首位・川崎Fが5連勝! 山根の鮮烈ボレー弾、小林&L・ダミアンの3戦連続ゴールで浦和に完勝《J1》

2020.09.20 21:40 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J1リーグ第17節の浦和レッズvs川崎フロンターレが20日に埼玉スタジアム2002で行われ、0-3で川崎Fが勝利した。前節の北海道コンサドーレ札幌戦を4-3で競り勝った暫定8位の浦和。その試合から岩武、青木、武藤、興梠に代えて山中、柏木、柴戸、レオナルドを起用し、ホームの地で首位撃破に挑んだ。

対するは王座奪還に独走態勢を築き上げている川崎F。前節のサンフレッチェ広島戦では5-1とここ数試合同様に破壊力を見せてきた。今節は山村、車屋、田中、旗手、レアンドロ・ダミアンに代えて谷口、登里、大島、家長、小林を起用し、5連勝を目指した。

日本代表を指揮する森保一監督が視察する中で始まった一戦は、立ち上がりからショートカウンターで互いにチャンスが訪れる。3分、フィールド中央でボール奪取した守田からの縦パスを小林が狙うも、これは精度を欠いてしまう。4分には浦和がチャンス。右サイドから杉本を経由して左サイド深くへ展開すると、これに駆け上がった山中がクロスを入れるが、ディフェンスに阻まれてしまった。

時間が進むにつれて川崎Fがボール支配率を高める。ブロックを敷く浦和にスペースを与えてもらえず、なかなか攻撃の形を作れていなかったが、37分に打開する。

脇坂のパスをボックス右で受けた家長はボックス中央へ鮮やかなループパス。これを山根が鮮烈ボレーでネットへ突き刺した。先制に成功した川崎Fだが、45分にアクシデント。大島が負傷交代となり、前半のうちにスクランブルで田中がピッチに立つこととなった。

それでも、選手層の厚い川崎Fは勢いが衰えない。50分、クロスのこぼれ球をボックス左で収めた齋藤からインスイングのクロスが入る。これに反応した小林が頭で合わせて3試合連続ゴールでリードを2点差とする。

2点ビハインドの浦和はこの状況で動く。53分にマルティノスと興梠、72分に長澤と武藤を投入し攻撃を活性化。マルティノスが右サイドに入ってタメを作れるようになると、78分にそのマルティノスがボックス左で交わしてシュートもGKチョン・ソンリョンに阻まれる。

集中を切らさない川崎Fは試合終了間際にダメ押し。守田のロングフィードを右サイド受けた家長がファーへ浮き球を送る。これに宮代がダイレクトシュートを放つとゴール前にこぼれ、最後にレアンドロ・ダミアンが押し込み、こちらも小林に続き3試合連続ゴールをマーク。結局、アウェイの川崎Fが完璧な試合運びを披露して3-0で勝利を飾り、連勝を「5」に伸ばした。

浦和レッズ 0-3 川崎フロンターレ
【川崎F】
山根視来(前37)
小林悠(後5)
レアンドロ・ダミアン(後45+2)
コメント
関連ニュース
thumb

鳥栖、同点弾から攻勢強めるも横浜FCも譲らず痛み分け《J1》

明治安田生命J1リーグ第31節の横浜FC(15位/勝ち点28)vsサガン鳥栖(14位/勝ち点30)が5日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、1-1の引き分けに終わった。 前節のセレッソ大阪戦を0-1で敗れた横浜FC。今節では新型コロナウイルス陽性者との濃厚接触の可能性があるとして自主隔離を行っていた下平監督が復帰する。C大阪戦からメンバーを袴田に代えて志知を起用し、2ポイント差の鳥栖撃破を目指す。 対する鳥栖は前節、上位争いに絡むガンバ大阪を相手に1-1のドローゲームを演じた。その試合から内田、レンゾ・ロペス、相良に代えて高橋、林、小屋松を起用して敵地に臨んだ。 互いに[4-4-2]の布陣を採用し、各所で激しい一対一が繰り広げられる中、鳥栖が3分にチャンスを迎える。右サイドを駆け上がった小屋松の折り返しを本田が落とすと、ボックス中央で樋口が左足で合わせたが、ゴール右に外れる。鳥栖は14分に左サイドの中野のクロスから林がフリーでヘディングシュートを放つも枠を捉えられず。 こう着状態のミラーゲームが続いたが、前半ラストプレーで試合が動く。敵陣左サイドでボールを持った斉藤光毅がキレのあるドリブルで相手を抜き去りボックス深くまで侵攻。その折り返しをゴール前で絶妙なポジション取りをした松浦が押し込んで、横浜FCが先制に成功した。 後半の立ち上がりは勢いのそのままに横浜FCが攻め入ると54分に決定機。斉藤光毅のスルーパスに抜け出した松浦が混戦の中からシュート。GK六反を抜けたが左ポストに阻まれる。さらに、このこぼれ球を一美が蹴り込むも、松岡の身を呈した守備によって追加点を挙げられなかった。 追い掛ける鳥栖も徐々に攻撃の形を作る。59分、小屋松のスルーパスに林、68分にも小屋松のクロスに林とホットラインを形成してリズムを掴む。すると、86分に鳥栖が同点に。バイタルエリア左から原川がインスイングの正確なクロスを供給する。これに途中出場のレンゾ・ロペスがファーサイドで打点の高いヘディングを叩き込んだ。 勝ち越しに向けて攻勢を強める鳥栖は後半アディショナルタイム2分のFKにゴール前でエドゥアルドが頭で合わせたが、GK六反の好守に遭い、ボールはクロスバーに当たって枠外へ。さらに、試合終了間際には森下の右サイドからのクロスに本田がPKスポット付近でヘディングシュートを放ったが、ここもGK六反に処理されて、そのままタイムアップ。1-1の痛み分けとなった。 横浜FC 1-1 サガン鳥栖 【横浜FC】 松浦拓弥(前46) 【鳥栖】 レンゾ・ロペス(後41) 2020.12.05 18:50 Sat
twitterfacebook
thumb

仙台トップチーム選手1名に新型コロナ陽性判定…6日大分戦は現時点で予定通り開催

ベガルタ仙台は5日、トップチーム選手1名の新型コロナウイルス陽性判定を報告した。 3日に実施したJリーグによる選手およびチームスタッフなどを対象とした唾液採取でのPCR検査にて、トップチーム選手1名の陽性を確認。当該選手は体調不良などの症状なく、自宅で療養しているという。 また、保健所の調査で濃厚接触者は確認されず、他に体調不良や発熱などの症状を訴える者もいないとのこと。代表取締役社長の菊池秀逸氏はクラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「クラブとして検温、行動記録の管理を徹底し、感染予防に努めてまいりましたが、トップチーム選手が陽性と判定されました。当該者の1日も早い回復を願うとともに、クラブに関わるすべての方々、ならびに地域のみなさまの安全を第一に考慮し、感染拡大の防止に最大限努めてまいります」 なお、6日に敵地で予定する明治安田生命J1リーグ第31節の大分トリニータ戦に関しては予定通りに開催される見込み。ただ、今後の状況次第で変更の可能性もあるという。 2020.12.05 16:35 Sat
twitterfacebook
thumb

C大阪が札幌下して3連勝で暫定4位浮上! 清武がキャリアハイのシーズン8点目《J1》

明治安田生命J1リーグ第31節の北海道コンサドーレ札幌vsセレッソ大阪が5日に札幌ドームで行われ、C大阪が3-1で勝利した。 3試合負けなしと調子が上向きな札幌は13位に位置。1-1の引き分けに終わった前節のサンフレッチェ広島戦から先発1名を入れ替え、ドウグラス・オリヴェイラが外れた前線にアンデルソン・ロペスが入った。一方、直近の横浜FC戦で1-0の勝利を収めて、2連勝中のC大阪はACL出場圏内の2位ガンバ大阪を4ポイント差で追う5位。3連勝を目指す今節は[3-5-2]のシステムで挑んだ。 開始から積極的な入りを見せたのは札幌。3分、左サイドでボール受けたルーカス・フェルナンデスが右足に持ち替えてからインスイングのクロスを送る。ボックス中央のジェイがヘディンシュートを放ったものの、GKキム・ジンヒョンの好セーブに阻まれてしまった。 その後、敵陣内まで攻め込んでボールを回し、ハイラインを保つ札幌に対して、C大阪は最前線のブルーノ・メンデスを起点としたカウンター攻撃からチャンスを作っていく。21分には右サイドの坂元がクロスを供給すると、ボックス中央のブルーノ・メンデスがヘディングシュートまで持ち込んだものの、GK菅野に阻まれた。 そうしたなかで、先手を奪ったのはアウェイチーム。敵陣中央右サイドでセカンドボールを回収した松田がボックス右まで持ち運んでから折り返す。ボックス中央のブルーノ・メンデスがヘディングシュートをゴール左に叩き込んで、C大阪が先制に成功した。 守勢の展開ながらも、堅守を存分に発揮して1点リードで試合を折り返したC大阪。後半に入り、攻撃の時間を増やし始めた54分、敵陣左サイド中央から藤田が正確のロングパスをボックス内に送る。フリーでボールを受けた清武がワントラップからキャリアハイとなる今季8ゴール目の左足ボレーシュートをゴール右上に突き刺して、リードを2点に広げた。 60分にはブルーノ・メンデスに再び決定的なシュートを放たれるなど、後半は防戦が続いた札幌は65分に反撃。福森が供給したアーリークロスこそ流れてしまったものの、ボックス右でボールを拾ったルーカス・フェルナンデスが折り返す。ゴール前で待ち構えていたジェイがヘディンシュートを決めてみせた。 堅守を崩されて、76分に豊川と丸橋を送り込んだC大阪は80分、木本が自陣ハーフライン付近右サイドからロングパスを供給すると、ボックス右手前で福森と入れ替わり、ボックス内に侵攻した豊川がグラウンダーの絶妙クロス。走り込んできたブルーノ・メンデスが難なく押し込んで、3点目を手にした。 ホーム最終戦で2点ビハインドの札幌は、今季限りでの引退を表明している早坂と石川を立て続けに送り込むも、5バック気味に守るC大阪の守備陣を崩せず、タイムアップを迎えた。最終的にC大阪が3連勝を達成して、暫定4位に浮上。一方、札幌はホーム最終戦を勝利で飾れず、4試合ぶりの黒星となった。 北海道コンサドーレ札幌 1-3 セレッソ大阪 【札幌】 ジェイ(後20) 【C大阪】 ブルーノ・メンデス(前40,後35) 清武弘嗣(後9) 2020.12.05 16:15 Sat
twitterfacebook
thumb

新王者川崎Fの優勝後初戦はドロー! 新体制から好調続く清水は最後まで善戦も…《J1》

明治安田生命J1リーグ第31節、清水エスパルスvs川崎フロンターレがIAIスタジアム日本平で行われ、2-2の引き分けに終わった。 1週間ぶりのリーグ戦となる清水。前節の湘南ベルマーレ戦は1-1で引き分け、11月の平岡宏章監督就任以降は5試合で3勝1分け1敗と上々の成績を残している。しかし、今季の清水は川崎Fとは相性がめっぽう悪く、2月のルヴァンカップと第13節の2試合合計で10失点している。 一方の川崎Fは、11月25日に行われた前節のガンバ大阪戦で5-0で大勝し、J1史上最速のリーグ優勝を決めた。優勝後初となる今節は清水の選手たちからガード・オブ・オナーを受けながら入場。残り4節、最多得点や最少失点の更新が期待される中、鬼木監督も新記録を目指して戦うと意気込んだ。 互いにボールを繋ぎながら糸口を探す中、先にチャンスを作ったのは川崎F。7分、ボールを持った左ウイングの三笘が得意のドリブルでDFを抜き去りボックス左の深い位置に侵入。マイナスの折り返しをレアンドロ・ダミアンがダイレクトで合わせたが、シュートはGK大久保の正面に飛んだ。 指揮官交代後好調を続ける清水も王者に怯むことなく試合を展開する。すると11分、自陣中央で相手のパスをカットし、素早く右サイドに広げて西澤が低めのクロスを送る。これをゴール前の竹内がバックヒールで背後へフリック。最後はボックス左のカルリーニョス・ジュニオが押し込む見事なカウンターで先制に成功した。 好調を証明するような内容でさらに勢いが増す清水。最少失点を目指す川崎Fも冷静な守備で対応する中、相手と競り合った登里が背中を痛めて続行不可能に。急遽、旗手を投入する事態となった。 しかし、王者は不測の事態にも同様しない。21分、左サイドから味方とワンタッチパスを繋ぎゴール方向へ進んでいく田中。ボックス左のレアンドロ・ダミアンから足裏を使った絶妙なパスを受けると、自らもボックス左に侵入して右足一閃。ニアにシュートを突き刺し同点に追いついた。 残りの前半は決定機の応酬となる。まずは23分の清水、エウシーニョの縦パスをゴール前で受けた金子がキレのある反転で前を向くと、ジェジエウにカットされるもそのボールが旗手に当たってゴール方向へ。川崎Fはあわやオウンゴールという危険なシーンだったが、主将の谷口がギリギリのところでクリアし事なきを得る。 ヒヤリとした川崎Fも29分に、右サイドの山根が上げたクロスのこぼれ球を田中がシュート。GK大久保が何とか触れたボールは右ポストに当たって枠を外れた。 パスを繋いで主導権を握りたい川崎Fだったが、時にそれが命取りに。39分、ジェジエウのパスが後藤にカットされ、そのセカンドボールをカルリーニョス・ジュニオに詰められるが、GKチョン・ソンリョンが見事なショットブロック。しかしその直後の清水のFKのシーン、右サイドから西澤が低弾道のクロスを入れると、混戦の中からヘナト・アウグストが放ったシュートは山根にブロックに入られるも、ボールはそのままラインを割ってホームチームが追加点を挙げた。 過去2戦とは異なるチームのような戦いぶりを見せる清水。42分にも2点目と同じ位置のFKから、今度はヴァウドのヘディングシュートがGKを強襲。アディショナルタイムにもボックス左に侵入した金子のクロスから後藤が枠内シュートを記録するなど攻勢を維持したまま試合を折り返した。 後半立ち上がりにも西澤がクロスバー直撃の強烈なミドルシュートを浴びせた清水。対する川崎Fは58分に脇坂とレアンドロ・ダミアンを下げて中村と小林を投入し、前線の活性化を図る。 前半と比べ両チームともにチャンスの数が減った中、清水は足を痛めたカルリーニョス・ジュニオに代わってティーラシンがピッチへ。直後、カウンターからティーラシンにチャンスが巡ってきたが、ここは相手DFに軍配が上がった。さらに71分には、敵陣中央でボールを持った西澤から、ボックス右でスルーパスを受けたエウシーニョがゴールに迫るが、GKの股を狙ったシュートは決めきることができなかった。 まずは同点に追いつきたい川崎Fは、途中出場の中村と小林で攻撃を組み立てるが、GK大久保の好守もありなかなかゴールが遠い。さらに齋藤と山村を加えて迎えた78分には、田中のパスから小林がシュートに繋げるも、ここもGK大久保が立ちはだかる。 80分には、右サイドに流れた中村のパスを起点に、田中がワンタッチでボックス右へスルーパス。これに反応した山根のグラウンダーのクロスに小林が合わせたが、上手くミート出来なかったシュートはクロスバーに阻まれてしまった。 このまま逃げ切りたい清水だったが89分、川崎Fは右から徐々に中央へ絞った齋藤からパスを受けた三笘がワンタッチでゴール前に送ると、これを受けたのは右サイドバックの山根。最後はGKとの一対一を制して、土壇場で同点に追いついた。 ここにきて、どちらにも転ぶ可能性が出てきた白熱の一戦。同点直後に川崎Fは齋藤がゴールに迫るも、相手DFの決死のクリアに遭う。一方、清水もティーラシンがヘディングシュートを枠に飛ばしたが、互いに3点目は奪えず試合終了。2-2のドローとなった。 清水エスパルス 2-2 川崎フロンターレ 【清水】 カルリーニョス・ジュニオ(前11) ヘナト・アウグスト(前40) 【川崎F】 田中碧(前21) 山根視来(後44) 2020.12.05 16:04 Sat
twitterfacebook
thumb

名古屋が暫定2位に浮上! 柏守護神のミスを突いた相馬が決勝ゴール《J1》

明治安田生命J1リーグ第31節の1試合が5日に三協フロンテア柏スタジアムで催され、アウェイの名古屋グランパスが柏レイソルを1-0で下した。 前節のベガルタ仙台戦から中3日の柏だが、27試合で得点ランキングトップの26ゴールを挙げるオルンガのほか、ここ5試合で4ゴールと復調のクリスティアーノを引き続きスタートから起用するなど、先発に変更なし。一方、前節から中6日の名古屋は前田と相馬の入れ替えを施すにとどめ、今季アウェイ最終戦の白星締めを目指した。 未消化試合を残して勝ち点47で8位の柏が勝ち点56で3位につける名古屋をホームに迎え撃った一戦。ACL出場権がかかる3位以上でフィニッシュする可能性を残す両者の戦いは柏がオルンガとクリスティアーノを軸に攻め込めば、対する名古屋もマテウスとガブリエル・シャビエルを中心にした仕掛けを繰り出していく展開となる。 得意のカウンターを繰り出す柏は15分にオルンガが右足フィニッシュに持ち込むと、続く19分にもクリスティアーノが右足の鋭いミドルシュート。名古屋も20分にバイタルエリア右からマテウスが左足のミドルシュートに持ち込み、さらに左CKの流れからガブリエル・シャビエルが左足を振り抜いていくが、スコアを動かせない。 しかし、締まった展開で折り返した試合は意外な形で均衡が破れる。51分、ボックス右のガブリエル・シャビエルが左サイドからのクロスを収めると、オ・ジェソクを経由して、バイタルエリア右の稲垣が右足でゴール前に浮き球パス。キム・スンギュが中途半端な処理でボールをゴール前にこぼすと、相馬が右足で冷静に押し込んだ。 柏守護神の不完全なプレーを突いて先取した名古屋は58分、ガブリエル・シャビエルを下げて前田。柏が高橋、呉屋、神谷の交代カードを立て続けに切り、早いうちの同点を目指して前ががったが、クラブ新記録となる今季14回の無失点試合を演じる名古屋守備網が要所をしっかりと締め、チャンスらしいチャンスを許さない。 攻めが停滞する柏は77分に残る交代枠で小林と仲間を送り込み、さらに前がかっていくと、82分に敵陣中央の位置で獲得したFKのチャンスから神谷のキックにゴール前の山下が頭で合わせたボールがゴール右に。名古屋の堅守を破ったかに思われたが、山下のポジションでオフサイドの判定で下り、ゴールが認められない。 その後も柏の攻勢に守りを強いられた名古屋だったが、阿部と成瀬の交代を施しながら逃げ切りを図り、見事に1-0の完封勝利。1試合未消化分を残す上で、翌日に今節の戦いを控えるガンバ大阪と勝ち点59で並び、暫定2位に浮上している。 柏レイソル 0-1 名古屋グランパス 【名古屋】 相馬勇紀(後6) 2020.12.05 15:59 Sat
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly