バイエルン、アヤックスSBデスト獲得に向け関心継続! 障壁はクラブ間の評価額

2020.09.16 16:40 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンは、右サイドバックの有力な補強候補の一人として、アヤックスのアメリカ代表DFセルジニョ・デスト(19)への関心を継続しているようだ。ドイツ『シュポルト・ビルト』が報じている。バイエルンは、スペイン代表DFアルバロ・オドリオソラのレアル・マドリーのレンタルバックに伴い、右サイドバックの補強が今夏の優先事項となっている。

そういった状況の中、予てより獲得候補の一人に挙がっているのが、高い身体能力とアヤックス仕込みのテクニックを併せ持つ気鋭の右サイドバックだ。

『シュポルト・ビルト』によると、バイエルンは今冬から獲得を目指していたデストに対して、1000万ユーロ(約12億5000万円)のオファーを準備しているという。だが、アヤックスは同選手の移籍金を1500万~2000万ユーロ(約18億7000万~25億円)に設定しており、獲得交渉が難航している模様。

両クラブの希望額に大きな溝がある中、解決策となり得るのが、バイエルンの掲示額の不足分をクラブの戦績や選手のパフォーマンスに応じたボーナスの支払いに切り替えるというプランだ。

バイエルンが、このタイミングでのデスト獲得にどこまでこだわるかは不明なところだが、是が非でも獲得した場合、各種ボーナスを受け入れる必要がありそうだ。
コメント
関連ニュース
thumb

キャノン砲炸裂!ヴェルトンゲンがアヤックス時代に決めた強烈シュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はベンフィカのオランダ代表DFヤン・ヴェルトンゲンがアヤックス時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆アヤックス時代のヴェルトンゲンが決めた強烈なシュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ0RGxoM2Q1aiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> アヤックスの下部組織出身のヴェルトンゲンは、2006年にファーストチームデビュー。守備の要としてブレイクし、2012年にトッテナムに引き抜かれた。 守備力もさることながら、正確なロングフィードや高いヘディングを活かして攻撃面での貢献も大きかったヴェルトンゲンだが、2011年3月20日に行われた、エールディビジ第28節のADOデン・ハーグ戦では豪快なスーパーゴールを決めている。 0-1とデン・ハーグのリードで迎えた70分、ボックス左でアヤックスがFKのチャンスを得る。するとキッカーのMFクリスティアン・エリクセンは、相手の裏をかきゴール前の少し下がった位置でフリーになっていたヴェルトンゲンにグラウンダーのパスを送る。 後方から走り込んできたヴェルトンゲンがこれを強烈なダイレクトシュート。近距離から放たれた強烈なシュートは、GKにセーブの隙を与えずにゴールネットに突き刺さった。 これで同点に追いついたアヤックスだったが、その後打ち合いになり、2-3で敗れている。 2020.09.23 19:00 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ、オランダ出身19歳右SBデストを巡ってアヤックスとクラブ間合意か

バルセロナが、アメリカ代表DFセルジニョ・デスト(19)の移籍に関してアヤックスと合意に達したようだ。スペイン人ジャーナリストのアルフレッド・マルティネス氏が伝えている。 セルジニョ・デストはアヤックスの下部組織出身の右サイドバック。生まれも育ちもオランダだが、父親がアメリカ人であることから代表はアメリカを選び、昨年9月のデビューからここまで3試合に出場している。 アヤックスでは昨シーズンにトップチームデビューし、エールディビジ20試合で5アシストを記録。抜群の突破力と正確な右足のキックを備えており、スペイン『アス』はサイドバックながらストライカーとしての能力にも長けていると評価している。 伝えられるところによると、そんなデストに関して両クラブは移籍金2000万ユーロ(約24億5000万円)とボーナス500万ユーロ(約6億1300万円)という内容で合意。一方ではバイエルンからの関心も報じられているが、1000万ユーロのオファーは拒否されたと報告されている。 バルセロナはポルトガル代表DFネウソン・セメドのウォルバーハンプトン行きが迫っているとされ、その後釜を探している最中。デストの他にもノリッジ・シティでプレーするU-21イングランド代表DFマックス・アーロンズ(20)の獲得にも動いているようだ。 2020.09.23 15:33 Wed
twitterfacebook
thumb

フンテラールとスアレスのコンビプレー!アヤックス時代の2人が決めた美しい連携ゴール【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はバルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆スアレスがフンテラールとの連携から決めた美しいゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJoUkwzclJCMSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 母国でのプロデビューを経て、オランダへ渡ったスアレスは2007年夏にアヤックスに移籍。2011年1月にリバプールに引き抜かれるまで、公式戦159試合111ゴールを挙げている。 オランダでも抜群のセンスを武器に得点を量産していたスアレスだが、2007年8月19日のエールディビジ開幕節、デ・フラーフスハップ戦ではチームメイトとの見事な連携からゴールを決めている。 1-0とアヤックスリードの42分、左サイドでボールを持ったスアレスはドリブルで前に進みつつ、相手の様子を伺う。するとボックス内に走り出したFWヤン・フンテラールの動きを見つけ、すかさず浮き球のパス。そのまま自身もゴール前へ走っていく。 フンテラールからのヒールのリターンパスを受けたスアレスは、相手DFを置き去りにしてGKと1vs1に。これをゴール右にしっかりと沈め、見事な連携から追加点を奪った。 この後アヤックスは得点を重ね続け、終わってみれば8-1のという大勝を収めている。 2020.09.22 21:00 Tue
twitterfacebook
thumb

レンタル移籍を勧められたバルサMFプッチ、クーマン監督のオススメ新天地はアヤックス?

バルセロナのU-21スペイン代表MFリキ・プッチ(21)が、アヤックスに行く可能性があるようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 バルセロナ下部組織出身で、2018年12月にトップチームデビュー。新たな攻撃の一角として、バルサの将来を担う逸材として注目を集めているプッチだが、ロナルド・クーマン監督からは出場機会を増やすためにレンタル移籍を勧められている状況だ。 ジョアン・ガンパール杯のメンバー外になったことから戦力外とも見られたが、クーマン監督は戦力外を否定。しかし、バルセロナBではプッチには物足りず、ファーストチームでは出場機会が満足に与えられないことから、武者修行させ成長を促したい意向があると語った。 年齢的にも継続してプレーを続け、成長し続けることが必要だと考えられるプッチ。バルセロナでベンチに座り続けることを避けさせたいため、プッチと代理人との話し合いの場を持つようだ。 そんな中、クーマンのコーチングスタッフとスポーツ面から見た最善の移籍先はアヤックスであると見られており、移籍となれば成長に大きな影響を与えると考えられている。 現時点でアヤックスからのオファーはないものの、クーマン監督はエリク・テン・ハグ監督の下でプッチをプレーさせたい意向があるようだ。 クーマン監督のチームには、フレンキー・デ・ヨング、セルヒオ・ブスケッツ、ミラレム・ピャニッチが中盤を形成し、プッチよりもカルレス・アレーニャの方が序列が上の状況。1つ前のポジションでは、リオネル・メッシ、フィリペ・コウチーニョ、アントワーヌ・グリーズマン、アンス・ファティ、ペドリと多くの選手がいる状況だ。 2020.09.21 17:40 Mon
twitterfacebook
thumb

右足一閃!アヤックス時代のスアレスが叩き込んだ豪快なロングシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はバルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスがアヤックス時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆アヤックス時代のスアレスが決めた豪快なロングシュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ1cWEzd1NOaSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 母国ウルグアイでのプロデビュー後、オランダに渡ったスアレス。その後加入したリバプールで大ブレイクを果たし、バルセロナへの移籍を掴み取っている。 類稀な攻撃センスで相手を翻弄するスアレスだが、アヤックス時代の2010年8月6日に行われたKNVBカップ決勝、フェイエノールトとのKNVBカップ決勝では、豪快なゴールでチームを優勝に導いている。 開始早々の4分、アヤックスが前線からのプレッシャーで相手のパスミスを誘うと、スアレスがこれをかっさらう。相手陣内中央でボールを持ったスアレスはそのままドリブルすると、ボックスの外からロングシュート。 強烈なシュートは低い弾道でゴールへ一直線に飛んでいくと、GKの手を弾き、ゴールネットに突き刺さった。いきなりの先制ゴールを決めたスアレスは、その後も追加点を決め、4-1の勝利と優勝に貢献している。 2020.09.19 19:00 Sat
twitterfacebook