ゼニト、スポルティングからU-23ブラジル代表MFウェンデウを完全移籍で獲得!

2020.10.06 23:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ゼニトは6日、スポルティング・リスボンに所属するU-23ブラジル代表MFウェンデウ(23)を完全移籍で獲得した。契約期間は2025年6月30日までとなる。なお、移籍金の詳細は明かされていないが、イタリア『Tuttomercatoweb』によれば移籍金は2000万ユーロ(約25億円)とのことだ。

フルミネンセの下部組織出身のウェンデウは、2017年4月にトップチームデビューを飾ると、ボランチを主戦場に公式戦41試合に出場し6ゴール2アシストをマークした。バルセロナなど錚々たるビッグクラブの関心を集めた同選手には、一時パリ・サンジェルマン(PSG)との合意報道がなされていたが、2018年1月にスポルティングへ完全移籍。

5年半契約で加入したスポルティングでは、同年3月のリオ・アヴェ戦で初出場すると、これまで在籍2年半で公式戦79試合に出場し6ゴール8アシストを記録。今季もここまで3試合に出場していた。

また、2019年6月に初招集されたU-23ブラジル代表では、これまで5試合に出場。2019年10月に行われたU-23日本代表との親善試合にも先発出場していた。
コメント
関連ニュース
thumb

ロシアの大型FWジューバ、自慰行為動画流出で代表招集見送りへ

ゼニトのロシア代表FWアルテム・ジューバの自慰行為の動画が流出し、その影響を受けてロシア代表への招集が見送られた。イギリス『サン』が伝えている。 『サン』によれば、7日の夜にジューバの自慰行為の動画が流出し、ロシアで大きな話題となったようだ。動画内では、裸のジューバがゼニトのスターであることを主張しながら、ベッドで楽しんでいる様子が映っていたという。 <div id="cws_ad">◆ジューバがエスコートキッズの可愛い女の子にちょっかいを出す<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJqTDEzWmc1RyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 196cmの大型FWであるジューバは、2018年に行われたロシア・ワールドカップで3ゴールを奪い、母国のベスト8入りに大きく貢献。 今季もロシア・プレミアリーグで12試合7ゴール4アシストと好調を維持し、今月行われるUEFAネーションズリーグのメンバーにも入っていたが、この件を受けて代表への招集が見送られることが決定したようだ。ロシア代表のスタニスラフ・チェルチェソフ監督が明かした。 「アルテム・ジューバの状況は、スポーツの観点からロシア代表チームとは何の関係もない。したがって、この問題について詳細なコメントをする必要はないと考えている」 「しかし、代表チームのコーチングスタッフは、代表チームがモルドバ、トルコ、セルビアとの11月の試合に向けて、最大限の集中力を持ち、無関係なことに気を取られないように準備する必要があることをよく理解している」 「私たちは常に、ピッチの内外を問わず、すべての選手が代表チームのレベルとステータスに対応しなければならないことを強調してきた」 「この点で、チームと選手の両方を過度のストレスから守るために、アルテム・ジューバを現在のトレーニングキャンプに呼ばないことを今日決定した」 「ジューバには状況を正常化する時間がある。このトレーニングキャンプ中に、この話題が取り上げられなくなることを願っている」 なお、ジューバは過去、チームのリーグ優勝を祝うロッカールーム内でチームメイトのイラン代表FWサルダール・アズムンに対して腰を振っている動画が流出し、話題になっていたこともある。 2020.11.09 12:52 Mon
twitterfacebook
thumb

インモービレがコロナ再陽性判定でゼニト戦欠場に

ラツィオのイタリア代表FWチーロ・インモービレが新型コロナウイルスの検査で再び陽性となったことを受け、4日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループF第3節ゼニト戦を欠場するようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 インモービレは前節クラブ・ブルージュ戦前に行われたコロナ検査で陽性判定を受け、欠場していた。しかし、2日前に行われたセリエA第6節トリノ戦では陰性判定を受け、途中出場していた。 ラツィオは欧州サッカー連盟(UEFA)が指定する研究所の検査結果に疑問を持っているようで、その検査法では偽陽性判定が出ると主張しているとのことだ。 なお、インモービレの他、トリノ戦に帯同したMFルーカス・レイバとGKトーマス・ストラコシャに関しても再び陽性判定が出たことを受け、遠征には帯同していないという。 MFルイス・アルベルト、MFマヌエル・ラッツァーリも引き続きコロナ陽性で欠いているラツィオとしては、ブルージュ戦に続き大幅な戦力ダウンを受けてゼニト戦に臨むことになってしまった。 2020.11.04 01:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ゼニトを圧倒したドルトムントがサンチョ&ハーランド弾で今季GS初勝利!《CL》

ドルトムントは28日、チャンピオンズリーグ(CL)グループF第2節でゼニトとホームで対戦し、2-0で勝利した。 20日に行われたグループF第1節のラツィオ戦を1-3で完敗したドルトムントだが、直近に行われたシャルケとの“レヴィア・ダービー”は3-0と快勝し、見事にバウンスバックを果たした。今大会初白星を目指すホームでの一戦では、シャルケ戦から先発を2人変更。デラネイとブラントに代えてロイスとヴィツェルを先発で起用した。 一方、20日に行われたグループF第1節のクラブ・ブルージュ戦を惜敗したゼニトは、直近のリーグ戦でもルビン・カザンに敗戦を喫して3位に後退した。そのゼニトは、ジューバやエロヒン、ロブレンなど主力を先発に起用した。 立ち上がりから地力に勝るドルトムントが押し込む展開で試合が推移すると15分、ラファエウ・ゲレイロの左クロスをボックス中央でハーランドが落とし最後はレイナが左足のダイレクトシュートで狙ったが、これはわずかに枠の左に外れた。 攻勢のドルトムントに押し込まれるゼニトは36分、ドウグラスの左クロスをゴール前に抜け出したドリウッシが頭で合わせたが、シュートは枠の上に外れた。 ハーフタイムにかけてもドルトムントが押し込む展開が続いたが、ボックス内を固めるゼニト守備陣を攻略できず。42分にはサンチョのパスでボックス中央左から侵入したハーランドにチャンスが訪れたが、シュートはゴール右に外れた。 結局、0-0で試合を折り返したドルトムントは後半に入って攻勢を強めたいところだが、前半同様に相手の堅い守備に手を焼く。67分にはダフードを下げてトルガン・アザールを投入。さらに74分には、ロイスを下げてブラントをピッチに送り出した。 すると77分、ムニエの右クロスをゴール前で競り合ったT・アザールがカラヴァイエフに引き倒されPKを獲得。このPKをサンチョがゴール右下に決め、ドルトムントが待望の先制点を奪った。 その後、ドルトムントは84分にサンチョとレイナを下げてベリンガムとデラネイを投入し試合を締めにかかる。すると後半アディショナルタイム1分、GKのロングフィードを中盤のベリンガムが頭で繋ぐと、上手く相手DFと入れ替わったハーランドがドリブルで独走。GKとの一対一を制して、試合を決定づける2点目を奪った。 結局、試合はそのまま2-0で終了。試合序盤から終始ゼニトを圧倒したドルトムントが今季グループステージ初勝利を手にしている。 ドルトムント 2-0 ゼニト 【ドルトムント】 サンチョ(後33[PK]) ハーランド(後46) 2020.10.29 07:05 Thu
twitterfacebook
thumb

たった1人で左サイドを攻略!ロシア移籍のマウコムが決めた超絶アシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はゼニトのブラジル人FWマウコムが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆マウコムが左サイドを1人で蹂躙!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJXdFlXbmtUciIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> コリンチャンスでのプロデビューを経て、ボルドーで頭角を現したマウコム。2018年夏にはバルセロナに引き抜かれたものの、出場機会を求めて翌年ゼニトに加入している。 ブラジル人らしい多彩なドリブルとパンチのあるシュートを武器に攻撃陣を牽引するマウコムだが、2020年7月19日に行われたロシアカップ準決勝のスパルタク・モスクワ戦では、見事なドリブル突破から素晴らしいアシストを記録している。 ゼニトが先制しながらも追いつかれ、1-1で迎えた前半アディショナルタイムの48分、左サイドでマウコムがボールを持つとドリブルを開始。相手ディフェンス2人からのプレスを受けながらもキレのあるドリブルで抜き去りボックス内まで侵入し、さらにボックス左深部までえぐっていくと鋭いクロスを送る。これにMFダレル・クジャエフがニアポストで合わせ、見事な勝ち越しゴールを決めた。 試合は前半のリードを守ったゼニトがそのまま2-1で勝利。決勝進出を果たしていた。 2020.10.14 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

イバノビッチがプレミアリーグ復帰!昇格組のWBAに加入

WBAは15日、ゼニトを退団していた元セルビア代表DFブラニスラフ・イバノビッチ(36)の獲得を発表した。契約期間は2021年6月までの1年間となっている。 イバノビッチは2017年2月に退団するまでチェルシーで9年間プレー。その間、チャンピオンズリーグとヨーロッパリーグをそれぞれ1度制し、2度のプレミアリーグ優勝、2度のFAカップ優勝、1度のリーグカップ優勝と栄光を手にした。 そのイバノビッチはプレミアリーグ復帰について「世界最高のリーグで、自分にとって挑戦となる。準備はできているし、復帰できて本当に良かった」とコメントした。 主将を務めたゼニトでは在籍3年半で2度のロシア・プレミアリーグ制覇とカップ戦優勝に導いたイバノビッチは、3年半ぶりとなるプレミアリーグで昇格組であるWBAの最低限の目標である残留をまずは目指すことになる。 2020.09.16 01:30 Wed
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly