試合巧者の浦和が“お得意様”清水を撃破! 山中の移籍後初弾に“キラー”興梠弾《J1》

2020.09.23 21:43 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J1リーグ第18節の清水エスパルスvs浦和レッズが23日にIAIスタジアム日本平で行われ、アウェイの浦和が1-2で勝利した。前節、湘南ベルマーレとの“裏天王山”に3-0で快勝し、連敗をストップするとともに、J1通算400勝を達成した16位の清水。連勝を狙う今節は先発を4人を変更。六平、中村、後藤、金子が外れ、立田、エウシーニョ、鈴木、河井が入った。

一方、前節首位の川崎フロンターレに0-3で完敗した8位の浦和は、2試合ぶりの勝利に向けて先発5人を変更。トーマス・デン、エヴェルトン、関根、柏木、杉本が外れ、橋岡、武藤、長澤、汰木、興梠がピッチに立った。

苦手とする浦和を相手に2013年以来の勝利を目指す清水は、立ち上がりからボールの主導権を握って上々の入りを見せる。サイドを起点に幾度か際どいクロスが入るが、中央を固めている浦和の守備を崩し切るまでには至らず。

一方、相手のボール回しに対してうまくプレスが嵌らず、なかなか攻撃に出られない浦和だが、セットプレーの流れからワンチャンスを生かし切って先制に成功する。

21分、右CKの場面でキッカーの武藤がアウトスウィングで入れたクロスがボックス手前左のスペースに流れると、山中が得意の左足を強振。強烈なシュートがGK大久保の手を弾いてクロスバーの内側を叩いたボールがゴールネットを揺らした。

山中の移籍後初ゴールで先制に成功した浦和だが、その後は再び受けに回る時間が続く。30分にはボックス手前右でボールを受けたジュニオール・ドゥトラに強烈なシュートを枠の左隅に飛ばされるが、ここはGK西川が好守で凌いだ。

前半許した唯一のシュートをゴールに結び付けられるなど、この試合でも相性の悪さを露呈した清水は、後半立ち上がりも相手を押し込む。厚みのある攻めから鈴木唯らに決定機が訪れるが、最後のところで決め切れない。58分にはボックス手前右の河井からのダイレクトクロスに西澤が左足ダイレクトで合わせるが、GK西川の好守に阻まれる。

すると、直後の59分には浦和の高速カウンターが発動。自陣中央での長澤のボール奪取から前線でフリーのレオナルドに縦パスが通る。そのままボックス右に持ち込んだレオナルドはDFとGKをうまく引き付けてゴール左にフリーで走り込んだ興梠にプレゼントパス。これをここまで対清水12戦10発とする清水キラーの興梠が難なく流し込み、貴重な追加点とした。

これが相性の悪さか、浦和の効率の良さか、試合展開とは裏腹に浦和の2点リードとなった試合は、互いに積極的に交代カードを切り、ここからよりオープンな展開となる。78分には浦和の途中出場のマルティノス、杉本、武富の3人の絡みからボックス内で3点目のチャンスも、ここは武富のシュートがGKのセーブに遭う。

一方、リスクを冒して前に出る清水は、途中出場の2選手の絡みでようやくゴールをこじ開ける。91分、左サイドに流れた後藤からのクロスを中央でDF山中をブロックして前に入ったティーラシン・デーンダーが左足のボレーで流し込んだ。

これで勢いづいた清水は6分が与えられたアディショナルタイムで相手ゴールに迫っていくが、96分に再び後藤が入れたクロスのこぼれ球に反応したヘナト・アウグストの右足シュートはうまくミートし切らず、GK西川がきっちりキャッチした。

そして、試合はこのままタイムアップを迎え、山中の移籍後初となるリーグ戦ゴール、清水キラーの興梠が挙げたゴールを守り切った試合巧者の浦和が、2試合ぶりの白星を手にした。一方、善戦の清水はまたしても浦和に屈して今季初の連勝を逃した。

清水エスパルス 1-2 浦和レッズ
【清水】
ティーラシン・デーンダー(後46)
【浦和】
山中亮輔(前21)
興梠慎三(後14)
コメント
関連ニュース
thumb

村井満チェアマンが新潟の酒気帯び運転、仙台の道渕諒平の件に見解「残念な内容」、新潟にはヒアリングを実施へ

Jリーグは20日、第16回実行委員会が行われ、委員会後に会見が行われた。 今回の実行委員会では、新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインの改定があり、アルコール類の提供が10月30日から解禁に。各クラブが販売については判断できるようになるとされた。 一方で、アルビレックス新潟で起こった酒気帯び運転に関する事案、ベガルタ仙台で起こったMF道渕諒平の知人女性暴行に関する事案についても報告とお詫びがあったとした。 村井満チェアマンは新潟の件について「コンプライアンス担当の萩原和之から事実確認の共有をさせていただき、新潟の実行委員の是永大輔社長からクラブからの総括とお詫びがあった」と報告。「コロナ禍でクラブ、リーグが果たす役割は社会の希望の存在になろうと誓い合ってきたが、地域の皆様の期待を裏切り残念」と、今回の事案についての見解を述べた。 また仙台の件については「プライベートな内容ではあるが、サッカー選手そのものは社会での公的な存在であることも鑑みれば、残念な内容。絶対に繰り返されないよう啓発など繰り返していく」と見解を語った。 コンプライアンス担当の萩原氏は新潟の件について「10月14日に正式に一報をいただいた。そのあとのやりとりは、電話、メールをして10月16日の金曜日に新潟から報告書をもらった」とコメント。「9月の中旬にこの事象が発生したので、その時点でコンプライアンスの部隊に何らかの相談をしていただければ、完璧な解決策が出せるとは限らないが、アドバイスや指導はできたことは否めない」とコメント。一方で仙台の件については「8月の中旬に仙台から情報はもらっていた。その後、いろいろな経緯があったなか示談になったという報告ももらっていた」とし、解決した事案だと認識していたとコメントしている。 新潟で起こったブラジル人FWファビオ(23)とスペイン人FWペドロ・マンジー(32)の酒気帯び運転に関する事案については「コンプライアンスとして窓口があるが、そちらに第三者の方から直接電話があった」とタレコミがあったとし、「それを受けて、情報を整理して新潟にこういう話があるがと問い合わせた」とコメントした。 新潟の件でクラブへの処分について村井チェアマンは「今回の酒気帯び運転の事案に関する判断と、その後クラブが適切に報告していたか、報告義務違反と2つの事案がある」とコメント。「後者に関しては、今後プロセスに介入しヒアリングを行う。規約違反にあたるかどうかの判断をさせていただく」とし、クラブへのヒアリング後に制裁を下すかどうかを判断するとした。 一方で、当該選手のファビオが任意捜査中に試合に出場していたことにも触れ、「酒気帯び運転者が試合に出場を続けたことは道義的責任ということがあるが、選手本人が酒気帯び運転そのものを認めている事案なので、存在したことは疑いのない事実。そうした状態で試合に継続した状態は過去のケースではない。その時点での判断は選手自身に自重を求めるべきだった。クラブは判断ミスがあったと認めているが、私も同感です」とし、試合出場を認めてしまったこと、その判断には問題があったと語った。 また、仙台の件に関しては「クラブからは報告を受けたときには和解が成立しているということを理解している。当事者間で解決しているという認識」とし、Jリーグも解決している事案だと認識していたとのこと。道渕諒平の試合出場に関しても、解決事案だっために問題ないという認識をしたとしていた。 一方で、契約解除については「本人がクラブに報告した内容と実態が伴わなかったということなので、リーグにしっかりとした情報が伝わっていなかった可能性もある」とし、虚偽報告が本人からなされたことがあったことで契約解除になったとの認識を語った。 2020.10.20 18:03 Tue
twitterfacebook
thumb

清水の高卒ルーキーMF鈴木唯人がプロA契約に変更「ここは通過点にすぎません」

清水エルパルスは20日、MF鈴木唯人(18)の契約をプロC契約からプロA契約に変更したことを発表した。 今シーズン市立船橋高校から清水に加入した鈴木は、ここまで明治安田生命J1リーグで20試合、YBCルヴァンカップで2試合に出場していた。 クラブの発表によると、8月29日に行われた明治安田生命J1リーグ第13節の川崎フロンターレ戦で通算試合出場時間がプロA契約締結条件である450分に達し、A契約を締結したとのことだ。 鈴木はクラブを通じて、プロA契約締結についてコメントしている。 「清水エスパルスでA契約を締結することができ、大変嬉しく思います。ただ、ここは通過点にすぎません。より一層引き締めて、謙虚にひたむきにエスパルスを勝利に導ける選手になれるよう日々努力していきます」 2020.10.20 14:54 Tue
twitterfacebook
thumb

女性への暴行報道の仙台MF道渕諒平が契約解除、クラブには9月に解決を報告

ベガルタ仙台は20日、MF道渕諒平(26)の契約解除を発表した。 クラブの発表によると、本日発売の週刊誌において道渕に関わる記事が掲載。当クラブが認知していなかった事実など、クラブの秩序、風紀を著しく乱す内容が含まれていたことから、同選手に事実関係を確認した上で契約解除に至ったという。 道渕は交際女性へのDV疑惑が大々的に報じられて居たが、仙台は「記事に記載されております女性とのトラブルを8月14日に認識し、同選手の事情聴取を行い、顧問弁護士に相談して対応を進めてまいりました」と2カ月以上前に事実を把握していたとのこと。「その際に当人同士で解決することが望ましいと助言を受けております。同選手からは、本人の代理人となる弁護士を通じて女性と話し合い、最終的に双方合意の上で解決したとの報告が9月5日にありました」と解決した旨を報告されていたと発表した。 また、「同選手から二度と同様の行為をしないとの誓約書を取り、重い処分を科した上で活動を継続させておりました。本件は、両名のプライバシーに関わり、また双方の要望があるなかで、公表を控えてまいりました」と公表しなかった理由を説明している。 クラブが事態を把握した8月14日の翌15日に行われた明治安田生命J1リーグ第10節の清水エスパルス戦に途中出場したものの、その後5試合を欠場。解決の報告を受けた後の9月20日に行われた第17節のFC東京戦からは7試合に出場していた。 仙台は今回の件に関して「当クラブといたしましては、本件について大いに反省し、取り組みが不十分であったことを厳粛に受け止め、今後このようなことが二度と発生しないよう、一丸となってコンプライアンスの徹底に全力で取り組んでまいります」と陳謝している。 道渕はヴァンフォーレ甲府に所属していた2017年7月に暴行容疑で逮捕。出場停止処分を受けており、今回で暴行が報じられるのは2度目となる。今シーズンの道渕はJ1で13試合に出場し1ゴールを記録していた。 Jリーグではアルビレックス新潟が、外国人選手2名の飲酒運転が発覚していながらも、当該選手を試合に出場させ続けており、当該2選手が19日に解雇されていた。 2020.10.20 10:03 Tue
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第23節】浦和で仙台戦16戦18発の興梠慎三を選出!上位の川崎F、C大阪からも2名ずつ

明治安田生命J1リーグ第23節の9試合が17日から18日にかけて開催された。超WS編集部が各試合から印象に残った選手を選りすぐり、ベストイレブンを紹介する。 GK六反勇治(横浜FC/初) 安定したセービングと好判断でFC東京をシャットアウト。79分には原大智の決定機をビッグセーブするなど、終盤の猛攻にも耐えた。 DF岡本拓也(湘南ベルマーレ/初) 4分に今季初ゴールを記録すると、81分には石原直樹のJ1通算300試合のメモリアル弾をアシスト。松田天馬のゴールも演出して全3ゴールに絡んだ。 DFキム・ミンテ(北海道コンサドーレ/初) 気迫溢れるプレーで最終ラインからチームを鼓舞。体を投げ出したシュートブロックなど、最後の砦となり、チームの7試合ぶり無失点に貢献した。 DFジェジエウ(川崎フロンターレ/5回目) カウンター攻撃が中心となる名古屋攻撃陣に対して、広範囲をカバー。攻撃ではセットプレーから2発と存在感を見せつけた。 DF福森晃斗(北海道コンサドーレ札幌/初) 正確無比な左足からのフィードで攻撃の起点となり、駒井善成にドンピシャのアシスト。指揮官の誕生日に2試合ぶりの白星をプレゼント。 MF坂元達裕(セレッソ大阪/3回目) 得意の緩急あるドリブルで右サイドからチャンスを演出。ピンポイントクロスで奥埜博亮の先制点をアシストした。 MF川辺駿(サンフレッチェ広島/4回目) タイミングを見計らった飛び出しで神戸の脅威に。12キロに迫る走行距離で中盤を締めた。 MF中村憲剛(川崎フロンターレ/初) 中央でどっしり構えて川崎Fの攻撃の舵取り役に。セットプレーから正確なクロスでジェジエウの2ゴールをお膳立て。 MF汰木康也(浦和レッズ/初) 8分に長澤和輝への技ありアシストをマークすると、高い位置でのパスカットから興梠慎三のPKに繋がるパスを供給。フル出場で6発快勝の立役者となった。 FW奥埜博亮(セレッソ大阪/2回目) ヘディングシュートで先制ゴールを挙げると、67分に角度のないところから射抜いて追加点。絶妙なパスで豊川雄太のゴールもアシストした。 FW興梠慎三(浦和レッズ/初) 仙台キラーぶりを発揮する2ゴールを披露。自ら得たPKを決め切ると、51分に勢いをもたらす追加点をマークした。 2020.10.19 18:15 Mon
twitterfacebook
thumb

鹿島が白崎凌兵の右大腿二頭筋損傷を発表 2カ月の治療期間

鹿島アントラーズは19日、MF白崎凌兵の負傷離脱を報告した。 白崎は16日の練習中に負傷。チームドクターの検査で右大腿二頭筋損傷の診断結果が下り、約2カ月の治療期間を要する見込みだ。今季はここまで明治安田生命J1リーグ9試合に出場して2得点だった。 鹿島は現在、J1リーグ12勝3分け9敗の6位。次戦は21日に敵地で行われるJ1リーグ第33節のヴィッセル神戸戦となる。 2020.10.19 15:10 Mon
twitterfacebook