CLグループステージの組み合わせが決定!GSで初めてメッシvsロナウド実現! 死の組は?

2020.10.02 01:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)グループステージの組み合わせ抽選会が1日、スイスのニヨンで行われた。昨季王者バイエルンはグループAに入り、アトレティコ・マドリー、予選を勝ち上がったMF奥川雅也の所属するザルツブルク、ロコモティフ・モスクワと対戦する。

また、グループGではユベントスとバルセロナが同居し、グループステージでは初めてFWリオネル・メッシとFWクリスティアーノ・ロナウドの対決が実現。

最激戦区となったのはグループHで昨季準優勝のパリ・サンジェルマン、ベスト4のRBライプツィヒがマンチェスター・ユナイテッドと、初出場のイスタンブール・バシャクシェヒルと2枠を争うことに。

そして、FW中島翔哉の所属するポルトガル王者のポルトと、DF酒井宏樹とDF長友佑都が所属するマルセイユはグループCに入り、マンチェスター・シティ、ギリシャ王者のオリンピアコスと対戦することが決まった。

FW南野拓実の所属するイングランド王者リバプールはグループDに入り、オランダ王者のアヤックス、昨季ベスト8のアタランタ、ミッティランと対戦する。今回決定した組み合わせは以下の通り。

◆グループA
バイエルン(CL王者/ドイツ)
アトレティコ・マドリー(スペイン)
ザルツブルク(オーストリア)
ロコモティフ・モスクワ(ロシア)

◆グループB
レアル・マドリー(スペイン)
シャフタール(ウクライナ)
インテル(イタリア)
ボルシアMG(ドイツ)

◆グループC
ポルト(ポルトガル)
マンチェスター・シティ(イングランド)
オリンピアコス(ギリシャ)
マルセイユ(フランス)

◆グループD
リバプール(イングランド)
アヤックス(オランダ)
アタランタ(イタリア)
ミッティラン(デンマーク)

◆グループE
セビージャ(EL王者/スペイン)
チェルシー(イングランド)
FCクラスノダール(ロシア)
スタッド・レンヌ(フランス)

◆グループF
ゼニト(ロシア)
ドルトムント(ドイツ)
ラツィオ(イタリア)
クラブ・ブルージュ(ベルギー)

◆グループG
ユベントス(イタリア)
バルセロナ(スペイン)
ディナモ・キエフ(ウクライナ)
フェレンツヴァーロシュ(ハンガリー)

◆グループH
パリ・サンジェルマン(フランス)
マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
RBライプツィヒ(ドイツ)
イスタンブール・バシャクシェヒル(トルコ)
コメント
関連ニュース
thumb

ギュンドアンの直接FK弾で逆転勝ちのシティが白星発進! 敗戦ポルトは中島翔哉がCLデビュー!《CL》

2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループC第1節、マンチェスター・シティvsポルトが21日に行われ、ホームのシティが3-1で勝利した。なお、ポルトのMF中島翔哉は77分からプレーした。 昨シーズンのCLベスト8のシティは、悲願のCL初制覇に向けた初戦でポルトと対戦。直近のアーセナル戦を勝利して勢いに乗るチームは、その試合から先発2人を変更。アケとフォーデンに代えてエリック・ガルシアとギュンドアンを起用した。 一方、ポルトガル王者のポルトはこの試合で[5-4-1]の守備的な布陣を採用。直近のリーグ戦で約7カ月ぶりのベンチ入りを果たした中島はこの試合でもベンチスタートとなった。 攻撃時に左肩上がりとなる可変式の[4-3-3]の布陣で臨んだホームチームは、立ち上がりからボールを保持して[5-4-1]の守備ブロックを敷くアウェイチームの攻略を目指す。 しかし、14分にはポルトの高速カウンターが炸裂する。左サイドでウリベからボールを受けたルイス・ディアスが長い距離を持ち上がって右サイドへドリブルで切り込んでいく。そして、ボックス右から腰の捻りを利かせた右足のシュートをゴール左隅へ突き刺した。 ホームで先制を許したシティだったが、すぐさまスコアをタイに戻す。17分、ボックス内でギュンドアンのシュートのこぼれ球に反応したスターリングがDFペペに倒されてPKを獲得。これをキッカーのアグエロが冷静に決めて20分に追いついた。 その後はボールを保持して手数をかけた攻めを見せるシティ、カウンターから一発を狙うポルトという構図の下、拮抗した状況が続く。だが、シティ優勢も前半のうちに逆転ゴールを奪うまでには至らず。 迎えた後半、立ち上がりの49分にギュンドアンが強烈なミドルシュートを枠の右隅に飛ばすが、ここはGKマルチェシンの好守に遭う。それでも、前半以上に相手を押し込むホームチームは65分に再びセットプレーでゴールをこじ開ける。 ボックス手前中央好位置で得たFKの場面でキッカーのギュンドアンが右足を振り抜くと、壁の上をギリギリで越えたシュートがゴール左隅に決まった。 ギュンドアンの鮮烈な直接FKで勝ち越しに成功したシティは68分にアグエロ、ギュンドアンのスコアラー2人を下げてフォーデン、フェラン・トーレスを同時投入。すると、この交代が3点目をもたらす。72分、左サイド深くに侵攻したフォーデンから横パスを受けたフェラン・トーレスがボックス左45度から右足のコントロールシュートをゴール右隅へ突き刺した。 連続失点で一気に苦境に立ったポルトは77分に3枚替えを敢行すると、サヌシに代わって投入された中島が待望のCLデビューを飾った。その中島は劣勢の中で前線を駆け回り積極的にボールを呼び込むが、なかなか決定機に絡めない。 その後、試合を締めにかかったシティは85分に投入したフェルナンジーニョが試合終了間際に負傷交代するアクシデントに見舞われたものの、2点差を守り抜いて3-1の勝利。ホームで今シーズンのCL初戦を白星で飾った。 マンチェスター・シティ 3-1 ポルト 【マンチェスター・シティ】 アグエロ(前20)【PK】 ギュンドアン(後20) フェラン・トーレス(後28) 【ポルト】 ルイス・ディアス(前14) 2020.10.22 06:02 Thu
twitterfacebook
thumb

今季こそは! シティ悲願のCL制覇にペップ「もうすぐそこまで来ている」

ジョゼップ・グアルディオラ監督がマンチェスター・シティでのチャンピオンズリーグ(CL)制覇についてコメントした。クラブ公式サイトが伝えている。 今シーズンで10年連続のCL出場となったシティ。近年、優勝候補の一角として挙げられているものの、ベスト8を突破したのは2015-16シーズンの1回のみとなっている。 悲願のCL制覇を切望するシティは、21日にホームでグループステージ第1節のポルト戦を戦う。 前日会見の席でグアルディオラ監督は、CLタイトルまでの距離について持論を展開。工夫と改善を施して変化が必要だと語っている。 「我々の戦い方を分析すると、もうすぐそこまで来ていると感じている。だが、それと同時に我々はミスを犯してしまうので、勝ち抜くのに値しないとも感じる」 「何度も準々決勝まで進出した。10回連続の出場は素晴らしいことだが、このクラブの現実を知っている。次のステップはCLのタイトルに向けて一歩前進することだ。今までやってきたことは過去のこと。次は新たな戦いだ」 「この大会では今までと違うことをしなければならない。これまでのゲームを振り返ってみると、リバプールに0-3で敗れた時も、トッテナムやリヨンとの試合でも、我々はそう遠くないと感じている。小さなギャップを解決しなければならない。そうしなければ、CLタイトルに値しない」 2020.10.21 18:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ブラジルの超攻撃的SBアレックス・サンドロがポルト時代に決めた美しいロングチップシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はユベントスに所属するブラジル代表DFアレックス・サンドロがポルト時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ポルト時代のサンドロが決めた美しいチップシュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJFT1VZdTYzdSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 母国でのデビューを経て、ウルグアイのクラブやサントスでプレーしたサンドロ。2011年夏にポルトに加入しヨーロッパデビューを果たすと、2015年夏にユベントスに移籍している。 攻撃的SBとして活躍するサンドロだが、2013年1月19日に行われたプリメイラ・リーガ第15節のパソス・デ・フェレイラ戦では、美しいチップシュートを決めている。 0-0で前半を折り返し、後半開始早々の47分、ゴール正面のボックス手前でボールを持ったMFルチョ・ゴンサレスが左サイドを駆け上がるサンドロにパスを送る。ボックス左の際でボールに追いついたサンドロは、なんとここからクロスに見せかけてチップシュート。ボールは美しい放物線を描きながら見事にGKの頭上を超えると、ゴール右に決まった。 サンドロの見事なゴールで先制したポルト。その後も追加点を奪い、2-0で勝利している。 2020.10.15 19:00 Thu
twitterfacebook
thumb

中島翔哉、日本代表に招集外もポルトのトレーニングで汗を流す

これまで日本代表の10番を背負いながらも、今回のオランダ遠征には招集されたなかったMF中島翔哉が、ポルトでしっかりとトレーニングを行なっているようだ。 2019-20シーズンにカタールのアル・ドゥハイルからポルトへ完全移籍した中島。結果を残せないながらもシーズン序盤は起用されていたが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による中断期間以降は、一度もメンバー入りせず。チームトレーニングにも参加していない状況が続いていた。 <div id="cws_ad">◆トレーニング中には笑顔も<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJseFNRa2pVMSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> セルジオ・コンセイソン監督にトレーニングの参加を認められていなかった中島だが、チームメイトの強い要求もあり、シーズン開幕前には復帰。今シーズンはまだ出場機会がない中、日本代表からも落選することとなった。 日本代表の森保一監督も「まずは所属チームで結果を出して、監督や選手の信頼を掴み取って代表に復帰できるように、代表の活動の選手選考に入るように、日常の活動を行って欲しいと思っています」と招集外になったことを説明。その中島は、代表活動に参加していないメンバーとともにしっかりと汗を流しているようだ。 トレーニング動画では、軽快な動きからゴールを決める中島の姿が確認でき、笑顔でトレーニングする姿も。ここからコンディションを取り戻し、まずはポルトで試合に出場することで、日本代表復帰への道も開けるだろう。 2020.10.12 14:00 Mon
twitterfacebook
thumb

カシージャスの心臓発作後に最初に連絡を入れたのはモウリーニョ! 「最初に心配してくれた人」

かつてレアル・マドリー、スペイン代表で活躍したイケル・カシージャス氏が、昨年の心臓発作後にジョゼ・モウリーニョ監督から最初に連絡を受けていたことを明かした。 これまでマドリー、スペイン代表で多くのトロフィーを獲得した世界屈指の名GKだったカシージャス氏は、自身最後の所属先となったポルト時代の昨年5月に心臓発作を起こした。その後、同年11月に練習復帰を果たしたものの、実戦復帰を果たせぬまま、今年8月に現役引退を発表した。 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI4VVVPckFSTCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> また、カシージャス氏によると、自身に心臓発作が起こった数週間後には妻であるサラ・カルボネロさんにも卵巣がんが見つかり、治療を受ける必要があり、同時期はカシージャス一家にとって非常に困難な時期だったという。 そういった苦境の中、カシージャス氏には世界中のフットボールコミュニティから多くの励ましの声が届いていたが、いの一番に連絡をくれたのは、マドリー時代に確執が公のものとなっていたモウリーニョ監督という意外な人物だった。 モウリーニョ監督はマドリーを率いた時代に、当時“アンタッチャブル”と思われていたカシージャス氏から守護神の座をはく奪し、実績で大きく劣るGKディエゴ・ロペスを起用。だが、その数年後には両者の関係は修復され、良好な関係を築けている。 今回、スペイン『ESPN Deportes』のインタビューに応じた元スペイン代表GKは、自身と妻に対するポルトガル人指揮官からの思いやりある行動を明かしている。 「(病気を経験して)以前は親しくなかった人たちとも親しくなれる」 「多くの人は知らないだろうけど、例えば、私の昔の監督であるモウリーニョが最初に私の身に起こったことを心配してくれた人だった。その後、彼は私の妻のことも心配してくれたんだ」 また、カシージャス氏は心臓発作を経験したことにより、自身の人生観にも大きな変化が生まれたことを認めている。 「長い間会っていなかった人たちと再会したよ。これまでよりも普通の日常を大切にしていると思う」 「明日や来週に何をすべきかを考えるのに悩まされることはないよ。今日が何をもたらすのかを考え、その瞬間をより楽しむことが重要なんだ」 「私は多くの部分でとても幸運だったと思っているが、多くの人はそうではない。あの日は絶対に死ぬと思っていたし、あの経験が私に多くのことを考え直させた。自分が特権を与えられている幸運な人間であることを思い知らされたよ」 2020.10.11 14:50 Sun
twitterfacebook