アウグスブルク主将ダニエル・バイアーが現役引退…ブンデス通算300試合以上に出場

2020.09.10 16:58 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
昨シーズン限りでアウグスブルクを退団したドイツ人MFダニエル・バイアー(36)が現役を引退した。同選手が自身の公式『インスタグラム』で明かしている。2003年に1860ミュンヘンでプロデビューを飾った守備的MFのバイアーは、ヴォルフスブルクを経て、2008年に当時ブンデスリーガ2部に所属していたアウグスブルクにレンタル移籍。その後、2010年1月に完全移籍に移行すると、およそ10年に渡って主力を担い、クラブ通算355試合に出場し、8ゴール25アシストの数字を残した。

さらに、2017-18シーズン以降はキャプテンを託されていたが、契約満了に伴い今年7月23日付けでクラブを去っていた。

その退団から約1カ月半が過ぎた今月9日にバイアーは、『インスタグラム』のビデオメッセージを通じて現役引退を発表した。ドイツ『キッカー』が伝えている。

「想像していたのとは違う流れにはなったけど、でも最終的にはアウグスブルクでキャリアを終えることになった」

「これまで長きに渡ってブンデスリーガでプレーできたことを信じられないほど嬉しく、誇りに感じ振り返ることができるよ」

36歳の玄人好みの守備的MFは、昨シーズン中にブンデスリーガ通算300試合出場(302試合)を達成しており、本人にとっては良いタイミングでの幕引きとなったようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

アウグスブルクがポーランド代表の若手SBグムニーを完全移籍で獲得

アウグスブルクは2日、レフ・ポズナニからポーランド代表DFロベルト・グムニー(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2025年6月30日までの5年契約とのこと。なお、移籍金などは非公開で合意しているという。 グムニーはレフ・ポズナニのアカデミー出身。17歳でエクストラクラサ(ポーランド1部)デビューを果たし、これまで84試合に出場し2ゴール6アシストを記録していた。 ポジションは右サイドバック。マネージング・ディレクターを務めるステファン・ロイター氏は「若くて才能ある右サイドバックを獲得できたことを嬉しく思う」とコメントしている。 グムニーは移籍に際して「アウグスブルクがブンデスリーガで僕自身を証明する機会を与えてくれて嬉しい。僕はこの新しい挑戦に満足しているし、僕に与えられた信頼を良い結果で返したいと思っている。僕にとって、この移籍はキャリアにおける大きな一歩を意味する」とコメント。新天地での飛躍を誓った。 2020.09.03 10:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ドイツ人左SBのフィリップ・マックスがPSVに完全移籍

PSVは2日、ドイツ人DFフィリップ・マックス(26)をアウグスブルクから獲得したことを発表した。契約は2024年6月30日までの4年となる。 バイエルンのアカデミー育ちのマックスは2014年にシャルケでプロデビュー。カールスルーエへの移籍を挟んで2015年夏にアウグスブルクに加入した。 ウイングからサイドバックまでそつなくこなす左サイドのスペシャリストで、昨季は主に左サイドバックとしてブンデスリーガ31試合に出場。2試合連続2ゴールを記録するなど8ゴール6アシストの成績を残した。通算では公式戦156試合15ゴール29アシストとなっている。 活躍の場をオランダに移したマックスはクラブ公式サイトで意気込みを語っている。 「PSVは長い間関心を示して、本当に僕を求めていることを伝えてくれた。ここ数週間はロジャー・シュミット監督と何度か話をして、彼のスタイルが僕にとって魅力的であることがわかった。このクラブも同様にね。彼らは常にタイトルのために戦っている。僕もその環境に身を置きたい。本当に待ちきれないよ」 なお、ドイツメディアによると、移籍金はボーナスを含めて1000万ユーロ(約12億6000万円)程度と見られている。 2020.09.02 17:42 Wed
twitterfacebook
thumb

ゲッツェ弟が新型コロナウイルスに感染…新シーズンに向けた最初のトレーニングを欠席

アウグスブルクは4日、ドイツ人DFフェリックス・ゲッツェ[写真左]が新型コロナウイルス(COVID-19)に感染していることを明かした。 アウグスブルクは、4日に新シーズンに向けた最初のチームトレーニングを実施。しかし、クラブの発表によると、休暇中に新型コロナの陽性反応が確認されたフェリックス・ゲッツェは不参加となった。 現在、自宅にて隔離生活を送っているフェリックス・ゲッツェだが、特に症状は見られていない模様。また、チームメイトやスタッフらとの接触はなったとのことだ。なお、トレーニング復帰には2度の検査で陰性が確認される必要がある。 ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェを兄に持つフェリックス・ゲッツェは、2018年の夏にバイエルンからアウグスブルクへ加入。しかし、アウグスブルク加入後は度重なるケガに悩まされおり、今シーズンも股関節の問題などで1試合も出場することができなかった。 2020.08.05 00:30 Wed
twitterfacebook
thumb

アウグスブルク、今季限りで契約満了を迎えた3選手をフリーで獲得!

アウグスブルクは29日、ボルシアMGからドイツ人MFトビアス・ストロブル(30)、シャルケからドイツ人MFダニエル・カリジウリ(32)、ウニオン・ベルリンからポーランド代表GKラファエウ・ギキェヴィチ(32)の3選手をフリートランスファーで獲得を発表した。 アウグスブルクによれば、ストロブルとカリジウリの契約期間が2023年6月30日まで、ギキェヴィチの契約期間が2022年6月30日までとなる。 2012年夏にホッフェンハイムのトップチームデビューを飾ったストロブルは、守備的MFとセンターバックをこなす守備のスペシャリスト。2016年の夏に加入したボルシアMGでは在籍3シーズンで公式戦83試合に出場。今シーズンはケガでの離脱もあり公式戦12試合の出場にとどまっていた。 2017年1月にヴォルフスブルクから加入したカリジウリは、ここまで公式戦122試合に出場するなど右サイドのスペシャリストとして主力に定着。今シーズンは2月初旬に内側側副じん帯損傷で離脱を強いられたが、公式戦30試合に出場し4ゴール5アシストを記録している。 2018年の夏にフライブルクから当時ブンデス2部に所属していたウニオン・ベルリンに加入したギキェヴィチは、すぐに守護神に定着。昨シーズンはブンデス2部で34試合に出場し、クラブ史上初の1部昇格に貢献すると、今シーズンもブンデスリーガ33試合に出場し昇格1年目のクラブの躍進を支えていた。 2020.06.30 08:00 Tue
twitterfacebook
thumb

3位フィニッシュを狙うライプツィヒに痛手…ザビッツァー&ヴォルフの最終節欠場が確定

ライプツィヒは25日、27日にアウェイで行われるブンデスリーガ最終節のアウグスブルク戦にMFマルツェル・ザビッツァーとFWハンネス・ヴォルフの2選手が欠場することを明かした。 クラブの発表によれば、20日に行われたドルトムント戦で左ヒザを負傷し途中交代したザビッツァーは、いまだにトレーニングに復帰できていない状況でアウグスブルク戦には間に合わないとのことだ。 一方のヴォルフは、25日に以前の骨折治療で埋め込んでいた金属プレートとネジを除去する手術を受けたとのこと。なお、術後の結果は良好だという。 ドルトムントとの上位対決に敗戦し、リーグ戦14試合ぶりの黒星を喫したライプツィヒ。3位でのフィニッシュを目指すチームは、27日に今季のリーグ最終戦で前節ブンデス残留を決めた15位アウグスブルクと対戦する。 2020.06.26 08:30 Fri
twitterfacebook