カリアリがU-21イタリア代表MFソティルをフィオレンティーナから買取OP付レンタルで獲得

2020.09.11 10:20 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カリアリは10日、フィオレンティーナのU-21イタリア代表MFリッカルド・ソティル(21)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。なお、このレンタル移籍には買い取りオプションに加え、フィオレンティーナの買い戻しオプションも付いているとのことだ。

ソティルはジェノア、トリノ、フィオレンティーナの下部組織で育ち、2018年7月にファーストチームへ昇格。2019年1月からペスカーらへレンタル移籍を経験。2019-20シーズンはフィオレンティーナでプレーした。

スピードとドリブルのスキルに長け、左右のウィングでプレーできるソティルは、2019-20シーズンのセリエAで18試合に出場。コッパ・イタリアで3試合に出場し1アシストを記録していた。

また、世代別のイタリア代表でもプレーし、U-21イタリア代表として7試合に出場し2ゴールを記録している。
コメント
関連ニュース
thumb

シメオネ息子がコロナ陽性に、9月には父親もコロナに感染

カリアリは25日、アルゼンチン代表FWジョバンニ・シメオネ(25)が新型コロナウイルスの検査で陽性となったことを発表した。 カリアリではウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンが代表合流中にコロナ陽性となっていた。 また、9月にはジョバンニの父親であるアトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督がコロナに感染していた。 ジョバンニ・シメオネは今季ここまでセリエAで8試合に出場して5ゴールを挙げ、FWジョアン・ペドロと共にチーム内得点王となっている。 2020.11.25 23:00 Wed
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドが出場5戦連発のユーベ、デ・リフト復帰戦を快勝で飾る《セリエA》

ユベントスは21日、セリエA第8節でカリアリをホームに迎え、2-0で快勝した。 前節ラツィオ相手にラストプレー被弾で引き分けに持ち込まれた5位ユベントス(勝ち点13)。C・ロナウドの出場4戦連続ゴールも実らず厳しいドローとなった中、肩の手術を行ったデ・リフトが今季初出場となった。 11位カリアリ(勝ち点10)に対し、フラットな[4-4-2]で臨んだユベントスは2トップにC・ロナウドとモラタ、右にクルゼフスキ、左にベルナルデスキを据えた。 そのユベントスが圧力をかける入りとなると、11分にベルナルデスキがネットを揺らすもモラタがオフサイドとなりノーゴールに。 その後も攻勢を続けるユベントスは26分、CKからモラタがヘディングシュートを浴びせれば、29分にはボックス右からクルゼフスキがコントロールシュートでゴールに迫った。 前半半ば以降、やや攻めあぐねる状況が続いていたユベントスだったが、38分に先制する。モラタのパスをボックス左で受けたC・ロナウドがカットインからシュートを決めきった。 C・ロナウドの出場5戦連発弾で先手を取ったユベントスは42分にもエースが決める。右CKからデミラルがヘッドで逸らすと、ファーサイドのC・ロナウドがボレーで蹴り込んだ。 後半に入っても攻め手を緩めないユベントスは53分、CKからデミラルのヘディングシュートがバーに直撃。56分にはベルナルデスキがGK強襲のシュートを放って3点目に迫った。 そんな中67分、CKからネットを揺らされたユベントスだったが、オフサイドに助けられると、69分にディバラを投入。終盤にかけては流し気味にプレーした中、2-0のまま勝利し、内容の伴った白星を手にした。 2020.11.22 06:39 Sun
twitterfacebook
thumb

スアレス、トレイラに続きゴディンも新型コロナ陽性反応…ウルグアイ代表3人目

カリアリは20日、ウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンが新型コロナウイルス(COVID-19)で陽性反応を示したことを発表した。 ゴディンは、ウルグアイ代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選に出場。コロンビア代表、ブラジル代表との2試合を戦い、イタリアへ帰国した。 しかし、新型コロナウイルスの検査で陽性判定を受けたとのこと。同じウルグアイ代表に招集されていたMFナイタン・ナンデスも帰国したが、ナンデスは陰性だったとのことだ。 それでも、クラブはメディカルスタッフと話し合い、遠征中に接触した全ての選手を保護するため、ゴディント共にナンデスもトリノ戦のメンバーから外すことを決めたという。 ウルグアイ代表では、アトレティコ・マドリーのFWルイス・スアレスとMFルーカス・トレイラも陽性反応を示しており、明日のバルセロナ戦を欠場することに。ウルグアイ代表だけで3人目の陽性反応者となったが、今後も増える可能性がありそうだ。 2020.11.20 22:15 Fri
twitterfacebook
thumb

吉田フル出場のサンプドリア、退場者響いて5戦ぶり黒星《セリエA》

サンプドリアは7日、セリエA第7節でカリアリとのアウェイ戦に臨み、0-2で敗れた。サンプドリアのDF吉田麻也はフル出場している。 前節ジェノアとのジェノヴァ・ダービーを優勢に進めながらも引き分けたサンプドリアは吉田が[4-4-2]の右センターバックでリーグ戦5試合連続スタメンとなった。 2勝1分け3敗スタートのカリアリに対し、開始6分にピンチ。ジョアン・ペドロのヘディングシュートが枠の右角に直撃した。 その後は睨み合いが続いた中、サンプドリアは38分に退場者を出してしまう。アウジェッロが自身のバックパスが短くなったところをナンデスに突かれ、ファウルで止めてしまった。 一度はイエローカード判定となったものの、VARが入り決定機阻止として一発レッドカードに覆った。数的不利となったサンプドリアはガストン・ラミレスを下げてダムスゴーアを右サイドバックに投入。左サイドバックにベレシュインスキを回した。 しかし迎えた後半開始早々、トネッリがボックス内のジョアン・ペドロを倒してPKを献上。このPKをジョアン・ペドロに決められ、サンプドリアは追う展開となった。 数的不利ということもあって自陣に構えて耐える選択をしていたサンプドリアだったが、69分に加点される。シメオネのスルーパスに抜け出したナンデスにゴールを決められた。 さらに78分にもソティルにネットを揺らされたサンプドリアはVARでノーゴールに覆ったものの、0-2のまま完敗。数的不利が響いて5試合ぶりの敗戦となった。 2020.11.08 00:57 Sun
twitterfacebook
thumb

冨安失点関与で連続失点継続もボローニャ、カリアリとの打ち合い制して連敗を3でストップ!《セリエA》

ボローニャは10月31日、セリエA第6節でカリアリをホームに迎え、3-2で競り勝った。ボローニャのDF富安建洋はフル出場している。 前節ラツィオに惜敗して3連敗となったボローニャ。リーグ戦38試合連続失点を喫し、5大リーグにおける不名誉記録を更新してしまった中、冨安が[4-2-3-1]の左センターバックで開幕6試合連続スタメンとなった。 2勝1分け2敗スタートのカリアリに対し、互角の攻防で立ち上がった中、ボローニャは15分に失点する。ジョアン・ペドロのパスを受けたソティルの左サイドからのクロスを、ニアサイドに走り込んだジョアン・ペドロにボレーで蹴り込まれた。 ジョアン・ペドロのマークに付いていた冨安が失点に関与し、39試合連続失点となったボローニャは、失点直後にオルソリーニが直接FKでGKを強襲すると、31分にはスベンベリのミドルシュートが枠を捉えたが、ここもGKクラーニョにセーブされた。 さらに35分、パラシオが左サイドからカットインシュートを放ったが、枠の右を捉えたシュートはGKクラーニョの好守に阻止される。それでも45分にボローニャが追いつく。ソリアーノのパスをボックス左で受けたバロウがカットインからゴール右上にシュートを蹴り込んだ。 しかし迎えた後半開始2分、勝ち越しを許す。ザッパにボックス右を突破されてマイナスに折り返されると、シメオネに押し込まれた。 再び追う展開となったボローニャは、52分に追いつく。オルソリーニのヘッドでのパスを受けたソリアーノがゴール正面からミドルシュートを蹴り込んだ。 さらに56分、ボローニャが一気に逆転する。ボックス手前左のバロウが右足を振り抜くと、強烈なシュートがゴール右に決まった。 主導権を握るボローニャは67分にもバロウがGK強襲のシュートを浴びせると、80分のピンチをGKスコルプスキが好守で凌いでリードを保つ。 終盤にかけては危なげなく時間を消化したボローニャが3-2で勝利。連続失点は継続となったものの、連敗を3で止め今季2勝目を挙げている。 2020.11.01 06:43 Sun
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly