ベルギー代表監督がアザールのコンディション不良に言及、ソシエダ戦欠場へ

2020.09.15 14:05 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーのベルギー代表MFエデン・アザールが、ラ・リーガ第2節のレアル・ソシエダ戦を欠場する可能性があるようだ。昨夏にチェルシーからレアル・マドリーに加わり、クラブのシンボルナンバーである背番号「7」を背負い期待を集めたアザールだったが、度重なる故障に苦しみ、公式戦22試合に出場し1ゴール7アシストという結果に。3シーズンぶりのラ・リーガ制覇を成し遂げたクラブに貢献できたとは言えない働きだった。

真価を問われる2年目を迎えるアザールは、9月に行われたUEFAネーションズリーグ2020-21にベルギー代表として招集。しかし、デンマーク代表戦、アイスランド代表戦では起用されなかった。

ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督は、スペイン『カデナ・コペ』でアザールの状態についてコメント。準備が必要だったために起用しなかったと理由を語った。

「彼に忍耐を与える必要がある。選手は試合に追いつけていない。彼には個人的な調整が必要だ」

「エデンは、リスクなしでプレシーズンを開始するために個別の調整が必要だった。彼は90分間プレーする準備ができていない。それが理由だった」

「もし親善試合が2つあれば、45分、次に60分プレーする機会を彼に与えただろう。でも大会の試合ではそれはできない。彼は大きなケガを負った。彼はピッチ上で100%プレーしなければいけない選手だ」

2度骨折した右足首の負傷からの回復に努めているアザールだが、まだまだコンディションが整っていない状況。14日のチームトレーニングにも姿はなかった。そのため、20日に開催される新シーズン初戦のレアル・ソシエダ戦を欠場する可能性が高いという。
コメント
関連ニュース
thumb

長短のパスを自在に操る”パスマスター”、シャビ・アロンソ【ピックアップ・プレイヤー】

サッカーでは、GK、DF、MF、FWとそれぞれ役割の全く異なるポジションで、それぞれにスター選手がいる。今回の企画『Pick Up Player』では、現役を問わず各クラブを代表する選手たちをプレー動画付きで紹介していく。 今回は元スペイン代表MFのシャビ・アロンソ氏(38)だ。 <div id="cws_ad">◆レアル・マドリー時代のシャビ・アロンソ、長短自在のスーパーパス集<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJNZ2FTRG1RVSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> いとも簡単に30メートル級のパスを通す”パスマスター”、シャビ・アロンソのキャリアはレアル・ソシエダでスタート。ビーチでのボール遊びで磨いたとも言われるそのコントロールで頭角を現すと、2004-05シーズンにリバプールへの移籍を決意する。 イングランドに挑戦の場を移したシャビ・アロンソは、赤いシャツを着ても存在感を発揮。2006年9月にはニューカッスルとの対戦の中で、ゴールまで65メートルの位置から正確にネットを揺らしてみせた。強烈なタックルの横行するプレミアリーグでも優雅にプレーしたシャビ・アロンソは、そのインテリジェンスを象徴する次のような言葉を残した。「確かにタックルが必要になる場面もあるが、それは最終手段だ」 その後、シャビ・アロンソは新・銀河系軍団の一員としてレアル・マドリーで活躍。クリスティアーノ・ロナウドや、メスト・エジル、アンヘル・ディ・マリアといったスター選手の舵を執り、ピッチ上の監督とも形容できる働きで6つのタイトル獲得に貢献した。 2014年にバイエルンに移籍すると、フィリップ・ラームのアンカー起用など1ボランチを任せられる選手を求めていたジョゼップ・グアルディオラ監督の期待にしっかりと応え、 違いを作り続けるとブンデスリーガ3連覇の中心選手となった。その後、2017年3月9日に「フットボールを生きて、フットボールを愛した。さらば、美しいゲームよ」という言葉とともに引退した。 現在は古巣ソシエダのリザーブチームの監督を務めており、一時、不調に陥っていたレアル・マドリーが招へいに関心を寄せていると噂もあったほど。そう遠くないうちにトップリーグで指揮を執るシャビ・アロンソの姿を見ることができるかもしれない。 2020.09.20 11:00 Sun
twitterfacebook
thumb

精度・威力・変化、全てが揃ったロベルト・カルロス氏の絶品FK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、元ブラジル代表DFロベルト・カルロス氏がレアル・マドリー時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆精度・威力・変化、全てが揃ったロベルト・カルロス氏の絶品FK <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIwNWwwZEFkaiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 1996年夏にレアル・マドリーへ移籍したロベルト・カルロス氏。超攻撃的なSBとして積極的な攻撃参加を見せた他、“悪魔の左足”と称される左足から放たれる破壊的な威力のFKで、セットプレーの度に相手チームの脅威となっていた。 2001年4月14日に行われたラ・リーガ第30節のビジャレアル戦では、威力だけでなくコントロールも抜群の直接FKを沈めている。 2-0で迎えた53分、マドリーはバイタルエリア左でFKを獲得する。ゴールまでは少し距離があったものの、ロベルト・カルロスが思い切りの良い助走から左足を振り抜くと、スピードのあるシュートは弧を描き、相手GKの手を弾きながらネットを揺らした。 “悪魔の左足”が威力だけではないことを証明するFKを沈めたロベルト・カルロス氏。2000-01シーズンは公式戦52試合に出場し10ゴール13アシストと、FW顔負けの数字を残している。 2020.09.20 09:00 Sun
twitterfacebook
thumb

スパーズ、マドリーからDFレギロンを完全移籍で獲得! 背番号は「3」に決定

トッテナムは19日、レアル・マドリーからスペイン代表DFセルヒオ・レギロン(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「3」に決定。契約期間は2025年6月30日までの5年となる。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、移籍金の総額は各種インセンティブを含め3200万ポンド(約43億2000万円)程度になるという。また、イギリスとスペイン双方のメディアの情報をまとめると、マドリー側は買い戻しオプションとリセール時の移籍金の一部を受け取れる契約になっているようだ。 マドリーのカンテラ出身のレギロンは、2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)のCSKAモスクワ戦でトップチームデビュー。サンティアゴ・ソラーリ体制では、ブラジル代表DFマルセロからポジションを奪うなど台頭を見せた。 だが、ジネディーヌ・ジダン監督の再任、昨夏マドリーがフランス代表DFフェルラン・メンディを獲得した影響もあり、昨シーズンはセビージャへ1年間の武者修行に出ることに。 すると、そのセビージャでは左サイドバックとウイングバックを主戦場に公式戦38試合3ゴール5アシストの活躍を披露。攻守両面で質と量を兼ね備えたプレーをみせ、ヨーロッパリーグ優勝とラ・リーガ4位フィニッシュに大きく貢献し、昨季のラ・リーガ最優秀左サイドバックの評価を得ていた。 だが、新シーズンに向けてもジダン監督の構想に入るまでには至らず、クラブがコロナ禍で資金を得るための換金対象と見なされた中、インテルやマンチェスター・ユナイテッドなど幾つかの候補が出ていたものの、同僚ウェールズ代表FWガレス・ベイルと共にノースロンドンを新天地に選んだ。 <div id="cws_ad">◆昨季ラ・リーガ最高の左SBがプレミア初参戦<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> We are delighted to announce the signing of Sergio Reguilón from Real Madrid!<a href="https://twitter.com/hashtag/HolaReguil%C3%B3n?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#HolaReguilón</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/COYS?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#COYS</a> <a href="https://t.co/XYBxS4w4Sd">pic.twitter.com/XYBxS4w4Sd</a></p>&mdash; Tottenham Hotspur (@SpursOfficial) <a href="https://twitter.com/SpursOfficial/status/1307362707469934594?ref_src=twsrc%5Etfw">September 19, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.09.20 03:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ベイルのスパーズ移籍が正式決定! 1年のレンタル移籍で7年ぶりに復帰

トッテナムは19日、レアル・マドリーからウェールズ代表FWガレス・ベイル(31)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「9」に決定した。 2013年夏にトッテナムから8500万ポンド(約115億3000万円)といわれる移籍金でマドリーに加入したベイル。クラブ公式戦通算251試合の出場で105ゴール68アシストの成績を収め、4度のチャンピオンズリーグ制覇や2度のラ・リーガ優勝など多くのタイトル獲得に貢献した。 その一方で、高額なサラリーを受け取りながらも度重なる負傷離脱を繰り返す稼働率の悪さ、物議を醸すプロ意識を欠く行為などにより、ジネディーヌ・ジダン監督の信頼を失っていた。 クラブとの現行契約は2022年夏までとなっていたが、予てより売却候補に挙がっていた中、ベイル本人、トッテナム、マドリーの3者の利害が一致し、今夏のタイミングで7年ぶりの古巣帰還が実現した。 ベイルは今回の電撃復帰に際して、自身の公式『ツイッター』で7年前に投稿した別れの挨拶を引用すると共に、「スパーズファンのみんな、7年ぶりに戻ってきたよ! 」と、復帰の挨拶を行っている。 2007年にサウサンプトンから17歳でトッテナムに加入したベイルは、2013年までの在籍期間に公式戦203試合56ゴール58アシストを記録。スペイン『マルカ』の報道では代表ウィークにヒザを負傷し、復帰までに約1カ月を要する見込みだが、古巣でのキャリア再生が期待されるところだ。 <div id="cws_ad">◆7年ぶりの帰還!<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Bale. Is. Back. <br><br>Welcome home, <a href="https://twitter.com/GarethBale11?ref_src=twsrc%5Etfw">@GarethBale11</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/BaleIsBack?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BaleIsBack</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/COYS?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#COYS</a> <a href="https://t.co/iOIWC2ZwtC">pic.twitter.com/iOIWC2ZwtC</a></p>&mdash; Tottenham Hotspur (@SpursOfficial) <a href="https://twitter.com/SpursOfficial/status/1307363856151392257?ref_src=twsrc%5Etfw">September 19, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.09.20 02:30 Sun
twitterfacebook
thumb

これぞ王者レアル!個人技と連携が織り交ざった流れるようなパスワークからバスケスが決めたチームゴール【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はレアル・マドリーの元スペイン代表MFルーカス・バスケスが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆華麗な連携と個人技からバスケスが決めた美しいゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJYNTBqb29OYSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> レアル・マドリーの下部組織出身のバスケスは、エスパニョールから復帰して以降、右ウイングを主戦場に、時には右サイドバックのバックアッパーを担うなど、世界中のスーパースターたちが集まるチームの中で、生え抜きの選手として存在感を示している。 2019年8月17日に行われたラ・リーガ開幕節、セルタ戦では、これぞスーパースター軍団という、個人技と連携プレーが織り交ざった美しいゴールを決めている。 2-0とマドリーのリードで迎えた80分、相手陣内中央でMFカゼミロがボールを持つと、左サイドのDFマルセロにパス。マルセロはMFイスコとの華麗なワンツーで中央へ侵入し、ボックス手前のFWカリム・ベンゼマにパスを出す。 これを受けたベンゼマはルーレット気味のトラップで相手DFをかわし、ボックスに走り込んだバスケスにパス。フリーでボールを受けたバスケスはボールを冷静にゴール左に決め、見事なゴールを挙げた。 華麗な個人技と連携プレーが織り交ざったワンタッチでのパス回しからの美しいゴールで追加点を奪ったマドリーはそのまま3-1で試合に勝利している。 2020.09.19 21:00 Sat
twitterfacebook