バルサ、デパイ獲得か リヨンと総額37.6億円で合意報道

2020.09.15 14:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リヨンに所属するオランダ代表FWメンフィス・デパイ(26)のバルセロナ入りが決定した模様だ。オランダ『Telegraaf』によると、バルセロナとリヨンは基本移籍金2500万ユーロ(約31億4000万円)+ボーナス500万ユーロ(約6億2000万円)の総額3000万ユーロ(約37億6000万円)で合意。リヨンとの契約を2021年まで残すデパイだが、今週末にもバルセロナを訪れ、移籍が発表される見込みだという。

12季ぶりの無冠に終わった昨季からの復権を期する今季に向け、チーム内の刷新に動いたバルセロナは新たな指揮官としてオランダ代表を率いるロナルド・クーマン氏を招へい。クーマン監督はウルグアイ代表FWルイス・スアレスら一部主力に構想外を通達したといわれ、新たな風を吹き込もうとする動きも活発化している。

そんなバルセロナは長らくインテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスがメインターゲットに挙がったが、新型コロナウイルスの感染拡大で財政的に余裕がなく、最終的にクーマン監督の強い要望も受け入れる形で、スアレスに代わる新たなストライカーとしてデパイの獲得に至ったようだ。

2017年からリヨンでプレーするデパイはマンチェスター・ユナイテッド時代に燻った才能を輝かせ、今やエースに。プロキャリアをスタートしたPSV時代こそ左ウイングが主戦場だったが、リヨンでストライカーとしても重宝され、今季もリーグ・アン開幕から2試合ですでに3得点と高い決定力をみせつけている。

バルセロナ移籍に気持ちを高ぶらせているというデパイ。正式決定となれば、残留を決断したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシや、今季から背番号「7」を背負うフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンとの化学反応に期待がかかる。
コメント
関連ニュース
thumb

そこに通す!?バルサ時代のサンチェスが決めた豪快ニアポスト弾【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はインテルに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェスがバルセロナ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆サンチェスがクルトワの守るニアポストをぶち抜く<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJaNUU3NnpJSyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 若くしてイタリアのウディネーゼに引き抜かれたサンチェスは、同クラブでブレイク。その後バルセロナやアーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、そしてインテルとビッグクラブを渡り歩いている。 突破力抜群のドリブルと、高い決定力を武器に各チームで活躍を続けるサンチェスだが、バルセロナ時代の2014年5月17日に行われたラ・リーガ第38節のアトレティコ・マドリー戦では、豪快なゴールを決めている。 0-0で迎えた34分、MFセスク・ファブレガスがボックス内にボールを入れる。これをFWリオネル・メッシが相手を背負いながら胸でトラップ。このトラップはやや伸びてしまったものの、これをボックス右で拾ったサンチェスがダイレクトで豪快なシュート。 ボックス右深部の角度の厳しい位置からの強烈なシュートは、GKティボー・クルトワの守るニアポストを抜き、ゴール右上に突き刺さった。 先制に成功したバルセロナだったが、後半に追いつかれ、試合は1-1のドローに終わっている。 2020.09.26 20:30 Sat
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ第3節プレビュー】新生バルサvs久保ビジャレアル! アトレティコ&セビージャも初陣

先週末に開催された第2節では、初陣となった王者レアル・マドリーがレアル・ソシエダ相手にまさかのドロー発進となった一方、ベティス、グラナダが開幕2連勝。また、MF久保建英を擁するビジャレアルが、MF乾貴士、FW武藤嘉紀を擁するエイバルとの日本人対決を制し、新天地での初白星を手にしている。 今回の第3節ではヨーロッパのコンペティション参戦の影響で開幕後ろ倒しが許可されていたバルセロナ、アトレティコ・マドリー、セビージャの3クラブが、対戦カードの関係で開幕が待たれていた昇格組エルチェと共に初陣を迎え、いよいよ今シーズンが本格的にスタート。 そして、監督交代にエースの去就問題、多くの主力の放出など、混迷を極めている昨季2位のバルセロナは、ビジャレアルとのホームゲームで新シーズンをスタートする。 今夏、バルセロナはクラブOBのクーマンを新指揮官に据え、MFピャニッチ、FWトリンコン、FWペドリ、レンタルバックのMFコウチーニョを新戦力として迎え入れた一方、FWスアレス、MFラキティッチ、MFビダル、DFセメドと昨季までチームを支えた主力を揃って放出。プレーシーズンでは[4-3-3]、[4-2-3-1]を併用してヒムナスティック、ジローナ、エルチェに連勝を飾ったが、チームの全容は完全には見えてきておらず、今回の初陣には良くも悪くも注目が集まるところ。とりわけ、オランダ人指揮官の信頼を得ていると言われるFWグリーズマン、コウチーニョ、モチベーション低下が懸念されるFWメッシのプレーは要注目だ。 そのバルセロナ相手に連勝を目指すビジャレアルは、前節のエイバル戦を2-1で制してエメリ新体制初白星。両サイドバックの主力の長期離脱は懸念材料も、FWジェラール・モレノ、FWアルカセルの2トップが結果を出すなど、徐々にパフォーマンスを上げている印象だ。その中で開幕2戦連続で途中出場が続いている久保には古巣対戦での今季初先発に期待が集まるところだが、エメリ監督は攻守のバランスが取れたMFモイ・ゴメス、FWチュクウェゼの両翼に満足しており、守備面でやや問題を抱える久保は引き続きベンチスタートが濃厚だ。 FWモラタがユベントスに旅立ち、代わってスアレスが加入したアトレティコは、元バルセロナFWのデビューも期待されるホームでの今季初陣で開幕連勝のグラナダと対戦する。前述のストライカーの入れ替え、副官ブルゴスが去った以外に大きな変化のない昨季3位チームだが、新型コロナウイルスの影響でプレシーズンのキャンプやトレーニングマッチが中止となり、シメオネ監督に陽性反応が出るなど、開幕に向けて十分な準備ができなかった。対戦相手のグラナダは昨季同様、良い形でシーズンをスタートしており、タフな開幕戦になりそうだ。 昨季4位でヨーロッパリーグ(EL)王者のセビージャは、24日に行われたバイエルンとのUEFAスーパーカップでシーズンをスタート。延長戦の末にチャンピオンズリーグ(CL)王者に1-2で競り負けたものの、新戦力のラキティッチのフィット具合を含め、仕上がりは上々。前節、今季初勝利を手にした昇格組カディスとのアンダルシア自治州ダービーでは、アンダルシアの雄として貫録の戦いぶりが期待できそうだ。 前述の3強に先駆けて前節に開幕を迎えた王者マドリーは、ソシエダ相手に主導権こそ握ったものの、最後の局面で質を欠き0-0のドローで連覇を狙うシーズンをスタート。守備的に戦った対戦相手の健闘を評価したいところだが、左右のウイングで起用されたFWロドリゴ、FWヴィニシウスのブラジル人コンビはやや見せ場を欠いており、初勝利に向けてはエースFWベンゼマにいかに決定機を供給できるかがカギとなる。ただ、コンディションに問題を抱えるMFアザール、FWアセンシオの2人は引き続き招集外となっている。 一方、元エルブランコ指揮官のペジェグリーニを新指揮官に据えたベティスは開幕2連勝と好調な滑り出しを見せている。後半アディショナルタイムの劇的ゴールで勝利したアラベスとの開幕戦とは一転して、前節はバジャドリー相手に前半序盤に奪った2ゴールを最後まで守り抜いての2-0の快勝と、指揮官の求める新たなスタイルの浸透も進む。また、昨季は王者相手に1勝1分けと好成績を収めている。 共に今季初白星を目指す日本人選手所属チームでは、乾と武藤のエイバルがアスレティック・ビルバオとのバスク自治州ダービー、FW岡崎慎司所属のウエスカがバレンシア戦に臨む。 前節、ビジャレアルに競り負けたエイバルでは乾が開幕2試合連続でスタメンを飾り、ゴールこそ奪えていないものの上々のパフォーマンスを見せている。また、加入即ベンチ入りを果たした武藤に関してはメンディリバル監督の評価も高く、ダービーでのラ・リーガデビューも期待されるところ。一方、開幕2戦連続フル出場もチームと共に結果が出ていない岡崎は、格上バレンシアを相手にプリメーラ初ゴール&初勝利を期待したい。 《ラ・リーガ第3節》 ▽9/26(土) 《20:00》 アラベス vs ヘタフェ 《23:00》 バレンシア vs ウエスカ 《25:30》 エルチェ vs レアル・ソシエダ 《28:00》 ベティス vs レアル・マドリー ▽9/27(日) 《19:00》 オサスナ vs レバンテ 《21:00》 エイバル vs アスレティック・ビルバオ 《23:00》 アトレティコ・マドリー vs グラナダ 《25:30》 カディス vs セビージャ バジャドリー vs セルタ 《28:00》 バルセロナ vs ビジャレアル 2020.09.26 19:00 Sat
twitterfacebook
thumb

スアレスのバルサ退団劇、同胞フォルランが皮肉交じりに語る

元ウルグアイ代表FWのディエゴ・フォルラン氏がウルグアイ代表FWルイス・スアレスのバルセロナ退団劇に言及した。 2014年夏にリバプールからバルセロナに加わり、クラブ歴代3位の公式戦通算198ゴールを誇ったスアレスだが、今季から指揮を執るロナルド・クーマン監督の構想から外れ、25日にアトレティコ・マドリーに移籍した。 大きな話題をさらったスアレスのアトレティコ行きだが、フォルラン氏からすれば、驚きでも何でもないようだ。スペイン『Radio MARCA』で同胞の移籍劇について、こう述べた。 「あのクラブのスアレスに対する仕打ちは彼らの歴史上でほかの選手の身にも起こったことだ」 「最も重要なのは彼がバルセロナのためにすべてを尽くしたということ。彼自身が後悔することは何もない」 元スペイン代表FWのダビド・ビジャ氏ら歴代点取り屋をあっさりと手放してきたバルセロナの歴史を皮肉交じりに指摘したフォルラン氏。自身の古巣でもあるアトレティコでスアレスの活躍を期待した。 「スアレスのような選手はアトレティのようなクラブでうまくやれる。家にいるような感覚になると思う。彼がチームの力となり、トップポジションを目指して戦ってくれるのを願う」 また、「スアレス、ジョアン・フェリックス、ジエゴ・コスタがアトレティコ・マドリーのトリデンテを形成し得る」と語り、チームとしての新たな形にも期待を膨らませている。 2020.09.26 11:50 Sat
twitterfacebook
thumb

バルサ黄金時代の正守護神、ビクトル・バルデス【ピックアップ・プレイヤー】

サッカーでは、GK、DF、MF、FWとそれぞれ役割の全く異なるポジションで、それぞれにスター選手がいる。今回の企画『Pick Up Player』では、現役を問わず各クラブを代表する選手たちをプレー動画付きで紹介していく。 今回は元スペイン代表GKビクトル・バルデス氏(38)だ。 <div id="cws_ad">◆ビクトル・バルデス、バルセロナ時代のスーパーセーブ集<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJNbzBXd25mZyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> バルセロナ下部組織出身のバルデスは、2002年に当時監督を務めていたルイ・ファン・ハール氏に抜擢されトップチームデビュー。2003-04シーズンから正守護神の座を掴むと、バルセロナの選手らしい足元の技術とセーブ能力を兼ね備えた名手として、以降10シーズンに渡ってカタルーニャの名門のゴールマウスを守り続けた。 この間に6度のラ・リーガ制覇、3度のチャンピオンズリーグ制覇、2度のFIFAクラブ・ワールドカップ制覇など、獲得可能な有力タイトルをほぼすべて獲得してきた。個人としても1シーズンで1試合当たりの平均失点が最も少なかったGKに与えられるサモラ賞を5度獲得している。 2010年にデビューを飾ったスペイン代表では、GKイケル・カシージャスらの存在によりバックアッパーに甘んじ、公式戦21試合の出場にとどまった。それでも2010年の南アフリカ・ワールドカップとユーロ2012で優勝を経験した。 2014年にバルサを去ったバルデスはその後、マンチェスター・ユナイテッド、スタンダール・リエージュでのプレーを経て、ミドルズブラに加入したが、1シーズンだけプレーした後、2017年5月25日にクラブとの契約を解消。同年8月17日にバルデスが現役引退を表明した。 引退後は起業家へ転身し、2人のパートナーと共同でテレビ製作会社『Crazy4fun』を設立したバルデスだったが、2019年夏にバルセロナに復帰しフベニールA(U-19)の指揮官に就任した。しかし、しかし、初陣でいきなり審判に暴言を吐き退場処分を受けたほか、上層部との確執も生まれ、就任からわずか3カ月で解任されていた。2019年10月にはその任を解かれた。今季からはテルセーラ・ディビシオン(スペイン4部)のオルタの監督に就任している。 2020.09.26 11:00 Sat
twitterfacebook
thumb

スアレスのアトレティコ移籍が決定!2年契約を締結

アトレティコ・マドリーは25日、バルセロナを戦力外になっていたウルグアイ代表FWルイス・スアレス(33)の獲得を発表した。契約期間は2022年6月までの2年間で、移籍金はバルセロナの発表によれば、600万ユーロ(約7億3000万円)とのことだ。 2014年夏にリバプールからバルセロナに加入したスアレスは、在籍6シーズンで公式戦283試合に出場し、クラブ歴代3位となる198ゴールをマーク。 チャンピオンズリーグを1度制覇した他、4度のラ・リーガ優勝、4度のコパ・デル・レイ優勝に貢献した。しかし、ロナルド・クーマン新監督体制で構想外となり、バルセロナ退団となった。 当初はユベントス移籍が濃厚と思われていたが、パスポートの取得に時間がかかってしまい、アトレティコへの移籍で決着となった。 2020.09.26 00:10 Sat
twitterfacebook