ケルン、ヘルタからスロバキア代表MFドゥダを完全移籍で獲得!

2020.09.16 23:10 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ケルンは16日、ヘルタ・ベルリンに所属するスロバキア代表MFオンドレイ・ドゥダ(25)を完全移籍で獲得した。契約期間は2024年6月30日までとなる。レギア・ワルシャワで台頭したドゥダは、2014年にヘルタに完全移籍で加入。優れたパスセンス、突破力に加えて、得点も奪える攻撃的MFとして、在籍3年半で公式戦71試合に出場し13ゴール9アシストを記録した。

昨シーズンはシーズン前半戦をリーグ戦7試合でノーゴールで終えるなど不振に陥ると、今冬にノリッジへレンタル移籍。ノリッジではプレミアリーグ10試合に出場したが、低迷するチームを救うことはできず。ノリッジは最下位でチャンピオンシップ(イングランド2部)に降格した。

ケルンへの移籍が決まったドゥダは、公式サイトで以下のように喜びを語った。

「ケルンに加入出来てとても嬉しい。ケルンはブンデスファンの誰もが知っているクラブだ。これは僕にとってワクワクする挑戦だ。このクラブのために全力を尽くすつもりだよ」
コメント
関連ニュース
thumb

昨季12発、ウニオン・ベルリンのスウェーデン代表FWアンデションがケルンへ完全移籍

ケルンは15日、ウニオン・ベルリンからスウェーデン代表FWセバスティアン・アンデション(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月までの3年間。背番号は「9」をつける。 アンデションは、母国スウェーデンのエンゲルホルムでキャリアをスタート。その後は、カルマル、ユールゴーデン、ノルヒェーピングと母国クラブを渡り歩き、2017年8月にカイザースラウテルンへと完全移籍。2018年7月にウニオン・ベルリンに移籍していた。 加入1年目はブンデスリーガ2(ドイツ2部)で34試合に出場し12ゴール6アシストを記録。チームのブンデスリーガ昇格に貢献すると、2019-20シーズンは33試合に出場し12ゴール3アシスト。チームのブンデスリーガ残留に大きく貢献していた。 アンデションは今回の移籍に関してコメント。新たな挑戦に向けた意気込みを語った。 「僕にとって新しい挑戦は重要だ。ベルリンでは、この2年間で個人的にもフィジカル的にも成長してきた。ケルンへの移籍は次のステップだ」 「この特別なクラブでの冒険を楽しみにしている。僕は常に全力を尽くし、チームのために一生懸命働き、シーズン目標のゴールを決める選手だ」 2020.09.16 10:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ヘルタ・ベルリン、ケルンFWコルドバを完全移籍で獲得

ヘルタ・ベルリンは15日、ケルンのコロンビア人FWジョン・コルドバ(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は長期とだけ発表されているが、ドイツ『キッカー』によれば2024年6月までの4年間で、移籍金は1500万ユーロ(約18億7000万円)とのことだ。 2017年夏にマインツからケルンに加入したストライカーのコルドバは、ケルンで公式戦86試合に出場して37ゴール8アシストを記録。昨季はブンデスリーガ29試合の出場で13ゴールを挙げる活躍を見せていた。 ヘルタ・ベルリンでは昨年から投資家のラース・ヴィントホルスト氏による巨額の投資が行われ、積極補強が目立っている。 2020.09.16 07:30 Wed
twitterfacebook
thumb

1部昇格を目指すハンブルガーSV、2018-19シーズンの独2部得点王FWテローデをケルンから獲得!

ドイツ2部のハンブルガーSVは20日、ケルンからドイツ人FWシモン・テローデ(32)を完全移籍で獲得した。契約期間は2021年6月30日となる。 これまでケルンやウニオン・ベルリン、ボーフム、シュツットガルトを渡り歩いてきたテローデは、2018年冬に当時残留争いの真っ只中のケルンへ復帰。2017-18シーズンにチームはブンデスリーガ2部に降格したが、テローデはチームに残留すると2018-19シーズンは、ブンデス2部で33試合に出場し29ゴールをマーク。チームを優勝に導き、個人でも得点王を獲得した。 しかし、昇格初年度となった2019-20シーズンは出番が減少。公式戦25試合に出場しているが、スタメン出場はブンデスリーガの7試合に留まっていた。 2020.08.21 06:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ケルン、元ドイツ代表GKツィーラーをレンタルで獲得…アカデミー以来の復帰

ケルンは13日、ブンデスリーガ2部のハノーファーから元ドイツ代表GKロン=ロベルト・ツィーラー(31)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。期間は2021年6月末までとなる。 過去にマンチェスター・ユナイテッドの下部組織やレスター・シティに在籍経験のあるツィーラーは、昨季にシュツットガルトからハノーファーに完全移籍。今季はリーグ戦31試合に出場し守護神として君臨。各世代のドイツ代表を経験し、A代表でも6キャップを記録していた。 自身の出生地でもあり、アカデミー以来のケルン復帰となるツィーラーは、クラブ公式サイトに古巣帰還の喜びを語っている。 「ケルンに戻れて嬉しいよ。オファーが来てから決断まで長くはかからなかった。マネージング・ディレクターのホルスト・ヘルトやGKコーチのアンドレアス・メンゲルとは良い話し合いができたよ。また故郷の街でプレーできることを本当に楽しみにしているよ」 2020.08.13 18:41 Thu
twitterfacebook
thumb

ケルンで2選手が新型コロナに感染…新シーズンに向けた最初のトレーニングを欠席

ケルンは8日、MFサリフ・エズジャンとFWティム・レンペールが新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したことを発表した。 ケルンは、8日に新シーズンに向けた最初のチームトレーニングを実施。それに伴い、水曜日と金曜日に新型コロナの検査を実施した結果、エズジャンとレンペールに陽性反応がが確認されたという。 これを受け、クラブは速やかに保険当局へ結果を報告し、話し合いの末に両選手は自宅での隔離生活を送っているとのことだ。なお、その他の選手、スタッフは2回の検査で無事に陰性と診断された。 2020.08.09 03:00 Sun
twitterfacebook