逸材ベリンガムがデビュー弾!躍動ドルトムントが5発圧勝で初陣飾る《DFBポカール》

2020.09.15 05:34 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドルトムントは14日、DFBポカール1回戦でデュイスブルクとのアウェイ戦に臨み、5-0で圧勝した。公式戦初戦に向けてドルトムントは、バーミンガムから新加入の17歳MFベリンガムがインサイドMFで先発。また、新戦力ではパリ・サンジェルマンから加入のムニエもスタメンとなった。

3部のデュイスブルクに対し、[3-5-2]で臨んだドルトムントは2トップにハーランドとサンチョを据えた。そのドルトムントが立ち上がりから攻勢に出ると、14分にPKを獲得する。ボックス左からヴィツェルの入れたクロスが相手DFのハンドを誘い、このPKをサンチョが決めた。

先制したドルトムントがその後も圧力をかけると、25分にはベリンガムが直接FKでGKを強襲。そして30分、逸材ベリンガムがデビュー戦でゴールを挙げる。T・アザールのヒールパスをボックス左で受けたベリンガムが冷静にGKとの一対一を制した。

続く38分にはハーランドの突破を後方から止めたフォルクマーに一発レッドカードが提示され、ドルトムントは数的優位も得た。そしてこのプレーで得たFKをT・アザールが直接決めてドルトムントに3点目が生まれる。

3点をリードして迎えた後半、開始5分にドルトムントは4点目を挙げた。ボックス手前左で得たFKをレイナが直接狙うと、味方に当たってゴールに吸い込まれた。

さらに58分には投入直後のロイスが長期離脱からの復帰を自ら祝うゴールを決めて5-0。その後は流し気味にプレーしたドルトムントが余裕を持って試合を締め、圧勝として2回戦進出を決めている。
コメント
関連ニュース
thumb

堂安が先発デビューもビーレフェルトは4部に痛恨敗戦《DFBポカール》

ビーレフェルトは14日、DFBポカール1回戦でエッセンとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。ビーレフェルトのMF堂安律は78分までプレーしている。 1部昇格を果たしたビーレフェルトの新シーズン公式戦初戦。PSVからレンタルで加入の堂安が[4-3-3]の右ウイングで先発となった。 4部のエッセンに対し、立ち上がりのピンチを凌いだビーレフェルトは、なかなか攻撃のギアが上がらない状況を強いられる。 堂安を左ウイングに回すなど変化を加えていたビーレフェルトだったが、33分に失点した。ロングボール1本でディフェンスライン裏を取られ、最後はエンゲルマンに決められた。 良いところなく前半を終えて迎えた後半、ビーレフェルトは2選手を変更して圧力をかけていくと、57分に堂安がボックス手前右からミドルシュートを放つ。 しかし、徐々に勢いは減退し、攻め手がなくなってきたところで78分に堂安がピッチを退いた。結局、チームはこのまま敗戦。4部に敗れる波乱を起こされてしまった。 2020.09.15 03:36 Tue
twitterfacebook
thumb

デビューの室屋が2点目の起点に、室屋&原口スタメンのハノーファーが2回戦進出《DFBポカール》

ハノーファーは14日、DFBポカール1回戦でヴュルツブルガーとのアウェイ戦に臨み、3-2で勝利した。ハノーファーのMF原口元気は77分までプレー、DF室屋成はフル出場している。 2部同士の2回戦進出を懸けた新シーズンの公式戦初戦。原口とFC東京から今夏加入した室屋の両選手がスタメンとなったハノーファーは[4-3-3]を採用した。 原口が左インサイドMFで、室屋が右サイドバックでスタートしたハノーファーが立ち上がりから攻勢に出ると、23分に先制した。ストライカーのヴァイダントが単騎突破でボックス左へ侵入し、GKとの一対一を制した。 38分には左クロスに原口が頭で合わせるチャンスを作るなど、主導権を握り続けたハノーファーが1点をリードして前半を終えた。 そして迎えた後半もペースを握るハノーファーは、59分に加点。室屋のアーリークロスをドゥクシュが落とし、最後はカイザーが押し込んだ。 さらに78分、原口が直前に退いた中、CKからヒューバースのゴールも生まれたハノーファーは、終盤に2失点を喫したものの3-2で逃げ切り。2部同士の戦いを制し、2回戦へ進出している。 2020.09.15 03:30 Tue
twitterfacebook
thumb

遠藤航フル出場のシュツットガルトが3部相手にシャットアウト勝利で2回戦進出《DFBポカール》

シュツットガルトは13日、DFBポカール1回戦でハンザ・ロストックとのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場している。 新シーズン、1部復帰を果たしたシュツットガルトの公式戦初戦。3部のハンザ・ロストックに対し、遠藤は[3-4-2-1]のボランチで先発となった。 徐々に押し込む展開としたシュツットガルトは19分に決定機。しかし、右クロスに飛び込んだカストロのゴール至近距離からのシュートはGKの好守に阻まれた。さらに23分、マンガラのミドルシュートが枠の右隅を捉えたが、ここもGKの好守に阻まれる。 それでも42分、シュツットガルトが押し切った。ディダビのミドルシュートが右ポストに直撃すると、ルーズボールをワマンギトゥカが押し込んだ。 1点をリードして迎えた後半、52分にカラジッチのシュートでGKを強襲したシュツットガルトが主導権を握る中、67分にも決定機。しかし、カラジッチのラストパスをボックス内で受けたチュルリノフのシュートはGKのセーブに阻まれてしまう。 それでも、終盤にかけても危なげない試合運びを見せたシュツットガルトが1-0で逃げ切り。2回戦へ進出している。 2020.09.14 00:26 Mon
twitterfacebook
thumb

大迫先発のブレーメン、チョンの移籍後初弾などで2回戦進出《DFBポカール》

ブレーメンは12日、DFBポカール1回戦でイエナとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。ブレーメンのFW大迫勇也は前半のみの出場となった。 ブレーメンの新シーズン公式戦初戦。先発となった大迫は、[3-5-2]の左インサイドMFの位置でスタートした。 4部のイエナに対し、立ち上がりからボールを保持して押し込んだブレーメンは、18分にFKの流れからゲブレ・セラシェのボレーシュートが左ポストに直撃。 続く27分には大迫がゴール正面の位置からミドルシュートを狙うと、43分には決定機を演出。大迫のパスでボックス右へ抜け出したゼルケがシュートに持ち込んだがGKに阻まれ、前半をゴールレスで終えた。 後半から大迫に代えてマンチェスター・ユナイテッドからレンタルで加入のチョンを投入したブレーメンは開始2分、左CKからゲブレ・セラシェのヘディングシュートがバーに直撃。 それでも49分に先制する。左サイドからアウグスティンションの上げたクロスにサージェントが頭で合わせた。 その後もチョンやビッテンコートがゴールに迫ったブレーメンが追加点に近づいた中、イエナに反撃の隙を見せることなく時間を消化。 そんな中、84分のピンチをGKパブレンカが凌いだブレーメンは、88分に決定的な2点目。チョンがクラーセンのスルーパスに抜け出してGKとの一対一を制した。後半の2発で勝利したブレーメンが2回戦へ勝ち上がっている。 2020.09.13 05:42 Sun
twitterfacebook
thumb

鎌田先発出場のフランクフルト、2トップの活躍で公式戦初戦を制す《DFBポカール》

フランクフルトは12日、DFBポカール1回戦で1860ミュンヘンとのアウェイ戦に臨み、2-1で勝利した。フランクフルトのMF鎌田大地は先発出場し80分までプレー。MF長谷部誠はベンチ入りも出場機会はなかった。 フランクフルトの新シーズン公式戦初戦。[3-5-2]で臨んだフランクフルトは、鎌田がスタメンとなり長谷部がベンチスタートとなった。トップ下で先発となった鎌田は、アンドレ・シウバとドストの2トップ後方に構えた。 一進一退の攻防で立ち上がった中、フランクフルトは18分にコールのミドルシュートが右ポストに直撃。 徐々に押し込む展開としたフランクフルトは鎌田がボールに関与する局面が増えたものの、ハーフタイムにかけてはチャンスを生み出せずに前半をゴールレスで終えた。 それでも迎えた後半開始6分にフランクフルトが先制する。セットプレーの流れから、ロングフィードをボックス左のドストがダイレクトで中に折り返し、最後はアンドレ・シウバが頭で押し込んだ。 さらに56分、アンドレ・シウバの右クロスからドストが頭で決め、フランクフルトがリードを広げた。 2トップの活躍で2-0としたフランクフルトがハーフコートで試合を進めていたものの、セットプレーからゴールを脅かされる場面があった中、78分にGKトラップがPKを献上。これを決められ、1点差に詰め寄られた。 続く86分にはアブラアムのヘディングでのクリアが自陣ゴールに向かうピンチがあったものの、ここはGKトラップが好守で阻止。 そして、終盤にかけてはフランクフルトが隙を見せずに2-1で逃げ切り。今季の公式戦初戦を制し、2回戦へ勝ち上がっている。 2020.09.13 00:26 Sun
twitterfacebook