さらなるCB獲得に動くシティ、ジアス獲得に向けてベンフィカと交渉開始 オタメンディ譲渡か

2020.09.26 09:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティがポルトガル代表DFルベン・ジアス(23)獲得に向けて、ベンフィカと交渉を開始したようだ。『BBC』や『スカイ・スポーツ』などイギリス複数メディアが伝えている。

今夏にオランダ代表DFナタン・アケを確保したものの、さらなるセンターバックの強化に乗り出すシティ。ナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(29)がメインターゲットに挙がっているが、移籍金8000万ポンド(約107億6000万円)が障壁となり、交渉が停滞しているとみられている。

そのほかの代替案として、アトレティコ・マドリーのウルグアイ代表DFホセ・ヒメネス(25)や、セビージャのU-21フランス代表DFジュール・クンデ(21)も候補に挙がっているが、いずれも高額な移籍金がネックとなり、難航が伝えられている。

新たな候補として浮上したのがジアスだ。昨年11月に2024年夏まで契約延長をした同選手には9100万ポンド(約122億4000万円)の契約解除条項が存在するが、『スカイ・スポーツ』によると、ベンフィカは移籍金5000万ポンド(約67億2000万円)以上と評価。シティはアルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディ(32)をトレード要員に含むオファーで、ベンフィカと交渉を行っているという。

ベンフィカ下部組織出身のジアスは187cmの恵まれた体躯と身体能力を武器に守備センスやボール扱いにも長けた現代型のセンターバック。2017年9月のトップチームデビュー以降、クラブ公式戦通算136試合11ゴール6アシストを記録している。


関連ニュース
thumb

【プレミアリーグ第2節プレビュー】チェルシーとスパーズが激突! リバプールとユナイテッドは初勝利を目指す

開幕節ではリバプールが昇格組のフルアムにまさかのドロースタートとなった一方、虎視淡々と優勝を狙うロンドンのビッグクラブは揃って3ポイントを手にした。また、マンチェスター勢では明暗が。シティが新エース・ハーランドが早速の2ゴールで勝利に導いたが、エースのロナウドの去就に揺れるユナイテッドはブライトンに敗れた。 今節は早くもビッグマッチが到来。移籍市場で大型補強を実行したチェルシーとトッテナムによるロンドン・ダービーだ。 ホームに迎え撃つは、開幕戦でエバートンに辛勝したチェルシー。エバートン戦では序盤からボールを握りながらも、相手の徹底した守備を前に攻撃陣が苦しむ展開に。そんな中、機を見て攻撃参加したチルウェルがPKを獲得し、名手ジョルジーニョが仕留めて虎の子の1点。一方で守備ではチアゴ・シウバを中心に、契約延長したキャプテンのアスピリクエタと新戦力のクリバリが圧巻のパフォーマンスを披露し、無失点で勝利を呼び込んだ。 対するトッテナムの開幕戦はセインツを圧倒。12分に先制を許し、一時雲行きは怪しかったが、セセニョンの同点ゴールを皮切りに、ダイアーやクルゼフスキが得点を重ね、終わってみれば4-1の快勝を収めた。後半には新加入のペリシッチやラングレ、ビスマがスパーズでの公式戦デビューを果たしており、悲願の優勝に向けてこの上ないスタートを切っている。 王者シティは強敵ウェストハムを相手に序盤からポゼッションで圧倒。その中でプレミアリーグデビューとなったハーランドがPK獲得から自らゴールを決めて、早速仕事を果たす。後半にはデ・ブライネのスルーパスがハーランドの2点目をお膳立て。今季の強力ホットラインを予感させるプレーでウェストハムを退けた。そして今節の相手は昇格組のボーンマス。プレミアリーグでは10回対戦しているが、シティが全勝している。 リバプールはクリスタル・パレスと対戦。上述のようにドローという結果になったフルアム戦は、先にネットを揺らされる展開に。開幕直前のシティとのコミュニティ・シールドでPK獲得&1得点で勝利に導いた新加入のヌニェスが後半の途中出場からゴールを決めて試合を振り出しに戻すが、世界一のCBと名高いファン・ダイクがミトロビッチを倒して珍しくPKを献上。再び勝ち越され、最終的にサラーのゴールで再び同点に戻したものの、逆転は叶わなかった。なお、リバプールはこの試合でチアゴがハムストリングを負傷し、最低6週間の離脱を強いられることになった。 アーセナルの第2節の相手はレスター。初戦ではクリスタル・パレスに立ち上がりから主導権を握り開始20分で先制。しかし、この勢いに乗れず、前半の終盤にはGKラムズデールがファインセーブを強いられるシーンも。後半立ち上がりにも守護神のビッグセーブが光った中、試合終盤の相手のオウンゴールもあり、なんとか白星で飾った。なお、レスターとは現在3連勝中だ。 初戦でブライトンに力負けしたユナイテッドは、アウェイのブレントフォード戦で汚名返上と初勝利を目指す。昨シーズンに初めてプレミアリーグに昇格した同クラブとの対戦はわずか2回だが、昨季はいずれも3得点で快勝。相性の良い相手と言える。 ◆プレミアリーグ第2節 ▽8/13(土) 《20:30》 アストン・ビラvsエバートン 《23:00》 アーセナルvsレスター ブライトンvsニューカッスル マンチェスター・シティvsボーンマス サウサンプトンvsリーズ ウォルバーハンプトンvsフルアム 《25:30》 ブレントフォードvsマンチェスター・ユナイテッド ▽8/14(日) 《22:00》 ノッティンガム・フォレストvsウェストハム 《24:30》 チェルシーvsトッテナム ▽8/15(金) リバプールvsクリスタル・パレス 2022.08.13 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

UEFA年間最優秀選手賞の最終候補3名が発表

UEFA(欧州サッカー連盟)は12日、2021-22シーズンの年間最優秀選手賞の最終候補3名を発表した。 選出されたのはレアル・マドリーのフランス代表FWカリム・ベンゼマ、ベルギー代表GKティボー・クルトワ、そしてマンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ライネとなっている。 本命と見られるベンゼマは昨季、ラ・リーガで32試合出場27ゴール12アシストを記録。チャンピオンズリーグ(CL)では12試合出場15ゴール2アシストと圧巻のスタッツを残した。そしてレアル・マドリーをラ・リーガ優勝、CL優勝に導いた。 そしてクルトワは昨季CL決勝リバプール戦でビッグセーブを連発。決勝の最優秀選手に選出され、優勝に大きく貢献していた。 3季連続最終候補入りのデ・ブライネはプレミアリーグ優勝に貢献。プレミアリーグ年間最優秀選手に選出されていた。 最優秀選手の発表は25日に行われるCLグループステージ組み合わせ抽選会時に行われる。 2022.08.13 00:15 Sat
twitterfacebook
thumb

シティが左SBを確保、U-21スペイン代表の逸材DFセルヒオ・ゴメス獲得で合意…移籍金は約18億円

マンチェスター・シティがアンデルレヒトのU-21スペイン代表DFセルヒオ・ゴメス(21)の獲得で合意したようだ。イギリス『BBC』が報じた。 シティは、今夏の移籍市場でブライトン&ホーヴ・アルビオンのスペイン代表DFマルク・ククレジャの獲得に動いていたが、移籍金で折り合わず、最終的にはチェルシーに移籍していた。 その中で、新たな候補に上がっていたのがセルヒオ・ゴメス。バルセロナのカンテラで育った逸材で、2018年1月にドルトムントへと完全移籍を果たすと、2019年8月から2年間ウエスカへとレンタル移籍を経験。その後、2021年夏に4年契約で加入したアンデルレヒトでは公式戦49試合7ゴール15アシストという見事な数字を残している。 171cmの左利きDFは、サイドバックを主戦場にサイドハーフやウイングでもプレー可能な攻撃性能が最大の持ち味。ベルギーの地ではバルセロナ仕込みのテクニック、戦術眼を生かした正確なパス、ドリブル突破、プレースキックで多くのチャンスを創出している。 シティは、1100万ポンド(約17億8000万円)の移籍金でアンデルレヒトと合意に至ったとのこと。ただ、ファーストチームに定着できなかった場合は、シティ・フットボール・グループ(CFG)のジローナにレンタル移籍させる考えもあるとされている。 2022.08.11 21:44 Thu
twitterfacebook
thumb

左SB探しを続けるシティ、ドルトムントのポルトガル代表DFも候補に?

マンチェスター・シティがドルトムントに所属するポルトガル代表DFラファエル・ゲレイロ(28)の獲得に関心を抱いているようだ。 シティでは今夏にウクライナ代表DFオレクサンドル・ジンチェンコがアーセナルに移籍。ポルトガル代表DFジョアン・カンセロのバックアッパーが不在となっており、クラブは新たな左サイドバックの獲得に着手している。 そこでターゲットに浮上したのがブライトン&ホーヴ・アルビオンのスペイン代表DFマルク・ククレジャ(24)だったが、選手はチェルシー行きを選択。シティの左サイドバック探しは白紙に戻っている。 イギリス『デイリー・メール』によると、何としても今夏に左サイドバックを確保したいクラブは獲得候補の1人としてゲレイロにオファーを出すか検討している模様だ。 ゲレイロは2016年夏にドルトムントに加入すると、左サイドバックの主軸に定着。昨シーズンは負傷や新型コロナウイルス感染がありながらも公式戦28試合に出場し、チームのトップ4入りに貢献した。 高い攻撃能力を備えているゲレイロはジョゼップ・グアルディオラの求める条件に合致したサイドバックだが、一方でドルトムントが売却に応じるかは不透明であり、今後の交渉が注目される。 なお、シティはゲレイロのほかにベンフィカのスペイン人DFアレハンドロ・グリマルド(26) 、シュツットガルトのクロアチア代表DFボルナ・ソサ(24)もリストアップしているが、果たして今夏に左サイドバックの補強は実現するだろうか。 2022.08.11 16:37 Thu
twitterfacebook
thumb

今夏も去就揺れるB・シウバ、シティと関係良好も「何が起こるかわからない」

マンチェスター・シティのポルトガル代表MFベルナルド・シウバ(28)がバルセロナ行きの憶測取り巻く将来に「何が起こるかはまったくわからない」と発言した。 2017年5月にモナコから加わって以来、豊富な運動量と確かな攻撃センスで存在感を放つB・シウバ。今季も信頼変わらずの技巧派MFだが、昨夏にはプライベートな事情から移籍が取り沙汰され、今夏はバルセロナの関心が浮上している。 そうしてリバプールとのコミュニティ・シールドから今季の戦いがスタートしたなか、大手スポーツブランド『アディダス』のスパイク発表会にて、アメリカ『ESPN』のインタビューで注目を集める去就に口を開いた。 「僕はここで満足していると言い続けているけど、何が起こるかはまったくわからない。正直なところ、これからだ。僕とクラブの関係は誠実そのもの。僕の望みをクラブは把握している」 「残留となっても、すごく幸せで、このクラブのことを常にリスペクトしているから、全力を尽くす。そうじゃなくても、フットボールはそういうものだし、何が起こるのか見守るだけだよ」 2022.08.11 16:10 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly