レアル期待の若き天才、ヴィニシウスがフラメンゴ時代に決めたプロ初ゴール【ファースト・ゴールズ】

2020.09.10 23:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。今回はレアル・マドリーのブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールがフラメンゴ時代に決めた最初のゴールだ。

◆若き天才ヴィニシウスがフラメンゴで決めた初ゴール

名門フラメンゴの下部組織で育ったヴィニシウスは、若くして才能を開花させ、“ニューネイマール”と評されるほどの活躍を見せる。そして2018年夏にレアル・マドリーに加入した。

マドリーでも周囲の期待を上回る速度で活躍を見せているヴィニシウスだが、記念すべきプロ初ゴールは2017年8月10日に行われた、コパ・スダアメリカーナ2回戦、チリのCDパレスティーノとの2ndレグで記録している。

4-0と大量リードして迎えた72分、ヴィニシウスが途中出場を果たす。すると直後の73分、スルーパスで裏に抜け出したヴィニシウスがボックス深部からクロスを上げる。これは中央の味方に合わなかったが、ファーポストで味方がヘディングで折り返す。中に走り込んだヴィニシウスがこれに合わせると、豪快なプロ初ゴールとなった。

ダメ押しの5点目を挙げたフラメンゴは5-0の大勝を収めている。
コメント
関連ニュース
thumb

PSGの未来を担う若手SBコラン・ダグバが決めたプロ初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はフランス人DFコラン・ダグバがパリ・サンジェルマン(PSG)で決めたプロ初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆コラン・ダグバのプロ初ゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI1ek11eXQyUiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2016年に若くしてPSGの下部組織に引き抜かれたダグバは、2018年からファーストチームに帯同。ドルトムントに移籍したDFトーマス・ムニエの抜けた穴を埋めることを期待されている。 スピードを武器にした攻撃参加が持ち味のダグバだが、2020年12月5日に行われたリーグ・アン第13節のモンペリエ戦では、記念すべきプロ初ゴールを記録している。 0-0で迎えた33分、左サイドでボールを持ったFWアンヘル・ディ・マリアがドリブルでボックス左に侵入し、ゴール前にパスを送る。すると絶妙のタイミングで攻撃参加していたダグバが後方から走り込んで合わせ、先制ゴールを挙げてみせた。 このゴールで主導権を奪ったPSGは、その後も試合を優位に進め、3-1で勝利している。 2021.01.15 16:00 Fri
twitterfacebook
thumb

プレミア史に残る名SBアシュリー・コールがパレス時代に決めたプロキャリア初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回は元イングランド代表DFアシュリー・コール氏がクリスタル・パレスで決めたプロ初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆アシュリー・コールのプロ初ゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIxN2xqVTFQMCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> アーセナルユース出身のコール氏は、同クラブでプロデビュー。その後、アーセナルやチェルシーで全盛期には世界最高峰のSBとして知られるほどのパフォーマンスを見せた。 アーセナルでのブレイクを果たす直前の1999-2000シーズンにはクリスタル・パレスに短期レンタルで加入していたが、その際の2000年4月29日に行われたチャンピオンシップ(イングランド2部)第45節のブラックバーン戦では、記念すべきプロ初ゴールを決めている。 0-1とパレスのビハインドで迎えた60分、FWミカエル・フォルセルがボックスの際で相手からのプレスをいなしながら前を向く。するとボールは、ボックス内でフリーになっていたコールの下へ。コールが迷わず左足をダイレクトで振り抜くと、シュートはゴール右上に決まり、コールにとってのプロ初ゴールとなった。 同点に追いついたパレスは、その後逆転に成功し、2-1で勝利を収めている。 2021.01.14 22:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ビッグクラブ注目のブラジル代表MFギマランイスがボックス外から捻じ込んだリヨン初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はブラジル代表MFブルーノ・ギマランイスがリヨンで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ギマランイスのリヨン初ゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJnWnJvYWlwUSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 若くしてブラジルの名門アトレチコ・パラナエンセで中心的な選手として活躍したギマランイスは、多くの欧州ビッグクラブから注目を集める選手に。2020年1月にフランスの強豪リヨンに加入し、ヨーロッパデビューを果たしている。 中盤で攻守に渡り存在感を発揮することができるギマランイスだが、2020年11月29日に行われたリーグ・アン第12節のスタッド・ランス戦では、記念すべきリヨン初ゴールを記録している。 1-0とリヨンリードで前半を折り返して迎えた49分、リヨンがカウンターからチャンスを作る。左サイドのスペースに侵入したFWカール・トコ・エカンビが中央に折り返しのクロスを入れると、このパスをペナルティーアークの前で受けたギマランイスがロングシュートを放つ。強烈なシュートは、相手DFの決死のブロックにより進路を変えたものの、これがGKの裏をかき、ゴール右に決まった。 ギマランイスの移籍後初ゴールでリードを広げたリヨンは、その後ももう1点を奪い、3-0で快勝している。 2021.01.13 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

“問題児”ベンタレブのトッテナム初ゴールは、技ありのアウトサイドボレー【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はシャルケのアルジェリア代表MFナビル・ベンタレブがトッテナムで決めたプロ初ゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ベンタレブのアクロバティックなプロ初ゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJtZkdiNGE1MyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 若手時代から逸材として注目を集めたベンタレブは、トッテナムでプロデビュー。その後はシャルケやニューカッスルでプレーしているが、ピッチ外でのトラブルが目立つ“問題児”としても知られている。 そんなベンタレブは、2014年12月17日に行われたEFLカップ準々決勝のニューカッスル戦で、プロ初ゴールを記録している。 0-0で迎えた18分、トッテナムが左コーナーキックのチャンスを得る。ゴール前に上がったクロスに対して相手GKが処理を誤りボールをこぼすと、ファーポストにいたベンタレブがアクロバティックなアウトサイドボレーで合わせ、見事な先制点を挙げた。 試合はトッテナムが4-0で勝利。このゴールは、ベンタレブにとってプロ初ゴールであるとともに、トッテナムで決めた唯一のゴールとなっている。 2021.01.12 14:00 Tue
twitterfacebook
thumb

吉田も所属するサンプドリアで背番号「10」を背負うケイタ・バルデのクラブ初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はセネガル代表FWケイタ・バルデがサンプドリアで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ケイタ・バルデのサンプドリア初ゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJmSU5xbzJDOSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 若くしてバルセロナの下部組織である”ラ・マシア”に入団し、スペインで育ったケイタ・バルデは、ラツィオでプロデビュー。モナコに移籍した後、インテルへのレンタル移籍を経て、今シーズンからはDF吉田麻也も所属するサンプドリアに期限付きで加入している。 今シーズンここまでサンプドリアでは公式戦6試合に出場し、2ゴールを挙げているが、その記念すべき初ゴールは、2020年12月23日に行われたセリエA第14節のサッスオーロ戦で決めたゴールだった。 1-3とサンプドリアのビハインドで迎えた73分、ケイタ・バルデが途中交代でピッチに立つ。すると84分、右コーナーキックからMFアントニオ・カンドレーバがグラウンダーのクロスをボックス内に入れると、後方から走り込んだケイタ・バルデが鋭いシュートをゴール左下に蹴り込み、サンプドリア初ゴールを挙げてみせた。 このゴールで1点差に迫ったサンプドリアだったが、反撃もここまで。2-3で敗れている。ちなみに初ゴールを挙げたケイタ・バルデだったが、終了間際の92分に危険なタックルにより1発レッドカードで退場しており、本人にとってはイベントに富んだ試合となっている。 2021.01.12 08:00 Tue
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly