ゴディンのカリアリ移籍が目前に! 21日にメディカルチェックを実施

2020.09.21 23:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルに所属するウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン(34)のカリアリ移籍が近づいているようだ。カリアリの地元紙『L'Unione Sarda』の情報をもとに『フットボール・イタリア』が伝えている。今回の報道によれば、ゴディンは21日にローマにあるヴィラ・スチュアート病院でメディカルチェックを受け、問題がなければカリアリのオーナーであるトンマーゾ・ジュリーニ会長のオフィスに赴き、2年契約にサインするとのことだ。

なお、イタリア『スカイ』によれば、インテルとゴディンはすでに契約解除で合意に至っており、フリートランスファーでの移籍になるようだ。

昨夏に9シーズンを過ごしたアトレティコ・マドリーを退団し、フリーでインテルに加入したゴディン。昨シーズンは公式戦36試合に出場したが、アントニオ・コンテ監督の下で確固たる信頼を掴み取れず、高額な給与に見合っていないとして、放出の可能性が高まっていた。

ゴディンの移籍先となるカリアリは、妻であるソフィア・エレーラさんの生まれ故郷であり、妻の父親で元ウルグアイ代表DFのホセ・オスカル・エレーラ氏も現役時代にプレーした経験があるという。
コメント
関連ニュース
thumb

ハキミのドッピエッタでインテルが快勝!冨安が2失点に関与のボローニャは完敗《セリエA》

セリエA第10節、インテルvsボローニャが5日に行われ、3-1でインテルが快勝した。 前節サッスオーロ戦を快勝とし、2位浮上としたインテル(勝ち点18)。首位ミランを5ポイント差で追う中、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではボルシアMG相手に3-2と逃げ切り勝利を飾り、最終節にわずかながら突破の可能性を残した。公式戦連勝とした中、ボルシアMG戦のスタメンから4選手を変更。L・マルティネスやバレッラらに代えてサンチェスやビダル、ペリシッチらを起用した。 対する10位ボローニャ(勝ち点12)は前節クロトーネ戦をウノゼロの勝利で飾った。実にセリエAにおいて42試合ぶりの無失点試合として5大リーグ連続失点のワースト記録のストップに貢献した冨安が開幕から10試合連続スタメンとなった。 ルカクとサンチェスの2トップで臨んだインテルに対し、ボローニャはインテルに合わせて3バックを採用。冨安は左センターバックに入った。 自陣に引いて守備ブロックを形成するボローニャに対し、立ち上がりから攻勢に出たインテルは10分、左CKからデ・フライのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKスコルプスキにセーブされた。 それでも16分、インテルが押し切る。左サイドからのクロスを受けたルカクが対応していた冨安を弾き飛ばしてフィニッシュに持ち込み、シュートを蹴り込んだ。 その後は一進一退の攻防が続いた中、33分にインテルに追加点のチャンス。ルカクが独走してGKと一対一に。しかし、スコルプスキに防がれた。 それでも45分、インテルが突き放す。ブロゾビッチの浮き球パスを冨安がカットしきれずハキミに通ると、ボックス中央に侵入したハキミは冷静にGKとの一対一を制した。 迎えた後半もインテルが押し込む流れが続くと、56分にサンチェスがGK強襲のシュートを浴びせる。 劣勢のボローニャは63分に3枚替えを敢行。4バックに変更とすると、67分に代わって入った選手たちがゴールに絡む。左クロスのルーズボールをゴールエリア左のドミンゲスが折り返し、ファーサイドのヴィニャートが押し込んだ。 しかし3分後、インテルが突き放す。右サイドでボールを受けたハキミがカットインから中央に切れ込み、左足でゴール左へシュートを蹴り込んだ。 ハキミのドッピエッタでリードを広げたインテルは3枚替えを敢行。ルカクやハキミらに代えてL・マルティネスやバレッラを投入した。 終盤にかけては流し気味に試合を進めたインテルが余裕を持って時間を消化。リーグ戦3連勝として首位ミランにプレッシャーをかけている。 2020.12.06 06:40 Sun
twitterfacebook
thumb

【セリエA第10節プレビュー】吉田と冨安がミラノ勢と対戦

前節はナポリvsローマ、サッスオーロvsインテルの上位対決がそれぞれ行われ、ナポリとインテルが快勝する結果となった。そしてミランがフィオレンティーナに快勝し、首位をキープしている。一方でユベントスが格下に引き分け、アタランタとラツィオがそれぞれ敗戦している。迎える第10節、サンプドリアのDF吉田とボローニャのDF冨安がそれぞれミラノ勢と対戦する。 まずは日曜に行われるサンプドリアvsミランから。吉田は前節トリノ戦で先発するも、0-1とビハインドを負っていたハーフタイムに交代となった。チームは一時逆転に成功した中、2-2の引き分けに終わったが、ややパフォーマンスが下降気味の吉田はミラン戦でベンチスタートが濃厚か。好調なチーム状態から一転4試合勝利がない中、サンプドリアは首位ミラン撃破となるか。 一方のミランはFWイブラヒモビッチを欠いた中、プランデッリ新監督を迎えたフィオレンティーナに快勝とした。大黒柱を欠いた中での勝利で自信を付けた中、木曜に行われたヨーロッパリーグ(EL)ではセルティックに逆転勝利としてグループステージ突破を決めた。ELが一段落した中、リーグ戦3連勝として首位堅守としたい。 そして、土曜にはインテルvsボローニャが行われる。インテルは前節サッスオーロ戦を快勝とし、2位浮上とした。ミランを5ポイント差で追う中、火曜に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではボルシアMG相手に3-2と逃げ切り勝利を飾り、最終節にわずかながら突破の可能性を残した。公式戦連勝で波に乗れそうな中、ミランにプレッシャーをかける勝利を手にしたい。 対する10位ボローニャ(勝ち点12)は前節クロトーネ戦をウノゼロの勝利で飾った。実にセリエAにおいて42試合ぶりの無失点試合を達成した中、5大リーグ連続失点のワースト記録のストップに貢献した冨安はFWルカクやFWラウタロ擁するインテルの強力アタッカーを封じ込めることができるか。 そして土曜にはユベントスvsトリノのダービーが組まれている。ユベントスは前節、FWロナウドを温存した中、格下ベネヴェントに引き分けてしまった。ミランとの勝ち点差を5ポイントに広げられた中、18位と低迷するトリノを下してミランに食らいつきたい。 ナポリにまさかの完敗で実質今季初黒星を喫した6位ローマ(勝ち点17)は、3位サッスオーロ(勝ち点18)とのホーム戦に臨む。既に突破を決めていたELでは主力を温存しており、コンディション面は万全。ナポリ戦の完敗を払拭する勝利を手にできるか。 対するサッスオーロはインテルに完敗する形でここまでの好調に対する自信を失いかねない結果となったが、ローマ戦で切り替えることはできるか。 ローマに完勝する形でマラドーナ氏への追悼とした5位ナポリ(勝ち点17)は、最下位クロトーネ(勝ち点2)とのアウェイ戦に臨む。木曜に行われたELではAZに何とか引き分け、首位をキープ。ソシエダを含めた三つ巴の厳しい戦いが続くが、ローマ戦完勝の勢いを持続できるか。 CL参戦組ではドルトムントに引き分けて決勝トーナメント進出に近づいたラツィオはスペツィアと、ミッティランに引き分けて2位を死守したアタランタはウディネーゼとのアウェイ戦にそれぞれ臨む。 ◆セリエA第10節 ▽12/5(土) 《23:00》 スペツィアvsラツィオ 《26:00》 ユベントスvsトリノ 《28:45》 インテルvsボローニャ ▽12/6(日) 《20:30》 ヴェローナvsカリアリ 《23:00》 ウディネーゼvsアタランタ ローマvsサッスオーロ パルマvsベネヴェント 《26:00》 クロトーネvsナポリ 《28:45》 サンプドリアvsミラン ▽12/7(月) 《28:45》 フィオレンティーナvsジェノア 2020.12.05 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

コラロフがコロナ陰性に、CL最終節シャフタール戦で復帰か

インテルは4日、セルビア代表DFアレクサンドル・コラロフが新型コロナウイルスの検査で陰性となったことを発表した。 コラロフは先月の代表ウィーク明けに行われた検査でコロナ陽性となり、戦列を離れていた。先月下旬から欠場が続いていたコラロフは公式戦ここ5試合を欠場していた。 インテルは5日にセリエA第10節でボローニャ戦を控えるが、コラロフはこの試合まで欠場する見込みだ。そして他力ながら決勝トーナメント進出にわずかな可能性を残すチャンピオンズリーグ・グループステージ最終節のシャフタール戦での復帰が見込まれているようだ。 2020.12.05 00:00 Sat
twitterfacebook
thumb

バイエルン、すでにハビ・マルティネスの後釜に目星か

バイエルンが、インテルからスペツィアにレンタルしているU-19フランス代表MFルシアン・アグメ(18)に注目しているようだ。ドイツ『Sport Bild』が伝えている。 バイエルンでは今季限りで契約満了を迎える元スペイン代表MFハビ・マルティネスの退団が濃厚となっている。つい先日には「新しいことに挑戦したい」と改めて退団の意思を示しており、「22」ものタイトルを獲得した8年間にピリオドが打たれようとしている。 バイエルンは早くも次期セントラルMF探しに着手しており、その中で白羽の矢が立ったのが、同胞のMFポール・ポグバと比較されるアグメだという。 カメルーンにルーツを持つ同選手は、2018年10月にソショーでプロデビュー。体を張った守備を持ち味としながらも、広い視野と高いパス制度で攻撃の組み立ても行う。昨夏にその才能をインテルに見出され、2023年までの契約を結んだ。 昨年12月にセリエAデビューを果たしたものの、やはり十分な出場機会には恵まれず、今季は昇格組のスペツィアにレンタル。しかし、ここでもなかなか出番を貰えず、代理人のオスカル・ダミアーニ氏は「彼はヨーロッパで随一の若手だが、イタリアの監督は若手を起用する勇気が欠けているようだ」と非難していた。 インテルがソショーに支払った移籍金は総額450万ユーロ(約5億7000万円)と伝えられおり、現在も高騰はしていないとみられているが、インテル移籍前はバルセロナやマンチェスター・シティも獲得に興味を持っていたということもあり、将来的に激しい争奪戦になるかもしれない。 2020.12.04 19:28 Fri
twitterfacebook
thumb

デル・ボスケ元西代表監督がルカクを絶賛「DFにとって彼以上に厄介な選手はいない」

活躍の場をイタリアに移し、インテルでゴールを量産するベルギー代表FWロメル・ルカクだが、その活躍は名将の耳にも届いているようだ。 昨夏に加入したインテルで、ここまで公式戦63試合で45得点と驚異的なペースでゴールを量産するルカク。今季のセリエAでも8試合で7ゴールを挙げる活躍ぶりで、2位につけるチームの攻撃を牽引している。 かつてレアル・マドリーやスペイン代表を率いて数々のタイトル獲得に導いてきたビセンテ・デル・ボスケ氏も、ルカクは理想的な9番であると評価。DFにとって最も厄介な相手だと、現時点で最高のストライカーであると褒め称えている。 「私の時代では、チームに規律をもたらすためにはGKと同じように常に優れた背番号9の選手を置いておくべきだとされていた。ルカクはその最たる例だ」 「彼はDFにとっては本当に不快は選手だろう。どんな選手が一番厄介かというのは昔から議論されてきた。身体的に強靭なセンターFWなのか、スピーディーで足元の技術に優れた選手なのか」 「今現在、DFがマークしたり止めたりするのが最も難しい選手はルカクだと思う」 デル・ボスケ氏はまた、一流の選手とそうでない選手に対する持論を展開。前者だというルカクにとって、インテルはさらに成長できる理想的な環境であると語った。 「ひとつの時代にしか適さない選手などいない。強い選手はどの時代でも強いのだ。凡庸な選手は何かしら改善することはできるが、長い目で見れば凡庸のままだ」 「ルカクはまだ27歳だが、何年もプレーしてきたベテランのようにも見える。すでに上手くいった過去もあるしね。だが、インテルはピッチやそれ以外の面でも彼にとって理想的な環境であるという印象を私は持っている」 「時々チームが選手を進化させるケースがあるが、インテルとルカクはまさにその関係だ。(アントニオ・)コンテが率いるインテルは、すでに偉大な選手がもう一歩成長できる場なのだ」 2020.12.04 18:43 Fri
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly