オーバメヤンがアーセナルと新たに3年契約延長!

2020.09.16 01:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルは15日、主将を務めるガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(31)と新たに3年契約を延長したことを発表した。現行契約が2021年夏までだったため、2024年夏まで契約を延長したことになる。バルセロナやインテルへの移籍も報じられていたオーバメヤンだったが、今後もアーセナルのエースとしてプレーすることが決まった。

契約延長に至ったオーバメヤンは「特別なクラブとの契約延長は当然のことだ。アーセナルを信じているし、偉大なことを成し遂げることができると思っている。ここでプレーすることがベストだと信じている」とコメント。

2018年1月にドルトムントから5600万ポンドで加入したオーバメヤンは、ここまで公式戦111試合で72ゴール25アシストという見事な成績を収めている。昨季はFAカップ決勝でチェルシー相手に2ゴールを決めて最多14度目の制覇に導くと、先日のコミュニティ・シールドでもゴールを決めて、PK戦の末のリバプール撃破に貢献していた。
コメント
関連ニュース
thumb

好調アーセナルにエジルの居場所なし…アルテタ「公平に仕事をしなければならない」

アーセナルのミケル・アルテタ監督は、好調を継続する現チームにおいて元ドイツ代表MFメスト・エジル(31)の居場所がないことを示唆している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 昨シーズンのFAカップで優勝を果たし、アルテタ新体制での初タイトルを獲得したアーセナル。新シーズンに入っても好調を維持するチームは、コミュニティー・シールドでリバプールをPK戦の末に破ると、プレミアリーグでもフルアム、ウェストハム相手に開幕2連勝。さらに、直近のEFLカップ(カラバオカップ)3回戦では難敵レスター・シティを2-0で下し、公式戦の連勝を継続している。 今夏に獲得したブラジル代表MFウィリアン、ブラジル人DFガブリエウが早速フィットし、去就問題を抱えていたエースでキャプテンのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンの契約延長が決定するなど、チームを取り巻く雰囲気は非常に明るい。 その一方で、気がかりなのは現行契約が1年を切り、去就が不透明となっているエジルの存在だ。 アルテタ監督就任当初は継続的にスタメンで起用されてきたエジルだが、新型コロナウイルスによる長期中断が明けて以降は、一度もプレー機会が与えられていない。そのため、同選手が最後にプレーしたのは、3月7日に行われたプレミアリーグ第29節のウェストハム戦まで遡る。 今シーズンに入っても4試合連続でメンバー外となり、控えメンバーが多数起用、メンバー入りした23日のレスター戦でもエジルの名前はメンバー表になかった。 今回、構想外とも言えるエジルの現状について説明を求められたスペイン人指揮官は、現スカッドに背番号10の居場所がないことを示唆している。 「チームは進化しているし、彼らが到達しているレベルを見て取れるはずだ」 「これが現時点での我々のいる位置だ。もっと進化して、より良いプレーをして、より良い競争をしていきたい。それを維持し続けなければならない」 「ここでのパフォーマンスに本当に満足している。そのおかげでコーチングスタッフがメンバー選びにどれだけ苦労していることか…」 「我々は各試合でベストと判断したプレーヤーを選んでいる。そのために我々はトレーニングから懸命に取り組んでおり、それこそ我々がやろうとしていることだ」 「我々が毎週のように選手を入れ替えていることは見ていてわかるはずだ。それはメストだけでなく他の選手も含めて、難しいことだ。ただ、我々は毎週適切なプレーヤーを選ぼうとしている」 「もちろん、君の質問は理解しているし、尊重している。だが、できるだけ公平に仕事をしなければならない。私としてはコンディションの良いプレーヤーを選ぶようにしている」 今回、アルテタ監督はエジル個人にスポットを当てて語ることはなかったものの、単純に普段のトレーニングから見せているパフォーマンスが自身の求める水準に達していないことを暗に示している。 2013年夏にレアル・マドリーから加入し、ここまで公式戦254試合の出場で44得点77アシストをマークするなど、長年に渡ってガナーズの攻撃をけん引してきたエジル。しかし、アルテタ体制でポジションを取り戻すには相当な努力が求められる。 2020.09.24 21:26 Thu
twitterfacebook
thumb

「試合に対する考え方やアプローチに本当に満足している」レスター撃破にアルテタ監督は歓喜

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、レスター・シティ戦の結果に喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 アーセナルはEFLカップ3回戦でレスター・シティと対戦。57分に相手オウンゴールで先制すると、試合終了間際にFWエディ・エンケティアが試合を決めるゴールを記録して、2-0の快勝を収めた。 試合後、「パフォーマンスに加えて、選手の試合に対する考え方やアプローチに本当に満足している」と選手たちのパフォーマンスを称えたアルテタ監督は、もっと得点できたと語りながらも、試合内容には満足していると述べた。 「この大会で気を緩める傾向がある。だが、ベテラン選手と若手選手が真剣に受け止め、どのようにプレーしてたかを確認できた」 「我々が試合の長い時間をコントロールし、ハイプレスも非常に効率的だった。本当に良いボールもあったから我々はもっと多くのゴールを決めれたし、前半により多くのチャンスを作れたと思う。全体的にはパフォーマンスに本当に満足している」 「勝利する時は物事がいきなり変化するから勝つために試し続けなければいけない。全ての試合で競争をして、全試合に勝利したいという欲望を示すために選手に要求する。彼らが今夜やったことを再びね」 2020.09.24 12:55 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナルがレスターを下して4回戦進出!《EFLカップ》

EFLカップ3回戦、レスター・シティvsアーセナルが23日に行われ、0-2でアーセナルが勝利した。 プレミアリーグで開幕2連勝スタートを切った両チームの激突。レスターは3日前に行われたバーンリー戦のスタメンから全選手を変更。イヘアナチョやマディソン、グレイにチョードリーらがスタメンとなった。 一方のアーセナルは4日前のウェストハム戦のスタメンから7選手を変更。GKレノ、サカ、コラシナツ、ホールディングの4選手が引き続きスタメンとなった。 [4-2-3-1]で臨んだレスターは最前線にイヘアナチョ、2列目に右からオルブライトン、マディソン、グレイと並べた。 対するアーセナルは[3-4-3]を採用。3トップに右からペペ、エンケティア、ネルソンと並べた。 開始3分、まずはアーセナルにチャンス。ネルソンのカットインシュートがわずかに枠の右上に外れた。対するレスターは6分にチャンス。右クロスに合わせたイヘアナチョのシュートはGKレノにセーブされた。 主導権争いが続く中、31分にはアーセナルに先制のチャンス。だが、左CKの流れからファーサイドのネルソンがシュートを放つも枠の左に外れる。 39分にはレスターに先制のチャンスが訪れるも、マディソンのコントロールシュートは右ポストに直撃し、前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半、徐々に押し込む展開としたアーセナルは57分、ペペがドリブルでゴールエリア右まで侵入。右ポストに直撃したシュートのルーズボールがフックスに当たってゴールに吸い込まれ、アーセナルが先制した。 さらに73分、エンケティアのループシュートが枠を捉えたが、ゴールライン上でのモーガンの好クリアに阻まれる。 そして81分にはFKからアジョセ・ペレスのヘディングシュートでゴールに迫ったレスターだったが、90分にアーセナルが勝負を決定付ける。途中出場のベジェリンがボックス右まで侵入してクロスを入れると、エンケティアがシュートをねじ込んだ。 このまま2-0で勝利したアーセナルがレスターを下して4回戦へ進出している。 2020.09.24 05:49 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナルのMFトレイラ獲得にトリノが本腰、幹部がロンドンで交渉

アーセナルのウルグアイ代表MFルーカス・トレイラ(24)だが、まだまだその獲得レースは終わらないようだ。 イタリアへの帰還を望んでいるとされるトレイラ。今夏の移籍が既定路線となっており、シーズンから開幕2試合はメンバー外となっていた。 『ESPN』はアトレティコ・マドリーがトリノやフィオレンティーナ、ミランとの獲得レースに勝利したと報道。しかし、イタリア『Sportitalia』はトリノがまだ争っていると主張した。 トリノは、サンプドリア時代の恩師であるマルコ・ジャンパオロ監督が指揮。イタリアに戻りたいトレイラとしては、トリノで恩師との再会を待ちわびていることだろう。 トレイラはペスカーラ、サンプドリアでプレー。セリエAでは71試合に出場し4ゴール1アシストを記録。2018年7月にアーセナルへ加入すると、公式戦89試合に出場し4ゴール6アシストを記録し、2019-20シーズンもプレミアリーグで29試合に出場し1ゴール1アシストと出場機会を得ていた。 『Sportitalia』によれば、トリノの取締役がロンドンに滞在し、アーセナルとの取引を終わらせようとしているとのこと。買い取り義務付きのレンタル移籍を目指しているとのことだが、果たしてどうなるだろうか。 2020.09.23 11:45 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナル、アイスランド代表GKルナルソンの獲得を正式発表!

アーセナルは21日、ディジョンに所属するアイスランド代表GKルナル・アレックス・ルナルソン(25)を完全移籍で獲得した。契約期間は2024年6月30日までとなる。 KRレイキャヴィクの下部組織出身のルナルソンは、17歳でプロデビュー。デンマークのノアシェランを経て、2018年夏にディジョンへ完全移籍。ここまでの在籍2シーズンでリーグ・アン36試合に出場し、6度のクリーンシートを記録している。 ロングパスの精度に優れる一方、肝心のセービングスキルに関しては粗が目立ち、昨季のディジョンでは、セネガル代表GKアルフレド・ゴミスに次ぐセカンドGKとしてプレーしていた。 なお、アーセナルでは昨シーズンのFAカップ制覇に貢献したアルゼンチン代表GKエミリアーノ・マルティネス(28)が今夏にアストン・ビラに完全移籍。第3GKにはイングランド人GKマット・メイシー(26)が控えているが、実力不足は否めず。有事に備えてセカンドGKの確保が急務となっていた。 2020.09.22 02:05 Tue
twitterfacebook