ベッカムからロナウドへ!レアルの貴公子が見せた美しすぎるピンポイントカーブクロス【ベスト・アシスト】

2020.09.20 22:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。今回は元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏がレアル・マドリー時代に記録したアシストだ。

◆ベッカムがロナウドに送った美しすぎるアシスト

マンチェスター・ユナイテッドで世界屈指のMFとしての評価を受けたベッカム氏は、2003年に“銀河系軍団”レアル・マドリーに移籍。スーパースターたちとの共演を果たした。

ハードワークと正確無比なクロスを武器に攻撃陣を支えたベッカム氏だが、2006年2月14日に行われた、コパ・デル・レイ準決勝レアル・サラゴサとの2ndレグでは、美しいアシストで味方のゴールをお膳立てしている。

序盤から相手を攻め立て、2-0とマドリーリードで迎えた10分、ピッチ中央右サイドでボールを持ったベッカムは、前線のロナウドを確認すると、この深い位置から一気にクロスを上げる。

ボックス内に放り込まれたクロスは、相手DFを超えながら、FWロナウドに向かって美しいカーブを描き曲がっていく。すると、クロスはちょうどロナウドの前のドンピシャの位置に入り、ロナウドがこれに合わせ、見事なゴールとなった。

この後も攻撃を続けたマドリーは、4-0の大勝を収めている。
コメント
関連ニュース
thumb

今季アヤックス復帰のクラーセンが決めた優しいピンポイントフライスルーパス【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はアヤックスのオランダ代表MFデビー・クラーセンが決めたアシストだ。 <div id="cws_ad">◆クラーセンが送った美しいフライスルーパス<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJSZXNiYjF0dSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> アヤックスの下部組織で育ったクラーセンは、同チームで頭角を現すと、2017年夏にエバートンに移籍。その後、ブレーメンでのプレーを経て、今シーズンからアヤックスに復帰している。 中盤から周りの選手を活かしつつ、決定的な仕事ができるクラーセンだが、2020年11月28日に行われたエールディビジ第10節のエメン戦では、見事なアシストを記録した。 クラーセンのゴールで、1-0とアヤックスがリードして迎えた29分、相手陣内中央でクラーセンがパスを受けると、相手の裏へ走り出したMFザカリア・ラブヤドに浮き球のスルーパスを送る。ふわりとした優しいパスは、相手DFの頭上を越えてラブヤドにピンポイントで入ると、ラブヤドがダイレクトでボレーシュートをゴールネットに突き刺し、見事な追加点が決まった。 クラーセンの活躍で主導権を握ったアヤックスが、5-0と大勝を収めている。 2020.12.05 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

PSGデビューからわずか17分!ディ・マリアが記録した美しい捻りアシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアが決めたアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ディ・マリアがPSGデビュー戦で決めたアシスト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI4SVE5bXZLdiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ディ・マリアは、2015年夏にマンチェスター・ユナイテッドからPSGに移籍。プレミアリーグでは難しい時間を過ごしたが、新チームでは輝きを取り戻し、主力として活躍している。 PSG加入当初、ケガで出遅れたディ・マリアだったが、デビュー戦となった2015年8月30日に行われたリーグ・アン第4節のモナコ戦では、いきなり見事なアシストを記録した。 この試合で66分に途中出場を果たし、PSGデビューを飾ったディ・マリア。すると、出場から17分後の83分、自陣のセンターサークル付近でディ・マリアがボールを持つ。 前線を確認すると、体を捻りながら素早くロングパスを送る。正確なパスが裏へ抜け出したFWエセキエル・ラベッシにピンポイントで収まり、ラベッシが強烈なシュートを決め、試合を決定付ける3点目を挙げた。 試合は、3-0でPSGがそのまま逃げ切り、快勝している。 2020.12.04 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

イニエスタがスペイン代表で見せた極上のビジョン&パス精度!【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタがスペイン代表で決めたアシストだ。 <div id="cws_ad">◆イニエスタが代表戦で見せた完璧なスルーパス<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJJbTBqWjE2MiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> バルセロナユース出身のイニエスタは、2018年夏に退団するまで、世界屈指のMFとして同クラブで輝かしいキャリアを送った。 2010年の南アフリカワールドカップ(W杯)優勝など、スペイン代表としても素晴らしい功績を達成したイニエスタだが、2018年3月23日に行われたドイツ代表との国際親善試合では、素晴らしいアシストで味方のゴールをお膳立てしている。 0-0で迎えた6分、相手陣内左サイドでイニエスタがボールを受けると、前線に走り出すFWロドリゴ・モレノの動きを捉え、ボックス内に完璧なスルーパスを出す。完全に相手DFマッツ・フンメルスの裏を取り、タイミング、パスコース、どちらも完璧なパスを受けたモレノは、トラップする必要もなく、ランニングしたままダイレクトでシュートを放つと、見事な先制ゴールを決めてみせた。 強豪ドイツ相手に素晴らしいゴールを挙げたスペインだったが、その後追いつかれ、試合は1-1のドローに終わっている。 2020.12.03 20:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ムニエの柔らかなダイレクトクロスをカバーニが豪快なダイビングヘッド【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はドルトムントのベルギー代表DFトーマス・ムニエがパリ・サンジェルマン(PSG)時代に決めたアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ムニエの柔らかいクロスをカバーニが豪快ヘッド<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJtVVZna2NPaiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2016年夏にクラブ・ブルージュからPSGへ加入したムニエは右サイドバックとウイングバックの準主力として多くの国内タイトル獲得に貢献した。 大柄な体格を活かした守備力の高さに加え、確かなキック精度で攻撃面でも貢献したムニエだが、2018年4月29日に行われたリーグ・アン第35節のギャンガン戦では、見事なアシストを決めている。 1-2とPSGビハインドの82分、中央突破を図ったMFハビエル・パストーレからのパスをボックス手前右で受けたムニエは、左足ダイレクトで正確なクロスを中央へ入れる。 このボールに対し、オフサイドラインの駆け引きに勝ち、完全にフリーでボールを受けたFWエディンソン・カバーニがゴール前で豪快なダイビングヘッド。強烈なシュートは、GKの手を弾き、同点ゴールとなった。 このゴールで追いついたPSGだったが、試合はそのまま2-2の引き分けに終わっている。 2020.12.02 20:00 Wed
twitterfacebook
thumb

バイエルンのレジェンドDFラームが見せた攻撃陣顔負けの美しいチップパス【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回は元ドイツ代表DFフィリップ・ラーム氏がバイエルンで決めたアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ラームが決めた美しいチップパス<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ4bVROQTRPQyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> バイエルンの下部組織出身のラーム氏は、2002年にファーストチームに昇格して以来、生え抜きの主力選手、そして主将としてチームを引っ張った。 本職はDFながら、高いテクニックとフットボールIQでMFとしてもプレーしたラーム氏だが、2013年2月23日に行われたブンデスリーガ第23節のブレーメン戦では、攻撃陣顔負けの技ありアシストを決めている。 4-1とバイエルンリードの86分、ショートコーナーの流れからボックス外の位置でフリーでボールを持ったラームは、ディフェンスラインを上げに来る相手と入れ替わりになる絶妙のタイミングで、チップパスをリベリーに送る。完全にフリーでパスを受けたリベリーが、ダイレクトでシュートを流し込み、見事な追加点を挙げた。 試合はその後も追加点を挙げたバイエルンが6-1と大差を付けて勝利している。 2020.12.01 20:00 Tue
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly