セビージャ退団の元フランス代表DFコルシアがナントと3年契約

2020.10.08 08:57 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナントは7日、セビージャを退団した元フランス代表DFセバスティアン・コルシア(29)の加入を発表した。契約期間は3年間、背番号は「24」となる。

パリ・サンジェルマン(PSG)のユース出身のコルシアは、ル・マンの下部組織に移籍。その後は、ソショーやリールでプレー。2017年7月にセビージャへ完全移籍した。

2018年8月にはベンフィカへとレンタル移籍するも、大ケガを負いわずか8試合の出場に。2019-20シーズンはエスパニョールへとレンタル移籍すると、ラ・リーガで3試合、ヨーロッパリーグで4試合に出場。しかし、ヒザを負傷しシーズン大半を棒に振り、今年1月にセビージャへ復帰していた。

セビージャでは公式戦22試合に出場し3アシストを記録。これまでリーグ・アンでは244試合に出場し10ゴール19アシストを記録しており、ナントにとっては攻撃面でも活躍を見せるサイドバックの補強となった。

コメント
関連ニュース
thumb

オギュスタンの新天地がナントに決定! ただ、ライプツィヒとリーズの法廷闘争は継続

フランス人FWジャン=ケビン・オギュスタン(23)の新天地が母国のナントに決定した。ナントは6日、オギュスタンが2022年6月30日までの2年契約で加入したことを発表した。 なお、ドイツ『RBlive』が伝えるところによれば、RBライプツィヒとオギュスタンの間で結ばれていた2022年までの契約は現時点で無効扱いとなっており、ナントにはフリートランスファーでの加入になるという。 ただ、今回の移籍に関しては、今後国際サッカー連盟(FIFA)の介入を含めて法廷闘争に持ち込まれる可能性が高まっている。 オギュスタンは今年1月にライプツィヒから当時、チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属していたリーズにレンタル移籍で加入。その際、同クラブがプレミアリーグに昇格した場合、2100万ユーロ(約26億1000万円)の金額で買い取る条項を盛り込んでいたという。 しかし、世界屈指の戦術家として知られるマルセロ・ビエルサ監督の求める水準に達していなかったオギュスタンは、リーグ戦の出場がわずか3試合に留まり、コロナ禍により約3カ月のリーグ中断があった中、レンタル契約終了に伴い、シーズンが終了していない6月30日付けで、リーズを去ることになった。 その後、リーズはチャンピオンシップ優勝を果たし、17年ぶりのプレミアリーグ昇格を決定。これが今回の契約問題の引き金となった。 すでにオギュスタンを構想外としているライプツィヒは、リーズへのレンタル移籍の際の契約が有効だと主張し、前述の金額で買い取るように要求。一方、リーズはオギュスタンがコロナ禍で認められた特例の短期レンタル契約延長にサインしていないため、あくまで6月30日付けで契約は終了しており、前述の契約条項は無効だと主張。両者の主張が真っ向から対立していた。 そして、ライプツィヒのスポーツ・コマーシャル・ディレクターを務めるフローリアン・ショルツ氏は、『RBlive』の取材に対して、「ジャン=ケビン・オギュスタンは、リーズ・ユナイテッドの昇格後、RBライプツィヒのプレーヤーではなくなった。我々の法的見解は変わっていない。リーズに対して法的措置を取り、FIFAを巻き込んでいく」と、主張している。 そのため、今後の法廷闘争の行方次第では、ナントに対してライプツィヒあるいはリーズが改めて移籍金を要求する可能性もあり、ナントがその支払いに応じない場合、よりカオスな状況になるかもしれない。 パリ・サンジェルマンの下部組織育ちのオギュスタンは、アンダー年代のフランス代表での活躍により、10代後半から将来を嘱望されたスピードとテクニックに長けた左利きのストライカー。 2017年夏に加入したライプツィヒでは加入初年度にブンデスリーガ25試合9ゴールを挙げる活躍により、更なる飛躍を予感させた。だが、以降は戦術理解の乏しさなど粗さが目立ち、ユリアン・ナーゲルスマン監督が新指揮官に就任した昨シーズンは前半戦をモナコ、後半戦をリーズ・ユナイテッドとレンタル先で過ごしていた。 2020.10.07 16:48 Wed
twitterfacebook
thumb

GKも見送ることしかできず!カバーニの高速スライダーFK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニがパリ・サンジェルマン(PSG)で決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆GKも見送ることしかできず!カバーニの高速スライダーFK <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJNcFFpZ1RQYiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2013年夏にナポリからPSGに加入したカバーニは、今夏に退団するまで、公式戦301試合に出場し、クラブ歴代最多の200ゴールを決めてきた。 2017年1月21日に行われたリーグ・アン第21節のナント戦では、相手GKも思わず見送ることしかできない素晴らしいFKを決めている。 カバーニのゴールで先制に成功したPSGは65分、ゴール正面の位置でFKを獲得する。ゴールまで約27mの距離がある中、カバーニはゆったりとした助走から右足を一閃。味方が空けたコースを抜けると、高速スライダーのような軌道でゴール左に突き刺さった。 このシーズンのカバーニは公式戦50試合49ゴールとキャリアハイの数字を残した。 2020.08.31 19:30 Mon
twitterfacebook
thumb

“ナイジェリアのC・ロナウド”ことモーゼス・サイモンが決めた、才能を感じさせるナント初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はナイジェリア代表FWモーゼス・サイモンがナントで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ナイジェリアの逸材、サイモンが決めたセンス溢れる初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ1OW9rSFZkeSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 育成とスカウト力に定評のあるベルギーのヘントで頭角を現したサイモンは、その爆発的な加速と圧倒的なテクニックで“ナイジェリアのクリスティアーノ・ロナウド”と呼ばれる逸材だ。 ビッグクラブからの関心を集めながらも、2019年夏にナントに加入したサイモンはここまで公式戦31試合で9ゴールをマークしているが、記念すべきナント初ゴールは、2019年8月24日に行われた、リーグ・アン第3節、アミアン戦で決めたゴールだった。 1-1の同点で迎えた73分、サイモンが途中交代で試合に出場する。すると迎えた84分、味方の中央突破からボックス内でスルーパスを受けたサイモンは、鋭い加速でボールに追いつき、GKと1vs1の場面を作ると、右足アウトサイドでボールを絶妙に浮かし、コースを消しに前に出てきたGKを嘲笑うように、センス溢れるループシュートを決めてみせた。 試合は、途中出場のサイモンのゴールにより勝ち越しに成功したナントが、2-1で勝利している。 2020.08.29 19:30 Sat
twitterfacebook
thumb

これぞ最後の砦!ナントGKデュペが1vs1の大ピンチを救う好セーブを決める!【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 <div id="cws_ad">◆ナントGKが見せたピンチを救う好セーブ!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIwZjAxY1lpeCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今回は、トゥールーズのフランス人GKマクシム・デュペがナント時代に見せたスーパーセーブだ。 ナントユース出身のデュペは、2014年にトップチームデビュー。来シーズンからトゥールーズでプレーすることが決っているが、ナントで公式戦64試合に出場した。 そんなデュペは、2019年5月5日に行われた、リーグ・アン第35節ディジョン戦では素晴らしいセーブを見せてチームのピンチを救っている。 ホームに降格争いに喘ぐディジョンを迎えたこの試合、序盤は両チーム決め手を欠く展開となるが、27分ディジョンに決定機。カウンターからナントを攻めたディジョンのMFナイム・スリティからのパスをボックス内フリーで受けたFWジュリオ・タバレスがGKと1vs1の場面を作る。するとデュペは、思い切りの良い飛び出しで間合いを詰めると、ファーサイドへのシュートに何とか足を当て、ピンチを救うファインセーブを見せた。 デュペの活躍もあり前半を0-0で折り返したナントは、後半3得点を挙げ3-0で勝利している。 2020.08.23 12:00 Sun
twitterfacebook
thumb

開幕戦は10人のボルドーがナントにゴールレスドロー《リーグ・アン》

リーグ・アン開幕戦、ボルドーvsナントが21日に行われ、0-0で引き分けた。 昨季は新型コロナウイルスの影響によって3月で中止となったリーグ・アン。 昨季12位ボルドーと13位ナントの開幕戦。ボルドーはコシエルニーや元ガンバ大阪のファン・ウィジョらが先発となり、ナントはGKラフォンや元マンチェスター・ユナイテッドのファビオらが先発となった。 試合は20分、ボルドーに退場者が出る。ゼルケインがドリブルの持ち出しが大きくなったところで相手DFの足首にスパイクを入れてしまった。 それでも数的不利となったボルドーは膠着状態に持ち込み、前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半も大きな動きなく膠着したまま試合は推移。結局、試合はそのまま0-0で終了し、2020-21シーズンのリーグ・アン開幕戦は引き分けに終わった。 2020.08.22 03:55 Sat
twitterfacebook