ウェストハム、2部降格のワトフォードからDFドーソンをレンタルで獲得

2020.10.13 07:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウェストハムは12日、ワトフォードからイングランド人DFクレイグ・ドーソン(30)を1年間のレンタル移籍で獲得した。189cmの恵まれた体躯に豊富な運動量、身体能力を併せ持つセンターバックのドーソンは、2010年にロッチデールからWBAへ加入。WBAでは長年レギュラーとして活躍し在籍8年間で公式戦225試合に出場し15ゴール12アシストをマーク。

2019年夏にワトフォードに移籍すると、昨シーズンもプレミアリーグ29試合に出場し2ゴールを記録。しかし、クラブは19位でシーズンを終え、チャンピオンシップ(イングランド2部)に降格していた。

なお、ヨーロッパの夏の移籍市場は10月5日に閉幕しているが、イングランドではプレミアリーグとEFLのクラブ(イングランド2部~4部)の間に限り、10月16日まで移籍が認められている。
コメント
関連ニュース
thumb

シティ、ウェストハムと痛恨ドロー…5試合でわずか2勝のスロースタートに《プレミアリーグ》

マンチェスター・シティは24日、プレミアリーグ第6節でウェストハムと対戦し、1-1で引き分けた。 今季ここまでのシティは、第3節でレスター・シティ戦に大敗し、第5節では昇格組リーズ・ユナイテッドに不覚をとるなど、決して好スタートとは言えないものとなっている。だが、前節はアーセナルを下し、3日前のチャンピオンズリーグ開幕戦ではポルトに快勝。公式戦3連勝を目指す今節は、そのポルト戦と同じイレブンを起用している。 ファーストシュートはシティ。立ち上がり2分、速攻からスターリングが敵陣中央を持ち上がり、並走するアグエロにラストパス。ボックス左からシュートを狙ったが、相手に当たって枠の外へ。その後も8割近いポゼッションでウェストハムを釘付けにするものの、5バックの守りを崩すことができない。 すると18分、ホームチームは数少ないチャンスをモノにする。右サイドのスローインの流れからコウファルがクロスを上げると、アントニオがルベン・ジアスを背にしながらバイシクルシュート。虚を突かれたGKエデルソンは全く動けないまま、シュートはゴールに吸い込まれた。 ここからウェストハムの守備は鋭さを増し、球際の高いインテンシティで主導権を握らせないまま時間を進めていく。一方、シティは中2日の疲れからか、なかなかキレのある攻撃を見せられず最初の45分が経過。シュート数は相手と同じ4本にとどまった。 そんなシティは後半からアグエロを下げてフォーデンを投入。するとこの交代がすぐに功を奏す。51分、左サイドバックのカンセロが爆発的なスピードでドリブル突破し、ボックス左から折り返しのクロスを供給。これがニアのフォーデンに渡り、トラップはうまくいかなかったものの、反転しながらゴールを打ち抜いた。 同点に追いつかれたウェストハムは、その直後に先制点を挙げたアントニオが負傷交代。代わりにピッチに立ったヤルモレンコは68分、右から切り込んで得意の左足シュートへ。長所を生かしていく。 その後、70分手前でシティはベルナルド・シウバを下げてデ・ブライネ、ウェストハムはボーエンを下げてアラーを投入。デ・ブライネはリーズ戦以来の出場となった。 ベルギー代表MFの投入で攻撃力が増したシティはさらにウォーカーを下げてジンチェンコを起用し、最後の交代カードを切る。80分に獲得したFKでは、ボックス手前の絶好の位置からデ・ブライネが直接狙ったが、GKファビアンスキの正面だった。 86分に決定機が訪れる。敵陣中央でマフレズがボールを奪い、デ・ブライネが前進。ボックス左のスターリングにラストパスを供給しビッグチャンスを迎えるが、絶妙なタイミングで飛び出したGKファビアンスキにつかまり、ネットは揺らせなかった。スターリングは89分にもカウンターからボックス左に侵入するが、ここは戻ってきたDFに囲まれてシュートを打てず。 結局、シティの得点は1点にとどまり痛恨のドロー。5試合を消化した時点で2勝のみとなっている。 2020.10.24 22:22 Sat
twitterfacebook
thumb

思わず飛び跳ねた!劇的ドローのハマーズ指揮官「本当に大きな瞬間」

ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督が、劇的ドロー決着となったトッテナム戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ウェストハムは18日、プレミアリーグ第5節でトッテナムとのロンドン・ダービーに臨んだ。試合は大方の予想を超えて、開始1分でFWソン・フンミンにゴールを許す苦しい立ち上がりとなる。 そこからさらに立て続けに失点を喫し、わずか16分で3失点。早くも敗戦模様となってしまう。 ところが、後半から徐々に修正を進めたウェストハムは、終盤の82分にDFファビアン・バルブエナのゴールで反撃の狼煙を上げると、85分にはオウンゴールで追加点。 これで1点差に詰め寄ると迎えた後半アディショナルタイム、FKのこぼれ球をMFマヌエル・ランシーニがボックス手前から見事なミドルシュートを突き刺し、土壇場で同点に追いついて見せた。 ラスト12分で3点差を追いついたパフォーマンスをモイーズ監督は絶賛。サポーターに見せられなかったことは嘆きつつも、劣勢の中でも選手たちを信じていたことを明かした。 「思わず飛び跳ねてしまったよ。それほど大きな瞬間だった。我々は0-3というスコアから舞い戻って見せた。それ以下でもそれ以上でもない」 「サポーターがスタジアムに居ないのは少し寂しいところだと思う。もし、満杯のサポーターの前で今日と同じことをしたら、それこそ信じられない瞬間になっていただろう。本当に彼らには早く戻ってきてほしいと願っているよ」 「前半は人々の言うことが正しかったのだと思う。私はホーム戦のように立ち回るべきだった。我々が良い入りが出来なかった一方、トッテナムは素晴らしかった」 「だが、15分が過ぎたあたりから我々もゲームをコントロール出来るようになった。何度か逃してしまったチャンスはあるがね」 「難しかったのはハーフタイムに(膝をつくような)決断をしないことだった。2、3人の選手を入れ替えると言うのは簡単だが、私は選手たちが良いプレーをしていると思っていた」 「本当に良かった。今夜の彼らは素晴らしかったよ。序盤はそうではなかったかもしれないが、12分、いや15分から同点の追いついた94分までね」 2020.10.19 14:13 Mon
twitterfacebook
thumb

劇的同点弾のウェストハムMFが歓喜! 自身のスーパーな一撃は「完璧」

ウェストハム所属のアルゼンチン代表MFマヌエル・ランシーニが18日に行われたプレミアリーグ第5節のトッテナム戦後、インタビューに応じた。クラブ公式サイトが伝えている。 同じくロンドンに本拠地を置くトッテナムと激突したウェストハムは試合開始から16分間で3失点を喫したが、残り時間10分を切ったところで猛反撃。82分、85分と立て続けにゴールを奪って、1点差のところまで詰め寄ると、後半アディショナルタイム4分にランシーニの完璧な右足のミドルシュートがゴール右に突き刺さり、3-3のドローで終了した。 土壇場で見事なシュートを決め、劇的なドローゲームを演じてみせたランシーニは試合後、かつてウェストハムでチームメイトだったスペイン人MFペドロ・オビアンが2018年1月に行われたトッテナム戦で決めたゴールになぞらえて、自身の一撃を振り返った。 「僕たちがかつてトッテナムと対戦したとき、ペドロ・オビアンがロケットのようなゴールを決めたのを覚えているかい? あのゴールに似ていたし、3-0のビハインドから追いついたんだから、素晴らしいことだよ」 「完璧だった。ずっと前からゴールが欲しかったんだよ。今は100%の準備ができている。チームを助けたいと思っていて、それができた瞬間だった」 また、ランシーニは24日に対戦を控える次節のマンチェスター・シティについてもコメント。その試合でリーグ3戦無敗としたチームの好調ぶりを続けることができれば、さらなる上位浮上のチャンスがあると語った。 「来週に対戦するマン・シティは非常に力のある良いチームだと知っている。でもこの調子でプレーすれば、来週の試合でも何かを得るチャンスがあると思う」 2020.10.19 13:39 Mon
twitterfacebook
thumb

ソン・フンミン「大きなショック」 電光石火の先制弾で3点リードに導くもドロー

トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンがイギリス『スカイ・スポーツ』で落胆の心境を口にした。 トッテナムは18日に行われたプレミアリーグ第5節でウェストハムをホームに迎え撃ち、今季初の連勝がかかる一戦でキックオフから16分間で3点リードに成功。その点差のまま終盤に入ったが、82分の失点から守りが大崩れして、3-3のドローに終わった。 今季開幕からリーグ戦4試合で6ゴールの好調ぶりを際立たせ、開始1分にボックス左からのコントロールシュートで電光石火の先制劇を演じたものの、最終的にチームの勝利に結びつかなかったソン・フンミン。試合後、結果を悔やんだ。 「もちろん、選手たちはこの結果に打ちひしがれている。僕らは勝ち点3に値した。ラスト10分まで本当に良いプレーができてもいた。大きなショックだ」 「これがフットボール。絶対にあってはならないけどね。もう二度とこんなことをしたくない。今日の結果は僕らにとって良いレッスンになると思う」 「僕らは最初から試合を支配して、早い段階でゴールを決めた。ゲームをコントロールして、いくつか得点のチャンスもあったが、ホームで3点を奪ったのなら、ポイントロスはダメだ」 「最後の失点はただただ信じがたいものだった。誰もが2ポイントを落として、すごくがっかりしている。3ポイントを手にして、お祝いしたかったが、あんなことが起きてしまった」 2020.10.19 09:20 Mon
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、3-0からのドローに「これがフットボール」 ウェストハムの健闘を労う声も

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が悔しさを滲ませつつ、相手の健闘を労った。 トッテナムは18日にホームで行われたプレミアリーグ第5節でウェストハムと対戦。今季初の連勝がかかる一戦でキックオフから16分間で3点リードに成功したが、82分の失点から守りが崩れ、85分、後半アディショナルタイム4分にも被弾して、3-3のドローに終わった。 今季3試合目のホーム戦で初勝利を目指したものの、終盤の連続失点で勝ち点2を落としてしまったモウリーニョ監督。7年ぶり復帰のウェールズ代表FWガレス・ベイルが72分に待望の再デビューを果たした試合後、イギリス『スカイ・スポーツ』でこう振り返った。 「試合はコントロールされ、ケインの4点目を狙ったシュートがポストを叩いたり、ベイルが試合を殺そうとしたり…だが、これがフットボールだ。意図的じゃないが、チームは落ち込んでいった」 「まさに、我々のコントロール下で最初の失点を喫して、彼らの信念が高まっていった。我々のチームは心理的に対処できるほど強くなく、最後の数秒間で2ポイントを失ってしまったんだ」 「選手たちには相手の強力なセットプレーを意識するよう言っていた。デイビッド(・モイーズ監督)は(トマシュ・)スーチェクという新たな(マルアン・)フェライニを見つけたみたいだ」 「彼らはラッキーだった。しかし、彼らはそのラッキーのために懸命に闘った。私はそんな彼らを称賛する」 2020.10.19 08:45 Mon
twitterfacebook