チェルシー新加入GKメンディ、CLでの古巣戦決定について「ほとんどシナリオ通り」

2020.10.02 14:29 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーのセネガル代表GKエドゥアール・メンディが、チャンピオンズリーグで古巣のスタッド・レンヌと同組となったことを受け、コメントを残している。『Get French Football News』が伝えた。10月1日に行われた20-21シーズンのチャンピオンズリーグ・グループステージの組み合わせ抽選会。ポット2に振り分けされていたチェルシーは、セビージャ、FCクラスノダール、スタッド・レンヌが同居するグループEに入ることが決定した。

今夏にレンヌからチェルシーに移籍したメンディにとっては早くも古巣との対戦となる。同選手は古巣戦の可能性について元チームメイト達と話していたことを明かした。

「とても感動的だね。これについてはクラブを離れる前にチームメイトや監督と話していたんだ。ほとんどシナリオ通りだね」

また、新天地での生活にも触れたセネガル代表GKは、少しでも早く英語に慣れようと努力しているようだ。

「今はホテル暮らししているけどすぐに慣れたよ。少しだけど英語も喋れるからね。ドレッシングルームにはフランス出身の選手もいるけど、チームに溶け込むには積極的に英語を使っていかないといけない」
コメント
関連ニュース
thumb

無所属のどん底から這い上がったメンディ「何度も辞めようと思った」

チェルシーのセネガル代表GKエドゥアール・メンディが“無職”だった1年間を振り返っている。アメリカ『AP通信』のインタビュー内で語った。 フランス生まれのメンディは13歳の頃にル・アーヴルの下部組織でフットボール人生を歩み始めた。2011年に当時3部に所属していたシェルブールでプロデビューを飾ったのだが、ほとんど出場機会を得られないまま、2014年夏に契約解除。そこから1年もの間、無所属の日々が続いた。 「6年前の無所属だった僕に、誰かが(将来チェルシーでプレーすると)言ったとしても耳を貸さなかっただろう」と、セネガル代表GKはチェルシーで数試合出場した今でも夢心地であると話す。 「サッカーのない1年は信じられないほど長かった。その間は何度も何度も、このまま(サッカーを)続けていくのか自問自答した。失業手当だけでは足りず、他の仕事も探したんだ」 そんな時に転機が訪れる。2015年夏、同選手に興味を示したマルセイユがリザーブチームでプレーのチャンスを与えることに。ここでもセカンドGKに甘んじたメンディだったが、翌年の夏にスタッド・ランスへの移籍を勝ち取ると、徐々に眠っていた才能が開花し、2018年11月にはセネガル代表にまで上り詰めた。 そして、ここからは周知の通り、昨夏にスタッド・レンヌに移籍し、今夏に2200万ポンド(約30億円)の移籍金でチェルシーへ大きくステップアップ。ここまで出場した試合では好セーブを連発しており、早くも守護神としての地位を築きつつある。 どん底から這い上がってきたメンディ。スポットライトに照らされた人生は始まったばかりだ。 2020.10.23 19:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ツィエク、残り数秒でCL決勝進出を逃した過去を振り返る「夢はトッテナムに盗まれた」

今夏にチェルシーに移籍したモロッコ代表MFハキム・ツィエクが、トッテナムに敗れた過去のチャンピオンズリーグ(CL)を振り返り、当時の苦痛を語った。イギリス『インデペンデント』が伝えている。 ツィエクは2018-19シーズン、アヤックスの選手としてCLに出場。DFマタイス・デ・リフトや、MFフレンキー・デ・ヨングなど、若く有望な選手を揃えていた当時のアヤックスは、レアル・マドリーやユベントスなど並み居る強豪を打ち破る快進撃を見せ、1995-96シーズン以来の決勝進出にファンの期待は高まっていた。 その中で行われたトッテナムとの準決勝、アウェイの1stレグで1-0の勝利を収めたが、ホームの2ndレグでは、前半で2-0としたものの後半立て続けに失点してしまい、同点のままアディショナルタイムへ。残り数秒で決勝進出が決定する状況だったが、96分にゴールを許し、トータルスコアは3-3もアウェイゴールの差によって無念の準決勝敗退となった。 ツィエクは当時を振り返り、「自分たちは決勝進出に相応しかった」と悔しさを滲ませつつ、この試合を教訓にしていると語っている。 「(CL決勝は)子供の頃からの夢だった。すべてを(トッテナムに)盗まれてしまったけどね。辛くて、苦しかったよ。あの時、あの場所でクレイジーなことが起きてしまった。受け入れるのは難しかったよ」 「個人的に、僕たちは決勝進出に値したと思っている。でも、最終的にいつも自分に相応しいものが手に入るとは限らない。だから僕はそれを教訓として受け止めたよ。今では、審判が笛を吹くまで試合は終わらないって常に知っている。あきらめず上達していくことに役立っているよ」 また、ツィエクはオランダで過ごした自分の少年時代について触れ、当時の経験が今の自分を作っていると明かした。 「若い頃やストリートでプレーしている時に起こったことが、人としての自分を厳しくしているんだ。若い頃、ストリートでプレーしていた時は、いつも年上の選手と対戦していた。どんなに僕の方が上手くても、彼らは引き下がらず蹴飛ばしてくるから大変だったよ」 「(そうした経験は)ピッチの上での成長に役立っているし、そこで得たメンタリティは自分のためになっている。過去から多くを学んだからこそ、今の自分があるんだと思う」 なお、ツィエクは自身のポジションについて「今でも自分を10番だと思っている」と主張しているが、どこで起用されても自分のやるべきことは変わらないと自信を見せている。今シーズンはケガで出遅れたが、プレミアリーグ第5節サウサンプトン戦においてチェルシーでの公式戦デビューを飾っており、これからの活躍に期待したい。 2020.10.23 16:19 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシーの“1stGK”メンディ、ケパとは「すごく良い関係」

チェルシーのセネガル代表GKエドゥアール・メンディがスペイン代表GKケパ・アリサバラガとの切磋琢磨を主張した。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 今季のチェルシーで注目を集まるひとつが守護神争い。メンディは昨季の低調なパフォーマンスで大きく評価を下げたケパの新たなライバルとして、今夏にスタッド・レンヌから移籍金2200万ポンド(約30億1000万円)でチェルシーの門を叩いた。 チェルシーのフランク・ランパード監督は20日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節のセビージャ戦後、無失点に抑え込んだ守備陣を称えるなか、守護神に関してもメンディが「1stチョイス」としての認識を示した。 しかし、メンディによると、ケパとは互いを高め合う存在としての関係性が築かれているという。メンディはチェルシー加入後公式戦3試合目の出場となるセビージャ戦で2つ目の無失点を記録した試合後、ケパとの関係性をこう語っている。 「ケパとはすごく良い関係を築いている。僕らGKのグループはすごくオープン。そして、チームが最も大事にしているものを理解している。僕らの関係性はすごく良好で、一緒に仕事をするなかで、互いを高めようとプッシュし合ってもいるんだ。GKとして、僕らは団結し続ける必要があるのを認識している。それが現状だ」 2020.10.23 12:50 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシーとユナイテッドが来夏にザカリア獲得へ? バイエルンと競合か

チェルシーとマンチェスター・ユナイテッドが、ボルシアMGのスイス代表MFデニス・ザカリア(23)の獲得を狙っているようだ。ドイツ『ビルト』が伝えている。 同選手は2017年夏に母国の名門ヤング・ボーイズから加入。ここまで公式戦96試合に出場しているが、今年3月にヒザを負傷し、現在まで復帰できない状況が続いている。 スイス代表でも主力を務める23歳のセントラルMFに、プレミアリーグのビッグクラブが関心。チェルシーは今夏に6人の新戦力を迎えたが、フランス代表MFエンゴロ・カンテと、イタリア代表MFジョルジーニョが君臨するボランチの位置は手付かずとなっている。一方のユナイテッドは、オランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベークを獲得。また、ブラジル代表MFフレッジやスコットランド代表MFスコット・マクトミネイも在籍しているが、上位互換として注目しているようだ。 また『ビルト』によると、ザカリアにはバイエルンも関心を示しているようで、現在は3クラブによる睨み合いとなっている模様だ。2022年まで契約を残す同選手の移籍金は最低でも5000万ユーロ(約61億7000万円)は必要になると見込まれている。 2020.10.22 21:31 Thu
twitterfacebook
thumb

スカッド入りのチェフにチアゴ・シウバが言及「彼なら準備万端」

チェルシーのブラジル代表DFチアゴ・シウバが、プレミアリーグのメンバーリストに登録された元チェコ代表GKペトル・チェフについて言及している。 昨年7月にアーセナルで現役引退を発表し、その後はアドバイザーとして古巣チェルシーに復帰していたチェフ。新戦力のセネガル代表GKエドゥアール・メンディの獲得にも、同じスタッド・レンヌを古巣に持つ者として一役買ったという話もあり、その職務を全うしていた。 そんな中、20日が期限となっていたプレミアリーグのメンバー登録にチェフの名前が。現役時代のチームメイトでもあるフランク・ランパード監督は同選手が与える豊富な経験値とクオリティを評価した上で、新型コロナウイルスの影響による選手不足を懸念しての判断だったと説明している。 この決定に関して、38歳のチェフとわずか2歳年下となるチアゴ・シウバがブラジル『Esporte Interativo』で言及。クラブのアイドルで与える影響は大きいと称賛し、準備万端であると信頼を強調している。 「彼は切り捨てるにはもったいない男だ。フットボールにおけるその経歴は本当に美しい。彼は少しフランス語を話せるから少しだけ会話が多いんだ。この間、トレーニングしているのを見て理由を尋ねてみたんだ。『トレーニングが好きなのかい? それとも僕たちとプレーするチャンスでもあるのかい?』とね。彼は本気でトレーニングに励んでいた。必要とされれば、いつでもプレーできると言っていたよ」 「彼のキャリアは終わったと思っていたから、それを聞いて驚いたよ。でも、彼はチェルシーで素晴らしいキャリアを築いた男だ。このクラブのアイドルなんだ。時に僕たちにモチベーションを与えてくれる姿を見ると、彼がここにいてくれることを嬉しく思うんだ。みんなの日常生活の中で、彼はとても重要な人物で、多くの選手たちと会話をしている。その凄さはキャリアが物語っている。僕たちは彼をお手本にして仕事に励んでいるんだ」 「トレーニングを見る限り準備はできていると思う。もしその機会が訪れたり、GK陣に問題が起きたとしても、彼なら大丈夫だろう。フランクも信頼してるはずだ」 2020.10.22 16:40 Thu
twitterfacebook