大迫勇也同僚FWラシツァ、レバークーゼン移籍が土壇場で破談に

2020.10.07 15:16 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レバークーゼン行きが目前に迫っていたブレーメンのコソボ代表FWミロト・ラシツァ(24)だが、移籍市場閉幕直前の土壇場に破断となっていたようだ。ドイツ『キッカー』が伝えている。

今夏にアストン・ビラやナポリも獲得に動いたと言われているラシツァ。2018年夏にブレーメンに加わり、昨シーズンは公式戦34試合で11ゴールをマークするなど主力として活躍していた。

予てより、ラシツァ本人はステップアップ希望を公言しており、財政面の問題を抱えるブレーメンも適切なオファーが届けば移籍を容認する構えを見せていた。
その中で移籍目前となっていたのが、昨季のブンデスリーガ5位のレバークーゼンだった。交渉は移籍市場最終日の5日に終盤を迎え、レンタル移籍で決着するかに思われていたが、買い取りオプションの移籍金で折り合いがつかず、土壇場になって破断に終わっていたようだ。

ラシツァも移籍が完了するものと信じていたため、急転直下の残留に動揺している模様。ブレーメンのフロリアン・コーフェルト監督は、同選手の心のケアのため1週間の休養を与えることを明かした。

「ここ数日はミロトにとって簡単ではなかった。何度も行ったり来たりして忙しなかった。そのため、彼がもう一度ブレーメンに集中出来る精神状態に戻すため、1週間の休暇を与えることにした。ミロトのクオリティは誰もが知っている。彼はこれから数カ月にわたって、我々にとって非常に重要な選手となるだろう」

なお、今季のラシツァはヒザのケガの影響でここまで未出場となっている。

関連ニュース
thumb

ブレーメン、ベテランDFグロスとの契約を2024年まで延長

ブレーメンは6日、ドイツ人DFクリスティアン・グロス(33)との契約を2024年6月30日まで延長したことを発表した。 新契約にサインしたグロスは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「僕がこのクラブでとても心地よく過ごしていることは、誰もが知っていること。の1年半で築いた素晴らしいストーリーを継続するために、自分の役割を果たしたいと思っているよ」 2018年の夏にブレーメンに加入したグロス。加入当初はセカンドチームでプレーしていたが、大量の負傷離脱など非常に苦しいシーズンとなった2019-20シーズンにトップチームへ昇格。センターバックや守備的MFとしてこれまで公式戦87試合に出場し1ゴール4アシストを記録している。 2023.02.07 06:30 Tue
twitterfacebook
thumb

遠藤、原口、伊藤フル出場のシュツットガルト、ブレーメンに敗れて再開後の未勝利継続《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは5日、ブンデスリーガ第19節でブレーメンをホームに迎え、0-2で敗れた。 シュツットガルトのMF遠藤航、MF原口元気、DF伊藤洋輝はフル出場している。 前節ライプツィヒに競り負けた15位シュッツガルト(勝ち点16)は5日前に行われたDFBポカールのパーダーボルン戦でデビューを飾った原口が遠藤、伊藤と共に先発となった。 10位ブレーメン(勝ち点24)に対し、[4-3-3]で臨んだシュツットガルトは遠藤と原口がインサイドMF、伊藤が左センターバックでスタート。そのシュツットガルトが立ち上がりから積極的に攻め込むと、10分にヒューリッヒがミドルシュートでGKを強襲した。 良い入りを見せた中、15分のピンチではビッテンコートのボックス内からのシュートをGKミュラーが好守で阻止。さらに1分後のピンチでは原口が懸命に自陣ボックス内まで戻って凌いだシュツットガルトは、25分に負傷したギラシーがプレー続行不可能となってファイファーが投入される。 徐々にブレーメンに押し戻される展開となった中、35分には伊藤に競り勝ったフュルクルクにヘディングシュートを決められたかに思われたが、ファウルがあって助かった。 ハーフタイム間際の追加タイム、ヒューリッヒがGK強襲のシュートを浴びせたシュツットガルトだったが、ゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、互角の攻防で立ち上がった中、シュツットガルトは59分に失点する。ロングボールをフュルクルクに収められた流れから、ルーズボールをボックス手前のステージにミドルシュートを叩き込まれた。 さらに77分、フュルクルクのポストプレーを起点に、ボックス手前左のドゥクシュに見事なコントロールシュートを決められたシュツットガルトは、0-2のまま敗戦。 再開後の4戦、未勝利が続いている。 2023.02.06 01:32 Mon
twitterfacebook
thumb

元ドイツ代表MFエジルが現役引退? 現地記者が引退決断と報道、レアルやアーセナルで活躍した世界屈指のプレーメーカー

元ドイツ代表MFメスト・エジル(34)が引退を決断したようだ。 今シーズンからイスタンブール・バシャクシェヒルでプレーするエジル。しかし、背中のケガなどの影響で今シーズンは欠場が続いていた。 今年に入り復帰。スュペル・リグの直近3試合ではプレーしていたが、突如として引退を決断したという。 トルコ『ファナティック』の記者であるヤクプ・チナール氏によると、エジルはクラブとの契約を早期に解消し、引退を決断したとのこと。3日のチームトレーニングに参加せず、チームメイトに別れの挨拶をしたと伝えている。 トルコ系ドイツ人でもあるエジルは、シャルケやブレーメンでプレー。2010年8月にレアル・マドリーへと移籍すると、2013年9月にはアーセナルへと移籍する。 世界最高のプレーメーカーとも言われ、マドリーとアーセナルでは大きな功績を残すことに。マドリーでは公式戦159試合で27ゴール81アシスト、アーセナルでは254試合で44ゴール78アシストを記録していた。 しかし、2020年以降は急激にパフォーマンスが低下。出番が限られると、2021年1月にフェネルバフチェへ完全移籍。しかし、トルコではさらに苦しい状況が待っており、今シーズンはわずか7試合しかプレーできていなかった。 ドイツ代表としては92試合で23ゴールを記録。2010年の南アフリカ、2014年のブラジル、2018年のドイツとワールドカップ3大会に出場しブラジル大会では見事に優勝を遂げていた。 現時点でクラブや本人から公式の引退発表はないが、どうやらキャリアの終了が近づいているようだ。 2023.02.03 23:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ブレーメン、ヴォルフスブルクで構想外のFWフィリップをレンタル移籍で獲得

ブレーメンは30日、ヴォルフスブルクからドイツ人FWマクシミリアン・フィリップ(28)を今季終了までのレンタル移籍で獲得した。背番号は「17」を着用する。 ブレーメンへの移籍が決まったフィリップは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ヴェルダーは素晴らしいクラブだ。ここでプレーできるタスクとチャンスを楽しみにしている。チームを助けたいし、多くの出場時間を得たい。熾烈なポジション争いがあることはわかっているが、僕はそれに挑み、クラブがこの素晴らしいサッカーを今後も続けていけるよう、少しでも力になりたいと思っているよ」 かつてフライブルクやドルトムント、ディナモ・モスクワでプレーしたフィリップは、2020年の夏にヴォルフスブルクへレンタルで加入すると、ブンデスリーガ24試合に出場し6ゴール2アシストを記録。 この活躍が認められ、翌年の夏に完全移籍すると昨季は準主力として公式戦25試合に出場。しかし、今季は昨夏に就任したニコ・コバチ監督の構想外となっており、ここまでブンデスリーガ3試合でわずか115分の出場にとどまってた。 2023.01.31 01:40 Tue
twitterfacebook
thumb

オーストリア代表MFシュミットがヒザのケガで数週間の離脱に…

ブレーメンは11日、オーストリア代表MFロマーノ・シュミットが左ヒザの内側じん帯に軽度の断裂が見つかったことを発表した。 クラブによれば、シュミットはトレーニングキャンプから帰国後に行われた検査で、前述の重傷が発覚した。 詳細な離脱期間は明かされていないが、ブレーメンのチームマネージャーを務めるクレメンス・フリッツ氏は数週間の離脱になると予想している。 「このタイミングで怪我をしてしまったことは、ロマーノにとって非常に残念なことだ。彼は必要な時間をかけて完全に治し、より強くなって戻ってくるでしょう」 2019年1月にブレーメンに加入すると、2月にヴォルフスベルガーへレンタル移籍。その後、2021年7月にブレーメンに復帰すると主力としてここまで公式戦75試合に出場し4ゴール13アシストを記録。今季も開幕戦を新型コロナウイルスで欠場した以外は、リーグ戦全試合に出場していた。 また、各年代のオーストリア代表に選出されてきたシュミットは、昨年9月にフル代表デビュー。これまで3試合に出場している。 2023.01.12 00:05 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly