ロペテギ監督、欧州王者バイエルンとの今季初戦に向け、「この美しい試合でシーズンをスタートできることに感慨」

2020.09.24 17:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セビージャを率いるフレン・ロペテギ監督が、今シーズンの初戦にして初タイトルが懸かるバイエルンとのUEFAスーパーカップに向けて意気込みを語っている。クラブ公式サイトが会見コメントを伝えている。ロペテギ監督は昨シーズン、就任1年目ながらラ・リーガ4位フィニッシュに導くと共に、クラブが伝統的に得意とするヨーロッパリーグ(EL)において歴代最多6度目の優勝をもたらした。

その華々しいセビージャ1年目を経て、更なる成功が期待される今シーズンに向けては、休養期間の短さを考慮され、すでに開幕しているラ・リーガで開幕節、第2節の日程変更が認められたこともあり、昨季チャンピオンズリーグ(CL)王者と対峙する今回のビッグマッチが初陣となる。

25日にハンガリーのブダペストのプスカシュ・アレーナで開催されるバイエルン戦に向けた前日会見に出席したロペテギ監督は、ヨーロッパ王者を相手に今季の初戦を迎えられることを非常に楽しみにしている。

「我々には非常に短い期間の休養しかなかったことは事実だ。プレーヤーの入れ替わりがあった中、ここまで約12日間のトレーニングを行ってきた。現状はは我々がその短い時間の中で学んだことを実証する段階にあるが、我々は現状に満足している」

「もちろん、我々はより多くの試合を必要としているが、今我々はスーパーカップというビッグマッチに臨もうとしており、非常に興奮している。自分たちがどこから来たのか、どこに向かっているのかを考えることなく、バイエルンのような偉大なライバルを倒すことに集中している」

「我々はこの美しい試合でシーズンをスタートできるという、夢のような状況に心を動かされている。バイエルンは多くの圧倒的な個の力を持ったチームであり、それが我々のモチベーションを高め、興奮させ、あらゆる感覚で成長させてくれるはずだ」

自力の差に加え、コンディション面の不利もあってバイエルンに対して、胸を借りる気持ちで臨むような姿勢を見せたスペイン人指揮官だが、勝利するためにはチームとしての一体感が重要だと主張している。

「明日はチーム全員のキャラクターが必要になると思うが、その上でチームとしてプレーすることが求められる。勝利を手にするために個々が自分のベストを尽くさなければならない」
コメント
関連ニュース
thumb

再三の決定機逸もデ・ヨング弾で勝ち切ったセビージャが今季GS初勝利!《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)グループE第2節、セビージャvsスタッド・レンヌが28日に行われ、ホームのセビージャが1-0で勝利した。 昨季、ヨーロッパリーグ(EL)王者のセビージャはチェルシーとのグループ初戦を0-0のドローで終える、まずまずの滑り出しを見せた。ただ、ラ・リーガでは格下相手にいずれも0-1のスコアで敗れるなど、公式戦3戦連続無得点の攻撃を中心に課題が浮き彫りとなっている。 一方、CL初参戦のレンヌはFCクラスノダールとの初戦を1-1のドローで終え、大会初勝利はお預けに。また、リーグ戦では直近のアンジェ戦で今季初黒星を喫するなど、3戦未勝利と調子が下降気味だ。その敗戦からのリバウンドメンタリティが試されるこの一戦だが、古巣対戦のエンゾンジが出場停止、カマヴィンガがケガと、2人の主力を欠いて戦うことになった。 試合は立ち上がりからホームのセビージャが圧倒する。開始直後にオカンポスがいきなり際どいシュートを放つと、その後は相手を自陣深くに押し込んでハーフコートゲームを展開。 流れの中ではサイドを起点にヘスス・ナバスやムニルが積極的に足を振り、セットプレーではクンデらが打点の高いヘディングでゴールに迫っていく。だが、GKゴミスの再三の好守、DFの決死のゴールカバーなど、最後のところで崩し切れない。 一方、防戦一方のレンヌでは15分過ぎにハムストリングを痛めたルガーニがプレー続行不可能となり、アゲルドの投入を余儀なくされるなど、厳しい状況が続く。それでも、何とか無失点を継続すると、33分にはカウンターからテリエにシュートチャンスも、ここはGKブヌに難なくセーブされた。 攻守両面で圧倒しながらも決定力不足を露呈する試合展開となったセビージャだったが、後半立ち上がりにようやくゴールをこじ開ける。55分、左サイドを突破したアクーニャのアーリークロスをボックス中央に走り込んだルーク・デ・ヨングが右足のワンタッチで流し込んだ。 このゴールで余裕の出てきたホームチームは、先制後も積極的に追加点を狙うが、ギリギリのところで踏ん張るアウェイチームを前に複数得点を奪えない。 そのため、試合終盤にかけてはこの1点を守り抜く形に戦い方をシフト。うまく交代カードを切りながらレンヌの反撃を危なげなく凌ぎ切った。そして、決定力不足解消には至らなかったものの、公式戦5試合ぶりの白星を手にしたセビージャが今季グループステージ初勝利を挙げている。 セビージャ 1-0 スタッド・レンヌ 【セビージャ】 L・デ・ヨング(後10) 2020.10.29 07:18 Thu
twitterfacebook
thumb

セビージャ、クンデがCLレンヌ戦を前に復帰! レンヌでは古巣戦のエンゾンジが出場停止に

チャンピオンズリーグ(CL)のスタッド・レンヌ戦が控えるセビージャに朗報が届いた。 今月15日に新型コロナウイルス感染が伝えられていたDFジュール・クンデが練習に復帰したようだ。当時、U-21フランス代表から帰還したばかりの同選手から陽性反応が確認され、隔離措置がとられていた。 その間、ラ・リーガのグラナダ戦とエイバル戦、CL開幕節のチェルシー戦を欠場。チームは1分け2敗という成績に落ち込んでいた。 28日に行われるCL・グループE第2節で初勝利を目指すセビージャに朗報が届いた一方で、対戦相手のレンヌには暗雲が。 主力のMFエドゥアルド・カマヴィンガとMFフラヴィアン・タイがケガでスペイン遠征メンバーに含まれなかった他、CL開幕節のクラスノダール戦で「スポーツマンらしからぬ行動」が指摘されたMFスティーブン・エンゾンジがUEFAから出場停止処分を受けてしまった。 エンゾンジにとってセビージャは2015年から2018年まで過ごした古巣。サンチェス・ピスファンへの帰還は叶わなくなった。 2020.10.28 15:15 Wed
twitterfacebook
thumb

キケ・ガルシア弾で逃げ切ったエイバル、セビージャの要塞で今季2勝目を飾る!乾はフル出場で勝利に貢献《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第7節のセビージャvsエイバルが24日にサンチェス・ピスファンで行われ、0-1でエイバルが勝利した。エイバルのMF乾貴士はフル出場、FW武藤嘉紀はベンチ入りも出場機会はなかった。 ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループE第1節のチェルシー戦ををドローで終えたセビージャは、その試合から先発を5人変更。GKブヌやL・デ・ヨング、スソ、オカンポスらに代えてGKヴァツリーク、ムニル、エン=ネシリ、オリベル・トーレスらを先発で起用した。 一方、ここまで1勝2分け3敗で15位に位置するエイバルは、ゴールレルで終えた前節のオサスナ戦から先発を3人変更。武藤やアティエンサ、ビガスに代えてポソ、パペ・ディオプ、パウロ・オリベイラを先発で起用した。乾は7試合連続の先発出場となった。 立ち上がりから一進一退の展開が続いた一戦は、互いにアタッキングサードでの精彩を欠き、30分を過ぎても枠内シュートゼロ。そんな中、セビージャは34分にボックス右手前でパスを受けたムニルが反転から強烈なミドルシュートでエイバルゴールに迫ったが、これはGKドミトロビッチが弾き出した。 対するエイバルは、最初の枠内シュートで先制する。41分、パペ・ディオプのスルーパスのスルーパスに反応したキケ・ガルシアがボックス中央右から侵入すると、飛び出したGKのニアサイドにシュートを突き刺した。 1点を追うセビージャは、後半からセルジ・ゴメスを下げてオカンポスを投入。グデリをセンターバックに下げて試合に臨んだ。一方のエイバルは、62分にK・ロドリゲスを下げてセルジ・エンリクをピッチに送り出した。 後半も膠着状態が続く中、セビージャは70分にオスカルとエン=ネシリを下げてスソとカルロス・フェルナンデスを投入。両サイドから攻撃を組み立てるセビージャだが、自陣ボックス中央を固めるエイバルの守備を攻略できず、なかなかシュートまで持ち込めない。 対するエイバルは86分、ボックス右手前でボールを受けた乾が相手GKとDFの間を狙ったクロスを供給。これにセルジ・エンリクが飛び込んだが、わずかに届かない。 後半アディショナルタイム、セビージャに最後のチャンスが生まれる。93分、ヘスス・ナバスの左クロスを飛び込んだカルロス・フェルナンデスがヘディングシュートで合わせたが、このシュートはGKドミトロビッチの好セーブに阻まれ、万事休す。 結局、試合は0-1のままタイムアップ。キケ・ガルシア弾で逃げ切ったエイバルが、要塞“サンチェス・ピスファン”でセビージャを下し今季2勝目を飾った。 2020.10.25 03:40 Sun
twitterfacebook
thumb

グループE突破候補のチェルシーとセビージャの激突は互いに譲らずドロー決着!《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)グループE第1節のチェルシーvsセビージャが20日に行われ、0-0の引き分けに終わった。 一昨季前のヨーロッパリーグ(EL)王者であるチェルシーが、昨季のEL王者であるセビージャを本拠地スタンフォード・ブリッジに迎えた一戦。 直近のサウサンプトン戦では2-0とリードしながら3-3の引き分けに持ち込まれたチェルシーは、その試合から先発を3人変更。GKケパやアスピリクエタ、 A・クリステンセンに代えて負傷明けのGKメンディやチアゴ・シウバ、R・ジェームズが先発に名を連ねた。 一方、直近のグラナダ戦(0-1で●)でラ・リーガ初黒星を喫したセビージャは、その試合から先発を4人変更。ムニルやカルロス・フェルナンデス、エスクデロらに代えてL・デ・ヨングやオカンポス、グデリらが先発で起用された。 グループE突破の本命同士の一戦は強豪対決らしく一進一退の攻防が続く。そんな中、セビージャがセットプレーから最初の決定機を迎える。19分、左サイドで獲得したFKからスソがクロスを供給すると、ファーサイドのグデリがヘディングシュート。これが相手DFに当たりコースが変わったが、好反応を見せたGKメンディが左手一本で弾き出した。 対するチェルシーは、セビージャの素早い攻守の切り替えに手を焼き、なかなか決定機まで持ち込むことができない。 良い流れを掴みかけていたセビージャだったが、33分にアクシデント。右モモ裏を痛めたセルジ・ゴメスがピッチに座り込み、そのままジョルダンとの交代を強いられた。 それでもセビージャは、前半終了間際の45分にスソ、46分にオカンポスと立て続けにチェルシーゴールに迫ったが、GKメンディの牙城は崩せず。前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半、積極的な入りを見せたチェルシーは48分、チルウェルの左CKからズマがヘディングシュート。さらに56分には、ボックス左手前でパスを受けたヴェルナーがカットインからミドルシュートでゴールを狙ったが、共にシュートはGKブヌがキャッチした。 流れを変えたいセビージャは、58分にスソを下げてオリベル・トーレスを投入。対するチェルシーは、62分にマウントを下げてツィエク、65分にジョルジーニョを下げてコバチッチをピッチに送り出した。 この交代後、先にチャンスを迎えたのはセビージャ。67分、ラキティッチの左CKをファーサイドのジョルダンが右足ボレーで合わせたが、このシュートはわずかに枠の上に外れた。 膠着状態のまま終盤に差し掛かると、セビージャは80分にラキティッチとL・デ・ヨングを下げてフランコ・バスケスとエン=ネシリを投入。一方のチェルシーは、後半アディショナルタイムにヴェルナーとプリシッチを下げてエイブラハムとハドソン・オドイを送り出したが、互いに決定機を作り出せず。 試合はゴールレスドローでタイムアップ。グループ突破候補の対決は勝ち点1を分け合う結果となった。 また、もう一試合のレンヌvsFCクラスノダールは、1-1の引き分けに終わった。試合は後半立ち上がりの56分にレンヌがギラシーのPKで先制したが、FCクラスノダールは直後の59分にC・ラミレスのゴールで追いつく。結局、その後は得点が動かず、1-1で試合終了となった。 チェルシー 0-0 セビージャ 2020.10.21 06:10 Wed
twitterfacebook
thumb

CL参戦のEL覇者セビージャ、ロペテギはチェルシーを「優勝の可能性があるチーム」と評する

セビージャのフレン・ロペテギ監督がいよいよ始まる欧州最高峰の戦いで相対する敵に敬意を払いつつ、白星発進に意気込みを語った。イギリス『イブニング・スタンダード』が報じている。 昨季のヨーロッパリーグ(EL)覇者として、今季のチャンピオンズリーグ(CL)に挑むセビージャ。20日に行われるグループE第1節でチェルシーのホームに乗り込む。 17日に行われたグラナダとのラ・リーガ第6節で今季初黒星を喫して、このチェルシー戦との大一番に臨むロペテギ監督。試合に先駆けた会見で、こうコメントした。 「我々はチェルシーというタイトルを獲得できる可能性があるチームのひとつと対戦する。ただ、明日がうまくいくよう集中したい。我々にできることはそれだけだ」 「難しい要求になると思う。どんな試合も難しいものだが、特にCLの舞台だと、チェルシーのようなチームと対戦することになる。彼らは多額で良い選手たちを獲得した。素晴らしいチームであり、クラブを熟知する監督もいる」 「彼らは素晴らしいトッププレーヤーを何人も擁しており、我々にベストな状態で戦いに挑んでくるように強いてくるだろう。最近の彼らは良い戦いをしている。我々に可能な限りベストなパフォーマンスも求めてくるはずだ」 「明日は非常に良い戦いが必要になってくる」 2020.10.20 20:30 Tue
twitterfacebook