新天地未定のゲッツェが野心燃やす「CL未制覇で引退はしたくない」

2020.09.18 14:24 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェ(28)が、ドイツ『ビルト』のインタビューで去就に関するヒントを残した。2019-20シーズン限りでドルトムントを退団したゲッツェは、フリーであるにもかかわらず、いまだに所属先が決まらない状況にある。先日には代理人を変更し、現状にメスを入れたことが同メディアによって報じられていた。

ゲッツェはインタビューの中で、激しい競争を求めていること、自分の力を証明したいという意欲を示すとともに、チャンピオンズリーグ優勝を渇望していることを明かした。

「僕はゴールへの情熱は衰えていないし、何よりチャンピオンズリーグで優勝したいんだ。それが毎日の原動力になっている。一度もこのタイトルを獲得できないまま引退なんてしたくない」

「僕がお金に固執しているように書かれることが多かったけど、それは事実ではない。僕は競争の中に身を置きたい。最高のレベルで自分を高め、どんなチームでも力になれることを証明したいんだ」

「ブンデスリーガを出ていかなければならないなんてことは決してない。ドイツには野心的なクラブがいくつかあるんだ」
コメント
関連ニュース
thumb

【CLグループF展望】ドルトムント本命、1枠を懸けラツィオとゼニトが激突

◆編集部予想 ◎本命:ドルトムント ○対抗:ラツィオ △連下:ゼニト ☆大穴:クラブ・ブルージュ グループFは昨季ベスト16でCL常連のドルトムントが本命、実に12シーズンぶりの本戦出場となるラツィオと2季連続のCL出場となるロシア王者ゼニトがもう1枠を懸けて争うことになりそうだ。3季連続出場のベルギー王者クラブ・ブルージュではあるが、戦力的に厳しい戦いが待っているだろう。 ◆若手スターが牽引~ドルトムント~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201019_27_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> FWハーランド、MFサンチョらを筆頭に若手スター選手がチームを牽引するドルトムントが突破の本命だ。昨季はファイナリストとなったパリ・サンジェルマンの前に逆転でのベスト16敗退となった中、新たに逸材MFベリンガムが加入。伸び盛りの若手たちが躍動して勢いに乗れば、グループを突破するのは容易いはずだ。3季目を迎えたファブレ監督の下、成熟さも増したドルトムントがグループFを牽引する。 ◆12季ぶり出場で実力発揮なるか~ラツィオ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201019_27_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季はユベントスとスクデット争いを繰り広げた後、コロナ明けの失速で4位に終わったものの、12シーズンぶりとなるCL本戦への出場を決めた。そのラツィオは6季目を迎えたS・インザーギ監督の下、主力の流出なく新シーズンに臨めている。堅守速攻に磨きをかけるチームは、CLでのプレー経験が少ない主力選手が多い点が気がかりだが、欧州最高峰の舞台で本来の実力を発揮しきれれば、グループステージを突破できるチーム力は有しているはずだ。 ◆経験値で上回れるか~ゼニト~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201019_27_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ロシアリーグ2連覇を果たしたゼニトは、昨季のCLでは実力伯仲と思われたグループに組み込まれた中、ベスト4と躍進したライプツィヒとリヨンが同居したグループでベンフィカと共に敗退に終わった。新戦力ではリバプールからDFロブレンを獲得。守備力の向上を図った中、チームのストロングポイントであるFWアズムンとFWジューバの走力に長けた両アタッカーが躍動すれば、5季ぶりのグループステージ突破が見えてくる。 ◆3季連続出場のベルギー王者~クラブ・ブルージュ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201019_27_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季はコロナによりシーズン途中で中止となったベルギーリーグで2季ぶりに優勝を果たしたクラブ・ブルージュ。元リバプールGKミニョレが守護神を務めるチームは昨季、パリ・サンジェルマンとレアル・マドリーが同居したグループでガラタサライと共に未勝利に終わり、3位で終えた。まずは2シーズンぶりの勝利を目指し、3季連続出場の経験値の差を見せたい。 2020.10.20 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

インモービレがCLで初対戦の古巣ドルトムントでのキャリアを後悔「終わり方は残念だった」

ラツィオに所属するイタリア代表FWチーロ・インモービレが20日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)開幕節で対戦する古巣のドルトムントについてコメントした。ドイツ『キッカー』が伝えている。 インモービレはペスカーラやジェノアで経験を積んだ後、2013-14シーズンにトリノに移籍。初年度からセリエAの得点王を獲得しブレイク。その後2014年7月にドルトムントに移籍すると、バイエルンへ移籍したポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキの穴埋めが期待されるも、公式戦24試合出場3ゴールと期待に応えられずに終わっていた。 ドルトムントではわずか1シーズンのプレーに終わり、セビージャ、トリノへの移籍を経て2016年7月にラツィオへ完全移籍。ラツィオではセリエA得点王を2度獲得し、2019-20シーズンにはセリエAで36ゴールを挙げ、リーグ最多得点記録に並ぶとともに、欧州最多得点者に送られるゴールデンシューを獲得した。 インモービレは古巣との初対戦を前にし、不振に終わったドルトムント時代の後悔を語っている。 「僕はおそらくレヴァンドフスキのレベルには達していなかっただろうが、残っていればドルトムントにもっと多くのものを与えることができた」 「あのような終わり方は残念だった」 また、インモービレはドルトムントで成長を続けるノルウェー代表FWアーリング・ハーランドについても言及。そのポテンシャルを絶賛した。 「彼は史上最高のストライカーの1人になれるだろう」 「非常に安定していて、昨季はクレイジーな1年を過ごした。今シーズンも最高のコンディションのようだね」 2020.10.20 12:57 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルトムントの新星、15歳FWムココがシャルケファンからの人種差別発言に大人の対応

ドルトムントの新星が卑劣な相手サポーターの発言にも大人な対応を見せた。 18日に行われたU-19ブンデスリーガの第3節でシャルケとの“ルール・ダービー”に臨んだドルトムント。15歳ながらU-19チームでキャプテンを務めるU-20ドイツ代表FWユスファ・ムココは、開幕戦に続いてハットトリックを記録した。 衝撃的な活躍を見せる裏で、ムココにはシャルケサポーターから人種差別的な発言が浴びせられるシーンもあり、シャルケはクラブを通じて「一部のファンによる、ユスファ・ムココに対する発言についてここに謝罪致します」と謝罪声明を発表。「熱いダービーであっても、このような侮辱行為に対して我々は厳しく非難し、断固として拒否します」としていた。 この事態にはシャルケのヨッヘン・シュナイダーSD(スポーツ・ディレクター)も自身が出演した『スカイ・スポーツ』にて「私は試合に参加していたが、その間は何も気づかなかった。家に帰り、その情報を受け取った。そこで起きたことは、可能な限り厳格に非難する事象だ」とし、サポーターの愚行を非難した。 一方で、侮辱的な言葉を浴びせられムココ本人は自身のインスタグラムを更新。「僕はこの肌の色に生まれてきたことを誇りに思っている。それはこれからも変わることはない」と投稿。大人の対応を見せた。 なお、ムココは今週開幕を迎えるチャンピオンズリーグ(CL)にBリストで選手登録される予定だ。 2020.10.19 19:05 Mon
twitterfacebook
thumb

途中出場ロイス&ハーランドの活躍でドルトムントが大物食いホッフェンハイムに辛勝《ブンデスリーガ》

ドルトムントは17日、ブンデスリーガ第4節でホッフェンハイムとのアウェイ戦に臨み、1-0で辛勝した。 前節フライブルク戦を4ゴールの快勝劇でバウンスバックとしたドルトムントは、代表戦明けのハーランドがベンチスタートとなり、最前線にはブラントが構え、2シャドーにサンチョとレイナが入った。 前々節バイエルンを撃破したホッフェンハイムがドルトムントの3バックに3トップを当ててハイプレスをかけてくると、ドルトムントは4分にガチノビッチに決定的なシュートを許してしまう。 19分にもガチノビッチに枠内シュートを打たれ、なかなか主導権を握れずにいたドルトムントはピシュチェクが負傷し、20分にデラネイとの交代を強いられた。そのデラネイは左センターバックに入り、ジャンが右センターバックに回った。 ブラントにボールが入らず攻撃の形を作れないドルトムントだったが、35分に最初の決定機。レイナがドリブルで持ち上がってボックス左に侵入しシュート。枠を捉えていたが、ゴールライン前に戻ったスコフの好クリアに阻まれた。 さらに37分、右CKからムニエのヘディングシュートがバーに直撃したドルトムントが徐々にポゼッションを高めた前半だったが、ゴールレスで終了した。 迎えた後半、ドルトムントが押し込む展開とするもシュートに持ち込めずにいると、63分に2枚替えを敢行。サンチョとブラントに代えてハーランドとロイスを投入した。 すると74分、ロイスがGK強襲のシュートを浴びせると、76分に均衡を破った。レイナのヘディングでのパスに抜け出したハーランドがラストパスを送り、フリーのロイスがゴールに流し込んだ。 79、83分とハーランドが決定的なシュートを放ったドルトムントが追加点こそ奪えなかったものの、終盤にかけてはハーフコートゲームを展開した中で1-0の勝利。2連勝としている。 2020.10.18 00:22 Sun
twitterfacebook
thumb

ゴールデンボーイ賞最終候補20名が発表! サンチョやフォーデンらイングランドから最多5名

イタリア『トゥットスポルト』が2020年ゴールデンボーイ賞の最終候補20名を発表した。 『トゥットスポルト』主催のゴールデンボーイ賞は2003年からスタート。ヨーロッパでプレーする21歳以下の選手が対象となり、その年に最も活躍した若手選手を決めるスーパースターへの登竜門的な位置づけの賞だ。2019年はアトレティコ・マドリーに所属するポルトガル代表FWジョアン・フェリックスが輝いていた。 18度目となる今回も錚々たるタレントが候補入り。日本人選手ではビジャレアルMF久保建英、AZのDF菅原由勢の2選手が100名の候補に選出されていたが、8月の段階で菅原、9月の段階で久保が惜しくも落選していた。 そして、最終候補20名に選出されたのは、MFアルフォンソ・デイビス(バイエルン)、FWアンス・ファティ(バルセロナ)、FWアーリング・ハーランド(ドルトムント)、FWヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリー)といった各国のメガクラブで主力として活躍する逸材たちとなった。 なお、国別ではMFジェイドン・サンチョ(ドルトムント)、MFフィル・フォーデン(マンチェスター・シティ)、FWメイソン・グリーンウッド(マンチェスター・ユナイテッド)、FWブカヨ・サカ(アーセナル)、FWカラム・ハドソン=オドイ(チェルシー)が選出されたイングランドの5人が最多となっている。 ◆2020年のゴールデンボーイ賞最終候補 DFミシェル・バッカー(パリ・サンジェルマン/オランダ) MFエドゥアルド・カマヴィンガ(スタッド・レンヌ/フランス) FWジョナサン・デイビッド(リール/カナダ) MFアルフォンソ・デイビス(バイエルン/カナダ) DFセルジーニョ・デスト(バルセロナ/アメリカ) FWファビオ・シウバ(ウォルバーハンプトン/ポルトガル) FWアンス・ファティ(バルセロナ/スペイン) MFフィル・フォーデン(マンチェスター・シティ/イングランド) MFライアン・グラフェンベルフ(アヤックス/オランダ) FWメイソン・グリーンウッド(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) FWアーリング・ハーランド(ドルトムント/ノルウェー) FWカラム・ハドソン=オドイ(チェルシー/イングランド) MFデヤン・クルゼフスキ(ユベントス/スウェーデン) FWロドリゴ(レアル・マドリー/ブラジル) FWブカヨ・サカ(アーセナル/イングランド) MFジェイドン・サンチョ(ドルトムント/イングランド) MFドミニク・ショボスライ(ザルツブルク/ハンガリー) MFサンドロ・トナーリ(ミラン/イタリア) FWフェラン・トーレス(マンチェスター・シティ/スペイン) FWヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリー/ブラジル) 2020.10.15 22:25 Thu
twitterfacebook