ツルヴェナ・ズヴェズダがボローニャからイタリア人FWファルチネッリをレンタルで獲得

2020.09.11 00:50 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セルビアのツルヴェナ・ズヴェズダは10日ボローニャからイタリア人FWディエゴ・ファルチネッリ(29)をレンタル移籍で獲得した。

インテルの下部組織出身のファルチネッリは、2009年に当時セリエBに所属していたサッスオーロでプロデビュー。2010年の夏にセリエCに所属するフォリーニョへ完全移籍したが、翌年にサッスオーロへ復帰。その後は、ペルージャやクロトーネ、フィオレンティーナへのレンタル移籍を繰り返し、2018年の夏にボローニャへ完全移籍。

ボローニャでは加入初年度にセリエA15試合に出場したが、昨季はセリエBのペルージャへレンタル移籍。セリエBで25試合に出場し3ゴールをマークしたが、ペルージャはセリエB16位でシーズンを終え、セリエCに降格が決定した。

関連ニュース
thumb

ユーロ2016でポルトガルを優勝に導いたFWエデルがサウジアラビアのアル・ラーイドに加入

サウジアラビアのアル・ラーイドは23日、元ポルトガル代表FWエデル(33)の獲得を発表した。 エデルは、ブラガやスウォンジー、リール、ロコモティフ・モスクワでプレー。しかし、今年7月にロコモティフ・モスクワを退団し、フリーとなっていた。 ロコモティフ・モスクワでは公式戦119試合に出場し14ゴール6アシストを記録。これまでプリメイラ・リーガで142試合に出場し38ゴール16アシスト、リーグ・アンで44試合に出場し12ゴール9アシストを記録していた。 ポルトガル代表としても35試合に出場し5ゴールを記録。最も記憶に残っているゴールは、ユーロ2016決勝のフランス代表選で延長に決めたもの。ポルトガルを優勝に導いた立役者として記憶にあるはずだ。 アル・ラーイドは今シーズンのプロフェッショナル・リーグで5試合を終えて4位に位置している。 <span class="paragraph-title">【動画】ポルトガルをユーロ王者に導いたエデルの劇的ミドル!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI0eWtDcVFjTiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Welcome Eder Lopes<br><a href="https://twitter.com/hashtag/%D8%A7%D9%84%D8%B1%D8%A7%D8%A6%D8%AF?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#الرائد</a> <a href="https://t.co/WSfVVZJN2p">pic.twitter.com/WSfVVZJN2p</a></p>&mdash; نادي الرائد السعودي (@alraedclub) <a href="https://twitter.com/alraedclub/status/1441035091078168576?ref_src=twsrc%5Etfw">September 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.24 19:15 Fri
twitterfacebook
thumb

元クロアチア代表GKスバシッチが1年のブランクを経て古巣ハイデュク・スプリトに9年ぶりの復帰!

クロアチアのハイデュク・スプリトは23日、元クロアチア代表GKダニエル・スバシッチ(36)がフリートランスファーで加入したことを発表した。契約期間は2023年までで、背番号は「1」を着用する。 スバシッチは2003年に母国のザダルでプロデビュー後、ハイデュク・スプリトを経て、2012年1月に当時リーグ・ドゥ(フランス2部)に降格していたモナコに加入。 そのモナコでは長きに渡り守護神として君臨し、在籍8年半で公式戦292試合に出場して111試合のクリーンシートを記録。2016-17シーズンには悲願のリーグ・アン制覇を達成した。 昨夏にモナコを退団したスバシッチには、サウジアラビア王者のアル・ナスルらが関心を示したが契約には至らず、1年間フリーの状態が続いていた。 2021.09.24 01:00 Fri
twitterfacebook
thumb

バルセロナがトルコの超新星エムレ・デミル獲得を発表! 来夏バルサBに加入

バルセロナは23日、U-19トルコ代表MFエムレ・デミル(17)の完全移籍での獲得に関して、保有元であるトルコのカイセリスポルと合意したことを発表した。 移籍金は200万ユーロ(約2億6000万円)+ボーナスとなり、2027年6月30日までの長期契約を結ぶデミルの契約解除金は4億ユーロ(約517億円)に設定されている。 なお、来年1月15日に18歳の誕生日を迎えるデミルは、2021-22シーズンはレンタルという形でカイセリスポルに残留し、来夏にバルセロナBへ加入する予定だ。 カイセリスポルの下部組織出身のデミルは、175cmの左利きの攻撃的MF。2019年1月にクラブ史上最年少となる15歳と7日でトップチームデビューを飾ると、17歳ながらここまで公式戦31試合に出場し、3ゴール1アシストを記録。また、トルコの世代別代表でも常に主力を担っている。 トップ下や左右のウイングを主戦場に、リオネル・メッシを彷彿とさせる超絶技巧を駆使したドリブル突破、創造性を感じさせるラストパスを特長とするアタッカーで、フィジカル面においても大きな伸びしろを感じさせる。 バルセロナはそのトルコの超新星に以前から強い関心を示しており、数年前にはシウタ・エスポルティバ・ジョアン・ガンペールに招待し、トレーニング参加を通じてテストも行っていた。 現在、バルセロナではラピド・ウィーンから買い取りオプション付きのレンタルで加入しているオーストリア代表MFユスフ・デミル(18)が在籍しているが、来シーズンはもう一人のデミルもプレーすることになった。 <span class="paragraph-title">【画像】トルコの超新星が来季から加入</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> [BREAKING NEWS]<br><br> Agreement to sign Emre Demir<br><br> 17-year-old Turk to join Barça B from Kayserispor next season for 2 million euros plus variables on a contract until 30 June 2027<a href="https://twitter.com/hashtag/For%C3%A7aBar%C3%A7a?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ForçaBarça</a> <a href="https://t.co/FQiGMOCSBa">https://t.co/FQiGMOCSBa</a></p>&mdash; FC Barcelona B (@FCBarcelonaB) <a href="https://twitter.com/FCBarcelonaB/status/1441060484648681473?ref_src=twsrc%5Etfw">September 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.09.24 00:49 Fri
twitterfacebook
thumb

ハメス・ロドリゲスのアル・ラーヤン移籍が正式決定! 完全移籍での加入に

カタールのアル・ラーヤンは22日、エバートンからコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約に関する詳細は明かされていない。 昨夏、レアル・マドリーやバイエルンでプレーした頃の恩師であるカルロ・アンチェロッティ監督との深い結びつきもあり、エバートン入りしたハメス。プレミアリーグ初挑戦となった中、ケガもありながら公式戦26試合の出場で6得点9アシストの活躍を披露した。 だが、今季からアンチェロッティ監督のマドリー復帰が決まり、後任にラファエル・ベニテス監督が就くと、一転して構想外に。ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)抵触の恐れがあるエバートンは高給取りのハメス売却に前向きだが、移籍先が決まらずにいた。 そういった中、ハメスはヨーロッパでのキャリアを一先ず終え、来年のワールドカップ開催地でもあるカタール行きを選択することになった。 なお、アル・ラーヤンは元フランス代表DFのローラン・ブラン氏が指揮官を務め、同僚にはハメスと同じポルトで活躍したアルジェリア代表MFヤシン・ブラヒミが在籍している。 <span class="paragraph-title">【動画】アル・ラーヤンが加入を発表</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ca" dir="ltr">Bienvenido <br>Welcome <br>مرحبًا <a href="https://twitter.com/jamesdrodriguez?ref_src=twsrc%5Etfw">@jamesdrodriguez</a> <a href="https://t.co/Als0VqEqxD">pic.twitter.com/Als0VqEqxD</a></p>&mdash; AlRayyanSC (@AlrayyanSC) <a href="https://twitter.com/AlrayyanSC/status/1440699341287550985?ref_src=twsrc%5Etfw">September 22, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.09.23 01:51 Thu
twitterfacebook
thumb

ウェストハム、在籍11年のニュージーランド代表DFウィンストン・リードの退団を発表

ウェストハムは21日、元ニュージーランド代表DFウィンストン・リード(33)が双方合意の下で退団することを発表した。 ニュージーランド出身のウィンストン・リードは10歳の頃に継父の影響でデンマークに移住し、名門ミッティランでプロデビュー。その後、2010年夏にウェストハムに移籍した。 ウェストハムでは、チームが1年でチャンピオンシップからプレミアリーグに復帰した2012-13に主力に定着し、191cmの屈強な体躯を生かして長らくハマーズの最終ラインを支え続けた。通算の公式戦出場は223試合にも上る。 しかし、2018年3月のスウォンジー戦でヒザに大ケガを負い、2018-19シーズンを全休。さらに、公式戦復帰を目前に控えた2019-20シーズン開幕前に再びヒザを負傷し、さらに3カ月の離脱を余儀なくされた。 復帰した頃にはリードの居場所はなく、2020年2月にMLSのカンザスシティにレンタル移籍。年末までプレーした後、翌年2月には当時チャンピオンシップのブレントフォードにレンタルし、リーグ戦10試合に出場した。また、昇格プレーオフでは決勝のスウォンジー戦に途中出場。クラブのプレミアリーグ初昇格に貢献していた。 代表においては、十分なデンマーク在住歴があったため、アンダー世代の同代表で何度か出場していたが、A代表はルーツであるニュージーランド代表を選択。2010年5月のオーストラリア戦でデビューし、ここまで最後の出場となっている2019年11月のアイルランド代表戦までに25試合に出場。そのうち8試合でキャプテンを務めた。 また、ニュージーランドでは2011年と2015年、2016年に3度の年間最優秀選手に選ばれた実績もある。 そんなウィンストン・リードはこの度、11年過ごしたハマーズ退団を決意。公式サイトを通じて感謝の気持ちを伝えた。 「クラブには本当に感謝している。我々は全員にとって良好な合意を見つけることができた」 「ファンに支えられていることを常に感じていたし、そんなファンのために常にベストを尽くそうとしてきた。結局のところ、サッカー選手は多くのファンの前でプレーすることが一番の楽しみなのだ」 「私はただ『ありがとう』と言いたい。みんなの今後の成功を願っているよ」 「年を重ねるごとに賢くなっていくものだけど、一般的には、私だけでなくクラブも良い方向に進んでいる。選手としてベストを尽くし、できる限りのことをしていれば、ここのファンはいつもそれを評価してくれる」 「私はここでプレーしたこと、クラブのために全力を尽くしたことに常に感謝している。そして、いつまでも懐かしく思うことだろう」 2021.09.22 17:55 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly