マルセイユデビューの長友が酒井と両SBで共闘! 躍動の守護神に救われ、ホームでドロー《リーグ・アン》

2020.09.21 06:17 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーグ・アン第4節、マルセイユvsリールが20日にスタッド・ベロドロームで行われ、1-1のドローに終わった。マルセイユのDF酒井宏樹はフル出場、DF長友佑都は先発し、60分までプレーした。マルセイユは、開幕連勝スタートもミッドウィークに行われたサンテチェンヌとの第1節延期分を0-2で落とし、今季初黒星。連戦となるホームゲームでバウンスバックを図る中、強豪リールとの一戦では今夏にガラタサライからフリー加入となった長友が、右サイドバックの酒井と共に左サイドバックのポジションで先発起用され、待望のリーグ・アンデビューを飾った。

試合は開始4分にバンバからのスルーパスに抜け出したブラク・ユルマズにいきなりゴールネットを揺らされるが、ここはオフサイドの判定に救われる。その後はマルセイユが押し返していく展開の中、右サイドの酒井は内に絞るトヴァンとの関係性から高い位置まで侵攻してクロスを上げるなど、積極的な攻撃参加を見せる。

一方、左サイドの長友は一列前の司令塔パイエとのバランスを意識したポジションを取りながらも、要所でボックス付近まで顔を出す。21分には深いスライディングタックルで、早速イエローカードを貰う。

前半半ばから終盤にかけては攻め切れないマルセイユに対して、効果的なカウンターを狙うリールがペースを握る。その中で長友が高い位置を取った背後をアラウージョ、チェリクが積極的に狙い、43分にはチェリクが強烈なミドルシュートを枠に飛ばすが、ここはGKマンダンダの好守で凌いだ。

しかし、マルセイユは後半の立ち上がりの47分、ゴールキックを中盤で撥ね返されてバンバに中央突破を許すと、右サイドに走り込むアラウージョに繋がれる。ここで戻りながらの対応となった長友は寄せ切れず、アラウージョに左足のシュートを流し込まれた。

この失点で動揺したか、直後にもユルマズに左ポスト直撃のシュートを許すなど苦しい展開が続くマルセイユは60分に長友を下げてブナ・サールを投入。この交代で酒井が左サイドバックにポジションを移す。

ここからリスクを冒して前に出るマルセイユは70分にロニエがポスト直撃の決定的なシュートを放った一方、相変わらず相手のカウンターに手を焼き、再三のピンチを守護神マンダンダの好守で凌ぎ何とか望みを繋ぐ。

すると、何とか守護神の活躍に応えたい攻撃陣は85分、右CKの場面でキッカーのサンソンが入れた右足アウトスウィングのボールを途中出場のジェルマンが豪快なヘディングで合わせ、同点に追いつく。試合終盤にかけてはどちらが勝ち越し点を奪ってもおかしくないオープンな攻防となったが、試合はこのまま1-1でタイムアップ。

内容面では劣勢も守護神の活躍に大いに助けられたマルセイユは、辛くもホーム連敗を免れる最低限の結果を手にした。
コメント
関連ニュース
thumb

魔術師パイエが2年前のELで決めた左ポストの内側を掠める圧巻FK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、マルセイユのフランス代表MFディミトリ・パイエが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆パイエが2年前のELで決めた左ポストの内側を掠める圧巻FK <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJPSXNDdXNoTSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 日本代表DF酒井宏樹らとともに近年のマルセイユを牽引するパイエ。卓越したテクニックで、流れの中からもセットプレーからもゴールとアシストを量産する。 今シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)に出場するマルセイユだが、パイエは2018年10月25日に行われたヨーロッパリーグのグループリーグ、ラツィオ戦では見事な直接FKを沈めている。 ホームで負けられないマルセイユだったが、ラツィオに2点を先制される苦しい展開となる。それでも、86分にはボックス手前好位置でFKを獲得すると、名手パイエが左ポストの内側を掠めるシュートで決め切り、土壇場で1点を返した。 それでも力及ばなかったラツィオは試合終了間際に1点を奪われ、そのまま3-1で敗戦。グループリーグ敗退に終わった。 今シーズンのCLは20日に開幕。マルセイユはオリンピアコスと対戦する。 2020.10.20 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

酒井がフル出場で1アシスト! トヴァン躍動で快勝のマルセイユが5戦ぶりの白星!《リーグ・アン》  

マルセイユは17日、ホームで開催されたリーグ・アン第7節でボルドーと対戦し、3-1で勝利した。なお、DF酒井宏樹は先発フル出場。DF長友佑都はベンチ入りも出場機会はなかった。   直近3戦連続ドローを含め4戦未勝利と勝ち切れない状況が続くマルセイユは、5戦ぶりの白星を目指してボルドーをホームで迎え撃った。インターナショナルマッチウィーク明けのこの一戦では酒井が右サイドバックで先発し、バイエルンからの新戦力キュイザンスがデビューを飾った一方、胃腸炎で日本代表招集を辞退した長友はベンチスタートとなった。   試合は開始早々に動く。5分、右サイドの酒井から足元に速い横パスを受けたトヴァンがペナルティアーク付近で反転から左足を振り抜くと、美しい軌道を描いたシュートがゴール左隅の完璧なコースに決まった。   幸先良く先制に成功したマルセイユは10分過ぎにも追加点のチャンス。ボックス内でアマヴィが倒されて得たPKをトヴァンが蹴るが、ここは相手GKコスティルに完璧に読まれてしまい、痛恨の失敗に。   すると、直後の17分にはボックス右に抜け出したベン・アルファにゴールネットを揺らされるが、ここはオフサイドの判定に救われた。その後は再び試合の主導権を握り、幾度か決定機を作り出したホームチームだったが、追加点を奪うまでには至らず。   しかし、1点リードで迎えた後半の立ち上がりにセットプレーからゴールをこじ開ける。54分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのトヴァンが鋭いボールを入れると、ニアに飛び込んだアマヴィのループ気味のヘディングシュートがGKの頭上を越えてゴールに吸い込まれた。   さらに、64分にはボックス左でキュイザンスからパスを受けたアマヴィのシュートがDFパブロのオウンゴールを誘い、決定的な3点目を奪った。   一方、瞬く間にビハインドを3点に広げられたボルドーは直後に3枚替えを敢行。かつてガンバ大阪で活躍した韓国代表FWファン・ウィジョが投入され、酒井との元Jリーガー同士の競演が果たされることになった。   その後、マジャに1点を返されたクリーンシートを逃したマルセイユは、チャレタ=ツァルが負傷交代するアクシデントにも見舞われたが、キュイザンスに続き新戦力のルイス・エンリケをデビューさせるなど、危なげない試合運びで3-1の完勝。来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)初戦のオリンピアコス戦を控える中、リーグ5戦ぶりの白星で弾みをつけた。 2020.10.18 06:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ネイマールへの人種差別発言が疑われていたアルバロ・ゴンサレス、殺害メッセージが届いていた

大荒れとなったパリ・サンジェルマン(PSG)vsマルセイユで、人種差別発言の疑いが持たれていたマルセイユのスペイン人DFアルバロ・ゴンサレスが殺害メッセージを受けていたことを明かした。 9月13日のリーグ・アン第3節で行われた当試合。両チーム合わせて5人の退場者の中の1人だったアルバロ・ゴンサレスは、PSGのブラジル代表FWネイマールに対する人種差別発言が問題視されていた。 結果的に、フランス・プロリーグ機構(LFP)は証拠不十分だったとして不起訴処分に。アルバロ・ゴンサレスも無罪を主張してくれたクラブやファンへの感謝を伝えていた。 ところが、人種差別発言の疑惑が浮上した直後は不特定多数の人物から恐喝まがいのメッセージが届くようになったという。フランス『RMC』のインタビューで同選手は「携帯電話のWhatsAppにメッセージがたくさんきた。200万件以上もあったよ」と告白。その中には殺害を連想させるものもあったそうだ。 また、「僕が使っていた車の写真も送られてきて、家まで来て殺すつもりだと言っていた」と、家族にまで被害が及ぶ危険があったとも。 クラブからのサポートもあり、事態は徐々に収束した模様だが、「僕の身に初めて起きたことだったから怖かったよ」と、身の毛もよだつ体験を強いられていたようだ。 2020.10.10 17:41 Sat
twitterfacebook
thumb

メディカルチェックでリーズ移籍破談のキュイザンスがマルセイユでの活躍誓う「問題はない」

マルセイユへ移籍したフランス人MFミカエル・キュイザンス(21)が新天地での活躍を誓った。 2019年夏にボルシアMGからバイエルンへステップアップを果たしたキュイザンスだったが、2019-20シーズンはブンデスリーガ9試合1ゴール1アシストの数字にとどまり、レンタル先を模索していた。 <div id="cws_ad">◆リーズでメディカル破談のキュイザンスがマルセイユのトレーニングで万全をアピール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJOQk5SN045cyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> プレミアリーグ昇格組のリーズ・ユナイテッドへの移籍が間近となっていたが、メディカルチェックに合格できず、移籍が破談。その後、キュイザンスはマルセイユへ買い取りオプション付きレンタルで移籍することが決まった。 急転直下のマルセイユ移籍となったキュイザンスだが、新天地での意気込みを語っている。 「メディカルに問題はなかった。マルセイユでのメディカルチェックはうまくいった。コンディションは整っていて、プレーする準備はできている」 また、マルセイユの幹部であるパブロ・ロンゴリア氏も「彼のメディカルに問題は見られず、すべてが適切に行われた。彼は100%起用できる」と主張している。 キュイザンスはすでにマルセイユに合流し、トレーニングにも参加。代表ウィーク明けのデビューに期待が懸かる。 2020.10.09 19:55 Fri
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! 時間が止まった…観客が釘付けになったジブリル・シセの豪快ミドル

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2020年10月7日にご紹介するのは、元フランス代表FWジブリル・シセ氏(39)がマルセイユ時代に決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆シセが突き刺した豪快なミドルシュートでスッキリ!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJIWWIzQXcwTyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! 斬新な髪型や全身に入れたタトゥーといったイカついルックス。ピッチに立てばゴールを決めるクールな活躍で、フランスで絶大な人気を誇ったシセ氏。そんなシセ氏が見せた豪快なミドルシュートに、観客は釘付け。人生で一度はこれだけの人を沸かせてみたい! ◆身体能力の高さが垣間見える捻りミドル 2006-07シーズンのリーグ・アン第37節サンテチェンヌ戦。0-0で迎えた54分に、シセがボックス外左でMFサミル・ナスリからパスを受けると、ゴールから少し逃げるような角度で中央にカットインする。 すると、そのまま体をひねりミドルシュート。その体勢からは考えられない弾丸シュートがゴール右上に突き刺さった。 シセ氏は、2007年に日本でも公開されたフランス映画『TAXi4』に本人役としてカメオ出演を果たしており、サッカー好きの方以外でも知っている方は多いのではないだろうか。 2020.10.08 07:00 Thu
twitterfacebook