久保建英は16番! ビジャレアルが登録メンバーの背番号発表

2020.09.12 09:55 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ビジャレアルが11日にクラブ公式サイトを通じて、2020-21シーズンの選手背番号を発表した。マジョルカで過ごした昨季に続くレンタルでレアル・マドリーからビジャレアルに加入した日本代表MF久保建英はプレシーズンでも背負った背番号「16」に決定。その他の新戦力であるスペイン代表MFダニエル・パレホやフランス人MFフランシス・コクラン、元アルゼンチン代表GKヘロニモ・ルジもそれぞれ「5」、「19」、「13」の着用が決まった。

また、昨季限りでビジャレアルを去り、アル・サッドに移籍した元スペイン代表MFサンティ・カソルラの「8」はスペイン人MFハビエル・オンティベロスが継承。現役を退いた元スペイン代表MFのブルーノ・ソリアーノ氏が背負った「21」はスペイン人DFハウメ・コスタが継ぐことになった。

ビジャレアルは今季からウナイ・エメリ監督を招へい。13日に行われるラ・リーガ開幕節で日本代表FW岡崎慎司を擁する昇格組のウエスカをホームに迎え撃つ。

GK
1.セルヒオ・アセンホ
13.ヘロニモ・ルジ

DF
2.マリオ・ガスパール
3.ラウール・アルビオル
4.パウ・トーレス
6.ラミロ・フネス・モリ
18.アルベルト・モレノ
20.ルベン・ペーニャ
21.ハウメ・コスタ
22.ソフィアン・チャクラ
24.アルフォンソ・ペドラサ

MF
5.ダニエル・パレホ
8.ハビエル・オンティベロス
10.ビセンテ・イボーラ
14.マヌエル・トリゲロス
16.久保建英
19.フランシス・コクラン
23.モイ・ゴメス

FW
7.ジェラール・モレノ
9.カルロス・バッカ
11.サムエル・チュクウェゼ
12.ダニ・ラバ
17.パコ・アルカセル
コメント
関連ニュース
thumb

久保建英はなぜ左サイドで起用された? エメリ監督が理由を明かす「3つのポジションで起用したい」

ビジャレアルのウナイ・エメリ監督が、日本代表MF久保建英のプレーについて語った。スペイン『アス』が伝えた。 ビジャレアルは9月30日に行われたラ・リーガ第4節でアラベスと対戦。3-1で勝利を収めた。 この試合もベンチスタートとなった久保は75分から途中出場。右サイドではなく左ウイングとして起用された。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=hrw1p71rw8nm18t7le9w7m0ih" async></script></div> 3-1とリードした状況で投入された久保だったが、この試合では積極的にプレーも見せ場は作れず。試合はそのまま勝利したが、慣れない左サイドでのプレーに戸惑っていた印象だった。 試合後、エメリ監督は久保のプレーについてコメント。左サイドで起用した理由についても明かし、右だけでなく左でもプレーすることでプレーの幅を広げてほしいと狙いを語った。 「私は試合前に彼と話をした。彼は私が中盤の3つのポジションで彼を起用したいことを理解している」 「彼が最高のパフォーマンスを出せるのは右サイドだ。しかし、そこでは、サム(サムエル・チュクウェゼ)とジェラール(・モレノ)と競争しなければならない」 「彼と話をしたのは、彼が快適にプレーできると感じる場所で起用することに加え、彼が様々なポジションに適応していくことについてだった」 「それが右サイドであることは明白だ。しかし、彼は左でもプレーできるようになるために成長する必要がある」 「今日のプレーは素晴らしかったが、輝きを見せるまでには至らなかった」 2020.10.01 12:45 Thu
twitterfacebook
thumb

パコがドブレーテの活躍でビジャレアルが2戦ぶり白星! 久保は4戦連続途中出場《ラ・リーガ》

ビジャレアルは9月30日に行われたラ・リーガ第4節でアラベスと対戦し、3-1で勝利した。なお、MF久保建英は75分からプレーした。 前節、バルセロナ相手に0-4で大敗し、今季初黒星を喫したビジャレアル。2戦ぶりの勝利を目指すホームゲームでは、先発2選手を変更。負傷離脱のコクランに代えてトリゲロス、チュクウェゼに代えてイボーラを起用。そのイボーラをアンカーに置き、ジェラール・モレノが右ウイングにポジションを移した。中3日の過密日程を受け、初先発が期待された久保は引き続きベンチスタートとなった。 立ち上がりからボールを保持して相手を押し込むビジャレアルは、右サイドのガスパールの攻撃参加を生かした攻めでペースを握る。すると、13分にはパレホからパスを受けたガスパールが右サイド深くからグラウンダーの高速クロスを供給。これをニアに走り込んだアルカセルが右足でわずかにコースを変える技ありのフィニッシュでファーポストへ流し込んだ。 今季初めて先制に成功したホームチームは、その後も危なげない試合運びを見せていく。だが、徐々に決定機まで持ち込めなくなると、痛恨のミスで追いつかれる。36分、ハーフウェイライン付近の左サイドでデイベルソンが長いボールを前線に送ると、ボックス外に飛び出して頭でのクリアを試みたGKアセンホが完全に目測を誤って頭を越されると、これをエドガル・メンデスが無人のゴールへ流し込んだ。 守護神のイージーミスでアウェイチームに勢いを与えてしまったビジャレアルだが、前半終了間際にはボックス内でガスパールがDFルジューヌと交錯した際、VARのレビューでPKが与えられる。これをジェラール・モレノがきっちり決めて再びリードを奪って試合を折り返した。 後半は立ち上がりにボックス左のエストゥピニャンが惜しいシュートを放つなど、落ち着いた入りを見せるビジャレアル。その後も前がかりな相手を幾度か崩し、アルカセルやモイ・ゴメスが3点目に迫っていく。 その後、ビハインドを追うアラベスがグイデッティとリオハを同時投入して勝負に出た中、ビジャレアルが3点目を奪い切る。67分、モイ・ゴメスのフィードに完璧なタイミングで抜け出したジェラール・モレノの右足のループシュートは左ポストを叩くも、こぼれ球に詰めたアルカセルがきっちり押し込んでドブレーテを記録した。 これで余裕が出てきたビジャレアルは75分にトリゲロスを下げて久保を左ウイングの位置に投入。さらに、相手のハードタックルを受けて足を痛めたエストゥピニャンに代えてハウメ・コスタをピッチに送り込み、逃げ切り態勢に入る。 ただ、この交代で攻守のバランスが崩れたか、続けてアラベスに決定機を許すと、エメリ監督は試合終盤に[5-4-1]の守備的な布陣に変更。この流れの中で久保には直近3試合と異なり、なかなか見せ場は訪れず。ラストプレーではボックス左で左足を振るが、ニアを狙ったシュートはGKのセーブに阻まれた。 それでも、2点差を保ったまま試合を終えたビジャレアルが、バルセロナ戦の大敗を払拭する2試合ぶりの白星を手にした。 2020.10.01 03:58 Thu
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルに更なる痛手…中盤の主力コクランが右ハムストリングの筋断裂…

ビジャレアルは29日、フランス人MFフランシス・コクランの負傷を報告した。 コクランは27日に行われたラ・リーガ第3節のバルセロナ戦(0-4で敗戦)に先発出場。ただ、ハーフタイム明けにFWパコ・アルカセルと共に交代となり、代わってMFマヌエル・トリゲロスが投入されていた。 当初は戦術的な交代かに思われていたが、ビジャレアルの今回の発表によると、コクランは右ハムストリングに筋断裂を起こしていたという。 離脱期間は「選手の経過次第」と説明されているが、少なくとも数週間単位の離脱は避けられない見込みだ。 なお、ビジャレアルでは両サイドバックの主力を務めることが期待されたDFアルベルト・モレノ、DFルベン・ペーニャが戦線離脱を強いられており、ここに今夏バレンシアから加入し、すぐさまピボーテの主力に定着したコクランが加わることになった。 2020.09.29 21:28 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサに大敗もビジャレアル指揮官は久保建英のプレーを評価「全ての試合で貢献」「上手くプレーしている」

ビジャレアルのウナイ・エメリ監督が、試合を振り返ると共に、日本代表MF久保建英のプレーについても言及した。スペイン『アス』が伝えた。 ビジャレアルは27日、ラ・リーガ第3節でバルセロナと対戦。シーズン初戦となったバルセロナに対し、アンス・ファティに2ゴールを許すなど、前半だけで4失点。そのまま4-0で敗れた。 開幕から2試合を1勝1分けとしていたビジャレアルは、エメリ監督就任後の公式戦で初黒星。これまでの試合と同じでは勝てなかったと、敗戦を振り返った。 「これまでの試合をプレーしてきたチームに継続性を与え、自信と同じ戦術があった。我々はボールを保持したかったが、それが正確にできず、攻撃の時に急いでしまい、避けなければいけないことをしてしまって自分たちで傷つけてしまった」 「最初の45分間は割と順調にスタートしたので、ミスを犯してしまった。ここで勝つためには、もっと多くのことを行わなければいけない」 「前半の出来に関してファンのみんなには謝罪する。これを取り戻していきたい」 また、74分から途中出場し、古巣との対戦となった久保についても言及。一定の評価を下した。 「タケは全ての試合で色々と貢献してくれている。彼は攻撃するためにどのポジションでもプレーすることが可能だが、右サイドではとても快適にプレーしている」 「ボックス内に入ること、いつ突破するのか、いつ動かし始めるのかをやって欲しいと思う。彼はとても上手くプレーしていると思う」 2020.09.28 09:58 Mon
twitterfacebook
thumb

アンス・ファティのドブレーテなど新生バルサが4発躍動! 久保途中出場のビジャレアルは今季初黒星…《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第3節、バルセロナvsビジャレアルが27日にカンプ・ノウで行われ、ホームのバルセロナが4-0で快勝した。なお、ビジャレアルMF久保建英は74分からプレーした。 監督交代にエースの去就問題、多くの主力の放出など、混迷を極めている昨季2位のバルセロナは、ビジャレアルとのホームゲームで新シーズンをスタートする。 今夏、クラブOBのクーマンを新指揮官に据え、スアレスやラキティッチなど昨季までチームを支えた主力を揃って放出する大幅な刷新に踏み切ったバルセロナ。絶対的エースの去就問題の余波が続くなど、混迷を極める昨季2位チームは、そのメッシがグリーズマン、コウチーニョ、アンス・ファティと共に初陣のピッチに立った。 一方、前節エイバルを2-1で下してエメリ新体制初白星を挙げたビジャレアル。そのエイバル戦ではジェラール・モレノ、アルカセルの2トップがきっちり結果を出すなど、徐々にパフォーマンスを上げている印象だ。その中、開幕2戦連続で途中出場が続いている久保は、古巣対戦での今季初先発に期待が集まるも、引き続きベンチスタートとなった。 立ち上がりはやや行ったり来たりの展開となるも、トップ下に入ったコウチーニョとメッシを起点に徐々に流れを掴んだバルセロナは、今週にトップチーム登録となった17歳の新星が魅せる。 15分、左サイド深くに抜け出したジョルディ・アルバからのマイナスの折り返しに反応したアンス・ファティがボックス左から見事な右足のシュートをゴール左上隅に突き刺し、今季のオープニングゴールを決めた。 さらに、19分には自陣からのロングカウンターから中央で長い距離を持ち上がったコウチーニョからボックス左に走り込むアンス・ファティに絶妙なラストパスが通ると、背番号22は冷静にGKとの一対一を制し、ドブレーテを記録。 これで完全に乗ったホームチームは、攻守両面で相手を圧倒。35分にはボックス左に抜け出したアンス・ファティがDFガスパールに倒されてPKを獲得。これをキッカーのメッシが難なく決める。その後、前半終了間際にはブスケッツの意表を突くゴール前への飛び出しがDFパウ・トーレスのオウンゴールを誘い、前半だけで4点を挙げるワンサイドゲームを展開した。 前半ほぼ何もできなかったアウェイチームは、アルカセル、コクランに代えて後半頭からトリゲロス、イボーラを投入。だが、前半同様にバルセロナの素早い攻守の切り替えに手を焼き、なかなか決定機まで持ち込むことができない。 一方、危なげなく時計を進めるバルセロナは70分に殊勲のコウチーニョ、アンス・ファティに代えてデンベレとプリメーラデビューのペドリを、さらに78分にはグリーズマンとブスケッツに代えてピャニッチ、トリンコンと惜しげもなく新戦力をピッチへ送りだす。 対してビジャレアルは74分に古巣対戦の久保をピッチに送り込むと、右ウイングに入った久保は、投入直後に際どいクロスでチャンスに絡む。さらに、試合終了間際の89分にはボックス右からのカットインで左足のシュートを枠に飛ばすが、これはGKネトのセーブに阻まれた。 結局、試合はこのままタイムアップを迎え、アンス・ファティ、コウチーニョ、ジョルディ・アルバらが大きな違いを生んだ新生バルセロナが初陣を快勝で飾った。一方、なすすべなく敗れたビジャレアルは今季3戦目にして初黒星を喫することになった。 2020.09.28 05:59 Mon
twitterfacebook