清水、ベテランDF金井貢史が右内転筋肉離れで2カ月離脱

2020.09.17 14:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
清水エスパルスは17日、DF金井貢史(30)のケガについて公式サイトを通じて報告した。

金井は12日に行われた明治安田生命J1リーグ第16節の鹿島アントラーズ戦で負傷。2試合ぶりの先発出場だった中で、68分までプレーしたが右足に痛みを抱えて交代していた。

検査の結果、右内転筋肉離れと判明。全治には2カ月を要する見込みとのことだ。

昨季のサガン鳥栖への期限付き移籍を経て、今季に名古屋グランパスから完全移籍した金井。ここまでJ1リーグ9試合に出場し、8月の横浜F・マリノス戦では途中出場からゴールをマークしていた。


関連ニュース
thumb

清水DFエウシーニョ、今季3度目の左内転筋肉離れで離脱…治療のため帰国

清水エスパルスは2日、ブラジル人DFエウシーニョの負傷と帰国を発表した。 クラブの発表によると、エウシーニョは11月20日に行われた明治安田生命J1リーグ第36節のサンフレッチェ広島戦で負傷した。 検査の結果、左内転筋肉離れと診断。全治までは6~8週間を要する見込みとなり、治療のためにブラジルへ帰国したとのことだ。 エウシーニョは、6月に左内転筋肉離れで離脱すると、8月にも同じ箇所を負傷し離脱。再び復帰したが、またしても同じ箇所を負傷してしまった。 今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグで12試合に出場し1得点を記録していた。 2021.12.02 15:18 Thu
twitterfacebook
thumb

藤枝MF枝村匠馬が現役引退…清水など合計7クラブでプレー「サッカーだけではなく人生の勉強もさせてもらえた」

藤枝MYFCは29日、MF枝村匠馬(35)の現役引退を発表した。 枝村は、静岡県出身で、清水エスパルスの下部組織で育ち、2005年にトップチームへと昇格した。 元日本代表FW岡崎慎司(現:カルタヘナ)とも同期入団である枝村は、プロ1年目の10月にジュビロ磐田との“静岡ダービー”でデビュー。2年目からはレギュラーとして活躍した。 2012年7月からはセレッソ大阪へ、2014年からは名古屋グランパス、2014年8月からはヴィッセル神戸、2018年からはアビスパ福岡へと期限付き移籍。2019年に栃木SCへ完全移籍すると、2020年に藤枝へと完全移籍で加入した。 藤枝では、J3で35試合に出場し1得点を記録していた。 なお通算では、J1で297試合38得点、J2で77試合4得点、J3で35試合1得点、リーグカップで54試合12得点、天皇杯で32試合4得点を記録していた。 日本代表歴は無いものの、U-23日本代表としてプレー。しかし、北京五輪のメンバーには選出されなかった。 枝村はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズンをもって引退することにしました。藤枝MYFCにはサッカーをする最期のクラブにしたいと心に決めて2年間お世話になりました。J2昇格を目指すクラブの力になれず悔しさは残ります。これからは藤枝MYFCを背負う選手達を応援したいと思います」 「またこれまで在籍した、清水エスパルス、セレッソ大阪、名古屋グランパス、ヴィッセル神戸、アビスパ福岡、栃木SCではいろいろな個性を持った選手、スタッフ、関係者の皆様に出会い、サッカーだけではなく人生の勉強もさせてもらえたと思っています」 「人見知りで不器用な自分を受け入れてくれた全てのクラブに感謝しています。ありがとうございました。これからも日本サッカーを応援していきます」 藤枝は、枝村の他、FW森島康仁、MF谷澤達也、DF那須川将大が引退を発表しており、今季4人目の引退となる。 2021.11.29 12:22 Mon
twitterfacebook
thumb

「白飯20杯はいけちゃう」清水MF中村慶太が残留へ前進する後半ATの劇的すぎるパーフェクトゴール!「とりあえず100回くらいは見た」

清水エスパルスの窮地を救うシーズン初ゴールが話題となっている。 27日、明治安田生命J1リーグ第37節の浦和レッズvs清水エスパルスの一戦は、0-1で清水が勝利した。 清水は残留圏の最下位に位置。結果次第では、降格圏に転落する可能性もあった試合だ。 前節サンフレッチェ広島相手に、1-0で勝利した清水。この試合は慎重に戦う浦和の前になかなか攻め手を見出せなかった。 ゴールレスのまま時間ばかりが経過。カウンターからチャンスを見出したかったが、それもできないまま試合終了に向かっていた中、後半アディショナルタイム4分にドラマが待っていた。 GK権田修一のキックを清水はキープ。右サイドで中山克広がボールを持ちながらカットインして中へパスを出す。これが中村慶太に通らず流れるが、上がってきた山原怜音が回収。仕掛ける素振りを見せながらも、マイナスのパスを出すと、中村がトラップから右足一閃。素早いシュートにGK西川周作も反応するが、ゴール左上隅に決まったシュートを止められず、清水が起死回生のゴールを奪う。 引き分け濃厚だった試合の土壇場で、残留に大きく近づく勝ち点3を呼び込むゴールには、選手たちも歓喜爆発。ベンチも大はしゃぎし、全員でゴールを祝っていた。 劇的すぎる完璧なコースへのゴールにはファンも反応。「控えめに言っても最高すぎるゴール」、「値千金のゴール」、「今節のNo.1ゴール」と状況とゴールの素晴らしさから称賛する声が多数。また、「何回でも繰り返し観れる」、「とりあえず100回くらいは見た」、「白飯20杯はいけちゃう」と美しいドラマチックなゴールを何度もリピートして観てしまう人続出のようだ。 なお、浦和には8年半勝っていなかった清水にとっては、本当に大きな勝利。また、他会場では湘南ベルマーレと徳島ヴォルティスの残留争い直接対決で徳島が勝利したことで、清水にとっては最終節に向けて貴重な勝ち点3を獲得することとなった。 ちなみに、中村慶太にとっては今シーズンのJリーグで初ゴールとなり、チームを救う大きな一発が出た形となった。 <span class="paragraph-title">【動画】筋書きのないドラマ! 残留へ、終了間際に完璧なコースへ決まったミドル!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="FPmCZ49o1Ko";var video_start = 218 ;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.11.28 13:33 Sun
twitterfacebook
thumb

終了間際に劇的弾の清水が8年半ぶり浦和戦勝利! 自力残留の可能性を残して最終節へ…浦和はホーム最終戦飾れず【明治安田J1第37節】

27日、明治安田生命J1リーグ第37節の浦和レッズvs清水エスパルスが埼玉スタジアム2002で行われ、アウェイの清水が0-1で勝利した。 川崎フロンターレが天皇杯で優勝することで、4位までAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の出場圏が広がることになり、その4位浮上のためには勝利が必須となる6位の浦和レッズ。他会場の結果次第では引き分け以上で残留が確定する16位の清水エスパルスをホームに迎えての一戦は、両チームともに勝ち点を落とせない試合となった。 「勝てるチームを作る」という観点からDF槙野智章やオーストリア代表DFトーマス・デンを含む6選手の契約満了を発表した浦和は、前節の横浜F・マリノス戦からスタメンを1名変更。右SBを西に代えて酒井を起用。控えにはホームラストマッチとなる槙野が名を連ねた。 一方、前節のサンフレッチェ広島戦で残留に向け貴重な勝ち点3を積み上げた清水は、前節からスタメンの変更は無し。勝利のイメージをそのままに、チアゴ・サンタナと鈴木唯人の2トップで残留に向けてゴールを狙う。 守備で同じく[4-4-2]のブロックを敷く両チームによる試合は、互いに様子を窺う慎重なスタートを切る。中盤で攻守のトランジションが多い中、浦和は最終ラインを深い位置で形成。71%の支配率を残したが、積極的に前には攻め込まない。 そんな中浦和は20分、平野のロングフィードを左サイドで受けた山中から最終ラインの裏を抜けた田中がヘディングで合わせて決定機。一方の清水も23分、西澤の左CKに井林の負傷により急遽出場したヴァウドが飛び込んでチャンスを作るがゴールを奪えず。それでも、両チームともにペースを上げて攻勢を強める。 浦和が慎重な試合運びを見せ、清水はボールを保持することができない状況に。それでも、前半アディショナルタイム1分に鈴木唯が右サイドを個人技で崩してボックス内からシュートを放つもゴールを奪えず。カウンターなど、少ないチャンスで徐々に得点の匂いを漂わせる。 ゴールレスで迎えた後半、最初に決定機を作ったのは清水。66分、ロングカウンターからドリブルで鈴木唯がボックス手前中央まで運ぶと、チアゴ・サンタナにラストパス。チアゴ・サンタナはワントラップ入れてシュートを放つが、これはGK西川に防がれる。 このプレーで得た右CKはクリアされるも左CKを獲得。西澤が右足でゴール前へクロスを蹴り込むと、ゴールに向かうクロスをGK西川がパンチング。しかし、これはポストに直撃し、浦和は失点を免れる。 しかし、その後もボールを保持して主導権を握るのは浦和。最終ラインで様子を窺い、タイミングを見て前線にボールを配球して攻撃のリズムを作る。すると88分、敵陣中央の江坂からスルーパスを相手の最終ライン上で受けた汰木がゴール前でビッグチャンスを迎えるも、これは飛び出したGK権田が壁となってゴールを死守した。 試合も後半アディショナルタイムに突入し、このまま試合が終了するかと思われた93分。最後までゴールへの執念を絶やすことのなかった清水にドラマが待ち受けていた。 敵陣内右で途中出場のディサロ燦シルヴァーノからパスを受けた途中出場の中山がサイドチェンジ。これを受けた途中出場したばかりの山原が相手を引き付けてボックス手前右にいた途中出場の中村にパスを送ると、受けた中村がワントラップ入れてシュートを放つ。すると、これがゴール左上に突き刺さり、平岡監督の采配がズバリ的中。清水が土壇場で試合を動かした。 残留に向けて貴重なゴールをもぎ取った清水。試合はそのまま終了し、0-1で清水が勝利。貴重な勝ち点3を積み上げた一方で、浦和は4位浮上が不可能となった。 なお、湘南ベルマーレvs徳島ヴォルティスの結果により清水は残留を決めることはできなかったものの、次節引き分け以上で確定するというアドバンテージを獲得した。 浦和レッズ 0-1 清水エスパルス 【清水】 中村慶太(後48) 2021.11.27 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

広島を下した清水、平岡体制初勝利で残留圏死守【明治安田J1第36節】

明治安田生命J1リーグ第36節、清水エスパルスvsサンフレッチェ広島が20日IAIスタジアム日本平で行われ、1-0で清水が勝利した。 残留争い真っ只中の16位清水(勝ち点33)と、残留を確定させている10位広島(勝ち点46)の一戦。清水は4日にロティーナ監督と契約を解除し、かたや広島も城福監督が先月末に退任したため、互いに暫定監督の下で残りの試合を戦うことになった。 必勝が求められる清水は前節、2度追いつく形で北海道コンサドーレ札幌とドロー。3連敗で止めたものの、4試合未勝利と足踏みが続いている。しかし、今節は積極的な姿勢が立ち上がりから目立つ。 5分過ぎに前線からのプレッシャーが功を奏し、相手のミスパスをカットした鈴木にチャンス到来。ここは相手守備陣に捕まったが、9分には再び鈴木の持ち上がりからチアゴ・サンタナのシュートシーンを迎えるなど、早々に見せ場を作った。 さらに13分には、ボール奪取からスムーズにカウンターへ移行し、右サイドの片山がカットインから右足シュート。相手DFに当たってしまったものの、立て続けにゴールに迫る。 一方の広島は、中盤でのボールロストが多く、攻撃がままならない時間が続く。23分には、相手のクロスに対応した荒木のクリアミスがオウンゴールになりかけるなど、今ひとつ試合に入れない。 すると30分、試合を動かしたのはやはりホームチームだった。最終ラインの鈴木義宜から鋭いスルーパスが鈴木唯人へ通ると、ボックス右から放ったシュートはポスト左を直撃。しかし、こぼれ球をチアゴ・サンタナが詰めて、ネットを揺らした。 全くチャンスが作れない広島は、55分に一挙3人替え。浅野、松本、柏を下げて、鮎川、塩谷、藤井を投入し、テコ入れを図った。 すると57分に、左サイドの東のクロスに茶島が合わせてようやく好機演出。続く64分には、ボックス手前でボールを持った鮎川がドリブルでボックス左へ侵入し左足を振り抜いたが、ここはGKの好セーブに遭った。 後半から押され気味の清水は、後藤に代わって投入された中山が67分にシュートシーンを迎えるが、ここは相手DFのブロックに捕まる。 徐々に攻守の激しさが増してきた一戦。75分をまわり、清水は西澤に代えて特別指定の山原を投入すると、その山原がいきなりドリブルシュートで見せ場を作る。対する広島も青山を下げてジュニオール・サントスを送り出し、攻撃の勢いを加速させる。 終盤を迎え、リードする清水は84分に3枚替えに出る。鈴木、原、竹内を下げて、ディサロ、エウシーニョ、中村を投入。左内転筋の肉離れで長期離脱が続いていたエウシーニョは6月6日のルヴァンカップ鹿島アントラーズ戦以来の公式戦となる。 80分以降は広島の攻勢が続いたが、最後までゴールを割ることができないまま試合終了。残留を目指す清水が虎の子の1点を守り切り、体制変更後初勝利。5試合ぶりの白星となった。 清水エスパルス 1-0 サンフレッチェ広島 【清水】 チアゴ・サンタナ(前30) 2021.11.20 16:57 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly