酒井&長友先発のマルセイユ、サンソン弾で劇的ドローも3試合未勝利…《リーグ・アン》

2020.09.27 06:04 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マルセイユは26日、リーグ・アン第5節でメスと対戦し、1-1の引き分けに終わった。マルセイユのDF酒井宏樹はフル出場、DF長友佑都は77分までプレーした。2試合勝利のないマルセイユが、本拠地ベロドロームに下位に沈むメスを迎えた一戦。3試合ぶりの勝利を目指すマルセイユは、リール戦と同じスタメンを採用。酒井は右サイドバック、長友は左サイドバックで共に先発出場した。


立ち上がりから地力に勝るマルセイユが攻勢に出ると12分、パイエの左クロスをニアのベネデットがヘディングシュート。さらに15分には、ボックス左から侵入したパイエがベネデットとのワンツーで切り込みシュートを放ったが、共にシュートは枠を外した。

その後は両チームともになかなか決定機まで持ち込めない時間帯が続いたが、マルセイユは39分にブバカル・カマラのサイドチェンジをボックス右横のスペースで受けたトヴァンがクロスを供給。これをゴールエリア左のベネデットがジャンピングボレーで合わせたが、シュートは枠の左に逸れた。

ゴールレスで迎えた後半も膠着状態が続く中、マルセイユは71分に先制を許す。左サイドを持ち上がったウドルが早いタイミングでクロスを供給すると、チャレタ=ツァルと長友の間で上手くポジションをとっていたニアニェがヘディングシュートを叩き込んだ。

先制を許したマルセイユは、77分に長友とロニエを下げてカーウィとジェルマンを投入。さらに84分にはブバカル・カマラ、トヴァン、チャレタ=ツァルを下げて マキシム・ロペス、ラドンジッチ、グイエをピッチに送り出し交代カードを使い切る。

すると86分、右サイドを持ち上がった酒井のパスをジェルマンが落とすと、パイエがボックス中央へパス。これを受けたベネデットが反転から右足フィニッシュに持ち込んだが、シュートはゴール右に外れた。

このまま試合終了かと思われたが、マルセイユが粘りを見せる。後半アディショナルタイム5分、ベネデットのパスでボックス左深くまで侵入したラドンジッチがマイナスの折り返しを入れると、ボックス中央でフリーのサンソンがワントラップからゴール右にシュートを突き刺した。

直後にタイムアップとなり、マルセイユは劇的弾で敗戦を回避したが3試合白星なしとなった。
関連ニュース
thumb

今季から酒井&長友のチームメイトとなったミリクが捻じ込んだマルセイユ初ゴール/2020-21【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はマルセイユのポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクが決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ミリクがボレーシュートで移籍後初ゴールをマーク<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJFNENXY1FQMSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ミリクは、母国ポーランドでキャリアをスタートさせると、レバークーゼンやアウグスブルク、アヤックスでプレーした後、2016年8月からナポリでプレー。これまで公式戦122試合に出場し48ゴール5アシストを記録していた。 移籍問題のもつれもあり、2021年1月からマルセイユにレンタル移籍で加入しているミリクだが、2021年2月3日に行われたリーグ・アン第23節のRCランス戦では、記念すべき移籍後初ゴールを決めている。 1-0とマルセイユリードの前半追加タイム3分、相手陣内中央でマルセイユがFKを得ると、ボックス内にクロスを上げる。FWヴァレール・ジェルマンがヘディングでこのボールを落とすと、MFアルバロ・ゴンサレスがボレーシュート。やや当たり損ねたシュートにゴール前のミリクが滑り込みながら捻じ込み、追加点を奪った。 前半で2点のリードを奪ったマルセイユだったが、後半反撃に遭い、2-2の引き分けに終わっている。 <span data-sg-movie-id="868" data-sg-movie-title="【フランス初ゴール!】今季から酒井&長友のチームメイトとなったミリクが捻じ込んだマルセイユ初ゴール"></span> 2021.03.01 22:00 Mon
twitterfacebook
thumb

まるで早送り!高速ドライブでニアポストを破るロングフリーキック!【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のコロンバス・クルーに所属するアルゼンチン人MFルーカス・セララジャンがティグレス時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆まるで早送り!メキシコで生まれたスーパーFK<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ3VkNFODdmeSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> アルゼンチンでプロデビューを果たしたセララジャンは、2016年からメキシコの強豪ティグレスに加入。主力としてプレーし、リーグ王者に3度輝くなど、功績を残している。 現在は活躍の場をアメリカに移しているセララジャンだが、2018年7月22日に行われたリーガMXアペルトゥーラ第1節のクラブ・レオン戦では、豪快なフリーキックを決めている。 0-0で迎えた37分、ボックスの外左でティグレスがFKを得ると、キッカーはセララジャン。右足で放たれたトップスピンのかかったドライブシュートは、物凄いスピードでゴール左へ向かうと、必死に手を伸ばすGKにセーブの隙を与えずにゴールインした。 先制し、主導権を握ったティグレスは、試合に2-0で勝利している。 <span data-sg-movie-id="861" data-sg-movie-title="【まるで早送り!】高速ドライブでニアポストを破るロングフリーキック!"></span> 2021.02.28 16:00 Sun
twitterfacebook
thumb

高速クロスにピンポイントで合わせる!マルセイユ生え抜きFWの最初で最後のゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はルーマニアリーグのCFRクルージュに所属するフランス人FWビレル・オムラニがマルセイユで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆高速クロスにピンポイントで合わせる!<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJzZ3VZODFpVyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 14歳からマルセイユの下部組織で育ったオムラニは、2011年にファーストチームに昇格。2016年夏からは、活躍の場をルーマニアに移してプレーしている。 マルセイユでは、ファーストチーム在籍5シーズンで公式戦出場わずか10試合に留まったものの、2015年1月9日に行われたリーグ・アン第20節のモンペリエ戦では、マルセイユにおいて最初で最後のゴールを決めている。 0-2とマルセイユビハインドの68分、DFブリス・ジャ・ジェジェがボックス右から鋭いクロスをボックス内に入れる。アウトスイングの高速クロスは、ファーサイドまで流れると、クロスに反応したオムラニがスライディングシュート。空中で上手くボールをミートさせると、低く抑えられたシュートがゴール中央に決まった。 1点を返したマルセイユだったが、試合にはそのまま1-2で敗れている。 <span data-sg-movie-id="859" data-sg-movie-title="【高速クロスにピンポイントで合わせる!】マルセイユ生え抜きFWの最初で最後のゴール"></span> 2021.02.28 10:00 Sun
twitterfacebook
thumb

フランスでも持ち味を発揮!長友がピンポイントクロスでマルセイユ初アシストを記録!【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はマルセイユの日本代表DF長友佑都が記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆長友のマルセイユ初アシスト!<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJVNUNhWGRFRyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> FC東京でプロキャリアをスタートさせた長友は、2010年夏にチェゼーナに移籍し、渡欧。その後インテルやガラタサライでの活躍を経て2020年夏にマルセイユに加入している。 豊富な運動量に加え、ベテランの経験値が持ち味の長友だが、2021年2月20日に行われたリーグ・アン第26節のナント戦では、見事なクロスでマルセイユ初アシストを記録している。 0-1とリードされて迎えた69分、MFヴァランタン・ロニエからのパスに左サイド深くに抜け出した長友が、ダイレクトで折り返しのクロスを入れる。カーブのかかった鋭いクロスは、ゴール前の危険な位置に入ると、MFディミトリ・パイエが後方から走り込んでジャンピングボレーを合わせ、見事な同点弾を決めた。 長友の移籍後初アシストから同点に追いついたマルセイユだったが、試合はそのまま1-1のドローに終わっている。 <span data-sg-movie-id="858" data-sg-movie-title="【長友のフランス初アシスト!】持ち味のピンポイントクロスでマルセイユ初のアシストを記録"></span> 2021.02.27 22:00 Sat
twitterfacebook
thumb

マルセイユ、ホルヘ・サンパオリ氏の新監督就任を正式発表!

マルセイユは26日、アルゼンチン指揮官のホルヘ・サンパオリ氏(60)を新監督に招へいしたことを発表した。契約期間は2023年6月30日までとなる。 同クラブでは2日、アンドレ・ビラス=ボアス監督がフロントとの確執により辞任を表明。昨季は近年のリーグ・アン最高位の2位でフィニッシュしたが、今季はリーグ・アン21試合を消化した時点でわずか9勝と低迷。CL出場圏内の3位リールとは暫定で13ポイント差を付けられていた。 後任に据えられたのは、これまでチリ代表やアルゼンチン代表、セビージャなどの指揮官を歴任してきたサンパオリ氏。 2020年3月からアトレチコ・ミネイロの新指揮官に就任した同氏は、カンピオナート・ミネイロ制覇に加えて、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAを3位でフィニッシュさせ、コパ・リベルタ・ドーレス出場権獲得に導いていた。 なお、サンパオリ氏とアトレチコ・ミネイロの契約は2021年末までとなっていたが、フランス行きに向けて契約解消の話し合いを行っており、今シーズン終了後の22日に合意に至っていた。 2021.02.27 07:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly