今治にウノゼロ勝利の秋田が開幕からの無敗を継続! 長野はC大阪U23に完勝で4位浮上《J3》

2020.09.13 21:26 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J3リーグ第15節の4試合が13日に各地で開催された。ありがとうサービス.夢スタジアムでFC今治vsブラウブリッツ秋田が行われ、1-0で秋田が勝利している。

開幕から無敗をキープする秋田は右CKを獲得した34分に決定機。江口が供給したクロスにボックス中央の千田が打点の高いヘディングシュートを叩き込み、先制に成功して試合を折り返す。

後半も秋田はJ3最少失点の堅守を武器に今治にチャンスを作らせず。1-0で逃げ切り、2試合ぶりの勝利で2位以下を突き放した。一方、今治は3試合未勝利となっている。

そのほか、AC長野パルセイロは長野Uスタジアムでセレッソ大阪U-23と対戦。30分に右CKの流れから佐相が先制点を奪うと、試合終了間際には岩沼の供給した左CKから途中出場の吉田が追加点を記録して2-0で快勝。4位に浮上している。

◆明治安田生命J3リーグ第15節
▽9/13(日)
ヴァンラーレ八戸 0-3 FC岐阜
福島ユナイテッドFC 1-4 鹿児島ユナイテッドFC
FC今治 0-1 ブラウブリッツ秋田
AC長野パルセイロ 2-0 セレッソ大阪U-23

▽9/12(土)
いわてグルージャ盛岡 1-3 Y.S.C.C.横浜
藤枝MYFC 2-1 カマタマーレ讃岐
カターレ富山 1-0 ガンバ大阪U-23
ガイナーレ鳥取 1-0 アスルクラロ沼津
ロアッソ熊本 2-0 SC相模原
コメント
関連ニュース
thumb

八戸、DF中谷喜代志とGK花田力の契約満了を発表

ヴァンラーレ八戸は25日、DF中谷喜代志(29)とGK花田力(27)の契約満了を発表した。 ガンバ大阪堺ジュニアユース出身の中谷は、2018年に当時日本フットボールリーグ(JFL)に所属していた八戸に入団。今シーズンはここまで明治安田生命J3リーグに4試合出場している。 一方、花田は2015年にグルージャ盛岡(現:いわてグルージャ盛岡)でプロキャリアをスタート。その後、JFLに所属していた栃木ウーヴァ(現:栃木シティ)を経て2018年に八戸入り。今シーズンはここまでJ3リーグ11試合で守護神を務めている。 今季限りで契約満了となった両選手は、クラブの公式サイトを通じて以下のようにコメントを残している。 ◆中谷喜代志 「この度、今シーズン限りでヴァンラーレ八戸を離れることになりました。この3年間で八戸という街が大好きになりました。ファン、サポーターの皆様には加入当時から『きよし』と親しみを持って呼んで頂き、プレー中はもちろんのこと、先の見えない長いリハビリ期間の時も支えになる温かいお言葉が僕の心の原動力となりました。感謝してもしきれません」 「スポンサー様、スタジアム関係者の皆様には、僕たちが何不自由なく無我夢中で大好きなサッカーに取り組める環境をつくっていただいたこと本当に感謝しています」 「このクラブにきて、サッカーをする意味、頑張れる理由が日に日に増えていくのを実感できたことはサッカー選手としてこの上ない幸せでした。まだまだサッカーが上手くなりたいという純粋な気持ちを持ち続けられるのも、八戸という地で出逢った皆さんの愛情のお陰です。3年間本当にありがとうございました」 ◆花田力 「2020シーズンをもちまして、契約満了となりヴァンラーレ八戸を離れることになりました。この3年間辛くて、苦しい出来事の方が多かったのですが、その中でもJ3昇格という素晴らしい経験をさせて頂きました」 「そんなたくさんの素晴らしい経験をさせてくれたクラブ、チームメイト、クラブを支えてくださっているスポンサー様・パートナー企業様、毎日の練習後に美味しい昼食を作ってくださるお母さんたち、ヴァンラーレ八戸が大好きで毎試合素晴らしい雰囲気を作ってくださるファン・サポーター、ボランティアスタッフの方々、皆さん無しにはここまで成長することはできませんでした。本当に感謝の気持ちでいっぱいです」 「今シーズンも残り5試合となりましたが、最後までチームの為に愚直にひたむきに一体感を持って全力でプレーしたいと思います! 最後までヴァンラーレ八戸の応援よろしくお願いします!」 2020.11.25 14:15 Wed
twitterfacebook
thumb

八戸が貫名航世&金弘淵と来季契約結ばず

ヴァンラーレ八戸は23日、MF貫名航世(25)とFW金弘淵(キム・ホンヨン/30)の契約満了を発表した。 ガンバ大阪Jrユース出身の貫名は金光大阪高校、流通経済大学を経て、2018年から八戸でプレー。昨季こそ明治安田生命J3リーグ15試合に出場したが、今季はここまで4試合の出番にとどまっている。 金弘淵は2013年の福島ユナイテッドFC入り後、グルージャ盛岡(現・いわてグルージャ盛岡)を経て、2018年から八戸に所属。奈良クラブへのレンタルを経て、今季から復帰したが、ここまで4試合の出場だった。 ◆貫名航世 「この度、契約満了になり、ヴァンラーレ八戸を離れることとなりました。自分を応援してくださったファン、サポーターのみなさんには感謝してもしきれません。3年間ありがとうございました」 ◆金弘淵 「今シーズン限りでヴァンラーレ八戸を離れることになりました。2018年に加入し、レンタルへ行った期間も含めて3年間本当にありがとうございました。八戸にいる間は自分の力不足とケガが多く、チームの力になれなかったことをとても悔しく思っています」 「ですが2018年にはJFLからJ3への昇格も経験できて、ヴァンラーレ八戸のJ3初年度のメンバーとして戦えたことをとても光栄に思っています。今シーズンまだ5試合残っているので、復帰して試合に出る姿を見せられるように残りシーズンも最後まで頑張っていきます。本当にありがとうございました」 2020.11.23 13:30 Mon
twitterfacebook
thumb

今季で引退の鳥取FWフェルナンジーニョが39歳10カ月9日でゴール!J3最年長得点記録を樹立

ガイナーレ鳥取のブラジル人FWフェルナンジーニョが、J3リーグ最年長得点記録を更新した。 フェルナンジーニョは22日、明治安田生命J3リーグ第29節のヴァンラーレ八戸戦に78分から出場。0-2で迎えた90分にチームがPKを獲得すると、フェルナンジーニョがゴール左にしっかりと決めゴール。しかし、チームは1-2で敗れていた。 これまでのJ3の最年長得点記録は、2019年6月15日にSC相模原の元日本代表稲本潤一が記録した39歳8カ月28日だったが、フェルナンジーニョが39歳10カ月9日に更新した。 フェルナンジーニョは今シーズン限りでの現役引退を発表しており、ラストシーズンで大きな記録を樹立した。 ◆J3リーグ戦 最年長得点記録 1位:フェルナンジーニョ(ガイナーレ鳥取) 年齢:39歳10カ月09日 2020年11月22日 vsヴァンラーレ八戸 2位:稲本潤一(SC相模原) 年齢:39歳8カ月28日 2019年6月15日 vsガンバ大阪 U-23 3位:駒野友一(FC今治) 年齢:39歳1カ月28日 2020年9月22日 vs福島ユナイテッドFC 4位:前田遼一(FC岐阜) 年齢:39歳26日 2020年11月4日 vsY.S.C.C.横浜 5位:我那覇和樹(カマタマーレ讃岐) 年齢:38歳11カ月06日 2019年9月1日 vsY.S.C.C.横浜 2020.11.22 20:57 Sun
twitterfacebook
thumb

テゲバジャーロ宮崎が来季からJ3の舞台に! JFL4位以内が確定

Jリーグは22日、JFLのテゲバジャーロ宮崎が来シーズンからJ3に入会することが決定したと発表した。 17日に2021シーズンのJ3入会審査の結果を発表していたJリーグ。いわきFC、ヴィアティン三重、奈良クラブ、FC大阪、テゲバジャーロ宮崎の5クラブが条件付きで承認され、JFLの残り2節での順位に入会が委ねられることとなった。 21日と22日にJFL第29節が実施。21日に宮崎は岡崎相手に0-4で勝利。これで勝ち点を25に伸ばした。いわきは三重と22日に対戦しドロー。これにより、宮崎の4位以内が確定したため、来シーズンのJ3入会が決定した。 2015年3月に設立したテゲバジャーロ宮崎は、2017年に九州サッカーリーグ優勝。2018年にJFLに参入すると、3年でJ3にまで上り詰める事となった。 ◆JFL残り対戦カード 【第29節】 ▽11月21日(土) FCマルヤス岡崎 0-4 テゲバジャーロ宮崎 ▽11月22日(日) いわきFC 1-1 ヴィアティン三重 FC大阪 2-1 奈良クラブ 【第30節】 ▽11月29日(日) テゲバジャーロ宮崎 vs いわきFC ヴェルスパ大分 vs FC大阪 ヴィアティン三重 vs 高知ユナイテッドSC 奈良クラブ vs MIOびわこ滋賀 ◆JFL順位表(第29節終了時) (順位/チーム名/勝ち点/得失点) 1.ヴェルスパ大分/29/+8 2.テゲバジャーロ宮崎/25/+8★ 3.ソニー仙台FC/23/+2 4.Honda FC/22/+9 ────J3昇格条件ライン 5.鈴鹿ポイントゲッターズ/21/+5 6.いわきFC/21/+3★ 7.ヴィアティン三重/21/+2★ 8.FC大阪/20/+3★ 9.MIOびわこ滋賀/20/-1 10.松江シティFC/20/-5 11.東京武蔵野シティFC/16/-3 12.ホンダロックSC/16/-8 13.奈良クラブ/15/-3★ 14.高知ユナイテッドSC/13/-4 15.ラインメール青森/13/-10 16.FCマルヤス岡崎/12/-9 ★J3入会審査承認クラブ 2020.11.22 17:15 Sun
twitterfacebook
thumb

劇的ゴールで相模原が2位へ浮上! 無敗優勝を決めた秋田は初黒星《J3》

明治安田生命J3リーグ第29節の8試合が22日に各地で行われた。 白波スタジアムでは、熾烈な2位争いを演じる鹿児島ユナイテッドFC(8位/勝ち点43)とSC相模原(5位/勝ち点47)が激突。先に決定機を迎えたのはアウェイの相模原。28分、フィールド中央からボックス中央手前まで一気に持ち上がったユーリの横パスをホムロがシュート。ここは右ポストに嫌われると、35分にはボックス左の星のクロスに合わせたユーリのヘディングシュートは、今度はクロスバーに阻まれた。 鹿児島は後半立ち上がりの56分、コンビネーションから左サイドの深い所まで侵入した砂森のクロスを米澤が左足ダイレクトボレー。地面に叩きつける抑えの効いたシュートだったが、これはGKビクトルの好守に阻まれた。 0-0のまま迎えた後半アディショナルタイム、相模原に劇的ゴールが生まれる。前線で起点となった清原の右サイドへの展開から星がクロス。再三にわたってポストやクロスバーに嫌われていた相模原だが、クロスに合わせた鹿沼のシュートは、クロスバーを叩いてゴールイン。5試合連続引き分け中だった相模原が1-0で勝利を収めた。また、2位のAC長野パルセイロが12位のアスルクラロ沼津に0-1で敗れたことで相模原は昇格圏内である2位へ浮上した。 前節、敵地で無敗優勝を決めたブラウブリッツ秋田は、本拠地のソユースタジアムで9位・カターレ富山と対戦。9分、輪笠が左サイド深くからボックス方向へドリブルで切り込みミドルシュート。強烈なシュートが枠を捉えたが、GK齋藤のビッグセーブに阻止された。その後、押し込まれる時間が続いた秋田は29分に失点。スローインの流れからクロスを上げられると、ゴール前の混戦から平松にシュートを打たれる。一度はGK田中がセーブするも、再び平松に蹴り込まれて今シーズン初めて先制を許した。 秋田は試合終盤にパワープレーで同点を目指したが0-1で敗戦。第29節にして今シーズン初黒星となった。 ◆明治安田生命J3リーグ第29節 ▽11/22(日) ブラウブリッツ秋田 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 カターレ富山</span> Y.S.C.C.横浜 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 カマタマーレ讃岐</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アスルクラロ沼津 1</span>-0 AC長野パルセイロ ガイナーレ鳥取 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ヴァンラーレ八戸</span> FC今治 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 福島ユナイテッドFC</span> 鹿児島ユナイテッドFC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 SC相模原</span> ガンバ大阪U-23 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 いわてグルージャ盛岡</span> セレッソ大阪U-23 1-1 ロアッソ熊本 ▽11/21(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC岐阜 2</span>-1 藤枝MYFC 2020.11.22 17:00 Sun
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly