アストン・ビラ、下部組織出身の若手FWデイビスとの契約を2024年まで延長

2020.09.23 00:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アストン・ビラは22日、イングランド人FWケイアン・デイビス(22)との契約を2024年6月30日まで延長した。2015年冬にアストン・ビラの下部組織に加入したデイビスは、2017年1月8日に行われたFAカップのトッテナム戦でプロデビュー。これまでアストン・ビラで公式戦69試合に出場して5ゴール5アシストをマーク。

昨季リーグ戦では途中出場が中心となったが、カップ戦も含め公式戦24試合に出場し1ゴール1アシストを記録。今季もこれまで公式戦2試合に出場し、15日に行われたEFLカップ2回戦のバートン戦では後半アディショナルタイムにゴールを記録していた。
コメント
関連ニュース
thumb

3勝2分けのアストン・ビラ指揮官ディーン・スミスが12月の最優秀監督賞を受賞!

プレミアリーグは15日、2020年12月の月間最優秀監督にアストン・ビラのディーン・スミス監督が選ばれたことを発表した。 12月のアストン・ビラの戦績は3勝2分け無敗。同月4日に予定されていた第11節のニューカッスル戦は、相手側にクラスターが発生したため延期となったが、それでもディーン・スミスが率いたチームは見事だった。 12月初戦となったのはウォルバーハンプトン戦。難敵との対決を12月の月間最優秀選手候補にも名を連ねたFWアンワル・エル・ガジのゴールで制すると、バーンリー戦の引き分けを挟んで、WBA戦とボクシングデ―開催となったクリスタル・パレス戦で連勝。2020年最後の試合となったチェルシー戦は、先制されながらもエル・ガジのゴールでドローに持ち込んだ。 ディーン・スミスは12月を振り返り、ウルブス戦やパレス戦が重要だったと回想するとともに、激動の2020年を5位で終えたチームを称賛した。 「12月に入っても我々は大きな自信を抱いていたが、それでもウルブス戦は非常に重要な一戦だったと私は思う」 「あそこで負けていれば、我々は自信を失ってしまうところだった。だが、勝利を手にした我々はドレッシングルームで自信を保っておくことができた」 「私にとってボクシングデーの一戦はハイライトとなった。ホームでパレスを迎え撃ったが、(前半に)10人に減らしてしまった。しかしながら我々は得点を重ねた。素晴らしいパフォーマンスだったよ」 49歳のディーン・スミスにとってこれが初めての受賞。また、アストン・ビラにおいては、マーティン・オニール氏が受賞した2010年4月以来、4人目の指揮官となった。 なお、12月の他の候補者には、エバートンのカルロ・アンチェロッティ監督やバーンリーのショーン・ダイク監督、マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が選ばれていた。 2021.01.15 21:36 Fri
twitterfacebook
thumb

コロナ蔓延のアストン・ビラ、週末のエバートン戦が再延期に

プレミアリーグは14日、アストン・ビラvsエバートンの試合日程を再延期することを発表した。 アストン・ビラでは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が拡大し、クラスターが発生。それによりプレミアリーグの3試合が延期となっていた。 13日に予定されていたトッテナム戦が延期となり、トッテナムは代わりにフルアム戦が急遽組まれることとなっていた。 アストン・ビラは選手とスタッフの多数が隔離された状態であり、17日に予定されていたエバートン戦の延期を要請。リーグが同意したとのことだ。なお、延期の日程は未定となっている。 また、4日に予定されていながら延期となったニューカッスル戦も再延期。1月23日(土)に開催されることとなった。 2021.01.14 20:05 Thu
twitterfacebook
thumb

アストン・ビラでコロナが蔓延…プレミアリーグが3試合の日程変更を発表!

プレミアリーグは11日、13日に開催予定だったプレミアリーグ第18節のアストン・ビラvsトッテナムに関してアストン・ビラの複数選手、チーム関係者に新型コロナウイルスの感染が確認されたことを受けて開催延期を決定した。 現在、イギリスではコロナウイルスの変異種の影響などもあり、コロナウイルス感染拡大が深刻化している。これを受け、プレミアリーグでは各クラブとの協議の末に週2回のテストプログラムの再実施に加え、COVID-19のプロトコルを強化していた。 今回の延期により、プレミアリーグは3試合のスケジュール変更を発表。13日のビラ戦が延期となったトッテナムは、同日に昨年末に延期されたプレミアリーグ第16節のフルアム戦を行うことが決定。 また、当初は試合予定のなかったフルアムが13日に試合を実施するため、中1日の超過密日程になることを考慮して15日に開催予定だったプレミアリーグ第19節のフルアムvsチェルシーが16日に変更。 そのほか、16日に開催予定だったプレミアリーグ第19節のビラvsエバートンも17日に変更された。 今回の開催延期は昨年12月4日に予定されていた第11節のアストン・ビラvsニューカッスル、同28日の第16節エバートンvsマンチェスター・シティ、同30日のトッテナムvsフルアムに続く、今シーズン4例目となった。 なお、同カードの代替日程は現時点で決まっていない。 2021.01.11 23:05 Mon
twitterfacebook
thumb

南野が決勝点アシスト! リバプール、クラスター発生で“ユース”送り込んだビラ撃破で4回戦進出《FAカップ》

FAカップ3回戦、アストン・ビラvsリバプールが8日にビラ・パークで行われ、1-4で勝利したリバプールが4回戦進出を決めた。なお、リバプールのFW南野拓実は先発し62分までプレーした。 2005-06シーズン以来の同タイトル獲得を目指すリバプールは、プレミアリーグで首位をキープも直近のサウサンプトン戦を0-1で落とすなど、3戦未勝利とここに来て不振が続く。リーグ戦の前回対戦で2-7の大敗を喫したビラとのリベンジマッチでは先発6人を変更。 GKにケレハー、最終ラインがファビーニョを除きミルナー、ネコ・ウィリアムズ、リース・ウィリアムズが並び、中盤はヘンダーソンがアンカーに戻り、インサイドハーフにカーティス・ジョーンズ、ワイナルドゥム。前線はマネを最前線に置き左に南野、右にサラーが入った。 一方、トップチームに新型コロナウイルスのクラスターが発生し、スミス監督を含めトップチームのほとんどの選手が隔離対象となったビラは、試合開催も危ぶまれた中、U-23チームとU-18チームの混合チームという異例のメンバー構成でプレミア王者に臨んだ。 FIFAクラブ・ワールドカップ参戦の影響でリバプールがユースチームで臨んだ2019年12月のEFLカップとは真逆の形での開催となったこの一戦。リバプールがいきなりゴールをこじ開ける。4分、右サイドに流れたC・ジョーンズの正確なクロスをゴール前でDF2枚の間に飛び込んだマネが頭で合わせた。 ビラの若武者相手にいきなり格の違いを見せつけたリバプールは、直後の10分にもサラーの右クロスに反応したゴール前のワイナルドゥムが右足ワンタッチで際どいシュートを放つなど、2点目に迫っていく。 その後、時間の経過と共に緊張から解き放たれたホームチームが押し返し始めるが、最後の局面ではさすがにクオリティの差が目立つ。23分にファビーニョのミドルシュート、マネとボックス付近で決定的なシュートを放つと、36分にもカウンターからサラーが左足を振っていくが、GKオノディのファインセーブに阻まれる。 すると、なかなか2点目を奪えないリバプールはそのツケを払うことに。41分、ロウのハイライン裏を狙ったグラウンダーのスルーパスに反応したルイ・バリーにDFリース・ジェームズが完璧に入れ替わられてゴール前に抜け出されると、元バルセロナの17歳FWに冷静にGKとの一対一を制された。 ユースチーム相手に追いつかれる屈辱を味わったプレミア王者はすぐさま反撃。前半アディショナルタイムには相手を押し込んでヘンダーソン、C・ジョーンズと際どいミドルシュートを放ったが、相手DFのブロックとGKの好守に阻まれ、1-1のイーブンで試合を折り返すことになった。 迎えた後半、リバプールはヘンダーソンに代えてチアゴをアンカーの位置で投入。立ち上がりの49分に南野の左足シュートで最初のフィニッシュシーンを作り出すと、53分にはゴール前の混戦からサラーがゴールネットを揺らすが、ここはGKへのファウルでゴールは認められない。 それでも、攻勢を続けるアウェイチームは60分、右サイドのサラーから足元にパスを受けたボックス中央の南野が冷静にワイナルドゥムに落とすと、オランダ代表MFが絶妙なコントロールシュートを右隅へ流し込んだ。 この勝ち越し直後に南野、C・ジョーンズを下げてフィルミノ、シャキリを送り込んだリバプールは、気落ちしたビラを一気に突き放す。まずは63分、ボックス手前のシャキリから出た浮き球のパスをゴール前で競り勝ったマネが頭で合わせて3点目。続く65分には再びシャキリのパスからボックス中央でボールを受けたサラーが見事な股抜きの反転シュートをゴール右隅に流し込んだ。 一気に点差を3点に広げたリバプールはここから試合をクローズにかかる。74分にはサラーとマネを下げてオックスレイド=チェンバレン、オリジをピッチに送り込んだ。 試合終盤にかけては初のトップチームのゲームで消耗色濃いビラの若武者を難なくいなしてゲームをコントロールしたリバプールが4-1のスコアを維持したままきっちり試合を終わらせた。 そして、前半は思わぬ苦戦を強いられたものの、プレミア王者の意地を見せたリバプールが順当に4回戦進出を決めた。 また、同日行われたウォルバーハンプトンvsクリスタル・パレスは1-0で勝利したホームのウルブスが4回戦進出を決めた。 プレミアリーグ勢同士の対戦は、互いに主力をピッチに送り込んだ中、前半の37分にアダマ・トラオレが右サイドからのカットインで決めた圧巻の左足のミドルシュートが決勝点となり、ホームチームが突破を決めた。 2021.01.09 06:56 Sat
twitterfacebook
thumb

リバプール戦控えるビラでクラスター発生、セインツvsシュールズベリーは延期に

8日にリバプールとFAカップ3回戦で対戦するアストン・ビラでクラスターが発生したようだ。イギリス『BBC』や『スカイ・スポーツ』が報じている。 アストン・ビラでは4日にトップチームの選手やスタッフら複数名が新型コロナウイルスに感染し、隔離措置が取られていたとのことだ。そして7日にはトレーニング施設が完全に閉鎖された。 アストン・ビラは声明にて「現在、FAとプレミアリーグの医療担当者の間で話し合いが行われている」と発表。リバプール戦を開催するかどうかの判断を委ねているとした。 また、3部のシュールズベリーでも同じくクラスターが発生したようで、9日に行われる予定だったFAカップ3回戦のサウサンプトン戦が延期になることが発表されている。 2021.01.08 01:30 Fri
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly