千葉のルーキーMF見木友哉がプロA契約を締結「J1昇格に向けて日々精進していきます」

2020.09.18 10:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ジェフユナイテッド千葉は18日、MF見木友哉(22)がプロA契約に切り替わったことを発表した。湘南ベルマーレや横浜FC、横河武蔵野FCの下部組織で育った見木は、関東学院大学を経て2019年に特別指定選手として千葉に所属。2019シーズンは明治安田生命J2リーグで9試合に出場し1得点を記録していた。

正式に加入した今シーズンは、J2リーグでここまで16試合に出場し1得点を記録していた。

見木は9日に行われたJ2リーグ第18節のアルビレックス新潟戦でプロA契約締結条件である900分以上の出場を達成していた。

見木はクラブを通じてコメントしている。

「1つの通過点であるプロA契約を締結することができて、大変嬉しく思います。より一層の自覚と責任を持ち、J1昇格に向けて日々精進していきます。これからも応援よろしくお願いします」
コメント
関連ニュース
thumb

功労選手賞に佐藤勇人氏、那須大亮氏、明神智和氏 12月22日のJリーグアウォーズで表彰

Jリーグは17日、功労選手賞の授賞者決定を発表した。 今年の受賞者は佐藤勇人氏(38)、那須大亮氏(39)、明神智和氏(42)の元Jリーグ選手3名。同日の理事会で決まり、12月22日に開催する2020Jリーグアウォーズにて表彰される。 佐藤氏は2000〜2019年までジェフユナイテッド千葉と京都サンガF.C.で活躍。現役の最後を下部組織時代から慣れ親しむ千葉で過ごして、キャリア通算546試合46得点を記録した。 那須氏は2002〜2019年まで現役を続け、横浜F・マリノスや東京ヴェルディ、ジュビロ磐田、柏レイソル、浦和レッズ、ヴィッセル神戸でプレー。通算549試合38得点をマークした。 明神氏は1996〜2019年にかけて、柏レイソルやガンバ大阪、名古屋グランパス、AC長野パルセイロに所属。守備的MFとして長らく名を馳せ、通算758試合37得点の数字を収めた。 2020.11.17 18:20 Tue
twitterfacebook
thumb

元なでしこジャパンのGK山根恵里奈が今季限りで現役引退「すっきりと晴れやかな気持ちでいっぱい」

ジェフユナイテッド市原・千葉レディースは5日、元なでしこジャパンGK山根恵里奈(29)の今シーズン限りでの現役引退を発表した。 広島県出身の山根は、JFAアカデミー福島から2009年に東京電力女子サッカー部マリーゼへ入団。2012年にジェフユナイテッド市原・千葉レディースへと加入すると、2017年からはレアル・ベティスへと移籍。2019年に復帰していた。 これまでなでしこリーグでは103試合、なでしこリーグカップでは22試合に出場。皇后杯でも9試合でプレー。また、ベティス時代にはスペイン女子リーグ1部で32試合、スペイン女子カップ戦で2試合に出場していた。 また、なでしこジャパンでは国際Aマッチ26試合に出場。2015年の女子ワールドカップのメンバー入りも果たしていた。 山根はクラブを通じて引退のコメントを発表。感謝の気持ちを述べている。 「皆さま、いつも大変お世話になっております。この度、今シーズンをもって現役を引退し、次のステージへ進むことを決断しました」 「まず初めに、これまで長い間温かい応援とサポートをいただいた、全てのジェフファミリーの皆さま、女子サッカーファン・サポーターの皆さまへ心から感謝申し上げます。この決断に対しては、私自身、様々な思いを持ちながら多くの考えを巡らせ、たくさんの過程を経てたどり着きました。決断をした瞬間からもう全く悔いはなく、すっきりと晴れやかな気持ちでいっぱいです。そしてとても穏やかに、これまでの自分と残りわずかとなった選手生活に向き合い、1日1日に想いを込めながら過ごしています」 「高校卒業後から、サッカー選手として過ごさせてもらったこれまでの12年間。振り返ると良いこともたくさんあれば、そうではないことも数え切れないほどありました。そして、現役生活の最後にすると選んだ2020年は、未曾有の事態により誰もが経験したことのない大変な1年となってしまいました。どうしても悲観的になってしまいそうな物事や状況も多くありますが、私はそのいずれも前向きにポジティブに受け止められています。そういう人になれたのも、サッカーを通じた経験から得た選手として、一人の人として、一人の女性としての成長なのではないかと強く感じています。私にその成長のチャンスをくださった多くの方々にも、本当に感謝の気持ちでいっぱいです」 「それらの経験と私自身がいま持つ想いやスタンスをセカンドキャリアでも最大限に活かし、誰かのために働き続けていきたいと思っています。シーズン終了を迎えた時点から私の立場は変わりますが、ジェフファミリーの一員として、ジェフへの想いを大切に持ち続けていくことは決して変わりません。そして引退後も引き続き、ジェフで育った一人のサッカー人として、胸を張って過ごしていけるよう努力を続けていきたいと考えています」 「今後についてもまた改めて良いご報告ができればと思いますので、楽しみに待っていていただけると嬉しいです。これまで、本当に本当にありがとうございました。あと2ヶ月弱の選手生活となりましたが、しっかりと気を引き締め、自分のやるべき仕事を1つ1つ丁寧にやり遂げていきます」 「どうか最後まで、応援を宜しくお願い致します」 2020.11.05 12:45 Thu
twitterfacebook
thumb

流経大柏のGK松原颯汰が千葉に来季加入内定「松原がゴール守っていると安心すると思われるぐらいまで成長します」

ジェフユナイテッド千葉は1日、流通経済大学付属柏高校のGK松原颯汰(18)が来シーズンより加入することが内定したことを発表した。 大阪府出身の松原は、阪南FC、RIPACEでプレーした後、流経大柏に入学。U-17日本代表や日本高校サッカー選抜にも選出された経験がある。 松原はクラブを通じてコメントしている。 「来シーズンからジェフユナイテッド市原・千葉に加入することになりました松原颯汰です。幼い頃から“プロサッカー選手になる”という夢をジェフユナイテッド市原・千葉という素晴らしいチームで叶えることができてとても嬉しく思います」 「こうしてプロサッカー選手になる事ができたのも、たくさんの人の支えがあったからこそです。今まで支えて頂いた人に恩を返すためにも、一日でも早くフクダ電子アリーナでジェフユナイテッド市原・千葉のサポーターの方々の熱い応援の中で、チームの勝利に貢献できるように頑張ります」 「失点を0に抑えるなど、目に見える結果で自分の良さを出して、松原がゴール守っていると安心すると思われるぐらいまで成長します。応援よろしくお願いします」 なお、松原はJFA・Jリーグ特別指定選手として今シーズンよりジェフユナイテッド市原・千葉の公式戦に出場することが可能となる。 2020.10.01 17:15 Thu
twitterfacebook
thumb

千葉、修徳高校のFWブワニカ啓太の来季加入内定を発表「小さい頃から憧れて見ていた」

ジェフユナイテッド千葉は1日、修徳高校のFWブワニカ啓太(17)が2021シーズンから加入することが内定したと発表した。 ブワニカ啓太は東京都出身で、千葉県松戸市のラビットキッカーズでサッカーをスタート。千葉県松戸市立第六中学校から修徳高校へと進学した。 186cm、84kgと恵まれた体躯を持つブワニカ啓太は、クラブを通じて加入内定を喜んだ。 「2021シーズンからジェフユナイテッド市原・千葉に加入する事が内定しました修徳高等学校のブワニカ 啓太です。幼い頃からの目標であったプロサッカー選手になれることを大変嬉しく思います」 「また、私は千葉県在住で自分のプロサッカー選手としてのキャリアを小さい頃から憧れて見ていた偉大なこのクラブでスタート出来ることを大変嬉しく思います」 「これまで支えてくださった全ての方々に感謝をし続け1人の人間、1人のプロサッカー選手として大きく成長出来るよう日々生活していきます」 「一日でも早くジェフユナイテッド市原・千葉のJ1昇格や勝利に大きく貢献し、自分のプレーでファン・サポーターの皆様を笑顔にできるよう日々努力していきますので応援よろしくお願いします」 2020.10.01 12:50 Thu
twitterfacebook
thumb

徳島は逃げ切り失敗で連勝ストップも暫定2位浮上! 川又2発の千葉が7戦ぶりの白星《J2》

12日、明治安田生命J2リーグ第19節の2試合が行われた。 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムで行われた徳島ヴォルティスvsツエーゲン金沢は、1-1のドローに終わった。 2連勝で3位の徳島が、4戦負けなしで11位の金沢を迎えた一戦。変幻自在のビルドアップを誇るホームチームと、人を掴む攻撃的な守備を特長とするアウェイチームの攻防に注目が集まった中、試合は早い時間帯に動く。 6分、小西から大きな展開を受けた田向が左サイド深くで折り返すと、これをニアに飛び込んだ河田が右足アウトを使った技ありのワンタッチでニアを破った。 幸先よく先制に成功した徳島がその後もペースを掴むが、前半半ば過ぎには足を痛めた河田がプレー続行不可能となり、古巣対戦の垣田がピッチに送り込まれる。一方、前半終盤にかけて盛り返した金沢は長谷川や島津のシュートで相手ゴールに迫るが、決定機には至らず。 迎えた後半、5連戦のラストゲームということもあり、互いにハーフタイム明けにメンバーを入れ替えていくが、引き続きホームの徳島が主導権を握る。右サイドで高い位置を取る岸本を起点に古巣対戦の垣田に幾度か決定機が訪れるが、いずれも決め切れず。 すると、66分には劣勢の金沢がワンチャンスを生かす。左サイド深くでボールを持った窪田が対面のDFを外して右足の鋭いクロスを入れると、ボックス中央の杉浦恭が首を振ってゴール右隅の完璧なコースに流し込む、見事なヘディングシュートを決めた。 1-1のタイに戻った試合はここから徐々に金沢ペースに左サイドを起点に攻勢を仕掛けていくが、徳島の守備も最後のところで粘る。その後、消耗戦の様相を呈した中、試合終了間際の86分には金沢、88分には徳島に勝ち越しのチャンスが訪れるも、杉浦力のシュートはクロスバー、垣田のシュートはGK白井の好守に阻まれ、試合は1-1のままタイムアップを迎えた。この結果、連勝ストップの徳島はV・ファーレン長崎を抜いて暫定2位浮上も暫定首位浮上のチャンスを逃した。 また、ニンジニアスタジアムで行われた愛媛FCvsジェフユナイテッド千葉は、アウェイの千葉が2-0で勝利した。 直近5敗1分けと不振が続く千葉だが、この試合では試合巧者ぶりを発揮。開始3分に左サイドのタッチライン際でうまく残した為田の突破からボックス中央で横パスを受けた古巣対戦の川又が冷静にダイレクトシュートを流し込み、幸先よく先制に成功。 その後はホームの愛媛にボールを握られて幾度も決定機を許すが、相手のフィニッシュの精度にも助けられてリードを保つ。すると、前半終了間際の44分には本村の仕掛けで得たPKをキッカーの川又が冷静に決め、2点リードで試合を折り返した。 後半は守備のアプローチを整備も相変わらず押し込まれる千葉だったが、丹羽らの決定機をGK新井が再三の好守で凌ぐ。逆に、山下にGKと一対一のビッグチャンスが訪れるが、ループシュートは枠を捉え切れず。 それでも、粘りの守備で逃げ切った千葉が8戦ぶりのクリーンシートで7戦ぶりの白星を手にした。 ◆明治安田生命J2リーグ第19節 ▽9/12(土) 徳島ヴォルティス 1-1 ツエーゲン金沢 愛媛FC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ジェフユナイテッド千葉</span> ▽9/13(日) 《18:00》 栃木SC vs 松本山雅FC 東京ヴェルディ vs ザスパクサツ群馬 ファジアーノ岡山 vs ヴァンフォーレ甲府 アビスパ福岡 vs FC町田ゼルビア V・ファーレン長崎 vs ジュビロ磐田 《18:30》 京都サンガF.C. vs FC琉球 《19:00》 水戸ホーリーホック vs レノファ山口FC 大宮アルディージャ vs モンテディオ山形 ギラヴァンツ北九州 vs アルビレックス新潟 2020.09.12 21:20 Sat
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly