ベルギー代表シャドリがトルコ王者イスタンブール・バシャクシェヒルに移籍!

2020.09.10 20:08 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イスタンブール・バシャクシェヒルは10日、ベルギー代表FWナセル・シャドリ(31)をモナコから獲得したことを発表した。契約は2022年6月30日までとなる。母国の名門スタンダール・リエージュ出身のシャドリは、トゥウェンテやトッテナム、WBAでのプレーを経て、2018年夏にモナコに加入した。だが、モナコではケガの影響もありなかなか出場機会が増えず、昨季はアンデルレヒトにレンタル。リーグ戦17試合に出場し8ゴール5アシストを記録した。

元ブラジル代表FWロビーニョやセネガル代表FWデンバ・バ、元オランダ代表FWエルイェロ・エリア、元フランス代表DFガエル・クリシらウィ擁するバシャクシェヒルは、昨季のスュペル・リグでクラブ史上初優勝。今夏の移籍市場ではハンブルガーSVからトルコ代表MFベルカイ・エズカンや、リヨンの元ブラジル代表DFラファエウ・ダ・シウバを獲得している。

新天地では背番号11を着用する。
コメント
関連ニュース
thumb

モナコFWケイタ・バルデ、サンプ加入見込み! 3度目のセリエA挑戦

モナコに所属するセネガル代表FWケイタ・バルデ(25)のサンプドリア移籍が決定した模様だ。 バルセロナのアカデミー出身であるケイタ・バルデはラツィオでのプロデビュー後、2017年からモナコでプレー。2018–19シーズンをレンタル先のインテルで過ごした後、昨夏にモナコ復帰を果たすと、公式戦26試合の出場で8得点4アシストの数字を残した。 イタリア『スカイ』によると、ケイタ・バルデのサンプドリア移籍に向けた取引はすべて完了に至り、正式な発表を待つのみの状況。レンタル料100万ユーロのシーズンローンという形でサンプドリア入りとなり、3度目のセリエA挑戦を果たす様相だという。 また、このレンタルには1200万ユーロ(約14億8000万円)の買い取りオプションも付随。総額1300万ユーロ(約16億1000万円)におよぶ取引でのサンプドリア加入になるようだ。 ケイタ・バルデはウイングを主戦場としながらセンターFWやシャドーの位置でもプレー可能なアタッカー。ラツィオ時代に公式戦通算137試合の出場で31得点を挙げ、インテル時代は29試合5得点をマークした。 2020.09.18 11:25 Fri
twitterfacebook
thumb

新たな“怪物”FWムバッペ、モナコ時代の自身初ハット【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペがモナコ時代に決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆“怪物”FWムバッペにとって初のハットトリック<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJhOUFjYlhWTyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> フランスサッカー育成の名門、クレールフォンテーヌ国立研究所で英才教育を受けて育ったムバッペは、2015年にモナコでプロデビュー。2016-17シーズンには、爆発的なスピードと得点力を武器に公式戦44試合26ゴール14アシストを記録。チームのリーグ・アン制覇に大きく貢献した。 カップ戦でもその活躍は変わらず、2016年12月14日に行われたクープ・ドゥ・ラ・リーグラウンド16のスタッド・レンヌ戦では自身初となるハットトリックを達成している。 まずは11分、カウンターから左サイドを抜け出すと、最後は冷静にGKとの1対1を制して先制に成功する。 続く21分には、右サイドを突破した味方の折り返しに、最後は滑り込みながら右足で押し込んだ。 さらにリードを広げ、3-0で迎えた62分、華麗なパス交換で抜け出したMFジョアン・モウチーニョが完璧なお膳立て。これをムバッペが左足で沈め、ハットトリックを達成した。 モナコはその後もゴールを重ね、7-0の大勝を飾っている。 2020.09.13 21:00 Sun
twitterfacebook
thumb

モナコが元アーセナルのGKマノーネを完全移籍で獲得、昨季はデンマークでプレー

モナコは11日、レディングからイタリア人GKヴィト・マノーネ(32)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2年間で2022年6月までの契約を結んだとのことだ。 マノーネは2005年7月にアタランタの下部組織からアーセナルへと完全移籍。アーセナルでは控えGKとして23試合に出場。2013年7月にサンダーランドへ移籍するまでの間、バーンズリーやハル・シティへのレンタル移籍も経験した。 2017年7月にはレディングへと完全移籍すると、ミネソタ・ユナイテッド(アメリカ)やエスビャウ(デンマーク)へのレンタル移籍を経験。2019-20シーズンはエスビャウで公式戦13試合に出場していた。 ミネソタ・ユナイテッド時代には、2019年にメジャーリーグ・サッカー(MLS)のベストGKにも選ばれていた。 マノーネはモナコへの移籍について「モナコに加わり、新しいリーグと出会う機会を得たことを誇りに思う。この才能溢れるグループに参加できてとても嬉しい。新しいチームメイトに会うのが待ちきれず、クラブが目標を達成するように最善を尽くす」と意気込みを語った。 モナコは正守護神にフランス代表GKバンジャマン・ルコントがいるものの、先日新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したことが報じられていた。 2020.09.12 13:20 Sat
twitterfacebook
thumb

不振続きの2年間 フランス期待のドリブラー、トマ・レマル【ピックアップ・プレイヤー】

サッカーでは、GK、DF、MF、FWとそれぞれ役割の全く異なるポジションで、それぞれにスター選手がいる。今回の企画『Pick Up Player』では、現役を問わず各クラブを代表する選手たちをプレー動画付きで紹介していく。 今回はアトレティコ・マドリーのフランス代表MFトマ・レマル(24)だ。 <div id="cws_ad">◆トマ・レマル、モナコ時代のスーパープレー&ゴール集<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ4aWxyeGhtRyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 卓越した左足の技術とパス精度、攻撃センスを武器にリーグ・アン屈指の攻撃的MFと評価されたレマルは、カーンの下部組織で育ち、2013年にトップチームへ昇格。2015年夏から2018年夏まではモナコで才能を輝かせ、公式戦通算127試合22ゴール33アシストと、若手らしからぬ数字を残した。 代表レベルでは各世代でプレーし、ロシア・ワールドカップ(W杯)に臨むフランス代表にも招集され、優勝を経験。2018年夏には多くのビッグクラブからの関心が報じられ、2018-19シーズンからアトレティコ・マドリーに活躍の場を移した。 その際の推定移籍金は当時のアトレティコ史上最高額となる7000万ユーロ(約88億円)であったが、スペインでは適応に苦しんだ。移籍初年度はシーズンを通して43試合に出場しながらも3ゴール6アシストに終わり、やや不完全燃焼のシーズンとなると、昨シーズンは途中出場が多かったものの0ゴール0アシスト。屈辱のノーノーに終わった。 現在の市場価値が2400万ユーロ(約28億1000万円)と下落しているが、移籍金が高額だったことや2023年6月30日まで3年間契約を残していることもあり、アトレティコ残留が既定路線。アトレティコのディエゴ・シメオネ監督はレマルのポテンシャルを信じているようで、レマルがその期待に応えられるか。3年目の新シーズンこそ期待が懸かる。 2020.09.10 11:00 Thu
twitterfacebook
thumb

名手セスクが新たな挑戦の地、モナコで決めた初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回は元スペイン代表MFセスク・ファブレガスがモナコで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆セスクが決めたモナコ初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJIZ0txeFo4QSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> バルセロナの下部組織で育ったセスクは、アーセナルに引き抜かれ、同クラブでプロデビュー。リーグ屈指のMFとして活躍した後、バルセロナに復帰した。その後チェルシーに加入しプレミアリーグ制覇を成し遂げると、2019年1月に当時ティエリ・アンリ氏(現モントリオール・インパクト監督)が指揮していたモナコに加入した。 優れたテクニックを持つ世界屈指のパサーとして知られるセスクだが、2019年2月2日に行われた、リーグ・アン第23節のトゥールーズ戦では、記念すべきモナコ初ゴールを決めている。 1-1と同点で迎えた63分、FWジェウソン・マルティンスが左サイドからドリブル突破でボックス内に侵入すると、そこからマイナスのボールを入れる。これは相手DFのクリアにあうも、こぼれ球に対し後方から走り込んだセスクがシュートを放つ。豪快なシュートはゴール右上に決まり、見事な勝ち越しゴールとなった。 セスクの初ゴールで勝ち越したモナコはそのまま2-1で勝利。低迷したシーズンの中で貴重な4勝目を挙げている。 2020.09.09 23:00 Wed
twitterfacebook