セビージャ退団の元フランス代表DFコルシアがナントと3年契約

2020.10.08 08:57 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナントは7日、セビージャを退団した元フランス代表DFセバスティアン・コルシア(29)の加入を発表した。契約期間は3年間、背番号は「24」となる。パリ・サンジェルマン(PSG)のユース出身のコルシアは、ル・マンの下部組織に移籍。その後は、ソショーやリールでプレー。2017年7月にセビージャへ完全移籍した。

2018年8月にはベンフィカへとレンタル移籍するも、大ケガを負いわずか8試合の出場に。2019-20シーズンはエスパニョールへとレンタル移籍すると、ラ・リーガで3試合、ヨーロッパリーグで4試合に出場。しかし、ヒザを負傷しシーズン大半を棒に振り、今年1月にセビージャへ復帰していた。

セビージャでは公式戦22試合に出場し3アシストを記録。これまでリーグ・アンでは244試合に出場し10ゴール19アシストを記録しており、ナントにとっては攻撃面でも活躍を見せるサイドバックの補強となった。
コメント
関連ニュース
thumb

ユベントス、19歳フランス人FWダボを買取OP付きレンタルで獲得

ユベントスは13日、ナントのフランス人FWアブドゥライェ・ダボ(19)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 左利きのウインガーであるダボは、ナントの下部組織で育ち、2018年8月にプロデビュー。ただ、その後はトップチームに定着できず、Bチームでのプレーが続いていた。ユベントスでも加入後は、U-23チームでのプレーとなる。 U-16からフランス代表に招集されているダボはU-18フランス代表歴があり、将来を嘱望されている。 2021.01.14 08:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ナント、ドメネク氏の新監督就任を正式発表

ナントは26日、元フランス代表監督のレイモン・ドメネク氏(68)の新監督就任を正式に発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。 今季のナントはリーグ・アン第16節を消化時点で3勝7敗6分けの15位に低迷。この成績不振を受けてクラブは8日、2019年8月からチームを率いていたクリスティアン・グルキュフ前監督を解任していた。 そして、後任監督にはフランスメディアによる既報通り、ドメネク氏が就任することになった。 現役時代にフランス代表DFとして活躍したドメネク氏は、1990年代半ばから2000年代前半にかけてU-21フランス代表を指揮し、2004年から2010年まではフランス代表も指揮。 2006年ドイツ・ワールドカップ(W杯)では準優勝に導いた一方、2010年南アフリカW杯ではニコラ・アネルカの代表追放をキッカケに選手たちがボイコット問題を起こす醜態を世界中に晒したことで、大きな批判を浴びた。 南アフリカW杯後に同国代表監督を退任以降はその強烈なキャラクターを武器に解説者などを務め現場から離れていたが、今回のナント指揮官就任によって1993年のリヨン時代以来となるクラブチームを率いることになる。 2020.12.27 03:30 Sun
twitterfacebook
thumb

元仏代表指揮官ドメネクがナントの新指揮官就任へ!

ナントが元フランス代表監督のレイモン・ドメネク氏(68)を新指揮官に招へいすることになった。フランス『AFP通信』が報じている。 ナントはリーグ・アン第16節を消化時点で3勝7敗6分けの15位に低迷。今月8日にはクリスティアン・グルキュフ前監督を解任していた。 現在、チームはアシスタントコーチを務めていたパトリック・コロ氏が暫定指揮官として率いているが、後任指揮官としてドメネク氏が招へいされることになった。 なお、契約期間は今シーズン終了までとなり、24日にも公式にアナウンスされることになるようだ。 現役時代にフランス代表DFとして活躍したドメネク氏は、1990年代半ばから2000年代前半にかけてU-21フランス代表を指揮し、2004年から2010年まではフランス代表も指揮。 2006年ドイツ・ワールドカップ(W杯)では準優勝に導いた一方、2010年南アフリカW杯ではニコラ・アネルカの代表追放をキッカケに選手たちがボイコット問題を起こす醜態を世界中に晒したことで、大きな批判を浴びた。 南アフリカW杯後に同国代表監督を退任以降はその強烈なキャラクターを武器に解説者などを務め現場から離れていたが、今回のナント指揮官就任によって1993年のリヨン時代以来となるクラブチームを率いることになる。 2020.12.23 22:25 Wed
twitterfacebook
thumb

ナントがグルキュフ監督を解任…直近2連敗が引き金に

ナントは8日、クリスティアン・グルキュフ監督(65)が退任したことを発表した。 これまでロリアンやレンヌなどの母国クラブや、アル・イテハドやアル・ガラファといったカタールのクラブの監督を歴任してきたグルキュフ氏。2度に渡って指揮を取った現役時代の古巣ロリアンでは通算20年以上監督を務めたことで知られている。 昨夏にクラブとの対立で解任の憂き目に遭ったヴァイッド・ハリルホジッチ前監督の後任として白羽の矢が立ち、新型コロナウイルスの影響で中断となったリーグ・アンにおいて13位という成績だったが、今季は3勝4分け6敗で直近4試合は未勝利。6日に行われたストラスブール戦の0-4の大敗が解任の引き金を引いたようだ。 なお、後任はアシスタントコーチを務めていたパトリック・コロット氏が務めるとのこと。ナントは公式サイトで「彼のプロの意識に心から感謝し、将来に向けて最善を尽くせることを願っています」と声明を送っている。 2020.12.09 22:22 Wed
twitterfacebook
thumb

オギュスタンの新天地がナントに決定! ただ、ライプツィヒとリーズの法廷闘争は継続

フランス人FWジャン=ケビン・オギュスタン(23)の新天地が母国のナントに決定した。ナントは6日、オギュスタンが2022年6月30日までの2年契約で加入したことを発表した。 なお、ドイツ『RBlive』が伝えるところによれば、RBライプツィヒとオギュスタンの間で結ばれていた2022年までの契約は現時点で無効扱いとなっており、ナントにはフリートランスファーでの加入になるという。 ただ、今回の移籍に関しては、今後国際サッカー連盟(FIFA)の介入を含めて法廷闘争に持ち込まれる可能性が高まっている。 オギュスタンは今年1月にライプツィヒから当時、チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属していたリーズにレンタル移籍で加入。その際、同クラブがプレミアリーグに昇格した場合、2100万ユーロ(約26億1000万円)の金額で買い取る条項を盛り込んでいたという。 しかし、世界屈指の戦術家として知られるマルセロ・ビエルサ監督の求める水準に達していなかったオギュスタンは、リーグ戦の出場がわずか3試合に留まり、コロナ禍により約3カ月のリーグ中断があった中、レンタル契約終了に伴い、シーズンが終了していない6月30日付けで、リーズを去ることになった。 その後、リーズはチャンピオンシップ優勝を果たし、17年ぶりのプレミアリーグ昇格を決定。これが今回の契約問題の引き金となった。 すでにオギュスタンを構想外としているライプツィヒは、リーズへのレンタル移籍の際の契約が有効だと主張し、前述の金額で買い取るように要求。一方、リーズはオギュスタンがコロナ禍で認められた特例の短期レンタル契約延長にサインしていないため、あくまで6月30日付けで契約は終了しており、前述の契約条項は無効だと主張。両者の主張が真っ向から対立していた。 そして、ライプツィヒのスポーツ・コマーシャル・ディレクターを務めるフローリアン・ショルツ氏は、『RBlive』の取材に対して、「ジャン=ケビン・オギュスタンは、リーズ・ユナイテッドの昇格後、RBライプツィヒのプレーヤーではなくなった。我々の法的見解は変わっていない。リーズに対して法的措置を取り、FIFAを巻き込んでいく」と、主張している。 そのため、今後の法廷闘争の行方次第では、ナントに対してライプツィヒあるいはリーズが改めて移籍金を要求する可能性もあり、ナントがその支払いに応じない場合、よりカオスな状況になるかもしれない。 パリ・サンジェルマンの下部組織育ちのオギュスタンは、アンダー年代のフランス代表での活躍により、10代後半から将来を嘱望されたスピードとテクニックに長けた左利きのストライカー。 2017年夏に加入したライプツィヒでは加入初年度にブンデスリーガ25試合9ゴールを挙げる活躍により、更なる飛躍を予感させた。だが、以降は戦術理解の乏しさなど粗さが目立ち、ユリアン・ナーゲルスマン監督が新指揮官に就任した昨シーズンは前半戦をモナコ、後半戦をリーズ・ユナイテッドとレンタル先で過ごしていた。 2020.10.07 16:48 Wed
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly