ヴェローナ、アトレティコ・マドリーからFWカリニッチを完全移籍で獲得!

2020.10.06 05:55 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エラス・ヴェローナは5日、アトレティコ・マドリーに所属するクロアチア代表FWニコラ・カリニッチ(32)を完全移籍で獲得した。契約期間は2022年6月30日までとなる。ユース時代を過ごしたハイデュク・スプリトで2005年にプロデビューしたカリニッチは、ブラックバーンやドニプロでのプレーを経て、2015年にフィオレンティーナへ加入。フィオレンティーナでは、在籍2シーズンで公式戦84試合に出場し、33ゴールをマークするなどエースストライカーとして活躍。

この活躍が認められ、2017年夏にフィオレンティーナから2500万ユーロ(約32億5000万円)でミランに買い取り義務付きのレンタルで加入。しかし、ミランではセリエA31試合で6ゴールと期待外れに終わると、翌年の夏に3年契約でアトレティコ・マドリーへ完全移籍。

自身にとってキャリア初のスペイン挑戦で心機一転を図ったが、アトレティコでは思うように出場機会を得られず、リーガ・エスパニョーラ(ラ・リーガ)17試合の出場にとどまり、昨夏にはローマへ買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入。

しかし、ローマではボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコのバックアッパーとしての位置から抜け出せず、セリエAで15試合の出場にとどまっていた。
コメント
関連ニュース
thumb

CB起用の冨安がウノゼロ勝利に貢献、ボローニャが9戦ぶり白星《セリエA》

ボローニャは16日、セリエA第18節でヴェローナをホームに迎え、1-0で勝利した。ボローニャのDF冨安健洋はフル出場している。 前節ジェノア戦を0-2と敗れて8戦未勝利となった13位ボローニャ(勝ち点17)は、ここ2試合、右サイドバックでの起用となっていた冨安がセンターバックでのスタートとなった。 9位と好調を維持するヴェローナ(勝ち点27)に対し、良い入りを見せたボローニャは17分にPKを獲得する。スハウテンのフライスルーパスに抜け出したオルソリーニがGK強襲のシュートを浴びせると、ルーズボールに詰めたソリアーノがボックス内でGKに倒された。このPKをオルソリーニが決めてボローニャが先制した。 先制後は守勢に回る時間が増えたボローニャだったが、冨安を中心に凌いで前半を1点リードして終えた。 迎えた後半も守勢のボローニャは54分にボックス中央からラゾビッチに決定的なシュートを許すも、枠を外れて助かった。 凌ぐボローニャは71分に追加点のチャンス。ドミンゲスのスルーパスに抜け出したバロウがボックス右からシュートを放ったが、GKのセーブに阻まれた。 さらに82分、スベンベリのヘディングシュートで牽制したボローニャが終盤にかけてもヴェローナの反撃を許さずに1-0でシャットアウト勝利。9戦ぶりの白星を掴んでいる。 2021.01.17 00:54 Sun
twitterfacebook
thumb

曲者ヴェローナに競り勝ったインテルが7連勝《セリエA》

インテルは23日、セリエA第14節でヴェローナとのアウェイ戦に臨み、2-1で競り勝った。 3日前に行われた前節スペツィア戦を2-1と競り勝って6連勝とし、首位ミランを1ポイント差で追走する2位インテル(勝ち点30)は、スペツィア戦のスタメンからガリアルディーニに代えてペリシッチのみを変更した。 9位ヴェローナ(勝ち点20)に対し、[3-4-2-1]で臨んだインテルはルカクを最前線に、2シャドーにL・マルティネスとペリシッチを据えた。 積極的な守備を見せるヴェローナの前に互角の攻防で立ち上がった中、最初にチャンスを迎えたのはヴェローナ。26分、ザッカーニのヒールパスからボックス左に侵入したディ・マルコがGKハンダノビッチを強襲した。 対するインテルの最初のチャンスは36分。ショートカウンターに転じた流れからボックス左に侵入したルカクの折り返しをL・マルティネスが右足ダイレクトで狙うも、GKシルベストリの好守に阻まれ、膠着した前半はゴールレスで終了した。 それでも後半開始7分にインテルがゴールをこじ開ける。右サイドからのハキミのクロスをL・マルティネスがボレーでうまく合わせた。 しかし63分、ファラオーニの右クロスをGKハンダノビッチがファンブルしたところをイリッチに押し込まれてしまう。 ミスから失点したインテルだったが、69分に勝ち越す。セットプレーの流れからブロゾビッチの右クロスをシュクリニアルがヘッドで押し込んだ。 終盤にかけてはインテルが試合をコントロール。曲者ヴェローナを下したインテルが7連勝として、ミランにプレッシャーをかけている。 2020.12.24 04:28 Thu
twitterfacebook
thumb

ヴェローナに競り負けたラツィオ、上位浮上のチャンス逸する《セリエA》

ラツィオは12日、セリエA第11節でヴェローナをホームに迎え、1-2で競り負けた。 前節スペツィア戦をミリンコビッチ=サビッチの1ゴール1アシストの活躍で勝利した7位ラツィオ(勝ち点17)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のクラブ・ブルージュ戦では2-2と引き分けて20年ぶりに決勝トーナメント進出を果たした。そのブルージュ戦のスタメンから4選手を変更。ルイス・アルベルトが欠場となった。 8位ヴェローナ(勝ち点16)に対し、3バックの一角にパローロを起用したラツィオはインモービレとカイセドの2トップでスタート。 積極的な入りを見せたヴェローナと互角の攻防で立ち上がった中、13分にラツィオに決定機。相手ボックス内でバラクからボールを奪い、インモービレが決定的なシュートを浴びせた。 その後も鋭い攻守の切り替えが行われる中、ラツィオにアクシデント。内転筋を痛めたアチェルビがプレー続行不可能となり、29分にホードが投入された。 ハーフタイムにかけては膠着状態が続き、前半はゴールレスで終了するかに思われたが、45分にラツィオは失点する。 ファラオーニの右クロスにファーサイドのディ・マルコがボレーで合わせると、クリアにかかったラッツァーリが自陣ゴールに入れてしまった。 迎えた後半も一進一退の攻防で立ち上がった中、ラツィオが56分にファインゴールで同点とする。右サイドからのラッツァーリのクロスを受けたボックス右のカイセドが鋭い反転から左足を一閃。強烈なシュートがゴール左に決まった。 しかし67分、軽率なミスから勝ち越される。ラドゥのバックパスが短くなったところをタメゼにカットされ、そのままゴールを決められた。 終盤にかけてはなかなか同点のチャンスを作れずにいたラツィオだったが、追加タイム5分にアンドレアス・ペレイラのミドルシュートがディフレクトして枠に。しかし、GKシルベストリにセーブされてタイムアップ。ヴェローナに競り負けて上位浮上のチャンスを逸した。 2020.12.13 06:43 Sun
twitterfacebook
thumb

決定力欠いたアタランタ、試合巧者ヴェローナに屈する《セリエA》

アタランタは28日、セリエA第9節でヴェローナをホームに迎え、0-2で敗れた。 前節スペツィア戦をゴールレスドローで終えた6位アタランタ(勝ち点14)は、3日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではリバプール相手に2-0と快勝。見事なリベンジを果たして決勝トーナメント進出の望みを十分に繋いだ中、リバプール戦のスタメンから3選手を変更。ゴセンズ、ロメロ、ペッシーナに代えてD・サパタ、パロミーノ、モヒカを起用した。 9位ヴェローナ(勝ち点12)に対し、最前線にD・サパタ、2シャドーにアレハンドロ・ゴメスとイリチッチを据えたアタランタが立ち上がりから圧力をかけにかかるも、ヴェローナも応戦し互角の攻防で推移していく。 そんな中18分にアタランタに決定機。アレハンドロ・ゴメス、D・サパタと繫いで最後はボックス右のイリチッチがダイレクトでシュート。だが、枠を捉えきれなかった。 その後、フロイラーやモヒカがミドルシュートで牽制したアタランタは、34分にボックス左で仕掛けたアレハンドロ・ゴメスがGK強襲のシュートを放った。ハーフタイムにかけて攻勢を強めたアタランタだったが、ゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、アタランタは52分にトロイがD・サパタとのワンツーでボックス右に侵入しGK強襲のシュートを浴びせた。そして54分には決定機。左CKからD・サパタのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKシルベストリのビッグセーブに阻まれた。 すると60分、ヴェローナにPKを献上する。スルーパスに抜け出されたザッカーニをトロイがボックス内で倒してしまった。このPKをヴェローゾに決められ、アタランタは先制されてしまう。 失点を受けてサパタとイリチッチに代えてムリエルとラマースを投入したアタランタだったが、84分に終戦する。ヴェローゾのスルーパスでザッカーニにボックス左へ抜け出され、GKとの一対一を決められた。 このまま0-2で敗戦となったアタランタはリーグ戦3試合勝利なしとなっている。 2020.11.29 06:40 Sun
twitterfacebook
thumb

セルビア代表、ミリンコビッチ=サビッチら3名が新型コロナ陽性

セルビアサッカー連盟(FSS)は18日、セルビア代表の3選手が新型コロナウイルス(COVID-19)で陽性反応を示したことを発表した。 FSSによると、検査の結果陽性反応を示したのは、ラツィオのMFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ、エラス・ヴェローナのMFダルコ・ラゾビッチ、バーゼルのGKドルデ・ニコリッチの3選手とのことだ。 セルビアは18日にUEFAネーションズリーグ2020-21のリーグB・グループ3でロシア代表と対戦する予定だったが、その試合に向けた検査で陽性反応を示したとのことだ。 また、フィジオセラピストの1名も陽性反応を示しているとのこと。残りの選手やスタッフは陰性とのことだ。 2020.11.18 20:50 Wed
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly