マリ代表からも招集を受けたアダマ・トラオレがスペイン代表デビューに意気込み!「夢だった」

2020.10.07 15:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
スペイン代表に招集されたウォルバーハンプトンのFWアダマ・トラオレが意気込みを語っている。

10月に行われる国際親善試合とUEFAネーションズリーグ2020-21に臨むスペイン代表のメンバーに招集されたトラオレだったが、マリの国籍を持つトラオレに対し、マリ代表も招集をかけている状態だった。

◆アダマ・トラオレがスペイン代表と合流!私服姿でも筋肉が凄い

A代表でのプレー経験がないトラオレは、スペインとマリのどちらかを選ぶ権利があったが、改めてスペイン代表を選んだとスペイン代表の公式インタビューで応えた。

「とても幸せだよ。スペイン代表に選ばれることは夢だったからね。もう一度ここに来られて嬉しい。デビューが叶うことを願っている。スペイン代表に呼ばれ、情報を求められていると聞いて、とても嬉しかった」

トラオレがスペイン代表に招集されるのはこれが3度目のこと。2019年11月に追加選手として代表初招集を受けたが、負傷により辞退。さらに2020年9月にも招集されたが、新型コロナウイルス(COVID-19)のIgG抗体(既に感染した人の血液中にみられる免疫物質)が見つかり、辞退を余儀なくされていた。

「新型コロナウイルスの影響でスペイン代表を離れなければならなかったことは、とても悲しい瞬間だった。だけど、今ここにいられて嬉しい。大きな希望と、代表チームを助けるためにプレーしたいという気持ちを持っている」

トラオレの念願の代表デビューは叶うのか。スペイン代表は8日にポルトガル代表と親善試合を行う予定だ。

関連ニュース
thumb

大混戦のグループCはスペインが首位通過! エジプトが最下位からの劇的2位通過《東京オリンピック》

東京オリンピックのグループC第3節の2試合が28日に行われ、スペインとエジプトの決勝トーナメント進出が決定した。 ◆逃げ切ったスペインが首位通過 埼玉スタジアム2002で行われたU-24スペイン代表vsU-24アルゼンチン代表は、1-1のドローに終わった。 オーストラリアとの第2節を苦しみながらもオヤルサバルのゴールで競り勝ったスペインは、今大会初白星と共にグループ首位に浮上。引き分け以上で突破が決定するこの最終節では先発2人を変更。ソレールとハビ・プアドに代えてメリノとアセンシオを起用した。 一方、エジプトとの接戦を制して同じく初勝利を挙げたアルゼンチンだが、2節終了時点で3位と自力での突破にはスペイン相手の勝利が必須。エジプト戦からはこちらも先発2人を変更し、パイエロとデ・ラ・ベガに代えてベルモンテ、ウルシを起用した。 試合は直近2試合と同様にスペインが70%を超えるボール支配率で相手を押し込んでいく。10分にはボックス手前左の好位置で得たFKの場面でキッカーのダニ・オルモがゴール左下隅を捉えた鋭いシュートを飛ばすが、これはGKレデスマの好守に遭う。 一方、堅守速攻の形でガイチ、ウルシ、バルコの個人技でチャンスを窺うアルゼンチンは14分、その狙い通りの形からボックス右に持ち込んだバルコが強烈なシュートを放つが、ニアを狙ったシュートはGKウナイ・シモンの好守に阻まれた。 以降も相手陣内でのプレーを続けるスペインはオヤルサバルやアセンシオの個人技をアクセントに相手の守備ブロック攻略を図る。27分には左サイドの高い位置に侵攻したククレジャのシュート性のクロス、そのこぼれを繋いでペドリがフィニッシュまで持ち込むが、先制ゴールには至らず。 互いに自分たちの狙いとする形を出したものの、集中した守備を上回れず。試合はゴールレスで後半に突入。 後半もオヤルサバルを起点に攻めるスペインは立ち上がりに続けてビッグチャンスを創出。まずは50分、ボックス右でDFを剥がしたオヤルサバルが逆サイドでフリーのダニ・オルモへプレゼントパスを送るが、このイージーシュートをふかしてしまう。その直後にはペドリのスルーパスに抜け出したオヤルサバルが左足を振るが、相手DFの寄せもあってこれも枠に飛ばせず。 それでも、攻勢を続けるスペインは66分、右サイド深くでボールを受けたアセンシオからの浮き球の折り返しをボックス左のダニ・オルモが丁寧に中へ折り返すと、これをメリノが冷静にゴール左下隅に流し込んだ。 この先制点によって突破に大きく近づいたスペインは消耗が色濃いペドリとオヤルサバルを下げてソレール、ラファ・ミルを同時投入するなど、ここから逃げ切り態勢に入る。 一方、他会場の経過によって勝ち点3が必須となったアルゼンチンは積極的にアタッカーをピッチへ送り出し、2点を奪いに行く。そして、相手ボックス付近でのプレー時間を増やす南米の強豪は87分、アルマダの左CKをゴール前で競り勝ったベルモンテが頭で合わせ、ようやくスペインのゴールをこじ開けた。 この土壇場のゴールによって首位のスペインにも敗退の可能性が出る緊迫感のある試合最終盤は完全に一進一退の攻防となったが、スペインが何とかアルゼンチンの反撃を凌ぎ切った。 この結果、1勝2分けで無敗のスペインの首位通過及び、エジプトに得失点差で上回られたアルゼンチンの3位敗退が決定した。 U-24スペイン代表 1-1 U-24アルゼンチン代表 【スペイン】 メリノ(66分) 【アルゼンチン】 ベルモンテ(87分) ◆エジプトが最下位からの逆転2位通過 また、宮城スタジアムで行われたU-24オーストラリア代表vsU-24エジプト代表は、エジプトが0-2で勝利した。 初戦でアルゼンチンを破り、第2戦でスペイン相手に善戦したオーストラリアは、グループ最下位のエジプトを相手に突破を狙った。キャプテンのトーマス・デンが引き続きスタメンを飾った一方、ミッチェル・デュークら3選手を累積警告による出場停止で欠く厳しい陣容となった。 試合は勝ち点3必須のエジプトが立ち上がりから攻勢を仕掛け、自陣でブロックを構えるオーストラリアが堅守速攻で応戦する構図の下で推移していく。 互いになかなかフィニッシュまで持ち込めないクローズな状況が続いたが、エジプトが一瞬の隙を突いて先制に成功する。前半終了間際の44分、左サイドで仕掛けたソブヒが相手DFとゴールライン際で入れ替わり、GKとDFの視線を引き付けて丁寧な折り返しを供給。これをヤセル・ラヤンが冷静に流し込んだ。 エジプトの1点リードで折り返した試合はビハインドを追うオーストラリアが立ち上がりから前に出ていくが、デュークら一部主力の不在の影響もあり、途中出場のアルザニの個人技以外になかなか攻め手を見いだせず。 一方、身体を張った守備で失点を凌ぐエジプトは幾度か効果的なカウンターから2点目に迫った中、試合終盤に試合を決める2点目を奪う。85分、途中出場のナセル・マンシがボックス右で鮮やかなステップでDFを翻弄し、左足のシュートを放つ。これはGKの好守に阻まれたが、同じく途中出場のハムディが冷静に押し込んだ。 そして、このまま2-0で勝ち切ったエジプトはスペインのアシストによって最下位から逆転での2位通過を果たした。 U-24オーストラリア代表 0-2 U-24エジプト代表 【エジプト】 ヤセル・ラヤン(44分) ハムディ(85分) ■グループC最終順位■ 1.スペイン 勝ち点5 2.エジプト 勝ち点4 ※得失点差+1 3.アルゼンチン 勝ち点4 ※得失点差-1 4.オーストラリア 勝ち点3 2021.07.28 22:20 Wed
twitterfacebook
thumb

負傷のセバージョスは「奇跡的」と重傷を回避、アルゼンチン戦へ意気込むスペイン指揮官「士気はとても重要」

U-24スペイン代表のルイス・デ・ラ・フエンテ監督が、MFダニ・セバージョスの状態について語った。 セバージョスは、オーバーエイジとして東京オリンピックに参加。背番号10を背負い、キャプテンマークを巻いていた。 初戦のU-24エジプト代表戦に先発したセバージョスだったが、相手の強烈なタックルが足首に入り負傷。そのまま交代していた。 腫れ上がった足首の写真も自ら公開したセバージョス。しかし、札幌ドームでの連戦となったことで、用意された医療機関での検査を受けることができずにいた。 そのセバージョスは26日に東京でMRI検査を実施。グレード2の捻挫と診断され、離脱は3〜4週間という診断が下されていた。 しかし、セバージョスは復帰の目処が立っている様子。デ・ラ・フエンテ監督が状態を語り、重傷でもおかしくなかったとコメント。勝ち上がれば復帰する可能性はあるとした。 「ダニの状態は奇跡的だった。フィジオセラピストとドクターに感謝したい。他のケースでは、はるかに長期のケガになっていただろう」 「幸運にも準々決勝に進出できれば、彼はそこにいるだろう。明らかなことは、彼が問題ないと確信するまでは、我々はいかなるリスクも冒すつもりはないということだ。ただ、とても嬉しい」 そのスペインはグループステージ最終節でU-24アルゼンチン代表と対戦。突破が決まっていない状況なだけに大事な一戦となる。 アルゼンチン戦に向けても意気込みを語り、勝利を目指すとした。 「目標は試合に勝つことだ。我々は権利を保ち、可能な限り最高の方法で手にしたいと思う。士気はとても重要で、目の前に非常に難しい相手がいることはわかっている」 「何をしなければいけないのか、ベストな方法で行うにはどうすれば良いのかを考えなければいけない」 2021.07.28 16:12 Wed
twitterfacebook
thumb

足首負傷のセバージョス、3~4週間の離脱で五輪終了か

U-24スペイン代表MFダニ・セバージョスが26日、東京で検査を受けた結果、3~4週間の離脱となるようだ。スペイン『アス』が伝えている。 東京オリンピックに参戦中のセバージョスは、22日に行われたグループC第1節U-24エジプト代表戦で足首を負傷。グレード2の捻挫と診断された模様だ。 通常であれば五輪期間中の復帰は厳しい状況だが、本人は早期復帰を目指しているようで、8月3日に行われる準決勝、8月6日に行われる決勝への出場に懸けているとのことだ。 一方、セバージョスと同じくエジプト戦でハムストリングを負傷したDFオスカル・ミンゲサに関しては7月28日に行われるグループC最終節U-24アルゼンチン代表戦で復帰する見込みのようだ。 スペインはここまで1勝1分けの勝ち点4でグループCの首位に立っている。 2021.07.27 00:15 Tue
twitterfacebook
thumb

エジプト戦で負傷のU-24スペイン代表MFセバージョス、東京でMRI検査を実施

東京オリンピックの初戦で負傷したU-24スペイン代表MFダニ・セバージョスが、26日に東京で検査を受けるようだ。スペイン『アス』が伝えている。 22日に行われたグループC第1節でU-24エジプト代表と対戦したスペイン。札幌ドームで行われた試合は、互いにネットを揺らすことができずにゴールレスドローとなっており、スペインはDFオスカル・ミンゲサとセバージョスが負傷により前半途中に交代していた。 セバージョスは、札幌の病院で検査を受けグレード2の捻挫と診断。しかし、救急車による搬送で同行者は1人、病院にいる他の患者と重ならない時間という条件があったため簡易的な検査のみとなっていた。 全治3~4週間と診断されたセバージョスだったが、第2戦のU-24オーストラリア代表戦も札幌で行われたために詳しい検査ができず。第3戦に向けて東京の選手村へと移動するため、セバージョスは26日に東京でのMRI検査を受診することとなった。 なお、MRI検査で骨などに異常がなければ、当初の検査結果から8月3日に行われる準決勝と8月6日に行われる決勝に出場する可能性があるとみられている。 スペインはここまで1勝1分けの勝ち点4でグループCの首位に位置。28日に行われるU-24アルゼンチン代表戦に勝利すると首位通過となり、31日に宮城スタジアムでグループDの2位を迎え撃つこととなる。 2021.07.26 20:20 Mon
twitterfacebook
thumb

スペインを初勝利に導いたオヤルサバル、アルゼンチンとの決戦へ「誰も何もを与えてはくれない」

スペイン代表のFWミケル・オヤルサバル(レアル・ソシエダ)が、U-24オーストラリア代表戦を振り返った。スペインサッカー連盟(RFEF)が伝えた。 U-24スペイン代表は25日、東京オリンピック グループC第2節でオーストラリアと対戦。0-1で勝利を収めた。 初戦のU-24エジプト代表戦では2人の負傷者を出し、0-0のゴールレスドローに終わったスペイン。2戦目も苦しんだなか、81分にオヤルサバルがネットを揺らし、0-1で今大会初勝利を挙げた。 チームを勝利へと導いたオヤルサバルは試合後にコメント。オーストラリア戦を振り返り、最後まで信じていたと語った。 「時間が経つにつれ、徐々に不安になっていくが、チームはアイデアを信じ、何をしなければいけないのかを理解している」 「その考えがあれば、ゴールを決めて勝つことに近づくと理解している」 「僕たちはチャンスを作っていたし、前の試合では結果以上のものがあった」 1勝1分けでグループ首位に立っているスペイン。しかし、最終節の相手はU-24アルゼンチン代表だ。 現在は3位となっており、スペイン戦での勝利が必要となる状況。非常に難しい試合になるとオヤルサバルは語った。 「これまでの2試合と同じ試合になる。僕たちはみんな、可能性を残した最後の試合に到達した。難しくなるだろう」 「ここでは誰も何もを与えてはくれない。自分たちがやっていることを続けなければならないし、みんな信じている。水曜日まで休み、今日と同じ考え方でスタートしたい」 また2試合連続で札幌ドームで戦ったスペイン。最終節は埼玉スタジアム2002で行われるため、初めて東京の選手村へと入ることとなる。 チームとしては、環境が変わりオリンピックを感じることもプラスに働くと語った。 「今の状況から抜け出すことは、チームにとって良いことだと思う。ここでは沢山の日々があった。チームは上手く対応している」 「気分転換はプラスになるだろうね。オリンピッック村のような経験をすることは、このチームにとってプラスになる。でも、僕たちにとって最も重要なことは今日勝ったことだ」 2021.07.26 09:20 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly