リーズがフェイエノールト育ちのU-19オランダ代表FWサマーフィルを完全移籍で獲得

2020.09.17 10:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーズ・ユナイテッドは16日、フェイエノールトのU-19オランダ代表FWクリセンシオ・サマーフィル(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。移籍金は非公開となっており、3年契約を締結したとのこと。当面はU-23チームに所属することになるようだ。

サマーフィルは、フェイエノールトの下部組織出身。2019-20シーズンはADOデン・ハーグへとレンタル移籍し、エールディビジで21試合に出場し2ゴール3アシストを記録していた。

世代別のオランダ代表を経験しているサマーフィルは、U-17オランダ代表として2018年のU-17ユーロで優勝を経験している。
コメント
関連ニュース
thumb

リーズFWバンフォードが初のハットトリック! 「夢が叶った」

リーズのイングランド人FWパトリック・バンフォードがハットトリックに喜びの心境を語った。クラブ公式サイトが伝えている。 リーズは23日に敵地で行われたプレミアリーグ第6節でアストン・ビラと対戦。開幕から無傷の4連勝で勢いに乗る相手との一戦だったが、3-0の勝利で飾り、3試合ぶりの白星を手にした。 この試合で大きな輝きを放ったのが2018年夏からリーズでプレーするバンフォードだ。かつてチェルシーで逸材とうたわれたものの、才能を開花させるに至らなかった27歳のストライカーは後半に3ゴール。今季のプレミアリーグ得点数を6ゴールに伸ばして、チームの勝利に大きく貢献した。 自身にとってもプレミアリーグキャリア初のハットトリック達成で、チームを暫定3位浮上に導いたバンフォード。試合後、「夢が叶った。3点目が決まったときは純粋に高揚感に包まれ、僕にからすれば大きな瞬間だった」と喜ぶと、チームにも感謝した。 「それ(自身のハットトリック)はチームの働きを示すもの。彼らがいなければ、僕はゴールを決められなかった。マルセロ・ビエルサは僕をかなり信頼してくれている。(ウォルバーハンプトンに0-1で屈した)月曜日からのバウンスバックが大事だったんだ」 また、「前半に2つのチャンスを逃してしまったが、1つ目のチャンスをモノにして、落ち着けるようになった」と振り返ったバンフォードは「今夜の出来事を子供たちに話すよ。絶対に忘れられない夜だね」ともコメント。ハットトリックの活躍を素直に喜んだ。 2020.10.24 11:25 Sat
twitterfacebook
thumb

バンフォードがハットのリーズ、アストン・ビラの開幕からの連勝を4でストップ!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第6節、アストン・ビラvsリーズが23日に行われ、0-3でリーズが勝利した。 開幕4連勝と最高のスタートを切ったアストン・ビラと、2勝1分け2敗スタートとなったリーズの一戦。 グリーリッシュやバークリー、ドウグラス・ルイスらが先発となったアストン・ビラと、ロドリゴやエウデル・コスタ、バンフォードらがスタメンとなったリーズの試合は、リーズが積極的な入りを見せる。 4分にバンフォードの際どいダイビングヘッドでゴールに迫ったリーズは、12分には左サイドのアリオスキのチャンスメークからロドリゴが決定的なシュートを浴びせた。 劣勢のアストン・ビラは17分、バークリーのミドルシュートでゴールに迫ると、26分に決定機。味方のシュートのルーズボールをボックス左のグリーリッシュがシュート。だが、ゴールカバーに入ったエイリングの好クリアに阻まれた。 前半半ば以降は膠着した展開となった中、44分にリーズにチャンス。だが、バンフォードが左クロスに合わせたシュートは枠を捉えきれなかった。 迎えた後半、52分にグリーリッシュが個人技でGK強襲のシュートを浴びせたアストン・ビラは54分にも決定機。右CKからコンサのボレーシュートが枠を捉えたが、GKメリエの好守に阻まれた。 すると55分、リーズが先制する。カウンターに転じた流れから、ボックス左に侵入したロドリゴのシュートのルーズボールをバンフォードが詰めた。 さらに67分、リーズがファインゴールで加点する。クリッヒのパスをバイタルエリアで受けたバンフォードが前を向き、ペナルティアーク右から左足を一閃。強烈なシュートがゴール右上に突き刺さった。 そして74分、バンフォードがハットトリックを達成する。ボックス右でエウデル・コスタのパスを受けたバンフォードがDF4人に対応されながらも巧みなステップからのコントロールシュートでゴール左に蹴り込んだ。 勝負を決定付けたリーズは終盤にかけて、ロドリゴやエウデル・コスタをお役御免とした中、アストン・ビラの反撃を許さずに3-0で勝利。3勝目を挙げ、アストン・ビラの開幕からの連勝を止めている。 2020.10.24 05:56 Sat
twitterfacebook
thumb

リーズ中盤の要MFフィリップスが約6週間の離脱…ウルブス戦で肩を負傷

リーズ・ユナイテッドは20日、イングランド代表MFカルヴァン・フィリップスが肩の負傷で約6週間の離脱になることを発表した。 フィリップスは、19日に行われたプレミアリーグ第5節のウォルバーハンプトン戦にフル出場したが、試合中に肩を負傷していた。 リーズによれば、フィリップスは手術の必要はないとのことだが、約6週間程度の離脱になると明かしている。 地元リーズ出身でクラブの生え抜きであるフィリップスは、卓越した身体能力とスタミナ、球際の強さを生かして中盤のフィルター役、シンプルなボール捌きで最終ラインと中盤の繋ぎ役という、難しい2役をこなす、ビエルサスタイルを支える中盤の要。 そして、鬼才の薫陶を受けて、大きくスケールアップしたフィリップスは、8月末に発表されたイングランド代表に初選出されると、9月に行われたUEFAネーションズリーグで代表デビューを飾り、これまで4試合に出場していた。 2020.10.21 02:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ウルブスがリーズにシャットアウト勝利で2連勝《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第5節、リーズ・ユナイテッドvsウォルバーハンプトンが19日に行われ、0-1でウルブスが勝利した。 2勝1分け1敗スタートのリーズと、2勝2敗スタートのウルブスの一戦。 リーズはロドリゴやフィリップス、エウデル・コスタら主力が先発となり、ウルブスは代表帰りのアダマ・トラオレやネヴェスがベンチスタートとなった中、ヒメネスやモウティーニョ、ペドロ・ネトらが先発となった。 [3-4-3]で引き気味に構えるウルブスに対し、ロドリゴとバンフォードの2トップとする[4-4-2]で臨んだリーズが立ち上がりからハイプレスをかけて主導権を握りにかかる。 右サイドのエウデル・コスタのドリブルとトップ下のクリッヒのパスワークでアクセントを付けるリーズが流れを引き寄せる中、9本のシュートを浴びせたものの、40分のCKからロドリゴが放った枠内シュートはGKにセーブされ、前半のうちにゴールを割ることはできなかった。 迎えた後半、53分にサイスがネットを揺らしたウルブスだったが、その前にポデンセのポジションがオフサイドでVARの末ノーゴールに覆った。 前半とは打って変わって押し込む時間を増やすウルブスは、65分にアダマ・トラオレを投入。すると70分に均衡を破る。ロングボールをヒメネスが収め、右サイドからカットイン。ペナルティアーク中央から右足で放ったシュートが相手DFの頭に当たってコースが変わり、ネットを揺らした。 追う展開となったリーズはDFを削ってパブロ・エルナンデスを投入。80分にはそのパブロ・エルナンデスがシュートに持ち込むも、わずかに枠の上に外れる。 終盤、ネヴェスを投入して試合を締めにかかったウルブスはそのまま1-0でシャットアウト勝利。2連勝とし、今季3勝目を挙げている。 2020.10.20 05:55 Tue
twitterfacebook
thumb

リーズがレンヌから23歳のブラジル人FWを獲得! 「クラブの歴史に名前を残せたら」

リーズ・ユナイテッドは5日、スタッド・レンヌに所属するブラジル人FWラフィーニャ(23)の獲得を発表した。契約期間は2024年夏まで。背番号は「18」を着用する。 ラフィーニャは2016年2月に母国クラブのアヴァイからギマランエス移籍を果たして欧州挑戦。その後、スポルティング・リスボンを経て、昨夏からスタッド・レンヌに活躍の場を移した。初の5大リーグ挑戦だったが、加入初年度から公式戦35試合に出場して7得点5アシストの活躍を披露して、チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に貢献。今季もリーグ・アン開幕から6試合に出場して、1得点2アシストを記録した。 プレミアリーグデビューを控えるラフィーニャはクラブ公式サイトを通じて、「この機会とクラブが示してくれた僕への信頼に本当に満足している。自分らしいプレーでクラブの信頼に応えていきたい。ここに来れて本当に嬉しいし、少しでもクラブの歴史に名前を残せたらと思っている」と喜びを語った。 なお、イギリス『BBC』によると、移籍金1700万ポンド(約23億3000万円)+インセンティブにおよぶ取引額でのリーズ入りだという。 2020.10.06 10:40 Tue
twitterfacebook