清水、ベテランDF金井貢史が右内転筋肉離れで2カ月離脱

2020.09.17 14:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
清水エスパルスは17日、DF金井貢史(30)のケガについて公式サイトを通じて報告した。金井は12日に行われた明治安田生命J1リーグ第16節の鹿島アントラーズ戦で負傷。2試合ぶりの先発出場だった中で、68分までプレーしたが右足に痛みを抱えて交代していた。

検査の結果、右内転筋肉離れと判明。全治には2カ月を要する見込みとのことだ。

昨季のサガン鳥栖への期限付き移籍を経て、今季に名古屋グランパスから完全移籍した金井。ここまでJ1リーグ9試合に出場し、8月の横浜F・マリノス戦では途中出場からゴールをマークしていた。
コメント
関連ニュース
thumb

オルンガ不在の柏、ゴールが遠く清水にゴールレスドロー《J1》

明治安田生命J1リーグ第25節の柏レイソルvs清水エスパルスが31日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、0-0の引き分けに終わった。 8位の柏は、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の日程の関係で28日に行われたFC東京戦を3-1で勝利して連敗をストップ。それから中2日で開催される今節には、北爪、オルンガに代えて川口、呉屋を起用し連勝を目指す。オルンガはベンチ外となった。 対する17位の清水は、1-1のドローで終えた直近のサガン鳥栖戦から2週間が空いた。ここまで54失点とJ1ワーストの数字となっている守備面の修正が要求されるなか、出場停止の立田や西村、鈴木、ジュニオール・ドゥトラに代えてエウシーニョ、金井、中村、金子を起用し7試合ぶりの白星獲得を狙う。 立ち上がりは前節の鳥栖戦でシュート2本に終わった清水が積極的な攻撃を見せる。4分に得た右CKからヘナト・アウグストがヘディングシュート。さらに、6分に中村がミドルシュートで柏ゴールを脅かす。 劣勢の時間が続いた柏も徐々に押し返す。16分に敵陣右サイドで受けた江坂がグラウンダーのクロスを供給。これがDFに当たりルーズボールになると、反応した呉屋が右足でシュートへ。29分には、左サイドの大谷がボックスに向かって強いパスを送ると、仲間のスルーから呉屋がチャンスに。ファーストタッチから強引に左足を振り抜いたが、得点には至らなかった。 清水はカルリーニョス・ジュニオが起点となり41分にチャンスを迎える。フィールド中央でディフェンスと入れ替わり、前を向いたカルリーニョス・ジュニオが前線へスルーパス。これを受けた後藤からのラストパスにボックス右からエウシーニョが飛び込んだが、わずかに合わせられなかった。前半終了間際には右CKからトリックプレーで決定機。西澤のグラウンダーのクロスをニアでエウシーニョがスルー。その背後のカルリーニョス・ジュニオがシュートというデザインされた攻撃を披露するも、GKキム・スンギュに阻まれて試合を折り返した。 思うように進められなかった柏はハーフタイムに3枚替え。山下、大谷、江坂に代えて染谷、小林、神谷を送り出し、布陣を[4-2-3-1]から[4-1-4-1]に変更した。すると59分に決定機。右CKの跳ね返りを小林がもう一度ゴール前に入れ直すと、これに呉屋が左足を合わせにいったが、上手くミートできなかった。 柏のシステム変更に慣れ始めた清水は64分、右サイドからのFKを収めたカルリーニョス・ジュニオがゴール前でフリーとなるも、シュートも枠を捉えらず。77分にはセットプレーでチャンスを演出してきた西澤が今度は直接FKを狙うが、惜しくもクロスバーに弾かれてしまった。 以降はより積極的に出る両者の間でオープンな展開に。その中でより多くの最終局面を迎えた柏は、82分にクリスティアーノとのワンツーでボックス手前に侵入した神谷が左足でゴール右隅を狙うが、GK梅田にわずか触られたシュートは右ポストに当たりゴールは生まれなかった。その3分後に呉屋のヒールパスに神谷、88分に呉屋、後半アディショナルタイムにクリスティアーノと怒涛の攻撃を繰り出したが、ネットを揺らすことができず。 GK梅田の好守も光った清水は、試合終了間際に左サイドからのクロスからカルリーニョス・ジュニオがフィニッシュに持ち込むも、ゴールレスで試合終了。勝ち点1ずつの痛み分けとなった。 柏レイソル 0-0 清水エスパルス 2020.10.31 19:10 Sat
twitterfacebook
thumb

清水の高卒ルーキーMF鈴木唯人がプロA契約に変更「ここは通過点にすぎません」

清水エルパルスは20日、MF鈴木唯人(18)の契約をプロC契約からプロA契約に変更したことを発表した。 今シーズン市立船橋高校から清水に加入した鈴木は、ここまで明治安田生命J1リーグで20試合、YBCルヴァンカップで2試合に出場していた。 クラブの発表によると、8月29日に行われた明治安田生命J1リーグ第13節の川崎フロンターレ戦で通算試合出場時間がプロA契約締結条件である450分に達し、A契約を締結したとのことだ。 鈴木はクラブを通じて、プロA契約締結についてコメントしている。 「清水エスパルスでA契約を締結することができ、大変嬉しく思います。ただ、ここは通過点にすぎません。より一層引き締めて、謙虚にひたむきにエスパルスを勝利に導ける選手になれるよう日々努力していきます」 2020.10.20 14:54 Tue
twitterfacebook
thumb

清水vs鳥栖の下位対決は1-1のドロー…鳥栖は猛攻実らず《J1》

明治安田生命J1リーグ第23節、清水エスパルスvsサガン鳥栖が18日にIAIスタジアム日本平で行われ、1-1の引き分けに終わった。 暫定17位の清水は、前節はFC東京に3-1で敗れ今季3度目の5連敗。今節のスタメンはFC東京戦から3人入れ替え、ファン・ソッコと立田は復帰戦となった。 対する15位の鳥栖(勝ち点18)も、前節は鹿島アントラーズに敗れ4連敗。こちらのスタメン変更は5人で、2トップの一角に入るチアゴ・アウベスは古巣戦となる。 先にチャンスを作ったのはホームの清水。5分、カルリーニョス・ジュニオが守備ラインの裏を突いてパスを呼び込むが、ボックス左で判断に遅れ、DFにカットされた。鳥栖も9分にルーキーの森下が味方との連携からチャンスメイク。そのプレーで得たCKでは、後ろから飛び出した原がヘディングシュートを枠に飛ばすが、西澤にライン上でブロックされた。 前半半ば以降は鳥栖が攻勢を強めるが、飲水タイム明け直後の梁勇基のシュートはGKの正面。続く26分のチアゴ・アウベスのヘディングシュートは枠を捉えれなかった。40分過ぎには趙東建がバックヒールでゴールに迫るも、前半にゴールが生まれることはなかった。 後半も鳥栖のペースが続き、49分に早速チアゴ・アウベスのフィニッシュに繋げる。55分のFKでもそのチアゴ・アウベスが直接狙ったが、惜しくもクロスバーの上に。 依然としてアウェイチームの攻勢が続く中、後半の飲水タイム直後の清水の左CKのシーン、西澤のクロスをヴァウドが頭で合わせて先制に成功。劣勢だったホームチームがワンチャンスで流れを変えた。 失点を受けて、鳥栖は石井とレンゾ・ロペス、金森を立て続けに投入。試合の大勢を考えるとこのまま負ければ悔やまれる敗戦だが、迎えた85分、右サイドから入ったクロスのこぼれ球を拾った途中出場の林が、4〜5人の相手に囲まれながらもボックス右から泥臭くシュートを流し込み、同点に追いついた。 この勢いのまま逆転を目指す鳥栖は、後半アディショナルタイムに林のシュートが左ポストを直撃。結局、試合は1-1の引き分けに終わり、互いに白星からさらに遠ざかる結果となった。 清水エスパルス 1-1 サガン鳥栖 【清水】 ヴァウド(後26) 【鳥栖】 林大地(後40) 2020.10.18 15:56 Sun
twitterfacebook
thumb

3発快勝のFC東京が2位を死守! 清水はJ・ドゥトラが3戦連発も5連敗《J1》

明治安田生命J1リーグ第22節のFC東京vs清水エスパルスが14日に味の素スタジアムで行われ、ホームのFC東京が3-1で勝利した。 前節のガンバ大阪戦で暴力行為で3試合出場停止処分が科され、チームトップタイ8得点のレアンドロを起用できないFC東京(2位/勝ち点44)は左ウイングに田川を配置。一方、4連敗中の清水エスパルス(17位/勝ち点12)はGK梅田が11試合ぶりにゴールマウスを守り、奥井が5試合ぶりに先発に名を連ねた。 5分までに清水に2本のシュートを放たれるなど、もたついた序盤を過ごしたFC東京だが、得意のカウンターからチャンスの形を作っていくと、バイタルエリア左で獲得したFKのチャンスから決定機。二次攻撃の流れから三田がボックス手前中央から左足ボレーシュートを放つと、ゴール前の田川に当たって、FC東京が先制に成功する。 清水にボールを持たせながら、カウンターのチャンスをうかがうFC東京。40分には敵陣ハーフウェイライン付近でボールを奪取した高萩のスルーパスに抜け出した永井がGK梅田との一対一を迎えて、コースを狙ったコントロールショットを放つ。だが、梅田の好セーブに遭った。 両チーム交代なしで試合を折り返すと、FC東京が55分に追加点。自陣から持ち運んだ小川がボックス左へスルーパスを送る。相手の背後を取った永井が反転してから右足シュートをニアサイドに射抜いてリードを2点に広げた。 後半の半ばを過ぎてもシュートすら打てない時間が続く清水は62分に金子に代えて後藤を投入。対して、FC東京は70分にアルトゥール・シルバ、アダイウトン、内田と3枚替えを敢行する。 すると、その2分後の72分にバイタルエリアやや右寄りの位置でボールを受けたアルトゥール・シルバが右足で相手ゴールを強襲。だが、GK梅田の好セーブに阻まれてしまい、試合を決定づけることができない。 ここまでチャンスらしいチャンスを作れなかった清水だが、79分にGK林のパスをジュニオール・ドゥトラがボックス中央手前でカット。左足を振り抜いたシュートがゴール左隅に決まり、1点差に詰め寄る。 ジュニオール・ドゥトラに3戦連発を許したFC東京だったが、後半アディショナルタイムに細かいパス回しからボックス左に侵攻した原がグラウンダーのクロス。ファーサイドのアダイウトンが無人のゴールに流し込んで、試合を決定を決定づけた。 そのまま試合は3-1で終了。連敗を阻止したFC東京が2位を死守した。一方、5試合連続で複数失点を喫してしまった清水は5連敗となっている。 FC東京 3-1 清水エスパルス 【FC東京】 田川亨介(前22) 永井謙佑(後10) アダイウトン(後45+2) 【清水】 ジュニオール・ドゥトラ(後34) 2020.10.14 21:20 Wed
twitterfacebook
thumb

森島のスーパーFKが炸裂した広島、清水の猛追を振り切り1カ月ぶり連勝!《J1》

明治安田生命J1リーグ第21節、清水エスパルスvsサンフレッチェ広島が10日にIAIスタジアム日本平で行われ、2-3で広島が勝利した。 リーグ戦ここ11試合で1勝10敗と泥沼に浸かっている清水(勝ち点12)。その黒星の中にはちょうど1カ月前に行われたアウェイの広島戦も含まれており、4失点の大敗を喫している。先週行われた前節の大分トリニータ戦も敗れ直近3連敗。イエローカードを受けた中村慶太が累積で今節は出場不可となっている。 一方の広島(勝ち点28)は、前節はサガン鳥栖を3-0で下し2試合ぶりの白星。先月からの7試合で4勝を挙げており、少しずつ勝ち点を重ねている。1カ月ぶりの連勝を目指す今節は、4日後に控える川崎フロンターレ戦を見据えてか、青山や柏、レアンドロ・ペレイラをベンチスタートとしている。 大粒の雨が降り頻る中、先手を取ったのはアウェイの広島だった。13分、3試合ぶりの出場となった柴崎が倒され、ボックス手前中央でFKを獲得。若干の距離があるかに思われたが、キッカーの森島が右足を振り抜くと、アウトサイドで放たれた強烈なシュートが今季初出場のGK西部の手から離れるように、ゴール右上に突き刺さった。 スーパーゴールで幸先よく先制した広島がその後も清水を押し込む中、20分過ぎにGK林が濡れたピッチに足を取られクリアミスを犯してしまう。深い位置でボールを奪われた広島だが、冷静な対処でピンチを回避した。 仕切り直しを図る広島にアクシデントが襲う。足を滑らせた永井が足を痛め続行不可能に。急遽、ドウグラス・ヴィエイラを投入したが、永井は担架で運び出される事態となった。 その後、2本のシュートを許した清水も徐々に盛り返すと36分に初シュート。ジュニオール・ドゥトラが左から上げたクロスのこぼれ様をエウシーニョがダイレクトボレー。枠を捉えていたが、GK林にはじかれた。42分には右の西村のクロスをカルリーニョス・ジュニオが頭で合わせたが、山なりのシュートも林に上手く対応された。 後半に向けて、1点ビハインドの清水はエウシーニョに代えて奥井を投入。広島は永井の負傷で途中投入されたドウグラス・ヴィエイラを下げて、レアンドロ・ペレイラを送り出す。 雨の勢いがさらに増した後半戦、このピッチコンディションを生かした清水が同点に追いつく。49分、波状攻撃を仕掛ける中で、六平が右から折り返したグラウンダーのクロスをジュニオール・ドゥトラがシュート。とりわけ強いシュートでもなかったが、濡れたピッチやボールに対処を誤ったGK林がファンブルしてしまい、ボールは静かにゴールラインを割った。 悔やまれる失点となった広島だったが、それからわずか2分後、右サイドのFKから森島が上げたクロスのこぼれ球を、ボックス左で待ち構えていたレアンドロ・ペレイラが豪快に突き刺し、瞬く間に勝ち越しに成功。城福監督の采配が的中した。 広島は52分にさらに交代カードを切り、茶島と柴崎に代えて柏と浅野を投入。63分には負傷した土肥を下げて青山を入れた。 互いにゴール前まで攻め込むも、あと一歩が足りない状況が続いていたが、飲水タイム明けの75分、広島はGK林のロングボールを右サイドで受けた浅野がドリブルで前進。これを全速力で追い越す川辺に絶妙なタイミングでスルーパスが通ると、ボックス右からGK西部の左脇を抜くシュートを流し込み、この試合で初めて点差を2点に広げた。 苦しくなった清水は、ヘナト・アウグストのヘディングシュートや、カルリーニョス・ジュニオのロングパスに反応した裏抜けでチャンスを迎えるが、GK林のファインセーブに阻まれ点差を縮められない。それでも攻勢を続けると迎えた86分、ボックス右に抜け出した奥井のクロスを後藤がダイビングヘッドで押し込み1点差とする。 俄然勢いが増してきた清水に残された時間はアディショナルタイム6分。同点にするには十分な時間が与えられた中で、移籍後初ゴールを挙げた後藤がボックス手前から狙ったシュートがクロスバーを叩くシーンも。 だが、試合はここで終了。苦しみながらも逃げ切った広島が2連勝を収めた一方、清水は4連敗となった。 【清水エスパルス】 ジュニオール・ドゥトラ(後4) 後藤優介(後41) 【サンフレッチェ広島】 森島司(前13) レアンドロ・ペレイラ(後6) 川辺駿(後30) 2020.10.10 16:00 Sat
twitterfacebook