アラベス、ニューカッスルからDFルジューヌをレンタルで獲得

2020.09.11 23:25 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アラベスは11日、ニューカッスルに所属するフランス人DFフローラン・ルジューヌ(29)をレンタル移籍で獲得した。契約期間は1年間となる。2009年にフランスのリーグ・ドゥに所属するイストルでプロデビューを果たした大型センターバックのルジューヌは、ビジャレアルやブレスト、ジローナでのプレーを経て、2015年の夏にマンチェスター・シティへ完全移籍。

しかし、シティでは出場機会を与えられず、すぐに『シティ・フットボール・グループ』傘下のジローナへレンタルされると、翌年の夏にエイバルへ完全移籍。さらに2017年夏にはニューカッスルへ移籍した。

実質的なプレミアリーグ初挑戦となったニューカッスルでは、度重なるケガに悩まされながらも在籍3年間で公式戦46試合に出場し2ゴール2アシストを記録。昨シーズンもヒザや太もものケガに悩まされ、プレミアリーグ6試合の出場にとどまっていた。
コメント
関連ニュース
thumb

アラベス主将MFマヌ・ガルシアが新型コロナに感染…自身のSNSで報告

アラベスに所属するMFマヌ・ガルシア・アロンソが23日、新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したことを自身のSNSで明かした。 アラベスは同日、ラ・リーガ第10節のバレンシア戦後に行われたPCR検査でトップチームの選手1人が陽性反応が確認されたことを発表。感染者は無症状で、プロトコルに従い自宅で隔離されていると明かしていた。 チームからのリリースでは選手名は明かされていなかったが、マヌ・ガルシアが自身のツイッター(@ManuGarcia19)で感染を報告していた。 「今朝行われたCovid-19のテストで陽性反応が確認された。症状もなく医師の指示に従っているだけで元気に過ごせているよ。できるだけ早く戻りたいと思っている」 なお、アラベスは23日に予定されていたトレーニングをキャンセルし、バレンシア戦後検査で陰性と診断された選手を含めたトップ選手全員の再検査を実施した。 2020.11.24 02:40 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサが10人アラベスに痛恨ドロー…グリーズマン初弾もリーグ4戦未勝利…《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第8節、アラベスvsバルセロナが10月31日にエスタディオ・デ・メンディソローザで行われ、1-1のドローに終わった。 バルセロナは前節、カンプ・ノウで行われた宿敵レアル・マドリーとのエル・クラシコで屈辱的な1-3の敗戦を喫し、今季初の連敗。その後、バルトメウ会長の辞任というビッグニュースを経て臨んだチャンピオンズリーグ(CL)のユベントス戦ではメッシ全得点に絡む活躍で2-0の勝利を手にした。 CL連勝の勢いを生かしたい今節ではユベントス戦から先発2人を変更。負傷のアラウホに代わってピケ、ペドリに代わってアンス・ファティが起用された。 立ち上がりから相手を押し込んだバルセロナは13分に最初の決定機を作り出す。ハーフウェイライン付近までポジションを上げていたラングレのスルーパスに抜け出したアンス・ファティがボックス内でGKと一対一の絶好機を迎えるが、ゴール右隅を狙った右足のシュートは巻き切らず、18歳のバースデーを自ら祝うゴールとはならず。 その後も20分にメッシ、アンス・ファティと繋いでボックス中央のグリーズマンにシュートチャンスも、左足のシュートは枠の右に。さらに、22分にはボックス手前の好位置で得たFKをキッカーのメッシが直接狙うが、ここはゴールカバーに入っていたDFルジューヌに弾き出される。 立ち上がりからチャンスシーンを作り出す一方、メッシやデンベレらにボールロストが目立ち、相手の狙うロングカウンターを浴びる場面が散見されると、守備陣の連係ミスから痛恨の失点を喫する。 31分、メッシのボールロストからロングカウンターを浴びると、一度はボールを回収したものの、DFピケとGKネトの連係ミスからバックパスを受けたネトが自陣ボックス内でリオハにボールを奪われ、無人のゴールへ流し込まれた。 その後、反撃に出たバルセロナはセルジ・ロベルトのクロスに反応したデ・ヨングのヘディングシュートやデンベレの鋭い仕掛けでゴールに迫ったが、肝心要のメッシを含め、連戦の疲労を感じるイージーミスも目立つ展開の中で前半をまさかのビハインドで終えることになった。 この苦境を受けて、クーマン監督はハーフタイム明けに3枚替えを敢行。前半にカードをもらっていたラングレとブスケッツ、デンベレを下げて、ペドリ、ピャニッチ、トリンコンを投入。これでデ・ヨングがユベントス戦の後半に続きセンターバックのポジションを下げ、アンカーにピャニッチ、インテリオールにメッシとペドリが並ぶ[4-3-3]に布陣を変更した。 この交代策により、前半にはほぼ見られなかったピッチ中央での流れるようなコンビプレーが増え始めると、メッシやアンス・ファティがボックス付近で仕掛ける場面も増える。ただ、ボックス付近に人数をかけるアラベスの粘りの守備をあと一歩でこじ開けられない。 だが、62分にはピケへの足裏を見せたアフターチャージでジョタにこの試合2枚目のカードが出されて退場となると、勝負所を見逃さないアウェイチームはすぐさま同点に追いつく。63分、アンス・ファティと競り合った相手選手の後ろ向きのクリアがゴール前のスペースに流れると、これに抜け目なく反応したグリーズマンが絶妙なループシュートで流し込み、待望の今季初ゴールとした。 畳みかけるバルセロナは65分にも高い位置でのセルジ・ロベルトのボール奪取からボックス内で仕掛けたメッシが狙いすました左足のシュートを枠の左隅へ飛ばすが、ここはGKパチェコが圧巻のワンハンドセーブで阻止される。さらに、71分にはデ・ヨングのパスに抜け出した右サイドのトリンコンからの折り返しを再びグリーズマンがゴールへ流し込むが、ここはトリンコンの飛び出しのタイミングがオフサイドと判定され、2点目は認められず。 その後、78分にアンス・ファティを下げてブラースヴァイトを最後のカードとして切った中、試合終盤にかけて猛攻を仕掛けていくバルセロナ。88分にはセットプレーの流れからデスト、ピャニッチ、ピケと立て続けに枠内シュートが生まれるが、GKパチェコの好守と相手DFのゴールカバーに阻まれる。 その後、5分が加えられた後半アディショナルタイムに全精力を注ぎこんでゴールを目指したが、鬼気迫るアラベスの守備を最後までこじ開けることはできず、試合は1-1のままタイムアップ。 ビハインドを追いついてリーグ連敗こそストップしたバルセロナだが、格下相手の痛恨ドローによってリーグ4戦未勝利と苦境が続く。 2020.11.01 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

アラベス相手に見せたクライファートの恵まれた身体能力と抜群の得点能力【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、元オランダ代表FWのパトリック・クライファート氏がバルセロナ時代に決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆クライファートのハットトリック!2点目のバックヘッドは今見ても上手い<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJPSGVPcXBrZSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> アヤックスの下部組織出身のクライファート氏は1998年にバルセロナに移籍。1998-99シーズンから2002-03シーズンまで5シーズン連続でリーグ戦15得点以上を挙げるなど、公式戦257試合に出場し122ゴール59アシストを記録した。 波に乗った時には手が付けられないクライファート氏だったが、2002年10月26日に行われたラ・リーガ第7節のアラベス戦では圧巻のハットトリックを達成している。 まずは16分、敵陣中央でボールを持ったクライファートが浮き球のパスを出すも、これは相手の体に当たってしまう。それでもこぼれ球を拾うと、そのままボックス内まで独走し、そのままネットを揺らす。 さらに27分には、左CKの場面でニアサイドのクライファートが絶妙なバックヘッドで追加点を奪う。 バルセロナはその後も攻勢を緩めずスコアを5-1とすると、79分にはMFフアン・ロマン・リケルメのスルーパスに抜け出したクライファートが右足で沈め、ハットトリックを達成。クライファートの恵まれた身体能力と抜群の得点能力が分かるハットトリックだった。 バルセロナは31日、ラ・リーガ第8節でアラベスとのアウェイゲームに臨む。 2020.10.31 13:00 Sat
twitterfacebook
thumb

パコがドブレーテの活躍でビジャレアルが2戦ぶり白星! 久保は4戦連続途中出場《ラ・リーガ》

ビジャレアルは9月30日に行われたラ・リーガ第4節でアラベスと対戦し、3-1で勝利した。なお、MF久保建英は75分からプレーした。 前節、バルセロナ相手に0-4で大敗し、今季初黒星を喫したビジャレアル。2戦ぶりの勝利を目指すホームゲームでは、先発2選手を変更。負傷離脱のコクランに代えてトリゲロス、チュクウェゼに代えてイボーラを起用。そのイボーラをアンカーに置き、ジェラール・モレノが右ウイングにポジションを移した。中3日の過密日程を受け、初先発が期待された久保は引き続きベンチスタートとなった。 立ち上がりからボールを保持して相手を押し込むビジャレアルは、右サイドのガスパールの攻撃参加を生かした攻めでペースを握る。すると、13分にはパレホからパスを受けたガスパールが右サイド深くからグラウンダーの高速クロスを供給。これをニアに走り込んだアルカセルが右足でわずかにコースを変える技ありのフィニッシュでファーポストへ流し込んだ。 今季初めて先制に成功したホームチームは、その後も危なげない試合運びを見せていく。だが、徐々に決定機まで持ち込めなくなると、痛恨のミスで追いつかれる。36分、ハーフウェイライン付近の左サイドでデイベルソンが長いボールを前線に送ると、ボックス外に飛び出して頭でのクリアを試みたGKアセンホが完全に目測を誤って頭を越されると、これをエドガル・メンデスが無人のゴールへ流し込んだ。 守護神のイージーミスでアウェイチームに勢いを与えてしまったビジャレアルだが、前半終了間際にはボックス内でガスパールがDFルジューヌと交錯した際、VARのレビューでPKが与えられる。これをジェラール・モレノがきっちり決めて再びリードを奪って試合を折り返した。 後半は立ち上がりにボックス左のエストゥピニャンが惜しいシュートを放つなど、落ち着いた入りを見せるビジャレアル。その後も前がかりな相手を幾度か崩し、アルカセルやモイ・ゴメスが3点目に迫っていく。 その後、ビハインドを追うアラベスがグイデッティとリオハを同時投入して勝負に出た中、ビジャレアルが3点目を奪い切る。67分、モイ・ゴメスのフィードに完璧なタイミングで抜け出したジェラール・モレノの右足のループシュートは左ポストを叩くも、こぼれ球に詰めたアルカセルがきっちり押し込んでドブレーテを記録した。 これで余裕が出てきたビジャレアルは75分にトリゲロスを下げて久保を左ウイングの位置に投入。さらに、相手のハードタックルを受けて足を痛めたエストゥピニャンに代えてハウメ・コスタをピッチに送り込み、逃げ切り態勢に入る。 ただ、この交代で攻守のバランスが崩れたか、続けてアラベスに決定機を許すと、エメリ監督は試合終盤に[5-4-1]の守備的な布陣に変更。この流れの中で久保には直近3試合と異なり、なかなか見せ場は訪れず。ラストプレーではボックス左で左足を振るが、ニアを狙ったシュートはGKのセーブに阻まれた。 それでも、2点差を保ったまま試合を終えたビジャレアルが、バルセロナ戦の大敗を払拭する2試合ぶりの白星を手にした。 2020.10.01 03:58 Thu
twitterfacebook
thumb

原口&室屋のハノーファー、アラベスからガーナ代表FWトゥマシを獲得

FW原口元気とDF室屋成の所属するハノーファーは6日、アラベスのガーナ代表FWパトリック・トゥマシ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月までの3年間で、移籍金は50万ユーロ(約6300万円)とのことだ。 2018年夏にカザフスタンのアスタナからアラベスに加入したウインガー兼ストライカーのトゥマシは、アラベスでは出場機会に恵まれず、昨季はトルコのガズィアンテプにレンタル移籍。そのガズィアンテプではスュペル・リグで26試合に出場して6ゴール5アシストを記録していた。 2020.09.07 00:00 Mon
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly