セビージャがアルゼンチン代表MFアクーニャ獲得へ! 経験豊富な左サイドのスペシャリスト

2020.09.13 17:36 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セビージャがスポルティング・リスボンのアルゼンチン代表MFマルコス・アクーニャ(28)の獲得に迫っているようだ。ポルトガル『A Bola』が報じている。母国のラシンで台頭したアクーニャは、2017年夏にスポルティングに加入。サイドハーフ、サイドバック、、ウイングバックと左サイドの全ポジションでプレー可能なレフティーは、ここまで公式戦135試合に出場し、9ゴール25アシストの数字を残している。

さらに、2016年12月に飾ったアルゼンチン代表では、ここまで27試合に出場している実力者だ。

『A Bola』が伝えるところによれば、セビージャはそのアクーニャに対して、1050万ユーロ+ボーナス200万ユーロの総額1250万ユーロ(約15億7000万円)の条件でクラブ間での合意に達したという。また、選手サイドとは4年契約で合意に達している模様だ。

前述のように左サイドの複数ポジションをこなす攻撃的なサイドアタッカーに関しては、買い取りが難航するレアル・マドリーDFセルヒオ・レギロンの後釜としても、2列目の攻撃オプションとも有用な補強になりそうだ。
関連ニュース
thumb

昨季は記録ずくめのセビージャ、東京五輪で金メダル目指すジョコビッチを例にラキティッチが高みを目指す「決して立ち止まってはいられない」

セビージャのクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチが新シーズンに向けて意気込んだ。 昨季はチャンピオンズリーグ(CL)こそベスト16で敗退するも、ラ・リーガではクラブ史上最多となる24勝、そして勝ち点「77」達成し、4位フィニッシュを果たしたセビージャ。来たるシーズンに向けては国内、そしてヨーロッパの舞台でのさらなる飛躍が期待される。 そんなセビージャの現在のコンディションについて、中盤の要であるラキティッチがクラブ公式サイトのインタビューで語っている。 「暑い日が続いているけど、僕たちは一生懸命トレーニングに取り組んでいるし、仲間と分かち合う感情を分かち合うことに勝るものはない。とても親密なチームで、多くの時間を一緒に過ごしているよ。上手くいっているね」 「一番恋しいのは、家族や子供たちのことだけど、僕たちはなぜここにいるのかを理解している。壮大な設備を用いて、最高の準備をしているんだ」 また、新シーズンに向けても言及。自身と親交があり、現在開催中の東京オリンピックにも出場しているテニスのセルビア代表ノバク・ジョコビッチを例に、チームのモチベーションについて話した。 「オリンピックでは、すべてを勝ち取ってきたアスリートたちが、このような難しい時期を迎えている東京で、さらなる金メダルを目指している」 「そして観客やファンの後押しがない個人スポーツはどうだろう。ジョコビッチはどのようにモチベーションを高めているのだろうか」 「きっと最初のころと同じような気持ちでいるだろう。僕らは自分たちの色を守ることの意味、そして決して立ち止まってはいられないということを知っている」 「昨シーズン起こったことが偶然ではないことを示したいし、ファンの皆さんとシーズンを一緒に楽しみたいよ」 「この数カ月間、大変な思いをしてきたけど、ここが出発点だ。僕たちは新たなシーズンを迎えるに当たって、とても集中しているよ」 2021.07.30 12:57 Fri
twitterfacebook
thumb

エスパニョール、セビージャからDFセルジ・ゴメスを獲得! 故郷カタルーニャに久々の帰還に

エスパニョールは28日、セビージャからスペイン人DFセルジ・ゴメス(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの3年となるが、1年間の延長オプションが付随している。 カタルーニャのアレニス・デ・マル出身のセルジ・ゴメスは、バルセロナのラ・マシア出身のセンターバック。バルセロナのトップチーム定着はならずもバルセロナBでプロキャリアをスタートすると、2014年にセルタへ完全移籍した。 ガリシアの名門で4シーズンに渡って最終ラインの主軸を担うと、2018年にセビージャへステップアップ。加入1年目はラ・リーガ32試合に出場したものの、以降はバックアッパーに甘んじていた。 それでも、プリメーラで通算165試合出場と経験豊富な実力者は、プリメーラに復帰したエスパニョールにとって的確な補強と言えそうだ。 2021.07.28 20:15 Wed
twitterfacebook
thumb

PSGとセビージャが激突! PSGは新シーズン開幕前の最終調整に

27日にポルトガルのエスタディオ・アルガルヴェでパリ・サンジェルマン(PSG)vsセビージャのプレシーズンマッチが行われた。 新シーズンの開幕が間近に迫るヨーロッパ。特にPSGは8月1日にリールとのフランス・スーパーカップが控えており、その1週間後には早くもリーグ・アンが始まる。 フランスの覇権奪還に向けて今夏に積極補強を敢行したPSG。DFアクラフ・ハキミに始まり、MFジョルジニオ・ワイナルドゥム、GKジャンルイジ・ドンナルンマ、さらにはDFセルヒオ・ラモスなど、超大物が続々と加入してきた。ただ、今回の一戦でメンバー入りしたのは一足早く加入が発表され、すでに数試合こなしているハキミのみとなった。 一方、来月15日にラ・リーガ開幕戦が予定されているセビージャは、ここまでは控えめな夏を過ごす。補強はGKマルコ・ドミトロビッチと、FWブライアン・ヒルとのトレードでトッテナムから加入したMFエリック・ラメラのみで、さらなる戦力到着の噂はあるものの、逆にDFジュール・クンデに引き抜きの可能性も報じられている。 そんなセビージャだが、このPSG戦では3バックを採用。新シーズンに向けて新たな布陣を試した中、序盤は守勢を強いられることになる。PSGは15分までにハキミが2度のチャンスを迎えるものの、相手の守護神ボノの好守もあり、先制点は遠い。 すると37分、セビージャはケガのジョルダンに代わって入ったペドロ・オルティスのスルーパスでエン=ネシリがゴール前に侵入。GKケイロル・ナバスに倒されPKを獲得した。これをラキティッチが沈めたアンダルシアチームは1点リードで試合を折り返す。 だが、PSGも後半立ち上がりから反撃。ハキミのスルーパスでボックス右に抜け出したカリムエンドの折り返しをイカルディが押し込んで同点に。その後もアシストを記録したカリムエンドが幾度かゴールに迫っていく。 そんな中、勝ち越したのは再びセビージャだった。62分、左サイドで仕掛けたオカンポスのパスを受けたオスカル・ロドリゲスが、ペナルティアーク手前から右足でコントロールショット。これが名手ケイロル・ナバスも届かないゴール右に決まった。 しかし終盤の88分、セビージャはPSGのカリムエンドのボックス手前からのシュートをGKボノが止めたところ、ルーズボールの処理を守備陣が連携ミス。その隙に背後から迫った19歳のケニー・ナゲラが蹴り込んで、試合は同点決着となった。 <span class="paragraph-title">【動画】パリ・サンジェルマンvsセビージャ ハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJYbkVhZFZUVSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.07.28 15:01 Wed
twitterfacebook
thumb

スパーズの新戦力ブライアン・ヒルが意気込む 「ドリブル、ゴール、アシストで貢献したい」

セビージャからトッテナムに加入したU-24スペイン代表FWブライアン・ヒル(20)が新天地での意気込みを語っている。クラブ公式サイトが伝えている。 昨シーズンにレンタル先のエイバルで見せた印象的なパフォーマンスが多くのビッグクラブの関心を集めたブライアン・ヒルは、26日に元アルゼンチン代表MFエリク・ラメラ(29)の譲渡+2500万ユーロ(約32億2000万円)の条件でトッテナム加入が決定した 現在、U-24スペイン代表として東京オリンピックに参戦中の20歳は、同大会後にロンドンへ渡り正式にスパーズの一員となるが、早くも新天地でのプレーをイメージしている。 「スパーズの一員になれたことをとても誇りに思っているよ。トッテナムのような世界的なクラブのバッジを身にまとい、プレミアリーグでプレーできることは素晴らしいことだよ」 「僕がスパーズに来たのは、ポイントを獲得するためであり、すべての時間で全力を尽くすためなんだ。プレーヤーとしてはハードワークと自己犠牲の上、ドリブル、ゴール、アシストで貢献したいと思っている」 「プレミアリーグは世界のエリートだ。試合のペースがノンストップで、プレーヤーにとってもファンにとっても本当に魅力的なリーグさ。シーズンが始まるのが今から待ち遠しいよ」 また、獲得発表時にいち早くSNSでリアクションを見せるなど、早くも兄貴分としての役割を担うスペイン代表DFセルヒオ・レギロンとの関係についても言及。両選手はレギロンがレアル・マドリーからレンタルで加入していた2019-20シーズンのセビージャで半年ほど一緒にプレーしていた。 「ピッチ上ではあまり一緒に仕事をしたことはないけど、彼は僕にクラブや街のことを積極的に教えてくれたよ」 最後に、日本で今回のインタビューを受けたブライアン・ヒルは、五輪のメダルと共にノースロンドンに向かいたいと、スペイン代表での意気込みも口にしている。 「オリンピックでのプレーは本当に特別なことだよ。コロナウイルスの影響でファンとの交流が思うようにできないことは残念だけどね」 「とは言っても、やっぱりユニークなイベントであり、いつも出場することを夢見てきたものだったんだ。メダルを獲得して戻って来られることを願っているよ」 2021.07.28 13:52 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシーがクンデ獲得へ交渉順調! 個人間合意に加え、クラブ間でも交渉進む

チェルシーがセビージャに所属するフランス代表DFジュール・クンデ(22)の獲得に向け、順調に交渉を進めているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)王者のチェルシーは、欧州連覇と共にプレミアリーグのタイトル獲得に向けて今夏も積極的な補強に動く構えを見せている。 ここまではドルトムントFWアーリング・ハーランドやユベントスFWフェデリコ・キエーザ、ウェストハムMFデクラン・ライスといった中盤と前線の補強の可能性が取り沙汰されているが、一部で刷新の必要性がある最終ラインの補強にも着手している。 そういった中、ロマーノ氏が伝えるところによれば、チェルシーは予てより獲得に関心を示し、先日にはトッテナムとコロンビア代表DFダビンソン・サンチェス(25)+金銭の条件でクラブ間合意に至りながらも、選手本人が移籍を拒否したとされる22歳のフランス代表DF獲得に向けて交渉を進めているという。 現在、チェルシーとクンデは2026年までの5年契約の条件で合意に至っており、クラブ間ではフランス代表DFクル・ズマ(26)の譲渡+金銭という条件で交渉を進めているとのことだ。 敏腕スポーツ・ディレクターのモンチ氏の眼鏡にかなった元ボルドーDFは加入2年目となった昨シーズンも見事な成長曲線を描き、公式戦49試合に出場し4ゴールを記録した。 若かりし頃のセルヒオ・ラモスを彷彿とさせる攻撃的なセンターバックはパワー勝負、スピード勝負のいずれにおいても一線級のアタッカー相手に全く見劣らず、守備者としてはポジショニングや判断面を除いてワールドクラスの域に足を踏み入れている。さらに、攻撃面においても的確な繋ぎ、局面を変える持ち出しと著しい成長を見せている。 2021.07.28 13:23 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly