乾フル出場に久保途中出場で2戦連続の日本人対決! 2トップ揃い踏みのビジャレアルが逆転でエメリ体制初白星《ラ・リーガ》

2020.09.20 01:12 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第2節、ビジャレアルvsエイバルが19日にエスタディオ・デ・ラ・セラミカで行われ、ホームのビジャレアルが2-1で逆転勝利した。なお、ビジャレアルのMF久保建英は85分から途中出場。エイバルのMF乾貴士はフル出場し、FW武藤嘉紀はベンチ入りも出場機会はなかった。

久保は、先週末に開催されたウエスカとの開幕戦では途中出場でビジャレアルデビューを飾り、FW岡崎慎司とのプリメーラ史上初の日本人対決が実現。しかし、チームは昇格組相手に1-1のドローに終わった。今季初勝利を目指す2戦連続のホームゲームに向けては、先発デビューも期待された久保は引き続きベンチスタートに。

一方、エイバル復帰2年目となる乾はセルタとの開幕戦でスタメンを飾ったが、こちらもゴールレスドローで白星発進とはならず。クラブが16日にニューカッスルからのレンタルで武藤を迎え入れた中、乾は引き続き左ウイングで先発となり、武藤は早速ベンチに入った。

後方から丁寧にビルドアップするビジャレアルに対して、エイバルはいつも通りハイラインハイプレスで応戦。立ち上がりは相手にハイプレスをうまくかいくぐったホームチームが、押し込む入りに。9分には左サイドのモイ・ゴメスからの斜めのラストパスをゴール前のジェラール・モノレがダイレクトシュートで流し込むが、ここはVARのレビューの結果、オフサイドとなった。

その後もビジャレアルはパレホからの長短交えたサイドへの展開、セカンドトップでアクセントを付けるジェラール・モレノを起点にチュクウェゼやパコ・アルカセルがゴールに迫っていく。

一方、劣勢も自分たちの戦いを貫くエイバルは決定機こそ少ないものの、ホームチームを脅かす良い形の仕掛けを幾度か見せる。21分にはGKドミトロビッチからのフィードを右足アウトを使った巧みなファーストタッチで収めた乾がそのままドリブルでボックス中央に切れ込む。GKと一対一の絶好機を迎えたが、股間を狙ったシュートはGKアセンホのビッグセーブに阻まれる。

前半終盤にかけてもビジャレアルが主導権を握るが、エイバルも36分にエドゥ・エスポジトのミドルシュートで相手ゴールに迫るなど、互いにらしさを見せた中、試合は0-0のままハーフタイムを迎えた。

後半も攻勢を見せるビジャレアルは、立ち上がりにジェラール・モレノ、アルビオルと立て続けにゴールに迫るも、最後のところで決め切れない。

すると、このピンチを凌いだエイバルは50分、ハーフウェイライン付近でボールを受けた乾を起点にエスポジト、キケ・ガルシアと縦パス2本が繋がり、ボックス内でGKを交わしたキケ・ガルシアが冷静にシュートを流し込み、エイバルが先制に成功した。

開幕戦に続き先制されたビジャレアルは58分にコクラン、ペドラサを下げてイボーラと、新戦力のエストゥピニャンを同時投入。すると、63分にはそのエストゥピニャンの左からのアーリークロスをボックス右のチュクウェゼがワンタッチで繋ぐと、ゴール右でDF2枚と応対したジェラール・モレノが深い切り返しから利き足とは逆の右足のシュートをゴール左下隅に流し込み、2試合連続ゴールとした。

この同点ゴールで勢いづいたビジャレアルは、一気に試合を引っくり返す。71分、相手陣内中央でボールを収めたジェラール・モレノのスルーパスに抜け出したアルカセルがボックス左でGKを冷静にかわして無人のゴールへシュートを流し込んだ。当初、アルカセルのオフサイドと判定されたものの、VARのレビューによってオンサイドと判定が変わり、逆転ゴールが認められた。

2トップ揃い踏みの活躍で今シーズン初めてリードを奪ったホームチームはここからゲームコントロールを意識した戦い方にシフト。危なげなく試合を進めていく中、85分にはチュクウェゼに代えて久保を投入。2戦連続の日本人対決が実現した。

一方、ビハインドを追うエイバルは積極的に交代カードを切ったが、加入直後の武藤に出番は訪れず。

試合終盤にかけては3トップの右ウイングに入った久保が見事なドリブル突破と正確なパスで決定機を演出するなど、短い出場時間の中で鮮烈なインパクトを残したが、いずれのチャンスメークも3点目には繋がらず。

それでも、このまま逃げ切ったビジャレアルが開幕2戦目にしてエメリ新体制での初白星を手にした。一方、善戦のエイバルは今季初黒星となった。

コメント
関連ニュース
thumb

ビジャレアル久保建英が1G2Aの活躍で猛アピール 「スタメンに入りたい」

ビジャレアルの日本代表MF久保建英が定位置奪取に猛烈アピールした。 ビジャレアルは22日にホームで行われたヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第1節でスィヴァススポル(トルコ)と対戦。加入後初先発の久保は[4-3-3]の右インサイドハーフに入った。 そして13分、味方のシュートが相手GKに弾かれたところを押し込み、移籍後初ゴールを挙げ、その後にも2アシストを記録。チームとしてもELで2年ぶりの白星となる5-3の勝利に貢献した。 ビジャレアル加入後初の公式戦先発機会でいきなり大暴れの久保はスペイン『マルカ』によれば、試合後のインタビューで満足しすぎることなく、定位置奪取のきっかけにしたい思いを口にした。 「個人的にも、チーム的にも、満足しています。ここから積み上げていきたいですね。僕は確約されているわけじゃないですし、選手の誰もがスターティングメンバーに入りたいと思っています。激しい競争があるなかで、前に進めました。週末にどうなるかを見守りたいです」 ラ・リーガ開幕から6試合消化の現時点で途中出場が続き、トータル80分のプレータイムにとどまる久保。今回の活躍はウナイ・エメリ監督の目にはどう映ったのだろうか。 2020.10.23 08:40 Fri
twitterfacebook
thumb

初先発の久保はELデビュー弾など1G2Aと躍動!! ビジャレアルがスィヴァススポルとの打ち合いを制し白星発進!《EL》

久保建英の所属するビジャレアルは22日、ヨーロッパリーグ(EL)グループI第1節でスィヴァススポル(トルコ)とホームで対戦し、5-3で勝利した。久保はフル出場、13分に移籍後初ゴールを記録した。 ラ・リーガ開幕から3勝1分け1敗の上々の滑り出しとなったビジャレアル。直近のバレンシア戦でも新加入のパレホ弾で逃げ切り2-1と勝利を飾った。2季ぶりの出場となるEL初戦に向けては、バレンシア戦からスタメンを8人変更。アルカセルやパレホ、イボーラ、パウ・トーレスらに代えてバッカやコクラン、バエナらを起用。久保も移籍後初のスタメンに名を連ねた。 久保をインサイドハーフに配置した[4-3-3]で試合に臨んだビジャレアルは13分、敵陣でバエナがボールをカットすると、こぼれ球を拾ったチュクウェゼがボックス外からシュート。これは相手GKが弾いたが、こぼれ球を久保が流し込んだ。 久保の移籍後初ゴールで先制したビジャレアルは、20分にも久保のラストパスをボックス内に走り込んだバッカが右足ダイレクトでゴール右に突き刺し、追加点を奪った。 33分にカヨデのゴールで1点を返されたビジャレアルだったが、直後の34分に決定機を迎える。久保のパスを受けたバッカがヤルシンにボックス内で倒されPKを獲得。しかし、バッカのPKは完璧にコースを読んだ相手GKのビッグセーブに阻まれた。 追加点のチャンスを逃したビジャレアルは、43分に再びピンチを迎える。左クロスのクリアボールをヤルシンがバイタルエリア右で拾うと、縦に持ち上がりクロスを供給。これをヤタバレにヘディングで叩きこまれ、前半は2-2で終了した。 迎えた後半、ビジャレアルはバエナを下げてイボーラを投入。すると57分、ビジャレアルは久保の左CKからフォイスがヘディングシュートを流し込み、勝ち越しに成功した。 ところが64分、バイタルエリア左で与えたFKをグラデルに直接ゴール左に決められ、再び試合は振り出しに。 三度の勝ち越しを狙うビジャレアルは、70分にバッカとハウメ・コスタを下げてアルカセルとペドロサをピッチに送り出す。すると74分、チュクウェゼのパスを受けたアルカセルがボックス左深くまで切り込むと飛び出したGKをかわし、無人のゴールへシュートを流し込んだ。 さらにビジャレアルは、78分にもフォイスの絶妙パスでDFの裏に抜け出したアルカセルがボックス内まで侵入。相手GKとの一対一を冷静に制して5点目を奪った。 結局、試合はこのまま5-3で終了。久保のELデビュー弾を含む1G2Aの活躍で打ち合いを制したビジャレアルが、白星スタートを飾った。 2020.10.23 05:56 Fri
twitterfacebook
thumb

【ELグループステージ展望】4人のサムライが参戦! ノースロンドン勢にセリエA勢に注目

2020-21シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループステージが22日に開幕する。昨シーズンと同様、優勝チームに翌シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権が与えられるELに、今シーズンは4人の日本人選手がグループステージから参加。また、アーセナル、トッテナム、ミラン、ナポり、ローマ、ベンフィカといった優勝候補も登場する。 ここでは、注目クラブや日本人選手の所属するチームを中心にグループステージを展望していきたい。 ◆優勝候補はロンドン勢とセリエA勢! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201021_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今大会の優勝候補はアーセナル、トッテナムのノースロンドン勢に加え、ミラン、ナポリ、ローマのセリエA勢だ。 昨シーズン、リーグ戦ではEL出場権を逃がすもチェルシーとのFAカップを制して今大会出場に漕ぎ着けたアーセナル。今夏の移籍市場ではMFトーマスを始め、DFガブリエウ、MFウィリアンと実力者を迎え入れ、アルテタ体制2年目は更なる進化の予感だ。今回のグループステージではラピド・ウィーン(オーストリア)、モルデ(ノルウェー)、ダンドーク(アイルランド)と実力差、移動距離を考えても、まずまずの組み分けとなっており、問題なく突破可能と思われる。そういった中、新戦力や準主力にプレー機会を与えながら、昨季のMFサカ、FWエンケティアに続く新たな若手の台頭を促したい。 そのアーセナルのライバルチームであるトッテナムは、2015-16シーズン以来となるELグループステージの参戦に。予選からの参戦となったものの、爆発的な攻撃力を武器に問題なくグループステージ進出を決めた。今夏の移籍市場ではFWベイルの7年ぶりの復帰をトピックに、DFレギロン、MFホイビュルク、FWカルロス・ヴィニシウスらとポルトガル人指揮官が求める7人の新戦力を加え、今大会出場チーム屈指の陣容を誇る。ルドゴレツ(ブルガリア)、リンツ(オーストリア)、アントワープ(ベルギー)と同居するグループJではアーセナル同様に突破へ向けて大きな問題はなく、ベイルらのコンディション調整の場に当てつつチーム内のポジション争いを盛り上げていきたい。 PK戦までもつれ込んだ薄氷のプレーオフを制してグループステージに到達したミランは、セリエAではインテルとのダービーを制するなど開幕4連勝と絶好調。セルティック(スコットランド)、スパルタ・プラハ(チェコ)、リール(フランス)と同居したグループHの戦いは、他のビッグクラブに比べて困難と見られるが、より上位を狙えるリーグ戦とのバランスを意識しながらの戦いとなる。やや選手層に不安を抱えていることもあり、攻撃陣ではFWマルディーニやFWコロンボといった生え抜きの若手の活躍に期待したい。 戦力値で前述の3チームと比肩するローマとナポリは、ローマが比較的ラクな組に入った一方、ナポリはレアル・ソシエダ(スペイン)とAZ(オランダ)と同じ組に入り、突破に向けてよりパワーを使うことになりそうだ。共にリーグ戦において比較的メンバーを固定する傾向にあるため、控え選手や新加入選手はこのELをアピールの場としたい。 その他では昨季プレミアリーグで再躍進を遂げたレスター・シティ、ベンフィカ、昨季ベスト8のレバークーゼンといった実力クラブの戦いぶりにも注目が集まるところだ。 ◆久保、北川、三好が初参戦! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201021_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今シーズンのELグループステージでは、4人の日本人選手がプレーすることになる。 今夏、レアル・マドリーからビジャレアルにレンタル加入したMF久保建英は、カラバフ(アゼルバイジャン)、マッカビ・テルアビブ(イスラエル)、スィヴァススポル(トルコ)と同居するグループIに入った。大きな期待を背負って加入した新天地では開幕から6試合連続途中出場と、守備面や規律を重視するエメリ監督から信頼を得るまでには至らず。直近のバレンシア戦では決勝点をお膳立てした一方、やや不運な形で退場処分となっている。ただ、この退場の影響により、初戦となるホームでのスィヴァススポル戦では初先発のチャンスが与えられる可能性が高い。本人としては主力が起用されるラ・リーガでスタメンを勝ち取りたいところだが、まずはELの舞台できっちり結果を残したい。 その久保と日本代表でポジションを争う一人のMF三好康児はアントワープで主力として活躍。今季ここまではリーグ戦5試合に出場し、ゴールこそ1点に留まっているものの、攻撃の起点としてチームをけん引している。自身初のELではトッテナムやルドゴレツ、リンツといずれも格上との対戦となるが、今後の更なるステップアップに向けて活躍を期待したい。 同じくELは初参戦となるラピド・ウィーンのFW北川航也は優勝候補アーセナル、モルデ、ダンドークと同じグループBに入った。今季ここまでは途中出場を中心に公式戦8試合1ゴールとポジション奪取に向けてアピールが必要な状況だ。そういった中、フランクフルトでアーセナル相手に躍動した昨季のMF鎌田大地のように注目の一戦で活躍を見せたいところだ。 前述の3選手とは異なり、EL2シーズン連続の参戦となるAZのDF菅原由勢は、ナポリ、ソシエダと同居する厳しいグループに入ったが、更なるステップアップに向けて強豪チームとの対戦は格好のアピールの場ともいえる。昨季のELでマンチェスター・ユナイテッドとの対戦も経験しているため、物怖じすることなくビッグクラブ相手にプレーできるはずだ。 ◆グループA ローマ(イタリア) ヤング・ボーイズ(スイス) クルージュ(ルーマニア) CSKAソフィア(ブルガリア) ◆グループB アーセナル(イングランド) ラピド・ウィーン(オーストリア)※北川航也 モルデ(ノルウェー) ダンドーク(アイルランド) ◆グループC レバークーゼン(ドイツ) スラビア・プラハ(チェコ) ハポエル・ベエルシェバ(イスラエル) ニース(フランス) ◆グループD ベンフィカ(ポルトガル) スタンダール・リエージュ(ベルギー) レンジャース(スコットランド) レフ・ポズナン(ポーランド) ◆グループE PSV(オランダ) PAOK(ギリシャ) グラナダ(スペイン) オモニア(キプロス) ◆グループF ナポリ(イタリア) レアル・ソシエダ(スペイン) AZ(オランダ)※菅原由勢 リエカ(クロアチア) ◆グループG ブラガ(ポルトガル) レスター・シティ(イングランド) AEKアテネ(ギリシャ) ゾリャ(ウクライナ) ◆グループH セルティック(スコットランド) スパルタ・プラハ(チェコ) ミラン(イタリア) リール(フランス) ◆グループI ビジャレアル(スペイン)※久保建英 カラバフ(アゼルバイジャン) マッカビ・テルアビブ(イスラエル) スィヴァススポル(トルコ) ◆グループJ トッテナム(イングランド) ルドゴレツ(ブルガリア) リンツ(オーストリア) アントワープ(ベルギー)※三好康児 ◆グループK CSKAモスクワ(ロシア) ディナモ・ザグレブ(クロアチア) フェイエノールト(オランダ) ヴォルフスベルガー(オーストリア) ◆グループL ヘント(ベルギー) ツルヴェナ・ズヴェズタ(セルビア) ホッフェンハイム(ドイツ) リベレツ(チェコ) 2020.10.22 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

バレンシア戦で退場の久保の2枚目の警告が取り消しに! 次節カディス戦も出場可能に

スペインサッカー連盟(RFEF)は21日、ラ・リーガ第6節のビジャレアルvsバレンシアで退場処分を科されたビジャレアルの日本代表MF久保建英に対する2枚目の警告を取り消したことを発表した。 ビジャレアルは18日に行われたラ・リーガ第6節でバレンシアと対戦して、2-1で勝利。この試合もベンチからスタートした久保は64分に投入され、その5分後に古巣戦だった元スペイン代表MFダニエル・パレホの決勝ゴールをアシストした。 しかし、久保は同試合で72分にイエローカードを受けると、後半アディショナルタイムにスライディングでイーブンボールにチャレンジしようとした際、スペイン人MFカルロス・ソレールと交錯。主審から2度目の警告を受け、退場を命じられてしまった。 試合後、ビジャレアルのウナイ・エメリ監督は久保に対する退場処分を厳しい判定と見立てて、異議申し立てに動く意向を表明。その後、ラ・リーガの競技委員会による再検証が行われた結果、久保に対する2枚目の警告が誤りだったと判断され、今回の出場停止取り消しとなった。 これにより久保は、25日に行われるラ・リーガ第7節カディス戦の出場が可能になった。 2020.10.22 00:10 Thu
twitterfacebook
thumb

久保建英はELで起用か? エメリ監督が久保の起用を示唆、ムバッペのレアル移籍騒動も語る

ビジャレアルのウナイ・エメリ監督が、日本代表MF久保建英や今季の目標、フランス代表FWキリアン・ムバッペについて語った。スペイン『マルカ』が伝えた。 今シーズンはラ・リーガの開幕から6試合を終え、3勝2分け1敗の勝ち点11で首位のレアル・ソシエダと勝ち点で並んでいるビジャレアル。レアル・マドリーやバルセロナなどと試合数が異なる状況でもあるが、まずまずのスタートを切った。 22日にはヨーロッパリーグ(EL)が控えているビジャレアル。エメリ監督はここまでの戦いを、ラジオ番組『El Partidazo de COPE』と『ラジオ・マルカ』で語った。 エメリ監督は、今シーズンについて問われると「トップ4に入る事は非常に難しいが、我々はそんな幻想を抱いている。ヨーロッパリーグでプレーする事は、良い道を歩んでいるような錯覚を与えてくれる」とコメント。順調な滑り出しとともに、ヨーロッパの舞台で戦えることが成功しているように感じられるとコメントした。 レアル・マドリーからレンタル移籍中の久保の起用法について多くのことが言われている中、エメリ監督は久保について言及。「彼はまだ適応の過程にある。(木曜日の)ヨーロッパリーグではチャンスがあるかもしれない。19歳の彼は、我慢しなければならない」と語り、今週のスィヴァススポル(トルコ)戦での起用を示唆した。 そのエメリ監督は、バレンシアやセビージャでの成功の後、パリ・サンジェルマン(PSG)、アーセナルと海外で指揮。その経験については「海外での経験は常に私にとてもポジティブなことを与えてくれた。ただ、ホームにいることで、よりコントロールはできる。スペインでは言語の壁がないからだ」とコメントし、大きな経験となったものの、スペインでの活動がしやすいと語った。 そのPSGでは、若きエース・ムバッペを指導していたエメリ監督。当時レアル・マドリーへの移籍が大きく囁かれたことについても語り、「パリにいた時、ムバッペはレアル・マドリーに行くことをとても真剣に考えていた。彼はマドリーが大好きで、プレーすることを楽しみにしていたよ」とムバッペがマドリー行きを考えていたことを明かした。 しかし、PSGの指揮官として残留を勧めたとのこと。「ただ、私は彼が去る事を望まなかった。そして、私は彼と彼の父親と話をして、彼が残留しなければならないことを説得した。パリを去る事は簡単ではない」と語り、説得した結果、PSGに残留していると明かした。 2020.10.20 21:55 Tue
twitterfacebook