リーズがフェイエノールト育ちのU-19オランダ代表FWサマーフィルを完全移籍で獲得

2020.09.17 10:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーズ・ユナイテッドは16日、フェイエノールトのU-19オランダ代表FWクリセンシオ・サマーフィル(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。移籍金は非公開となっており、3年契約を締結したとのこと。当面はU-23チームに所属することになるようだ。


サマーフィルは、フェイエノールトの下部組織出身。2019-20シーズンはADOデン・ハーグへとレンタル移籍し、エールディビジで21試合に出場し2ゴール3アシストを記録していた。

世代別のオランダ代表を経験しているサマーフィルは、U-17オランダ代表として2018年のU-17ユーロで優勝を経験している。
関連ニュース
thumb

リーズFWラフィーニャにユナイテッド&リバプールが関心

リーズ・ユナイテッドに所属するブラジル人FWラフィーニャ(23)にマンチェスター・ユナイテッドとリバプールが関心を寄せているようだ。イタリア『スカイ・スポルト』で働く移籍市場に精通したジャンルイジ・ロンガリ氏が主張している。 スタッド・レンヌでの活躍を受けて、昨夏に1700万ポンド(約25億5000万円)でリーズに加入したラフィーニャ。順応が難しいマルセロ・ビエルサ監督の独特のスタイルにすぐさま順応すると、ここまでリーグ戦20試合5ゴール5アシストを記録。その数字以上に高精度の左足とブラジル人アタッカーらしい多彩な仕掛けを生かした局面の打開力、チャンスメークの精度で存在感を放っている。 そして、ロンガリ氏が伝えるところによれば、すでに多くのビッグクラブの関心を集めている中、とりわけユナイテッドとリバプールが獲得レースを牽引する構えを見せているという。 ユナイテッドはイングランド代表FWメイソン・グリーンウッドに加え、イコートジボワール人FWアマド・ディアロという2人の逸材がプレー可能だが、以前から右ウイングの補強を目指しており、ラフィーニャは打ってつけの存在だ。 加えて、スポルティング・リスボン時代にポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスと一緒にプレーしており、今季のプレミアリーグでの経験と併せて獲得に動くメリットがある。 一方、ビッグ3のバックアッパーの問題を抱えるリバプール左右のウイングでプレー可能で、ビエルサ仕込みのハイインテンシティにも耐えうるラフィーニャのプロフィールに注目しているが、財政面の問題を抱えているだけに獲得に動くかは移籍金やサラリーを考慮する必要がありそうだ。 2021.02.25 23:40 Thu
twitterfacebook
thumb

リーズFWラフィーニャが母逝去のロナウジーニョを追悼…ユニフォームの下に「彼らの家族に力を」

リーズ・ユナイテッドの所属するブラジル人FWラフィーニャの見せたジェスチャーが称賛を浴びている。 23日に行われた延期分の第18節サウサンプトン戦に出場したラフィーニャ。チームは後半開始早々に先制に成功すると、さらに1点を追加して迎えた84分に、ラフィーニャは直接FKを決めて勝利に貢献した。 注目されているのはゴール後のパフォーマンスで、ユニフォームの下に着ていたシャツに「アシス・モレイラファミリーへ大きな力を。ドナ・ミゲリーナさん、安らかに眠ってください」とメッセージが書かれていた。 これは先日亡くなったロナウジーニョ氏の母と家族に向けられたメッセージ。ドナ・ミゲリーナさんは昨年12月に新型コロナウイルスに感染し入院を続けていたが、今月20日に闘病虚しく71歳で逝去していた。 その後、ロナウジーニョ氏が更新したインスタグラムにはたくさんのファンやサポーター、著名人から励ましの声が寄せられている。 2021.02.24 16:50 Wed
twitterfacebook
thumb

セインツに3-0でトップ10浮上のリーズ、ビエルサは「攻撃的な試合ができた」と手応え

リーズ・ユナイテッドのマルセロ・ビエルサ監督が、プレミアリーグでの完勝を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 リーグ連敗中のリーズは、23日に行われたプレミアリーグ第18節延期分で、日本代表MF南野拓実が所属するサウサンプトンと対戦。前半こそ拮抗した試合展開となったが、後半攻撃陣が爆発。FWパトリック・バンフォードのゴールを皮切りに、3-0で完勝した。 この結果、リーズはリーグ10位に浮上しており、上位を狙える位置につけている。試合後のインタビューに応じたビエルサ監督は、この試合で内容以上の結果を得られたと語った。 「後半素早く先制点を挙げられたことで、ゲームが開けてきたと思う。3-0という結果の差は、両チームが見せたパフォーマンスの差と比べても大きいものだ。彼らに支配されないよう、そして我々が支配した瞬間リードできるよう、大きな努力をする必要があった」 「我々としては攻撃的な試合ができたと感じており、多くのチャンスを得ていたが、それは相手も同様だ。攻守の切り替えが頻繁に起こる試合だった」 また、ビエルサ監督はこの試合で負傷から復帰し、今シーズン初となるフル出場を飾ったDFディエゴ・ジョレンテに言及。チーム全体が良かったとしつつ、クリーンシート達成に貢献した選手を称えている。 「我々の守備はチーム全員によるものだ。FWは多くの仕事をしており、守備陣がボールを回収するのは難しくないだろう。とはいえ、ディエゴ・ジョレンテは明らかにクオリティを持った選手だ」 「相手が異なるフォワードを起用し、そのほとんどは質の高い選手だった。今日のような試合において、彼の貢献は我々にとって必要なものだったと思う」 2021.02.24 12:54 Wed
twitterfacebook
thumb

まるでスローモーション…!超絶カーブシュートが驚きの滞空時間で完璧なコースにゴールイン【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はセリエCのバーリに所属するイタリア人FWミルコ・アンテヌッチがリーズ・ユナイテッド時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆スローモーションのように見える超絶カーブシュート<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJsNEh0R1RGMSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> イタリア下部リーグのジュリアノーヴァでデビューしたアンテヌッチは、国内クラブを渡り歩いた後、2014年夏に当時チャンピオンシップ(イングランド2部)所属のリーズに加入した。 現在は再びイタリア下部リーグで活躍するアンテヌッチだが、2015年8月8日に行われたチャンピオンシップ第1節のバーンリー戦では、衝撃のゴールを決めている。 終盤まで0-0のまま迎えた83分、左サイドから攻めたリーズがボックス内にクロス。これはクリアされるも、クリアボールを相手陣内中央のDFガエタノ・ベラルディがヘディングでボックス手前のアンテヌッチにボールを送る。 胸トラップで上手くボールを収めたアンテヌッチは、キックフェイントで鮮やかにマークを外すと、ボックス外から左足でミドルシュート。強烈なカーブのかかったシュートは、ゆっくりとした速度でゴール左上へ飛んでいくと、グングン変化しながら完璧なコースにゴールインした。 まるでスローモーションの映像のようなゴールで先制したリーズだったが、直後に失点。試合は1-1のドローに終わっている。 <span data-sg-movie-id="834" data-sg-movie-title="【まるでスローモーション…!】超絶カーブシュートが驚きの滞空時間で完璧なコースにゴールイン"></span> 2021.02.24 08:00 Wed
twitterfacebook
thumb

南野加入後初のベンチスタートとなったセインツはリーズに3失点完敗…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第18節延期分、リーズ・ユナイテッドvsサウサンプトンが23日にエランド・ロードで行われ、ホームのリーズが3-0で勝利した。なお、サウサンプトンのFW南野拓実は58分からプレーした。 前節、南野のゴールもあって格上チェルシー相手に1-1のドローに持ち込んだ14位のセインツ(勝ち点30)は、リーグ戦の連敗を「6」でストップ。8戦ぶりの白星を目指して12位リーズ(勝ち点32)のホームに乗り込んだこの一戦で南野は主砲イングスと共に加入後初めてベンチスタートとなった。 試合はリーズがボールを握る展開となるが、アウェイのセインツがよりゴールに迫る場面を創出していく。まずは5分、相手陣内右サイドで得たFKの場面でウォード=プラウズが正確なボールをゴール前に入れると、これをヴェステルゴーアが頭で合わすが、これは枠の左に外れる。続く8分にはテラが見事な個人技で中央をこじ開けて右足を振り抜くが、GK正面を突いた。 その後は一進一退の攻防が繰り広げられる中、30分過ぎに互いに決定機が訪れる。まずは33分、ボックス左で仕掛けたテラがDFジョレンテと交錯。このプレーでセインツにPKが与えられる。しかし、オンフィールドレビューの結果、テラが自らぶつかりにいったとの判定でPKは取り消しに。 その直後にはリーズがロングカウンターを仕掛けてダラスのフィードに飛び出したラフィーニャがボックス内まで持ち込むが、ここはシュートを大事に打ちに行こうとしたところをロメウが後方から見事なスライディングでボールを突いて決定機を阻止した。 互いに決定機を作り合うもゴールレスで折り返した試合は立ち上がりにいきなり動く。47分、リーズが自陣からロングカウンターを仕掛けると、ハーフウェイライン付近のロバーツから出たスルーパスを受けたバンフォードがボックス内まで持ち込んで丁寧な左足のシュートをゴール右隅へ流し込んだ。 ホームチームの先制点によってここからよりオープンな展開となると、アームストロングのミドルシュート、ボックス内でのロバーツの連続フィニッシュと互いに相手ゴールへ迫る場面を作り出す。 失点以降、相手の勢いに押されて劣勢の状況が続くセインツは58分、テラとレドモンドを下げて南野とイングスの主力2選手を同時投入。だが、直後の61分にはリーズのカウンターを浴びてボックス左でラフィーニャが折り返したボールをジョレンテにワンタッチで蹴り込まれるが、ここはGKマッカーシーのビッグセーブで事なきを得た。 その後、負傷したロメウを下げてジェネポを投入したセインツだが、2失点目を防ぐのが精いっぱいでなかなか決定機まで持ち込めない。すると、78分には南野の右からのクロスを撥ね返された流れのリーズのカウンターからボックス手前中央でエウデル・コスタの横パスを受けたダラスに左足アウトにかけた見事なシュートを突き刺されてリードを広げられる。 さらに、84分にはペナルティアーク付近で与えたFKをキッカーのラフィーニャに壁の間を抜く見事なシュートでゴール左隅に決められて瞬く間に3失点を喫することになった。 何とか一矢報いたいアウェイチームだったが、その後も相手の勢いを止めきれぬまま試合はタイムアップ。リーズに連敗ストップの白星を献上したセインツは敵地で完敗し、チェルシー戦でのドローを良いキッカケにすることはできなかった。 2021.02.24 04:58 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly