り込みたいラウレンティス会長との間で摩擦が生じている模様。イタリア人監督は「継続して仕事に取り組むためには自由でありたい」と、契約条項に反対しているようだ。 とはいえガットゥーゾ監督は「解決策が見つかると思う」と前向きに捉えており、交渉がまとまるのはそう遠くないことを予感させている。 2020.10.29 16:45 Thu
twitterfacebook