ハマーズに3失点完敗のレスターが今季初黒星…《プレミアリーグ》

2020.10.04 22:26 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第4節、レスター・シティvsウェストハムが4日にキング・パワー・スタジアムで行われ、アウェイのウェストハムが3-0で快勝した。レスターは前節、マンチェスター・シティを相手にヴァーディのハットトリックなど、大量5ゴールを奪い5-2の圧勝を飾った。開幕4連勝を目指す今節はウェストハムをホームに迎えた。そのシティ戦からは負傷のプラートに代えてアジョセ・ペレスを起用した以外、同じメンバーを起用し、新戦力のフォファナ、ジェンギズ・ウンデルが初めてベンチに入った。

引き続き[3-4-2-1]を採用したホームチームに対して、ウェストハムも並びを合わせたことで、立ち上がりからにらみ合いの状況が続く。

だが、レスターをきっちりと分析してきたウェストハムはうまく相手の長所を消しながら、高い最終ラインの背後、ウイングバックの裏のスペースを効果的に使って幾度もカウンターアタックを仕掛けていく。

すると、14分には中央左のスペースを運んだクレスウェルからの浮き球アーリークロスに反応したファーのアントニオのヘディングシュートが決まり、アウェイのウェストハムが先制に成功した。

その後、すぐさま反撃を狙いカスターニュ、ヴァーディを起点に縦に速い攻撃を仕掛けるレスターだが、DFオグボンナら相手守備陣にヴァーディが完璧に封じ込まれ、なかなかフィニッシュまで持ち込めない。逆に、34分には再びクレスウェルの浮き球のパスに反応したフォルナルスに完璧に裏を取られると、GKとの一対一を冷静に決められ、痛恨の2失点目を喫して試合を折り返した。

迎えた後半、立ち上がりの55分にアマルテイが負傷し、急きょウンデルをデビューさせることになったレスターは、さらにイヘアナチョを投入し、攻勢を強める。だが、70%を超えるボール支配率とは裏腹に完全に持たされている印象が強く、度々相手の効果的なロングカウンターに晒される。

そして、83分にはフォルナルスのスルーパスに抜け出したボーエンにボックス右からトドメの3点目を決められ、万事休す。後半アディショナルタイムにはバーンズが一矢報いるシュートを決めたかに思われたが、これはVARのレビュー結果、オフサイドの判定となり、試合はこのままタイムアップ。

シティ戦での大勝から一転ハマーズに大敗のレスターは、開幕からの連勝がストップすると共に今季初黒星となった。一方、ハマーズはウォルバーハンプトン、レスターと格上相手に今季初の連勝を飾っている。
コメント
関連ニュース
thumb

暫定首位のレスター、指揮官は「コンスタントに良いプレーをしてきた」とチーム称賛

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督が、首位に浮上したチームを称えた。クラブ公式サイトが伝えている。 リーグ5戦負けなしと好調のレスターは、19日に行われたプレミアリーグ第18節でチェルシーと対戦。前半だけで2点を奪ったチームは、後半も盤石の試合運びを見せ、不調に苦しむチェルシーを圧倒。ピンチの場面もほとんど迎えず、2-0のスコアで完勝した。 この結果、レスターはリーグ3連勝を飾り暫定首位に浮上。試合後のインタビューに応じたロジャーズ監督も、チームのパフォーマンスを手放しに称賛している。 「チェルシーは才能のある優れたチームだ。そのチームを相手に、選手たちはとても良いパフォーマンスを見せてくれた。彼らはピッチのすべてで素晴らしいクオリティと、優れた守備組織を見せてくれた。タフなゲームだったが、本当によく乗り切ったよ」 「チェルシーとの対戦である以上、ハードワークが求められることは分かっていた。それでも、我々は試合中に良い攻撃と意欲を示せた結果、2つの素晴らしいゴールを決められたと思うよ」 また、ロジャーズ監督は暫定ではあるものの、シーズンの半分を消化した時点でリーグトップに立てたことに言及。これまでの取り組みを誇りつつ、シーズン後半に向けて慢心はないと語った。 「これは、我々がコンスタントに良いプレーをしていることを意味するね。素晴らしいことだ。トレーニングのメンタリティを、しっかり試合に活かせている」 「シーズンの初め、このチームには忍耐と一貫性が必要だと言っていた。そして、彼らはそれを今示せている。でも、我々は今の位置に夢中になったりはしないよ」 「素晴らしいスタートを切れたと思う。でも、これからシーズン後半に向けてやるべきことはたくさんあるね。我々は喜んでこれからの仕事に取り組むよ」 2021.01.20 10:47 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシーに完勝のレスターがリーグ3連勝で暫定首位浮上!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第18節、レスター・シティvsチェルシーが19日にキング・パワー・スタジアムで行われ、ホームのレスターが2-0で勝利した。 リーグ戦5試合負けなしで3位に浮上したレスター(勝ち点35)は今節の勝利で暫定首位浮上が可能に。難敵をホームで迎え撃ったこの一戦では2-0で快勝したサウサンプトン戦と同じメンバーを起用した。 一方、フルアム相手に苦戦しながらも1-0で競り勝ってリーグ4戦ぶりの白星を手にした7位のチェルシー(勝ち点29)は、その試合から先発4人を変更。アスピリクエタ、ジョルジーニョ、ジルー、ツィエクに代えてリース・ジェームズ、ハヴァーツ、ハドソン=オドイ、エイブラハムを起用した。 互いに集中した入りを見せたが、ホームのレスターが個の力でいきなりゴールをこじ開ける。6分、右CKの場面でショートコーナーからオルブライトンがマイナスの折り返しを入れる。ボックス中央のバーンズのシュートは当たり損ねて後方に流れるが、このこぼれ球に反応したエンディディの抑えの利いた左足のシュートが左ポストの内側を叩いて逆のサイドネットに決まった。 エンディディの強烈な一撃で先手を奪ったレスターは前がかる相手を自陣に引き込みながらロングカウンターで2点目を狙う。16分にはボックス手前のマディソンが強烈な左足のミドルシュートを放つが、クロスバーを掠めて2点目とはならず。 前半20分を過ぎると、一進一退の攻防が続く。32分にはプリシッチのパスに抜け出したハドソン=オドイがボックス右に持ち込んでニアを狙ったシュートを放つが、これは枠の右に外れる。直後にはレスターのカウンターからボックス右に抜け出したヴァーディがGKと一対一も、浮き球のシュートはGKメンディの好守に阻まれる。 互いにゴールを匂わせる攻撃を見せる中、38分にはボックス付近で仕掛けたプリシッチがDFエバンスに足をかけられてPKが与えられる。だが、VARのレビューの結果、倒れた位置がエリア外だったとの判定で直接FKに変わる。とはいえ、好位置で得たFKを名手マウントが直接狙うが、これは枠を捉え切れない。 すると、直後の41分にはGKシュマイケルのロングフィードのこぼれを回収したオルブライトンの浮き球に2選手が裏抜けを狙うと、手前のヴァーディは潰されるも、後方に控えていたマディソンが冷静に右足のシュートを流し込んだ。 効率よい攻めが光ったレスターの2点リードで折り返した試合は後半もホームチームが主導権を握る。立ち上がりの50分にはボックス左でフリーのジャスティンがヘディングシュートを狙うが、これは枠の左に外れる。さらに、57分にはロングカウンターからオルブライトンの斜めのスルーパスに抜け出したティーレマンスがボックス左でGKと一対一になるが、ここはGKメンディの好守に遭う。 一方、後半に入っても流れを掴めないチェルシーは67分にハヴァーツ、ハドソン=オドイを下げてヴェルナーとツィエクを同時投入。だが、この選手交代も攻撃を活性化させるまでには至らず。 危なげなく試合を運ぶレスターは試合終盤にかけてマディソン、オルブライトン、ヴァーディと主力を下げてアジョセ・ペレス、リカルド・ペレイラ、イヘアナチョの投入で試合を締めにかかる。 その後、86分にはツィエクの正確なFKからゴール前のヴェルナーがゴールネットを揺らしたが、これはわずかにオフサイドラインを越えており、VARの介入後も判定は覆らず。 そして、試合はこのまま2-0でタイムアップを迎え、チェルシーに完勝を収めたレスターがリーグ3連勝。マンチェスター・ユナイテッドを1ポイント差で抜いて暫定首位に浮上した。 2021.01.20 07:39 Wed
twitterfacebook
thumb

ロジャーズ、戦列復帰を目指すR・ペレイラに「シーズン後半戦で我々にとって重要な選手になる」

レスター・シティを率いるブレンダン・ロジャーズ監督が、長期離脱からの戦列復帰に奮闘しているポルトガル代表DFリカルド・ペレイラについてコメントした。クラブ公式サイトが伝えている。 19日に行われるプレミアリーグ第18節でチェルシーとのビッグマッチが控えるレスター。ロジャーズ監督はMFデニス・プラートとMFナンパリイズ・メンディが、それぞれハムストリングと首部に抱える問題で欠場を明らかにした中、長期離脱から復帰したリカルド・ペレイラにも言及した。 同選手は昨年3月に前十字じん帯(ACL)を損傷。当初は半年の離脱と見込まれていたが、予定よりも長引き同年12月3日に行われたヨーロッパリーグのゾリャ戦で復帰するまでおよそ9カ月かかった。 その後、今月16日のサウサンプトン戦でプレミアリーグでは今季初めてベンチ入り。チェルシー戦では初出場の可能性もあるが、指揮官は慎重な姿勢を示している。それでも主力の復帰には素直に喜びをあらわにしている。 「長いシーズンだ。彼が10カ月程度で起用できるようになったことは本当に素晴らしい。あとはタイミングの問題だ」 「彼はシーズン後半戦で重要な選手になるだろう。だがすでに準備はできている。一歩ずつ進んでいくだろう」 最後にロジャーズ監督は、前節のサウサンプトン戦を「肉体的にも精神的にもタフな試合だったが、素晴らしい結果を得ることができた」と振り返るとともに、それから中3日でのチェルシー戦に向けて「選手が回復できるよう、我々はできることを全てやっている。彼らの準備は整っているよ」と、自信を覗かせた。 2021.01.19 15:56 Tue
twitterfacebook
thumb

「コロナ時代のゴールパフォーマンス」マディソンの“ソーシャルディスタンス”遵守に好意的な声

コロナ禍ならではの出来事だ。 レスター・シティは16日に行われたプレミアリーグ第19節でサウサンプトンと対戦し、2-0で勝利した。 この試合で貴重な先制点を奪ったのはイングランド代表MFのジェームズ・マディソン。38分に、MFユーリ・ティーレマンスからのスルーパスに抜け出すと、ボックス内右の角度のない位置から右足を振り抜き、相手GKアレックス・マッカーシーのニアサイドを豪快に打ち破った。 見事なゴールを決めたマディソンはそのまま右サイドのコーナーフラッグ付近まで駆け寄り、チームメイトたちとゴールセレブレーションを行うかと思われたが、近づいてくる味方に対して距離をとるようにアピールすると、しっかりと“ソーシャルディスタンス”を確保した位置から”エアー”でのハイタッチと握手でゴールを祝った。 試合後にイギリス『BT Sport』のインタビューに応じたマディソンは、「フットボールを続けるためにこういったことが必要ならそうするさ。集まって祝うのはやめるべきと言われていたから、それをジョークでやってみたのさ」と、セレブレーションについて語っている。 イギリスでは、新型コロナウイルスの感染が再び拡大しており、プレミアリーグの選手がゴールセレブレーションで抱擁を交わすシーンについて、プロトコルに違反しているという批判的な声も挙がっている。そんな中でのマディソンのパフォーマンスには「ゴールもセレブレーションも素晴らしい」といった好意的な声が寄せられている。 <div id="cws_ad">◆マディソンの豪快ゴールと“ソーシャルディスタンス”遵守セレブレーション<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">\ ↔ <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%82%B9?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ソーシャルディスタンス</a> ↔ /<br><br>先制点を挙げた <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#レスター</a> の <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%9E%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%BD%E3%83%B3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#マディソン</a> は、エアハイタッチとエア握手でゴールセレブレーション<br><br> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%9F%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#プレミアリーグ</a> 第19節<br>レスター×サウサンプトン<br>見逃し配信は <a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> で <a href="https://t.co/hwDOM9owVL">pic.twitter.com/hwDOM9owVL</a></p>&mdash; Goal Japan (@GoalJP_Official) <a href="https://twitter.com/GoalJP_Official/status/1350776132573007873?ref_src=twsrc%5Etfw">January 17, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.01.18 21:30 Mon
twitterfacebook
thumb

「フィニッシュは本当に素晴らしかった」ロジャーズ監督、暫定2位浮上に導いたマディソンを称賛

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督が、決勝点を記録したイングランド代表MFジェームズ・マディソンを称賛した。クラブ公式サイトが伝えた。 レスターは16日に行われたプレミアリーグ第19節でサウサンプトンと対戦。38分にマディソンが先制ゴールを奪うと、試合終了間際にMFハーヴェイ・バーンズが追加点を記録して2-0の勝利を収めた。 5試合無敗を含む2連勝で暫定2位に浮上したレスター。ロジャーズ監督は立ち上がりの内容を反省しながらも、修正に成功した試合中盤からのパフォーマンスを評価した。 「非常に厳しい戦いでの勝利だった。勝利に値していたが、試合に入るのが遅すぎた」 「最初の20分から25分はアグレッシブでFWにボールを集めるチームに対して少し受け身になってしまったよ」 「セカンドボールを回収できず、十分なプレスもかけられていなかった。前半の最後の15分から20分は我々の方が良かったね」 「我々は攻撃をより良く持続し、セカンドボールの対応が良くなった。後半はるかに優れたチームになっていた」 また、角度のないところから右足を振り抜いて先制点を記録したマディソンの一連の動きを称賛。アシストを記録したMFユーリ・ティーレマンスも評価している。 「ジェームズのフィニッシュは素晴らしかったが、その5分から10分くらい本当に良いプレーをしていたからこそ、相手のボックスに入ってカウンターするためのプレスをかけていた」 「ユーリは素晴らしいパスを出し、ジェームズは本当にそれが得意だ。18ヤード離れたボックス付近でディフェンダーをいなして、あのような難しい角度からのフィニッシュは本当に素晴らしいと思ったよ」 2021.01.17 11:00 Sun
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly