ミランがルーマニア代表GKタタルサヌを獲得、所属元リヨンが発表

2020.09.12 10:15 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リヨンは11日、ルーマニア代表GKチプリアン・タタルサヌ(34)がミランへ完全移籍したことを発表した。なお、移籍金は50万ユーロ(約6300万円)とのこと。ミランはまだ発表していない。

タタルサヌは、母国のグロリア・ビストリツァでキャリアをスタート。ステアウア・ブカレストへの移籍を経て、2014年7月にフィオレンティーナへ完全移籍した。

フィオレンティーナでは公式戦101試合に出場。セリエAでも81試合に出場。2017年7月にナントへ完全移籍すると、2019-20シーズンにはリヨンへフリートランスファーで加入していた。

リヨンでは控えGKとして公式戦6試合の出場に終わっていた。

ルーマニア代表として68試合に出場しているタタルサヌは、今月のUEFAネーションズリーグでもプレー。元スペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナが去ったミランとしては、貴重なバックアッパーの獲得となった。
コメント
関連ニュース
thumb

今もすごいけど…8年前のイブラヒモビッチがミランで決めたFKが完璧【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、ミランに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆8年前のイブラヒモビッチがミランで決めたFKが完璧<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ1djR3Vlc3dSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2020年1月に8シーズンぶりにミランへ復帰したイブラヒモビッチ。38歳になってもその得点力は衰えを見せず、大車輪の活躍を見せていた。 そんなイブラヒモビッチは、一度目の在籍であった2011-12シーズンにはセリエA得点王にも輝いており、2012年1月29日に行われたセリエA第20節のカリアリ戦では素晴らしいFKを決めている。 32分、ミランがバイタルエリア中央やや左でFKを獲得すると、イブラヒモビッチがキッカーを務める。イブラヒモビッチのFKといえば突き刺さるような弾丸FKを得意としているが、ここではコントロールシュートを選択。壁を越えたシュートは鋭く変化し、相手GKも触れないゴール左上の隅へと突き刺さった。 イブラヒモビッチはこのシーズン終了後にパリ・サンジェルマンへ移籍。フランスでも伝説を作ることとなる。 2020.09.20 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサが獲り逃す可能性も? ミランがFWデパイ獲得レースに参戦と報道

バルセロナへの移籍が噂されていたリヨンのオランダ代表FWメンフィス・デパイ(26)だが、ここに来て新たな行き先が浮上した。 12シーズンぶりの無冠という屈辱を味わった2019-20シーズンから巻き返しを図りたいバルセロナ。オランダ代表を率いていたロナルド・クーマン監督の下で改革に乗り出している。 ウルグアイ代表FWルイス・スアレスの構想外に始まり、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの退団騒動など、すでに色々なことが起こる中、オランダ代表で指導したデパイの獲得に乗り出していることが盛んに報じられていた。 しかし、移籍の話が進展しないには理由があり、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は新たな選手を獲得する前に、選手と放出する必要があると主張。リヨンのジャン=ミシェル・オラス会長もバルセロナからデパイへのオファーがないことを認めた。 そんな中、イタリア『スカイ・スポーツ』がミランがデパイ獲得に向けてコンタクトを取っていると報道。ブラジル代表MFルーカス・パケタ(22)を差し出して交渉を進めようとしているとしている。 バルセロナはスアレスのユベントス移籍が難航している状況であり、すぐに選手が出ていく状況は考えにくい。一方で、ミランは2500万ユーロ(約31億4000万円)のオファーを出したとされている。 デパイは2021年6月30日までの契約を残している状況。今シーズンはリーグ・アンで4試合を戦い、すでに4ゴールを記録。しかし、リヨンは今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を持っておらず、移籍の可能性はゼロではない。 改革を進めながらも後手を踏み続けている感が否めないバルセロナ。ターゲットと信じられていたデパイも獲り逃すことになれば、会長の信用問題もさらに問われることになりそうだ。 2020.09.20 16:55 Sun
twitterfacebook
thumb

イブラヒモビッチの新シーズン初弾でミランが快勝!《EL予選》

ミランは17日、ヨーロッパリーグ(EL)予選2回戦でアイルランドのシャムロック・ローバーズとアウェイで対戦し、2-0で快勝した。 昨季のアイルランド・リーグ2位のシャムロックに対し、昨季のセリエA6位のミランは新シーズンの公式戦初戦に向けて、イブラヒモビッチやGKドンナルンマ、テオ・エルナンデスにベナセルらを先発で起用するなど主力を投入した。 [4-2-3-1]を採用したミランは最前線にイブラヒモビッチ、2列目に右からカスティジェホ、チャルハノール、サレマーカーズを起用した。 立ち上がりから押し込んだミランだったが、14分にピンチ。しかし、ボックス左から放たれた決定的なシュートを守護神のGKドンナルンマが好守で凌いだ。 すると23分にミランが大黒柱のゴールで先制する。チャルハノールとのパス交換でボックス左に侵入したイブラヒモビッチが確実にゴール左へ蹴り込んだ。 イブラヒモビッチの新シーズン初弾で先制後、何度かゴールに迫られる場面があったものの、ミランが主導権を握ったまま前半を1点リードして終えた。 迎えた後半もミランが押し込むと、58分にチャルハノールが直接FKでGKを強襲。そして67分に突き放した。サレマーカーズのパスをペナルティアーク右のチャルハノールがダイレクトでゴール右へ蹴り込んだ。 その後、71分のピンチをGKドンナルンマが好守で凌いだミランは、84分にトナーリとブラヒム・ディアスの両新戦力を投入。終盤にかけては危なげない試合運びで2-0のまま勝利し、3回戦へ進出した。 その他、ヴォルフスブルクやグラナダ、ガラタサライらが順当に3回戦へ勝ち上がっている。3回戦は24日に行われる。 2020.09.18 04:55 Fri
twitterfacebook
thumb

EL予選で今季スタートのピオリ監督、「我々は欧州の戦いに戻りたい」

ミランを率いるステファノ・ピオリ監督が、新シーズンの公式戦初戦となるシャムロック・ローヴァーズ戦に向けて意気込みを語っている。クラブ公式サイトが会見コメントを伝えている。 ピオリ監督は、昨年10月にマルコ・ジャンパオロ前監督の後任としてミランの新指揮官に就任。就任時に13位と低迷していたチームを最終的に6位でフィニッシュさせ、ヨーロッパリーグ(EL)出場権をもたらした。 その後、シーズン最終盤にはラルフ・ラングニック氏の招へいにより、指揮官の座を追われるかに思われたが、最終的に新たな2年契約にサイン。新シーズンも引き続きロッソネリを率いることになった。 21日にボローニャとの2020-21シーズンのセリエA開幕節を控える中、17日に一足早くEL予備予選2回戦で新シーズンをスタートするピオリ監督は、アイルランドの強豪との新シーズンの初陣に向けて意気込みを語っている。 「新シーズンをスタートさせ、ヨーロッパリーグに繋がるこの道を良い形で終わらせようとしていることに興奮している」 「これはあくまでも予選であり、我々の目標はグループステージに到達することだ。ヨーロッパフットボールは、我々のような歴史あるクラブが所属する場所であり、我々はそこに戻りたいと思っている」 「我々のシーズンはシャムロック・ローヴァーズ戦から始まる。残念ながら、1人か2人の大きな欠場者が出ていますが、試合に向けたポジティブな要素に目を向ける必要がある。最初の試合がどれだけタフなものであるかはわかっている。相手は我々よりも、ここまで多くの試合をこなしている。我々は90分間、気を引き締めていかなければならない」 また、この一戦に向けた最新のチームニュースについても言及。コンディションが懸念される元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ、ブレシアからの目玉の新戦力であるイタリア代表MFサンドロ・トナーリらがプレー可能だと説明している。 「我々には休養が必要だった。そのため、準備期間はあまりなかったが、準備はできているし、全力を尽くす必要がある。我々は非常に明確に、自分たちの最高のゲームをする必要がある。まずは自分たちのアイデンティティ、アイデア、ピッチ上での決断など、自分たちがやっていることに集中しなければならない」 「新しいプレーヤーは、我々がどのようなプレーをしたいのかという部分で、すでに明確なアイデアを持っている。今までは、トレーニングや親善試合を通じて、正しいメンタリティを発揮してきた。私は、このユニフォームを着ることの意味を知っているプレーヤーを指導している。それは良い兆候だ。全力を尽くすチームを見て、ファンはとても喜ぶはずだ。我々は結束の固いグループで、お互いに信頼し合っている」 「イブラヒモビッチが親善試合でもう少しプレーしてくれれば良かったが、彼は完全に回復していて、常に準備ができている。モチベーションも高く、依然として競争力もある」 「仮にイブラヒモビッチが欠場した場合は、レビッチがそのポジションをカバーし、レオンがセカンドストライカーとしてプレーすることになる」 「また、トナーリはまだ若いが、成熟していて準備ができている。彼はここにいることに満足しているし、自分に何ができるかをすでに見せてくれている」 また、今夏のメルカートではイブラヒモビッチら主力の残留に加え、トナーリ、レアル・マドリーのU-21スペイン代表MFブラヒム・ディアスのレンタルなど、まずまずの成果を得ている。 ピオリ監督はここまでのクラブからのサポートに満足しつつ、来月初旬のメルカート閉幕まで現スカッドを見極めながら、必要に応じた補強を行いたいと考えている。 「クラブは昨シーズンから始めたことを継続する意思を示してくれた。契約更新から新戦力補強まで、良いビジネスができたと思うし、本当に満足している」 「市場が締まるまでしばらく時間があるが、現状はピッチ上で何が起こるかを考え、シーズンを最高の形でスタートすることだけを考えればいいと思っている。ここ数週間は、我々にとって何がベストな選択なのか、経営陣と共により深く考えることができた」 2020.09.17 16:41 Thu
twitterfacebook
thumb

ミラン退団のビリアがトルコのファティ・カラギュムリュクに加入

トルコのスュペル・リグに属するファティ・カラギュムリュクは14日、ミランを退団していた元アルゼンチン代表MFルーカス・ビリア(34)の獲得を発表した。契約期間は2022年6月までの2年間となっている。 アルゼンチン代表として58キャップを持つセントラルMFのビリアは、アンデルレヒトやラツィオで主力として活躍後、2017年夏にミランへ加入。ミランでの在籍3年間では負傷にも悩まされながら公式戦70試合に出場した。 昨季は14試合の出場に留まった中、契約満了をもって退団となっていた。 2020.09.15 07:00 Tue
twitterfacebook