レスターがローマFWジェンギズ・ウンデル獲得決定的に!

2020.09.17 14:11 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レスター・シティがローマのトルコ代表FWジェンギズ・ウンデル(23)の獲得を決定的なモノとしているようだ。イタリア『スカイ・スポルト』やイギリス『レスター・マーキュリー』が報じている。『スカイ・スポルト』が伝えるところによれば、レスターとローマは来夏に2400万ユーロの買い取り義務が生じる、300万ユーロの有償レンタルという総額2700万ユーロ(約33億3000万円)の条件でクラブ間合意に至っているという。

さらに、ウンデル自身はメディカルチェックを受診するため、イングランドに渡っており、移籍の成立は決定的な状況だという。

2017年夏にイスタンブール・バシャクシェヒルから加入したウンデル。優れたアジリティと創造性、パワフルなシュートを特長とする左利きのアタッカーは、ここまで公式戦88試合に出場し17ゴール12アシストを記録している。

過去に、“トルコのディバラ”とも評されたレフティーは、好調時には複数のDFを手玉に取る異次元のドリブル突破、GKに反応すらさせないミドルシュートでゴールをこじ開ける決定的な仕事を果たす一方、筋肉系のケガの多さや戦術面での問題を抱えており、絶対的な主力の座を得るまでには至らず。

そのため、今夏の移籍市場ではオランダ代表FWユスティン・クライファート(21)と共に、前線の売却候補の一人に挙がっていた。

なお、レスターにはトルコ代表の同僚であるDFチャグラル・ソユンクが在籍しており、プレミアリーグ初挑戦に向けて大きな助けとなりそうだ。
コメント
関連ニュース
thumb

シティに5発大勝でクラブ初の開幕3連勝達成のレスター指揮が考えた作戦は「スペースを与えないこと」

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督が、マンチェスター・シティ戦の大勝を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 レスターはプレミアリーグ第3節でシティと対戦。開始4分にリヤド・マフレズにゴールを決められ、幸先の悪いスタートとなったが、37分にハーヴェイ・バーンズのスルーパスに反応したジェイミー・ヴァーディがボックス左でカイル・ウォーカーに引き倒されてPKを獲得。これをヴァーディが決めて同点とした。 すると、後半早々の54分にもヴァーディが追加点。58分にはヴァーディがエリック・ガルシアに倒され再びPKを獲得するとこれも決めてハットトリック達成。終わってみれば2-5で大勝を収めていた。 クラブ史上初の開幕3連勝、さらに、シティを下しての達成と良いことづくめなレスター。ロジャーズ監督はシティ戦のパフォーマンスを振り返り、チームとして任務が遂行できたと喜びをあらわにした。 「本当に特別なパフォーマンスと結果だった。マンチェスター・シティがウォルバーハンプトンと対戦したのを見たと思うが、彼らは前節上手くプレーしていた。しかし、我々も傑出していると思っていた」 「我々のアイデアは明確で、彼らにスペースを与えないことだった。私は通常、チームにプレーするように指示する。でも、カウンターアタックとクオリティがチームにあるとわかっていた」 「戦術的にみて、選手たちにとても規律があると感じられた。彼らは素晴らしいメンタリティを示した。(リヤド・)マフレズは本当に素晴らしいゴールを決めたが、我々はそれでも落ち着いていた」 「前半はラストパスが通れば、より良いチャンスがあるとわかっていた。しかし、全体的に見ても後半の出来はセンセーショナルだった。とても楽しかった」 「セットプレーから2つのゴールを決め、それはもう一度見ることができたが、それ以外も素晴らしい結果とパフォーマンスを見せた」 2020.09.28 10:55 Mon
twitterfacebook
thumb

監督キャリア初の5失点、グアルディオラ監督がレスターの戦い方に言及「彼らはプレーしたがらなかった」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、大敗を喫したレスター・シティ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 シティは27日、プレミアリーグ第3節でレスター・シティと対戦。ホームにレスターを迎えたシティは、4分にリヤド・マフレズのゴールで幸先よく先制する。 昨シーズン5位と躍進したレスターを相手に良いスタートを切ったものの、37分にハーヴェイ・バーンズのスルーパスに反応したジェイミー・ヴァーディがボックス左でカイル・ウォーカーに引き倒されてPKを獲得。これをヴァーディが決めて同点とすると、後半早々の54分にもヴァーディが追加点。さらに58分にはヴァーディがエリック・ガルシアに倒され再びPKを獲得すると、これもしっかり決めてハットトリックを達成した。 <div id="cws_ad">◆シティ相手にマディソンが強烈な一撃を食らわす!<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1jxtjokj4axcy1wrzxfl7ceyzg" async></script></div> 引いて守るレスターに対し、決定機を作れないシティは、77分にジェームズ・マディソンにゴールを許して3点差に。84分にナタン・アケが1点を返すも、88分に3度目のPKを決められ終了。グアルディオラ監督にとって最多となる5失点で敗れた。 試合後、屈辱的な試合についてグアルディオラ監督がコメント。レスターの引いて守る戦い方に苦言を呈しながらも、解決策を見つけていくとこの先の改善に意欲を見せた。 「彼らはとても深い位置で守り、我々が決定的なチャンスを生み出すことが欠けていた」 「彼らはプレーしたがらなかった。カウンターアタックがしたかっただけだ」 「ヴァーディが長い距離を走ることは理解していた。バーンズは彼をコントロールしなければならなかった。ただ、我々が固くなっていった瞬間、上手くいっていないと感じた」 「10回のチャンスを作るつもりはない。それが難しいことを我々は知らなければならない。5-2の状況でも、レスターは18ヤードのボックスの中に引っ込んでいた」 「諦めるつもりはない。解決策を見つけたいと思う。もちろん難しいことだが、受け入れなければいけない。まだ、2試合目だ」 グアルディオラ監督が問題と考えているのは、追加点を奪えなかったこと。また、PKを3度も与えたことが勝てなかった要因だと語り、この先のシーズンに向けて改善すると改めて語った。 「前半は本当に良いプレーをしていたし、早い時間に得点できた。彼らが深い位置で守るのだって簡単ではない」 「問題は2点目、3点目を取るために、自分たちに余計なプレッシャーをかけてしまったことだ。もっと冷静になる必要がある。我々には、我々が必要とするボックスで攻撃を仕掛ける選手がいない」 「我々は固くなり、3つのPKを与えてしまった。3つのPKを与えていては、勝つことはできない。彼らがどれだけのチャンスを生み出したかはわからない」 「もっと辛抱強くなるべきだった。それは難しいが、今シーズンの2試合目であり、それを避けるために我々が何をすべきかを見極めなければならない」 「誰にとっても良い気分ではないよ」 2020.09.28 09:17 Mon
twitterfacebook
thumb

レスターがヴァーディのハットで初のPL開幕3連勝! シティはペップ監督キャリア初5失点大敗…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第3節、マンチェスター・シティvsレスター・シティが27日にエティハド・スタジアムで行われ、アウェイのレスターが5-2で快勝した。 ウォルバーハンプトンとの今季初陣を3-1で制したシティは、直近のEFLカップもボーンマス相手にデラップ、フォーデンのアカデミー出身の若手コンビの活躍で競り勝って公式戦連勝。 昨季、5位とトップ4圏内に肉薄した難敵レスターとの一戦に向けてはアグエロに加え、ガブリエウ・ジェズスと2人のストライカーが負傷によって不在に。グアルディオラ監督はこの緊急事態を受け、スターリングを最前線に置き2列目にマフレズ、デ・ブライネ、フォーデンを起用した。 [5-4-1]の布陣を採用したレスターに対して、シティがあっさりと先制点を奪う。4分、左CKの場面で味方の競ったこぼれ球に反応したマフレズがボックス右から利き足とは逆の右足の弾丸シュートをゴール左上隅の完璧なコースに突き刺した。 幸先よく先制に成功したシティは、その後も相手を押し込んで優勢に試合を運ぶ。その中で比較的浮く場面が多いロドリやフェルナンジーニョが積極的にシュートを放っていく。35分にはデ・ブライネの正確なプレースキックをロドリが頭で合わせ、ネットを揺らすが、ここはオフサイドの判定。 一方、何度かロングカウンターで相手をひっくり返す場面を作り出すも、フィニッシュまで持ち込めないレスター。それでも、“ビッグ6”を得意とするエースストライカーが仕事を果たす。36分、バーンズのスルーパスに反応したヴァーディがボックス左でウォーカーに引き倒されてPKを獲得。これをヴァーディ自ら冷静に流し込み、前半のうちにスコアをタイに戻した。 追い付かれて試合を折り返したシティは後半立ち上がりの51分にフェルナンジーニョを下げて、直近のボーンマス戦でトップデビュー即ゴールを挙げた17歳FWデラップをプレミアデビューさせる。 しかし、後半先にゴールを挙げたのはアウェイのレスター。54分、相手陣内右サイド深くで細かく繫ぎカスターニュがボックス右ライン際に抜け出してグラウンダーのクロス。これをニアに走り込んだヴァーディが絶妙なワンタッチシュートで流し込む。 さらに、直後の58分にはボックス内に抜け出したヴァーディがDFエリック・ガルシアに倒されてこの試合2つ目のPKが与えられると、これを昨季プレミア得点王がきっちり決めてハットトリックを達成した。 苦手ヴァーディに翻弄されて厳しい戦いを強いられたシティは、フォーデンに代えてフェラン・トーレスをピッチに送り込み、前がかりな攻めを見せるが、最後のところでうまくいかない。逆に、相手得意のカウンターに晒されると、77分には途中出場のマディソンにボックス手間左から見事なミドルシュートを叩き込まれる。 その後、84分にマフレズの右CKをアケが頭で合わせ、点差を2点に縮めるも直後の88分にはメンディがマディソンを後方から引き倒して、この試合3つ目のPKを献上。これをティーレマンスに決められ、万事休す。 グアルディオラの監督キャリアで初の1試合5失点を喫して大敗のシティは今季初黒星。一方、レスターはクラブ史上初となるプレミアリーグ開幕3連勝を飾った。 2020.09.28 02:36 Mon
twitterfacebook
thumb

野戦病院化シティとの一戦にロジャーズ監督「何が起ころうと相手はトップクラス」 クラブ初のプレミア開幕3連勝へ

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督が、マンチェスター・シティ戦に向けたコメントを残している。イギリス『レスター・マーキュリー』が伝えている。 就任2年目を迎えたロジャーズ監督のレスターは、開幕節では昇格組のWBA、第2節ではバーンリーを下し、2連勝スタートを切った。次節はクラブ史上初のプレミアリーグ開幕3連勝がかかった重要な一戦だが、その相手は強豪シティ。 そのシティでは、先日負傷したFWガブリエウ・ジェズスをはじめ、今月初旬の代表マッチウィークでFWベルナルド・シウバ、DFジョアン・カンセロ、MFアレクサンドル・ジンチェンコがケガを抱えて戻ってきてしまった。エースのFWセルヒオ・アグエロは6月に行った手術が完治しておらず、またMFイルカイ・ギュンドアンは新型コロナウイルスに感染し、しばらく起用できない。 それでも24日に行われたEFLカップのボーンマス戦では若手の力が台頭。かつてストーク・シティで活躍したロリー・デラップ氏を父にもつリアム・デラップのゴールなどで勝利を収めている。 ロジャーズ監督は、相手は万全な状態でないものの、MFフィル・フォーデンのような才能ある若手の存在を警戒。今回の試合はプレミアリーグの資格を試すテストになると主張した。 「彼(グアルディオラ監督)が起用できる選手や若手たちは、結果を得るための十分なモチベーションとクオリティを備えている」 「すべてのチームがこの数試合でフィットネスを確かめているところだが、選手たちと働き、良いパフォーマンスと結果を得ようとするのはいつものことだ」 「何が起きても彼らはトップレベルであることに変わりはない。我々は欧州一のクラブのひとつと対戦するのだ。難しいゲームになるだろう」 2020.09.27 17:28 Sun
twitterfacebook
thumb

レスター痛恨、エンディディの長期離脱を指揮官が示唆「かなり厄介なケガ」

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督が、ナイジェリア代表MFウィルフレッド・エンディディの負傷を報告した。 エンディディは20日に行われたプレミアリーグ第2節のバーンリー戦にセンターバックの一角としてスタメン出場。フル出場を果たしていたが、この試合で負傷していたという。試合は4-2でレスターが勝利していた。 ロジャーズ監督は23日に行われたEFLカップ3回戦のアーセナル戦後にエンディディの長期離脱を示唆している。 「多くの情報を待っているだけだが、6週間から12週間、離脱するかもしれない。そ経部を痛めたようだ」 「かなり厄介なケガなので手術が必要か確認しているところだ。手術なら少なくとも12週間は要するだろう」 2017年1月にレスターに加入したエンディディは、中盤の要としてチームに貢献。これまで142試合に出場し8ゴール7アシストを記録。2019-20シーズンはプレミアリーグで32試合に出場し2ゴール1アシスト。今シーズンも開幕から2試合で先発していた。 2020.09.24 13:15 Thu
twitterfacebook