ゼニト、スポルティングからU-23ブラジル代表MFウェンデウを完全移籍で獲得!

2020.10.06 23:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ゼニトは6日、スポルティング・リスボンに所属するU-23ブラジル代表MFウェンデウ(23)を完全移籍で獲得した。契約期間は2025年6月30日までとなる。なお、移籍金の詳細は明かされていないが、イタリア『Tuttomercatoweb』によれば移籍金は2000万ユーロ(約25億円)とのことだ。

フルミネンセの下部組織出身のウェンデウは、2017年4月にトップチームデビューを飾ると、ボランチを主戦場に公式戦41試合に出場し6ゴール2アシストをマークした。バルセロナなど錚々たるビッグクラブの関心を集めた同選手には、一時パリ・サンジェルマン(PSG)との合意報道がなされていたが、2018年1月にスポルティングへ完全移籍。

5年半契約で加入したスポルティングでは、同年3月のリオ・アヴェ戦で初出場すると、これまで在籍2年半で公式戦79試合に出場し6ゴール8アシストを記録。今季もここまで3試合に出場していた。

また、2019年6月に初招集されたU-23ブラジル代表では、これまで5試合に出場。2019年10月に行われたU-23日本代表との親善試合にも先発出場していた。
関連ニュース
thumb

ゼニト退団のFWドリウッシがMLS新規参入のオースティンFCに加入

メジャー・リーグ・サッカー(MLS)のオースティンFCは29日、ゼニトを退団したアルゼンチン人FWセバスティアン・ドリウッシ(25)の獲得を発表した。 リーベル・プレートの下部組織出身のドリウッシは、2013年にトップチームデビュー。卓越したテクニックと運動量に加え、アルゼンチン人ストライカーらしい決定力を併せ持つ若き逸材は、2017年に幾つかのビッグクラブとの争奪戦を制したゼニトへ加入。 ゼニトでは在籍4年間で公式戦138試合に出場し、24ゴール22アシストを記録。リーグ3連覇を含む6つのタイトル獲得に貢献。ただ、クラブとドリウッシは昨シーズン限りまでとなっており契約を延長することなく、今夏のタイミングで退団が決定していた。 2021シーズンから27番目のクラブとしてMLSに新規参入したオースティンFCは、ウェスタン・カンファレンスで8試合を行い2勝2分け4敗の10位につけている。 2021.07.30 02:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ゼニト、主力FWドリウッシが退団…新天地なMLSに

ゼニトは27日、アルゼンチン人FWセバスティアン・ドリウッシ(25)の退団を発表した。 リーベル・プレートの下部組織出身のドリウッシは、2013年にトップチームデビュー。卓越したテクニックと運動量に加え、アルゼンチン人ストライカーらしい決定力を併せ持つ若き逸材は、2017年に幾つかのビッグクラブとの争奪戦を制したゼニトへ加入。 在籍4年間で公式戦138試合に出場し、24ゴール22アシストを記録。リーグ3連覇を含む6つのタイトル獲得に貢献していた。 ただ、クラブとドリウッシは昨シーズン限りまでとなっていた契約を延長することなく、今夏のタイミングでの退団が決定した。 なお、アルゼンチン『TyC Sports』など複数メディアが伝えるところによれば、新天地は今シーズンからメジャーリーグサッカー(MLS)に新規参入したオースティンFCとなる見込みだという。 2021.07.28 16:39 Wed
twitterfacebook
thumb

ゼニトFWマウコムが再招集で五輪へ!一時はクラブの招集拒否でメンバー外に…

ブラジルサッカー連盟(CBF)は15日、ゼニトに所属するFWマウコムを東京オリンピックに参加するU-24ブラジル代表に追加招集したことを発表した。 マウコムは6月17日に発表されたU-24ブラジル代表の登録メンバー18名に名を連ねていたが、所属先のゼニトが同選手の招集を拒否したため、登録メンバーから外れていた。 しかし、U-24ブラジル代表ではセルビアでのキャンプ中にPAOKに所属するMFドウグラス・アウグストが太ももを負傷し、代表を離脱。これを受け、アンドレ・ジャーディン監督はマウコムの再招集を決断。そして、ゼニトがこの申し出を受け入れた形だ。 U-24ドイツ代表やU-24コートジボワール代表、U-24サウジアラビア代表が同居するグループDに属するU-24ブラジルは、22日にドイツ、25日にコートジボワールと、28日にサウジアラビアと対戦する。 2021.07.15 06:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ゼニトでリーグ3連覇を経験したロシア代表GKルニョフがレバークーゼンに完全移籍

レバークーゼンは10日、ゼニトからロシア代表GKアンドレイ・ルニョフ(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2023年6月30日までの2年間。フリートランスファーでの加入となる。 ルニョフは、2017年1月にウファからゼニトへと完全移籍で加入。ゼニト加入後は正守護神としてプレーし、公式戦118試合に出場した。 2020-21シーズンはケガの影響もありシーズン序盤戦を棒に振ったが、2020年12月から復帰すると終盤までプレー。ロシア・プレミアリーグで12試合に出場していた。 ゼニトではリーグ戦3連覇に加え、2019-20シーズンはカップ戦も制していた。 また、2017年にはロシア代表デビューを果たすと、これまで7試合に出場。しかし、今回のユーロ2020には選出されなかった。 ルニョフは自身初となる国外移籍へ意気込みを語った。 「ブンデスリーガのような強力なリーグでプレーできることに興奮している。レバークーゼンが僕に興味を持ってくれたことには感激した」 「今、僕はドイツで何年もの間ドイツで最高であるクラブであり、ヨーロッパのカップ戦で絶え間なく存在感を示してきたことで、ロシアでもその名を轟かせているクラブの一員になった。レバークーゼンでベストを尽くすために、できる限りの事をする」 レバークーゼンはフィンランド代表GKルーカス・フラデツキー(31)が守護神を務めており、実力者が加入しポジションを争うこととなる。 <span class="paragraph-title">【動画】ゼニトで素晴らしいセーブを見せ続けたルニョフのセーブ集</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJCSm9KdFRRUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.07.10 21:32 Sat
twitterfacebook
thumb

クロップとの関係を明かすロブレン「時には最高のムードで話せないこともあったけど…」

ゼニトのクロアチア代表DFデヤン・ロブレンが、古巣リバプールを指揮するユルゲン・クロップ監督との関係について明かした。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。 2014年夏にリバプールへ加入したロブレンは、公式戦185試合出場8ゴール5アシストを記録。大きなミスによって批判を浴びることも少なくなかったが、2015-16シーズンに行われたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝ドルトムント戦では劇的な決勝ゴールを記録するなど、随所で印象的な活躍を見せた。 しかし、クロップ監督の下で徐々に出場機会が減少していたロブレンは、チームが待望のプレミアリーグ優勝を果たした昨季終了後に、ゼニトへの移籍を決断した。 今回インタビューに応じたクロアチア代表DFは、クロップ監督とは友人関係を維持していると明かした。 「クロップが監督であり、僕は指揮官の言うことを実現しなければならない選手である以上、時には最高のムードで話せないこともあった。彼が僕を必要としているときに、負傷してしまった時などは特にね」 「それでも、僕たちは友人として別れを告げたよ。何か必要なことがあれば、お互い電話で話し合おうと約束もした。とても良い、オープンな話し合いだったと思う。今でも時々話はしているよ。一度だけ、彼から『チームに君がいなくて寂しい』と言われたことがあって、その時は無視したけどね」 「昨夏にリバプールを離れたことは運命だったと思っている。その前のシーズンも退団間近だったけど、その時は運命ではなかったんだ。リバプールを去ったことは間違いではなかった。僕は(ゼニトでの)最初のシーズンで、すでに2つのトロフィーを獲得している。これは誇りに思うしかないよ」 また、ロブレンは自身が変わるきっかけとなった試合にも言及。ミスを連発したことで前半30分にクロップ監督から交代を命じられた、2016-17シーズンのトッテナム戦が大きかったと語っている。 「クロップが30分で僕を外したあのトッテナム戦について話しておきたい。あれはショックだったけど、あの瞬間僕の心の中で何かが変わり、さらに努力する決定的なきっかけになった。それからはリバプールでの時間が終わるまで、勢いを維持できたと思う」 「その後にリバプールで獲得したトロフィーは、もちろん僕にとっても大きな成果だ。リバプールが燃え始めるきっかけにもなったね」 「他の人がそう思わなくても、僕自身はそう思っている。クロップも理解していると思うが、あのトッテナム戦から僕は良いプレーをするようになったんだ」 2021.06.03 13:23 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly